せきらら日記

2012年7月

日時:2012年07月01日
押し入れの…

お掃除をいたしました。なんでこんなにいろんなものがあるんでしょと半ば、我が所行に絶望しつつ作業を続けたのだ。それでもまあなんとか、当初のイメージに近づきました。これでしばらくの間は掃除をしなくても大丈夫かな。
要するに掃除というのはエントロピーの数値を下げることと同義なのです。つまり邪魔なものを放出すればいいのだ。簡単な話なのですよ。しかるにあれは思い出の品だとか、やれなんだかんだとご高説をひとしきり聞かされたり、語ったりしているうちに、どうにもいやんなるのです。
いっそ、なんにも考えずに捨てるしかないのだ。いつぞや、テレビでやってたな。ときめかないものは全部処分しちゃえばいいのです。簡単なことだ。たいていのものは過去の遺物でありまして、ときめかないのです。それだけ時間というのは正直なんだな。
なんでも時間が解決してくれるのです。それ以外にいい方法はない。心が傷ついたとかいっても、やがて時間の経過とともに、全てが癒やされていくのであります。
この話はとくに掃除とは関係がないか。まあ、いいや。
その後はお散歩です。
途中から雨が降ってきたよ。それでも傘をさして歩いたね。
あっちこっちぶらぶらしてると楽しいです。くたびれるけど、楽しい。やはり人間には刺激が必要なのだ。
お散歩はいいぞ、楽しいぞ…。

日時: 2012年07月01日 20:15 | パーマリンク
2012年07月02日
ルーメン

なんて、聞き慣れない文句が最近やたらと出回っております。今日もちょっと立ち寄った電気屋さんで、しみじみと見ちゃったよ。前ならもっぱら明るさの単位はルクスでした。しかしこれは厳密にいうと、その発光元ではなくて、それが照射した場所の明るさのことなんだそうな。
そういう意味からいえば、確かに元の明るさを示すルーメンの方がよろしいのかも。最近はやたらと省エネですからね。LED電球なんてものが、もてはやされておるようです。原理はどんなものか知らないけど、とにかく電気を使わずに明るくなるんなら文句はないね。
しかしとにかく高い。今まで買ってた電球に比べてとんでもない値段です。確かに長く持つというのはありがたいけど、さて一度に買うとなると、大変な出費です。
どっちがいいのかなあ。ぼちぼちと買いそろえていくか。60W相当になると、800ルーメンを超え、まあとにかくお値段が高い。安いのもないわけじゃないけど、どこが違うのかね。それもよくわかりません。
これからの研究課題ということになる。光の雰囲気も随分違うというので、これもつけてみなくちゃわからんね。なにごとも、ぼちぼちです。
今日から試験ではありますが、明日もとりあえずぼくのはないので、ぼけっとしております。近々、落語会があるので、そのお稽古もしなくちゃならんのですが、もう別のをやりたくなってきた。なんという浮気性なのか。
困ったもんですけど、でもこれも性分というやつか…。
今日も小燕枝師匠の「道灌」を二度もきいちゃったよ。頭の中にぽつぽつと入ってきたぞ…。

日時: 2012年07月02日 20:16 | パーマリンク
2012年07月03日
試験2日目

本日も暢気に過ごしました。とくにこれといってすることもないので、落語のお稽古をいたしました。何度もやってると、だんだんこんがらかってわからなくなるので、ボチボチと引き上げたけどね。その頃にはもうくたくただ。最後にもう一度だけ、浮世床をやって今日は終わり。この噺はほんとにばかばかしくて面白いです。ところで昨日から読み始めた本のタイトルが『落語を聴かなくても人生は生きられる』というすごいもの。
この6月の半ばに出たばっかりなんです。古今東西の作家、評論家諸氏がお書きになったものの、アンソロジーです。ついせんだって読んだ小谷野敦の文まで載っているのには驚いたね。
なかでも人一倍よろしいのは長井好弘の「志ん朝最後の十日間」ですね。2001年正月二の席の末廣亭での記録です。根多帳が全部載ってます。全文を通して、志ん朝に対する敬愛がひしひしとつたわってくる。初日の「風呂敷」なんてどこにも音源がないのだ。もったいないなあ。
あたりまえだけど、志ん五も右朝もまだ生きてた。ああ、なんてこった。
楽日のトリは「小言幸兵衛」。今鳴る鐘はありゃ、あれ七つ。七つの鐘を六つ聞いて、残る一つが未来へみやげ。お花、覚悟はいいか。
いいですね。この噺もお稽古しなくちゃなあ…。
というわけで、明日はいよいよぼくの試験であります。あ~あ採点だ。とほほ。

日時: 2012年07月03日 20:04 | パーマリンク
2012年07月04日
ヒッグス粒子が

どうしたこうしたと巷では騒いでおりますが、ぼくの生活は至極のんびりと平穏に過ぎております。特別にどうということはござんせん。
そうそう、今日はぼくの試験がありましたので、その採点を急いでやりました。その後、ちょっと複雑な計算などをして、成績を出したのでございます。明日、もう一度じっくりと眺めてから、最終的な結論を出そうかな。
特に3年生は進路に絡んでおりますのでね。慎重にやらなくてはいかんのです。まあ、でもだいたいこんなもんでしょ。
さて今日のトピックスといえば、なんとステテコを買い込んだことかな。このところの暑さにすっかり怖じ気づいた小生としては、なんとかクールにこの夏を過ごすことばかり考えております。そこに登場したのがなんと最新の肌着ですよ。まずアンダーシャツをユニクロで買いました。これはヒートテックの反対バージョンね。
これはなかなかにサラサラとしていてよろしいぞ。汗をため込まないということです。つまり綿を使わないで熱を外に逃がすタイプのやつだ。
さて下はどうしましょと考えた時に、やたらとステテコを売っていることに気づいたのです。ほんとにすごい。そこで、これも最新式の冷感なんとかというのを買い込みました。2枚もね。ポリエステルにキュプラにあとなんだったかな。忘れた。
さっそく今日試してみたら、これがすこぶるよろしい。今は実にカラフルですな。そういうわけで、この夏を乗り切るべく、ぼくは日夜奮闘しておるのだ。
明日はもう一つのをはいてみましょ。そうしましょ…。

