山の人生

柳田国男の文章の中で一番好きなのがこれです。
晩年の回顧録『故郷七十年』の中にあります。
こんなことが本当にあるのかと最初読んだ時に思いました。
とても信じられない。

十三になる男の子ともらってきた同じ年くらいの女の子。
男は山の炭焼き小屋で一緒に育てています。
どうやっても炭は売れず、空手で戻ってくると、飢えきっている子供の顔も見られずに昼寝をしてしまう。

眼が覚めると、小屋の口いっぱいに夕日がさしていました。
秋の末のことです。
大きな斧を磨いていた子供は「おとう、これでわしたちを殺してくれ」と言い、入り口の材木を枕にして二人、仰向けに寝ます。
それを見ると、くらくらして前後の考えもなく、二人の首を打落としてしまいました。
自分は死ねずにやがて捕らえられて牢に入れられます。

これがあらすじです。
原文を読んでみてください。
かわいそうですが、実に詩的な文章です。

彼が法制局の参事官をしていた頃、特赦に関する事務をしていて、一番印象の深かった刑事事件の一つだそうな。

この文章の中で一番美しいところは、秋の夕日が小屋いっぱいにさしている情景です。
それがなかったら、あまりに悲惨な話でしかない。
今日、なんとなくこの文章のことを思い出しました。
久しぶりに読み直してみたくなりました。

寝床寄席

9月になりました。 久しぶりにヴィータホールで落語会をやります。 マイクがいいから、喋っててもいい気分。 ただし、うまくいくかどうかは、その日の調子次第です。 今回のお題はずばり「寝床」。 これから真面目にお稽古します。 今まで高座にかけたのは2回だけ。 うまくいったようないかないような…。 後半は割合にスムーズですけど…。 前半は仕込みに時間がかかるかな。 うまく笑いに繋げられれば、いいんですけどね。 とにかく噺は...

消える仕事、消えない仕事

社会の変化があまりにも急速です。 終身雇用などというのは、もう夢なのでしょうか。 かつてはひとたび職を得たら、その会社に一生世話になり、定年まで勤め上げるという図式があたりまえでした。 ところが現在、グローバル化の波は、大企業を次々と呑み込んでいます。 あれほどに大きな会社が潰れていくのか、というのがまさに実感です。 突然の報道に接しても、あまり驚かなくなりました。 その一方でコンピュータ技術を見事に使いこなした企業は破竹の勢いで...

酷暑

35度と聞いてもそれほど驚かなくなりました。 かつては30度を超えると、猛暑だったんですけどね。 いつ頃からこんなことになったのやら…。 今では40度が新たなメルクマールかな。 ヨーロッパも暑いそうです。 しかし彼の地は湿度が低い。 ここが日本の温帯モンスーン気候とは根本的に違うところです。 今やこの島は完全に東南アジアと同じ亜熱帯になりました。 タイやマレーシアを旅行した時のあの暑さの感じと少しも違いません。 ベトナム...

タイトル変更

今まで「かみつきWeb文庫」というタイトルで長くやってきました。 ちょっとした心境の変化がありまして、このたび「すい喬Web」と名前をかえます。 すい喬という名前は、ぼくの高座名です。 もう10年も使っています。 HPをあちこちとなおさなければなりません。 グーグルやヤフーでの検索も、いずれこのタイトルになっていくものと思われます。 それまで、どれくらいかかるのかな。 それもこれも、楽しみの一つとなりました。 暑い日々が続...

デジタル・サイネージ

ネット大学の講座を半日見てしまいました。 面白かった。 最初、サイネージという言葉にひっかかったけど…。 簡単に言えば、標識ということかな。 渋谷駅や、ニューヨークのタイムズスクエアにある大きな絵看板をイメージすればいいかもしれません。 あるいは通勤電車の中。 毎日、なんとなく見てしまうあの画像。 さらには駅の詳細な情報画面も…。 考えてみれば、あっという間にぼくたちの周囲はデジタル・サイネージに囲まれてしまったのです。 ...