日時: 2012年07月04日 19:55 | パーマリンク
2012年07月05日
パンダが

赤ちゃんを産んだとか。号外まで出ちゃうんですね。すごい。人間よりはるかに大物です。まあ、とにかくめでたい話です。昨今はあんまりいい話がないからね。
こういう話題で盛り上がるしかないのかも。
さてぼくの方は採点もすみ、成績の最終確認も終わりました。これで1学期のお仕事は終わりです。あとはだらだらと終業式まで消化試合を残すのみ。かつてはクラブ活動期間などと申しまして、試験後は授業もなくのんびりしてたんですけど、いつの頃からか、そんなささやかな日々も夢となりました。なんと。
まあ、どうにでもなれというところかな。
ぼくはぼくのペースでやっていく以外にございません。
今日はずっとおしゃべりをいたしました。なんとなく学校へ行っておしゃべりをするというのが、昨今の日課であります。
こんなに暢気でいいのかね。
本番を控えているというのに、お稽古をあんまりする気もなく、これもなんとかなるだろうと甘くみております。プロなら今頃はひ~こら言ってるとこでしょうけど、なんたって素人はいけません。
ごめんなさい。許して、ベロだしちょんまげ…。

日時: 2012年07月05日 20:05 | パーマリンク
2012年07月06日
午前中、外出を

いたしました。以前から予定が組まれておったのです。いろいろとこれで用事もあるのだよ。毎日ぼんやりとしている訳じゃあございません。というわけで、学校は行かなくてもよい日にしておきました。
ああでもないこうでもないとありまして、無事に予定も終了。そのまんまお食事をいたしました。奥様がご一緒の時は財布を持たなくてもよいので、大変に気が楽です。ちょっとしたホテルのラウンジのようなところで、軽食をいただきました。
空調がきいていて心地が大変によろしい。それでなくても今日はものすごい湿気でした。とにかくモヤモヤしちゃってどうにもならん。漢方の本を読んでいると、この時期、身体の中にはどうしても水がたまるんだそうですね。
これを水毒というのだとか。だからなるべく外に出すような薬を処方するとあります。秋まで似たような症状が続くそうです。湿気はほんと身体によくないのだよ。今も雨が降ってます。明日も降るんだそうで、ちょっとうんざりね。
まあ、今日はおいしいものをいただいたし、ちょっとしたものを買ってもらったりしたので、かなりご機嫌であります。
やっぱり財布のひもを緩めずに一日を過ごすということは限りなく、幸せなことだなあ。なんちゃって…。

日時: 2012年07月06日 20:09 | パーマリンク
2012年07月07日
今日は七夕だというのに

朝から空はぐずついたままでした。雲が厚く、やがて雨。これじゃデートもできないね。どこやらにできたものすごいプラネタリウムは、天の川までばっちり投影されるので、望遠鏡で真剣に覗くお客さんがいるそうです。目に見えない星まで映せるというのはすごいなあ。いつか一度訪れてみたいものです。
さてそんなこんなで、何をしたということもなく本日も過ぎ去りました。落語会のために着物を出して、一度着てみたりもしましたが、まあこれはいつものことかな。いわば想定内の出来事です。というのもぼんやりしてると、帯の締め方を忘れてしまうのです。
男の帯はだいたい貝の口という締め方をするのですが、どっちに帯の先端を入れるのだったか、つい忘れちゃうのです。困ったもんだよ。それでいつも復習をするというわけなのです。どうしても面倒臭い方には、あらかじめワンタッチ式のもありますけど、どうもマジックテープでとめただけではお腹に力が入りません。
ぐっと下腹のところをしめるというのが、なかなか快適なのです。ぼくはふんどしというのをしたことはありませんが、これも一度使うともうやめられないと、男の着物の本には書いてあります。
少し以前の日本人は、みんなふんどしだったそうですから、それもむべなるかなというところです。ほとんど外出はしなかったものの、それでもご近所のお店をいくつかまわりました。もう夏全開だね。もう少しすれば、梅雨も終わりです。
いよいよ、本格的な夏がくるのだよ…。

日時: 2012年07月07日 20:25 | パーマリンク
2012年07月08日
落語はほんとに難しい

今日はあさがお寄席本番の日です。だからといって何をするということもございません。ただ粛々とルーティンワークをこなすのみです。
すなわちお掃除ね。これはどうしてもやらなくちゃならん。
さてその後はこれといってすることもなくぼんやりしてました。今日は奥様も見にくるというので、なんかいつもと気分が違うなあ。それにちょっとした親戚の方もね。緊張するというのでもないけど、自然体でいるのはなかなかに難しいものでございます。
さて定刻に落語会が始まりました。ぼくは2番目。今日の出し物は「蛙茶番」です。こういう噺はもっとのんびりやらなくちゃいかんのだな。ぼくはどうもせっかちなので、どんどん噺を先に進めようとしすぎるきらいがあるようです。これをなんとかしないとね。
ポイントは間なんです。要するにこれがダメだ。間は悪魔の魔に通ずるというのが、いわば合い言葉です。お客様を待たなくちゃいけない。先に行ってはいけないのです。
そんなこんなでどうもイマイチの出来でありました。やれやれ。
毎日、高座があれば明日はここをなおそうとかいろいろあるわけですけど、そうもいかず、無念の涙にくれるのみ。打ち上げも終わり、つい先刻家に戻ってまいりました。
もっと謙虚に噺を覚えないと、うまくならないわよと奥様に言われ、またまたがっくり。また明日から厳しい修行の日々を迎えることとなりました。なんでこんなこと始めちゃったのかなあ。誠につらいのであります。
それに明日はまた授業なのだ。およよ…。

日時: 2012年07月08日 20:10 | パーマリンク
2012年07月09日
久闊を叙す…

さて何年ぶりでしょうか。その昔担任団を組んだ物理の先生に偶然、お会いしました。あれは今から25年以上も前のことです。ぼくにとっては2度目の担任でした。あの頃は10学級の大規模校でした。いったい生徒は何人いたことやら。1クラスが50人近かったような気がします。ものすごいね。
同い年なのです。いろんな話をしました。家もそれほど遠くなかったので、ちょこちょこと町でも会いました。
あれからそんなに月日がたったのかなあ。嘘みたい。今日は近くにある球場で高校野球の公式戦があり、その応援にきたそうです。いつもは6時間あるのに、たまたま今日だけ午前中だったとのこと。
昼にちょっと外出した時、道でバッタリと顔をあわせ、おお、というわけです。しばらくの間あれやこれやと話し込んでしまいました。
今は随分と遠い都心の学校へ通っているとか。毎日の通勤が大変だと呟いておりました。かれこれ40年近く今の仕事をしているそうな。ものすごいなあ。ぼくより5年は確実に多い。なにしろ卒業してすぐに就職したんだからね。
あっちにフラフラこっちにフラフラしてたぼくとは訳が違うのです。
口をついて出るのは、昨今はまるで学校の様子がかわってしまったという愚痴ばかり。なんという環境の変化でありましょうか。そんなことはまあとにかくとして、お互い健康に留意してぼちぼちやろうぜとエールを交換し別れた次第です。
昭和は遠くなりにけり…だな。これ実感です。

日時: 2012年07月09日 20:26 | パーマリンク
2012年07月10日
チョコを片手に…

持ちまして、今日は授業に参りました。先日やりました試験の答案を返したあとは、ちょっと時間が残りましたので、気晴らしの漢字クイズ。4文字熟語を次々と探していくと、最後に8文字が残ります。それで新しい4文字熟語を2つつくりましょうというパターンです。
真剣にやっても20分じゃ終わりません。そこで完成した人にはチョコをあげるよと呟いた途端、一気に生徒のテンションが上がったね。
なんたって人間なんかもらえるというのはうれしいもんです。暮れのパーティの定番といえば、やっぱりビンゴでしょ。毎回なんだかんだいってもこれが一番盛り上がるのだ。
人間ものをもらうというのは最高にうれしいもんなのです。それがたとえチョコでもね。今日のはアーモンド入りだもんね。
さてもう一つのはピクチャー漢字というクイズ。こっちの方がちょっと難しいけど、ギャンブラーにはふさわしいかな。20分を過ぎた頃、一人の女の子が正解を持ってきました。さっそくチョコをひとつ。するとそれに刺激されたのか、何人かが続いたね。ピクチャー漢字も男子が正解をひねり出しました。すごい。
なんだかんだと10人以上が正解を持ってきたかな。
いつもの授業とちがって、楽しく和気藹々とした時間を持つことができました。やっぱり勉強だけしてりゃいいってもんじゃござんせん。
遊ぶときは遊ぶのだ。さて明日は1学期の反省でもしてもらうかな。
作文だ、作文なのだ。にひひ。

日時: 2012年07月10日 20:25 | パーマリンク
2012年07月11日
目が覚めたらコンビュータがやられてた

毎日いろんなことがありますね。
朝、コンピュータの電源を入れたら、とんでもないことに。なんとも異様な光景です。完全にファイルがぶっこわれた感じ。なにがあったのか。さかんにおかしなウィルスをブロックしてますという警告が画面の上で光っております。
なんにも出なくなりました。
ソフトも完全にぶっこわれた感じ。
やれやれ、こんなこともあるんだなというのが率直な感想です。そこで仕方がないから夕方になるまで、そのまんまにしておきました。
今まで何度もこういう修羅場をくぐってきたのです。そのためにわざわざ別のハードディスクにバックアップをとってあるのだ。最初から全部入れたら1日がかりのお仕事ですからね。
というわけで、家に戻り、もう一つのノートパソコンを起動。そこから起動ディスクを作ってさっそく作業を開始しました。フリーソフトなので、全て英語です。でもものすごく役にたついいソフトなのだ。
1時間後くらいにはなんとか復活いたしましたよ。やれやれ。だからバックアップは大事なのだ。またまたバックアップをとっておきましよ。そうしましょ…。
明日は朝から連続の4コマです。さてどうなることやら。

日時: 2012年07月11日 20:11 | パーマリンク
2012年07月12日
お稽古

ただいま戻りました。今日は朝から忙しく、とにかく授業をやったのだ。ぶっつづけの授業というのはくたびれます。それでも乗り切らなくちゃならんのだ。もう少しで夏休みだからね。それにしてもものすごい湿気です。
これはなんともならん。蒸し風呂に入っているというのは、まさにこのことでございます。
さて家に戻ってから、今度は某所へ。いつものお稽古場です。
先日の落語会が終わってまず一服。どうしたら噺がうまくなるのかという話などもしてみました。やっばり高座の数じゃないかしらんという意見がもっぱらでしたね。
これは確かにその通りでしょ。プロは毎日のようにあっちこっちでやってるわけで、その数の多さは比較にならん。
つまりそれだけお客さんの目にさらされてるということです。つらい思いもたくさんしてるんじゃないのかな。お客にけられるなんて表現があるくらいですからね。
まあいずれにしてもお稽古を続けていくしか方法がございません。
うまい手があったら、誰か教えてよ。
そんなものがないことはよく知ってますけどね。それはよくわかっておるのだよ。それでも、そこをなんとか…。
ここいらがつらいところでござんす…。

日時: 2012年07月12日 21:43 | パーマリンク
2012年07月13日
せっかくなおしたのに…

ハードディスクが壊れてしまいました。仕方がないか。もう7年くらい使ってるからね。ちょっとだけ動くけど、例のブルー画面になってしまいます。あれあれ、ついにその日がやってきたのだ。仕方がないから、もう一つのに取り替えてインストールのし直しです。
これからどれくらいの時間がかかるかなあ。こんなことばっかりやってるのだ。なんともはや…。
いろんなのがごちゃごちゃ入っているので、もうどうにもならん。バックアップのソフトも容量が違ったりしてて、完全にお手上げだ。しょうがない。今まで何度このような悲劇に見舞われたことか。
ぼちぼちとやりましょう。明日半日みておけば、まず間違いはございますまい。とにかく回転させる精密機械は突然のクラッシュに見舞われやすいのです。どうにもならん。とにかく最初からね。これを機会に少し中身をきちんと整理いたしましょう。
それにしても今日も暑かった。暑さもひどいけど、湿気もひどい。いよいよ夏本番です。来週で学校もお休みに入る。今までより早い感じがするな。そんなに働いてないからね。すぐに休みが来ちゃうのだ。
明日は図書館に行ってまたまたいろいろと借りてまいりましょう。
ハードディスクはほんとにもろいね。まったくの話が…。

日時: 2012年07月13日 20:14 | パーマリンク
2012年07月14日
半日かかった

昨日からのパソコン不調。ハードディスクがぶっ壊れたのではどうにもなりません。朝からぽちぽちとインストールをいたしました。もう一つのハードディスクに直前のデータがすべて入ってましたので、それほど慌てることもなく、まあ、のんびりと。
それでもかなりの数のソフトをインストールしなくちゃなりません。めんどくさいね。一つ一つを吟味して、さらにはメールデータの保存場所なども変更して、なんてやってたらお昼になってしまいました。買った頃とは似ても似つかないヘンチクリンな代物になってます。
本当にパソコンというのは家電ではないな。謎の箱だ。それだけに面白い面もありますが、もうそろそろこういう厄介な仕事からは卒業したいね。今までに何度こんなことをやってきたことか。あなおそろし…。
それでも完全に復元してまずは一安心です。
全くそれにしてもすごい湿気だ。気温もすごい。そろそろお風呂に入ってぼんやりしたいとこだなあ。明日はさてどういう運命が待っているのでありましょうや。
汗が噴き出してまいります。いやあ、ほんとに暑い…。

日時: 2012年07月14日 19:51 | パーマリンク
2012年07月15日
暑かった

めちゃくちゃに暑かったですね。いよいよ夏本番だ。今年はどういうことになるのやら。
朝からお稽古をいたしました。「たらちね」と「千早ふる」。どちらも古典の代表作です。誰でも知ってる噺だけにすっごく難しい。間がね。おんなじにならないようにと心がけてはおりますが、そんなの無理無理。
できてたらプロになれるのです。
あんまり暑いから、そろそろ怪談噺でもやって涼しくなりたいな。「牡丹灯籠」ですかね、やっぱり。「御札はがし」までやると、どんなに早くても40分。
きちんと覚えていれば、必ずやれるのだ。でも忘れちゃう。もう一度聞き直して覚え直さないと。まったくよく忘れますよ。自分でも感心いたします。
午後から奥様にくっついてお買い物へ。あちらこちらと回っていたら、久しぶりに懐かしい顔に出会いました。ぼくよりいくつか年が上です。以前はよく家をお訪ねしていっぱいやったもんだ。今日もいろいろと近況を伺いました。
元気ですね。そろそろお仕事もお辞めになるとか。随分と働いたからね。のんびり畑仕事をしたいのだとか。いいですね。うらやましい。ぼくにもそんな時が来るのかなあ。
なんか不思議な気がします。

日時: 2012年07月15日 20:33 | パーマリンク
2012年07月16日
これじゃ暑くて寝られない

どうしてこんなに暑いのか。そんなこと誰も知りません。夏なのだ。だから暑いのです。この時間もものすごいことになってます。お風呂なんかに入ったら、大変なことになるのかも。
でもここまできたら、もう入るっきゃない。どうにでもなれって感じです。
今日も朝から、落語のお稽古。「道灌」と「天災」。ぼくにはどうも天災がいいんじゃないかと奥様が言ってます。最近は彼女の方が詳しいのだ。
さてあとはぼんやり。とにかく外に出る気がしません。
お昼すぎに、奥様は太極拳の練習にでかけましたけど、ぼくはとんでもない気分。
家の中でぼけっとしてました。
さいわい、こういう時には本でも読むのがよろしい。先日来、ご推薦の『戦後落後史』が手に入りましたので、ぼちぼちとね。しかしだんだん熱がはいってきて、とうとう時間がよくわからなくなりました。
とにかく面白い。しかし吉川潮という人は、この世界のお話にくわしいね。どうしてこういう風になっちゃうのか。それが不思議です。
明日はまた学校だ。やれやれ…。

日時: 2012年07月16日 20:48 | パーマリンク
2012年07月17日
今日もばかみたいに暑かった

毎日おんなじことばかりで恐縮しております。でもほんとなんだからしょうがない。どうしたらいいのかな。物理準備室にはクーラーがございません。死にそうです。今日はこの猛暑の中で避難訓練もありました。
どうしてこのシーズンなのかね。あとは9月の最初とか。
校庭に集まったのです。なんと。
まあいいや、ぼくは怪談噺のお稽古をしなくっちゃ。
さて昼前から成績会議。これも毎学期ごとの恒例行事です。でも今年からもう出ないことにいたしました。全部、国語科プロパーの先生にお願いいたしました。悪い成績をとった生徒がいて、どうしても事情を説明しなくちゃならんというのなら、出席もいたしますが、そうでない場合はパスね。これからはそういうことにいたします。
だんだん片足づつ、この世界から足をあらっていくのだ。そう決めました。教員免許状もそのうち失効になるんでありましょう。何年後かよく知らないけど、あと10年もやる気はないしね。
この法律もあほらしいこと、限りないね。すぐにでもとりやめるはずだったのにズルズルと。いろんな教師がいるのも事実です。それなら医者も弁護士も会計士もみんな同列だよ。そんなことはまあいいや。
さて家に戻りあんまり暑いのでシャワーを浴びてからお稽古。
本日は「棒鱈」でありました。なんかいい調子。この噺の中にでてくる歌はとんでもないね。でも好き。こういう酔っ払いっていますよ。確かにね…。

日時: 2012年07月17日 20:50 | パーマリンク
2012年07月18日
暑くて死にそうだ

なんて大袈裟に聞こえるかもしれないけど、嘘偽りのない現在の心境でございます。もう、どろどろです。どうにもならん。
それでも授業はいたしました。まだあるのだ。もういやんなる。
今日はペロペロキャンデーを用意いたしました。漢字クイズに正解した人に先着順であげると言ったら、またまた生徒は頑張ったのだ。みんななんか欲しいのだよね。まあ、この時期は景品でつるのが一番よろしいようで…。
さてなんとか午前中の授業を終えて、ぼんやり。
お食事にでかけました。暑い。
どうにもならん。
今日は午後、ソロモンなんとかという番組に登場した談春のビデオを見て、なるほどと思いました。芸の厳しさをひしひしと感じたね。
志の輔もそうだけど、立川流は寄席がない分、きついのだ。それをはねかえすには、よほどの根性がないとなあ。家元なきあと、彼らはどこへ向かうのか。本番の後の吸入器きもちよさそうだった。のどは命です。
まあいいや、ぼくも頑張りましょう。今日は怪談噺の稽古をやろうと思ったけど、あんまり暑いので中止。また明日の話です。
明日も授業だからね。今学期最後の小論文です。山田ズーニーの本を題材にして、生徒諸君の頭をまたまた悩ませることにいたしましょう。

日時: 2012年07月18日 20:19 | パーマリンク
2012年07月19日
やっと授業が終わった

本日をもちまして、無事1学期の授業が終わリました。まずはおめでたい。最後は3年生の小論文でした。さすがに今日はもう書きたくないだろうというわけで、いろんなお話をいたしました。
ちょっと落語を聞かせてちょうだいというので、夏なので久しぶりに「牡丹灯籠」のサワリのところをご披露いたしました。
生徒はどんな感想を持ったのかな。普段着でやっても迫力はでません。やっぱり着物に着替えて、ちゃんと高座にあがっておしゃべりをするというのが基本なのであります。
さてその後はみんなでディベートをやりました。今日のタイトルは生まれ変わったら、次は男がいいか、女がいいか、という深遠なるもの。
多分、女の子はやっぱり女がいいというかと思ったら、二人の女生徒は男がいいそうで、その反対に女がいいという男子もおりました。
そこで侃々諤々あり、とっても面白かった。
昼はちょっと外へ出かけました。いやあ、暑かった。
放課後には外語大の学生さんが何人かいらして、参加を希望する生徒たちと貿易ゲームをいたしました。
学生さんも若い、生徒も若い。
若い諸君といるだけで、こっちも気が若くなりますね。なによりのことであります。その後、久しぶりに30分かけて、「牡丹灯籠」のお露と新三郎を稽古いたしました。いやはや、かなり忘れてますね。
明日、もう一度やるかな…。

日時: 2012年07月19日 20:44 | パーマリンク
2012年07月20日
明日から夏休み

ついにやりました。やっと1学期が終わったのだ。長いような短いような不思議な日々でありました。
しかし終わればそれでよろしいのだ。9月までしばし授業はないのであります。万歳。
これからは落語三昧の日々を過ごすということになります。寄席にもたまには顔を出すことといたしましょう。
お稽古にも、もっと身を入れなくちゃいけないね。
今日は電車の中で「牡丹灯籠」を聞きました。ぼくの噺とどこが違うのか、確認しながらの旅でございます。本当なら全部聞き取って紙に書かなくちゃいけないのですが、そういうことはしてません。これはいかんな。
いわゆる耳コピというやつです。だから冷静になって聞いてみると、あっちもこっちも抜けてて、実にいい加減なものになっております。
もう少しちゃんと耳コピができるといいんですけどね。まあ、音楽とおんなじと考えた方がよろしいのかもしれん。
そんなこんなで、本日からぼんやり暮らします。
今までできなかった、パソコンのメンテナンスもちょっと試みる予定です。とんでもなく難解なソフトも入れてみたいしな…。

日時: 2012年07月20日 20:31 | パーマリンク
2012年07月21日
午前中はてんてこまい…

今朝、突然ネットがダウン。本当にまいりました。それまでなんでもなくつながっていたのに、あまりにも急だったので、すわウィルス攻撃にあったかなと気色ばんだ次第です。
仕方がないので無線ルーターを全部はずし、プロバイダーから借りているルーターだけでつないでみたものの、これもダメ。IDとパスワードも受け付けません。さてどうなったのやら。
エラーナンバーを確認したりして、しばらく時間が過ぎました。どうにもならんので、緊急窓口へ。電話で訊くしか仕方がありません。今までこんなトラブルはなかったんですけどね。
幸い、担当の人が大変親切で考えられる限りの対処法を教えてくれました。最初の七転八倒から約2時間後、すべてが解決したのであります。本当に一時はどうなることかと思ったよ。
実はちょっと用事ででかけるつもりだった場所のホテルを予約しようと思っていたんです。以前に一度だけ泊まっただけなので、名前も覚えていません。仕方なく検索しなくちゃと考えていた矢先のアクシデントでした。
毎日どれほどネットに依存しているか、しみじみと実感しますね。とにかくキーボードにさわらない日はないのですよ。ほんと。
ついでと言っちゃなんですけど、机の後ろを全部掃除し、配線を整理しました。ほんとにきれいになったぞ。いらないケーブルを全部片付けたのです。これは自分で褒めないと、誰も言ってくれないから勝手に呟くけど、すごいぞ、きれいだぞ。
というわけで、今日は午後図書館に行っただけで終わっちゃいました。なんか寒くてへんな陽気。明日はどうなのかなあ。
朝6時に起きて、まったくお昼寝もしてないのだ。それだけ用事のつまった濃い一日でありましたよ。くたびれたなあ。

日時: 2012年07月21日 20:21 | パーマリンク
2012年07月22日
荷物の運搬

今日もなんだかはっきりしない天気でしたね。
どうなってるのという感じ。つい数日前には朝、水をかぶったりもしていたのです。全く信じられないことだ。
さて今日は何曜日なのか。よくわかんない。
いよいよサンデー毎日の暮らしになりつつあるな。とはいえ、用事はいろいろとあり、なかなか暇にはなりません。
娘が今朝置いていった荷物を、今日中にマンションまで運んでくれというので、仕方なく出かけました。道路が混むから厭なのです。でもしょうがない。明日からまた必要なのだとか。
ぼちぼちとでかけました。案の定、ものすごい渋滞。幹線道路なのだから仕方がないといえば、それまでですけど、みんな何してるの。もう車の運転もそろそろ卒業したいね。
昔、クラブの先輩にミゼットとスバル360の運転の仕方を教えてもらったなあ。あの頃の感激よ、今いずこ。日曜日、河川敷の道で、ちょっとだけ運転のお稽古をしたもんです。
ミゼットのギアはHの形をしてたっけ。前進3速なんてのがあの頃はあったのだ。懐かしい。
おまけにクラッチをはやく離しすぎて、そのままドスンと止まる。あれにはまいりました。しかしあの頃はおんぼろ車だったけど、楽しかった。
今のは踏めば走る。ゴーカートとかわりはないのだ。
さて家に戻って、ああだこうだ。来週あたり、奥様がちょこっと遠方へ出かけたいというので、予約なんぞもいたしました。これもネットだ。
ほんとにすごい時代になったもんですね。
どこへ行くかについてはまたいつか判明するということで…。
このところ身辺多事でございます。これもまたいずれ…。

日時: 2012年07月22日 20:20 | パーマリンク
2012年07月23日
何をしていたのか

わかんないうちに、一日が過ぎてしまいました。誠に慌ただしかったなあ。
朝のうちはひたすら電気釜の掃除をいたしました。というのも表示部分の液晶画面が妙に薄くなったというので、さっそく点検。
なるほど、以前に比べてなんとなく薄いような気がします。それではというわけで、あっちを磨いたり、こっちを磨いたりいたしました。
おかげさまできれいになったのだ。さっそく通電してみると、以前と同じ状態に戻り、やれやれです。またここでお金を使うのは厭だからなあ。
ここのところ、奥様のリフォーム熱が高く、あちこちをなおしたり、家電品を買ったりと出費だらけ。もうそろそろご勘弁をと思っていた矢先の出来事なのです。
さてその後は、お昼ご飯を作るのが面倒だというので、ぼくが買い出し部隊です。やれやれ。昼頃から急速に暑くなったね。
午後はああでもないこうでもない。
お稽古は「大工調べ」と「蛙茶番」「浮世床」。さすがに終わった時はくたびれた。それから運転手。
やっと夕飯の後片付けをして、のんびりと机に向かうことができたのです。ほんとに主夫はつらいよ。あ~あ…。

日時: 2012年07月23日 20:25 | パーマリンク
2012年07月24日
ついお昼寝を

してしまいました。朝のうちは元気でしたので、ちょっと近くの公園まで蓮を見に出かけました。ここの蓮はなかなかにみごとなのです。たくさんの人が訪れてましたね。
さてその後でちょっと日本民家園あたりまで足を伸ばそうと思ったりしてはみたものの、いやいやとんでもない暑さ。車に戻った頃にはもうぐったりしてました。
それじゃあレストランにでも入っておいしいお食事をと思い、訪ねてみたらなんと定休日。これじゃあ仕方がないので、洗車をしてから地元に戻りました。
ちょっとしたところでお食事をして帰った頃には、もうぐったり。なんもする気がいたしません。奥様はすぐさま寝ちゃいました。
ぼくの方はあれやこれやとすることがあり、さらには連日のお稽古。
しかし今日はうまくいかなかったです。なんで忘れちゃうのという感じ。どうしたもんかね。午後遅く、突然の睡魔。
どうにもならなくなり、そのまんま撃沈いたしました。
まあ、こういう日もあります。毎日ベストコンディションというわけじゃあ、ありません。
それにしても湿気がすごい。明日はもっと暑くなるとか。また本格的な夏に戻るのかな。どうなることやら。
明日はお稽古日だしなあ…。

日時: 2012年07月24日 20:19 | パーマリンク
2012年07月25日
お稽古

からただいま戻りました。暑いですね。外を歩いていても、むっとした湿気にやられてしまいます。
なんとかならんかな。数日前の寒さはどこへやら。今度は一気の夏だ。どうなっておるのやら。
さて昼は家でお稽古。今日はボイスレコーダーに「井戸の茶碗」を録音してみました。35分もかかったよ。
あちこち抜けちゃってだめね。緊張感がない。やっぱりお客様の前でやってなんぼというところでしょうか。
夜はいつものお稽古場へ。
「大工調べ」の最初のところをやりました。本当は啖呵をきっていい気持ちになりたかったけど、ちゃんと覚えていないといかんなと反省して、その前まで。
いつか近いうちに、全部ちゃんとやれるようになりたいです。
夏はやっぱり怪談噺だな。またやりたくなってきたぞ。
明日はちょっとお稽古しようかな。
それにしても暑い。ふう。

2012年6月

2012年06月01日
ハードスケジュール

の一日でありました。朝のうちにちょっと今までにない診察を受けまして、なんとも不思議な感覚にとらわれました。というのも普通の西洋医学ではなくて、漢方の先生だったのです。もちろん通常の医学も学んだ上に、さらに中国医学をやったのですから、これはほんとに大変なことだ。
今週の週刊朝日あたりにもそういう特集が組まれております。今ややたらな人気のようですね。元はNHKの朝の番組らしいです。ぼくも見ましたけど、説得力があったなあ。
そういうわけで、なかなか診察してもらうのも、今や大変なのだよ。今回たまたま、そんなチャンスに恵まれまして、これも何かの縁かなと思い、お出かけしたというわけです。すると過去には聞いたことのない診断をされ、これまたびっくり。なるほど漢方医学というのは人間というものの捉え方が根本的に違うんだなと実感いたしました。
詳しい話はまたいつかね。
さて家に帰ってきたら、電気工事の方が待っておられ、そこからまたまた3時間ばかり、おつきあいいたしました。さらに夜は近隣の町まで出向き、落語会であります。今日もいろんな噺をきかせてもらいました。その中の2つはぼくもやるものでしたが、他の人の噺を聞くのはなによりの勉強だな。なんたって微妙にみんな違うのです。その間を身体で感じ取るというのが難しいのだ。ほんとにそう思います。
今日はほんとに朝からハードな一日でございました。
こんな時もあるのよね。むむむ…。

日時: 2012年06月01日 22:02 | パーマリンク
2012年06月02日
今日も朝から

お掃除をいたしました。なんともはや。なにがどうしたという訳じゃありませんが、さまざまな事情が重なりまして、こういう次第になりました。とにかく片付けましたよ。ほんとにゴミというのは際限なくあふれ出てきますね。昨今はゴミを捨てるのも有料なので、ちょっと躊躇いたしますが、それでも捨てないことには片付かないのです。これ実感ね。
燃えるゴミ、燃えないゴミにいろいろと分けまして、なにしろ大変だ。ものすごい量になったのであります。それをすぐに捨てられればいいのですけど、ちゃんと曜日が決まってますのでね。仕方がない。全て内部留保ということになります。やれやれ。おかげさまで、ぼくの部屋はゴミの山だ。
これはあっちに寄付するとか、これは粗大ゴミだから電話を清掃事務所に電話しなくちゃいけないとか、面倒臭いことばかり。それでも粛々とやりました。窓の掃除とかもやりましたよ。
おかげさまで、朝のうちに完全にくたびれまして、午後はぼんやり。頼まれごとがあったので、ちょっとだけ外出いたしました。娘と息子が来るらしく、またまた家に戻り、昨今の状況について逐一、報告会とあいなりました。今日は歌の練習のようですが、どうも二人ともお泊まりの気配です。奥様は例によって、せっせと食事を作っておりましたとさ…。

日時: 2012年06月02日 20:37 | パーマリンク
2012年06月03日
お掃除と運転

今日も朝からお掃除。なんでこんなことになったのか。自分でもわかりません。でもきれいになると気持ちがいいのだ。クエン酸を水に溶かして、それを霧吹きにいれます。まずターゲットはガラス窓だ。
しゅっしゅっと吹きかけ、そこからおもむろに始まりました。最初は10分で終わる予定だったのに、あっという間に1時間。なんというか、掃除というものには魔力が潜んでますね。あっちもやりたい、こっちもやりたいということになる。
さてその後は荷物を積んであっちへこっちへ連れていけといわれ、ぼちぼちと運転いたしました。ところが最初の予定がどんどんかわり、随分と遠方までドライブさせられました。最近はアクセルを踏むのも面倒くさく、もっぱら電車にばかり乗ってます。
だってぼんやりしてても、ちゃんと着くからね。あたりまえか。
そういうわけで、帰ってきたのは5時すぎ。もうくたくたです。でもなぜかそこからまたお掃除を始めました。こうなると、もう病気かも。本当はもっとじっくりやりたいのです。
でももうダメ。くたびれた。
また明日、がんばるかな。
それにしてもいったいどうしたんでしょ。危ないな、これって…。

日時: 2012年06月03日 19:37 | パーマリンク
2012年06月04日
今日から授業

またまた月曜日です。ということはまた授業を始めるということだ。ぼちぼちとやり始めました。羅生門ね。毎度のことながら、下人なんてもういません。そりゃそうだ。
昨今の生徒さんは難しい言葉を知らないから苦労するよ。衰微の小さな余波なんていわれたってなんのことかわかりゃせん。
まあ、いいことにしましょ。
さてその間の時間はもっぱら噺の稽古です。
「蛙茶番」を2度やりました。もう少し途中に出てくる歌舞伎の台詞が自然に出来ればいいなあ。とはいえ、この手の艶笑噺は仕入れておいて損はない。しかし品よくやらないと、お下劣になりますからね。そこがいちばん難しいところなのです。
明日はほんとうならあった授業が特別講師のそれにかわるとかで、またまたのんびり。そういえば、今日から教育実習の学生さんも来てます。なんか夢のように遠い世界の話なのだ。そんな時代もあったのかという気分です。
月日は流れていくもんですね。

日時: 2012年06月04日 20:20 | パーマリンク
2012年06月05日
のんびりといきまっしょい…

このところ、多事多難でありまして、いちいちここに書く訳にはまいりませんが、これでいろいろあるのよ。そりゃそうだ。年なのだから、周囲の状況も本人の状況もさまざまなのであります。
せっかく楽しみにしていた予定もちょっと無理なのかなあと思い悩む今日この頃なのです。ほんとは参加したいのだけれど、それもかなわないということになりそうだ。またの機会を待つとするしかありますまい。無理しちゃいかんね。
さてそんなこんなで本日も軽く授業をして、さらにその間に落語のお稽古なぞもいたしました。今日はなんとなく調子にのって三題もやってしまった。どうしたのでありましょう。どういう状況であろうとも、大声をあげるというのがどうやら無前提にいいことみたいな気がしますね。
授業で声を出すというのもよろしいのですが、今となってはどうも噺をしてた方がよろしいね。八っつあんと熊さんとご隠居さんと与太郎になっていれば、それだけで十分に癒やされるのであります。しかし長い噺を覚えるのはなかなかにしんどいのでありまして、そこはそれ、マイペースで頑張るのだ。
ところで明日は台風の影響とかで、雨が降るそうですね。まったくうんざりいたします。仕方がないから我慢することにいたしましょう。あれやこれやとありますけれど、やっぱりのんびりといきまっしょい…。
そうそう、本日から奥様の兄上様の奥様が我が家を訪問なさっておられます。明日は渋谷までダヴィンチ展を見に行くそうです。いと、うらやまし…。

日時: 2012年06月05日 20:32 | パーマリンク
2012年06月06日
次は100年後…

今日は金星と太陽がどうにかなる日だというので、またまたぼくの隣の物理の先生は朝早く学校に到着完了。誠にごくろうさまです。
ところがなぜか空からは非情の雨が…。お天道様は午後になっても顔を出さず、せっかくの観察用眼鏡も用なしということになりました。生徒もああだこうだと叫んでおりましたが、これも無念であります。
ぼくは天文ファンというわけではないので、まあどっちでもよいのです。とにかく今日も平和であればそれでよろしい。それ以上に何かを求めるということはないね。
まあそういうことで、粛々と授業を行いました。
とはいえ、2コマだけですから、別にどうということはありません。ちょちょいのちょいなのだ。
後はぼんやりしてました。今日はなぜか噺の稽古をする気になれず、こういう日があってもよろしいのではありませんか。
そうだ。本を読みました。久しぶりにミステリーね。ちょっと不思議な味わいの小説であります。選挙違反に関するものでありまして、なるほど公職選挙法などというものがザル法と呼ばれるのは誠にむべなることだと感心したのです。
夜はごく軽めにすませました。これからお風呂に入って寝る算段をしなくちゃね。
明日はぶっつづけの4コマです。がんばらなくちゃ…。

日時: 2012年06月06日 20:41 | パーマリンク
2012年06月07日
ミステリーを読破

いたしました。長かった。ひさしぶりに電車の中で没頭いたしました。しかし後から考えてみれば、いいように作家に頭の中を掻き回されてしまったという後悔も残るね。まあこの類いの小説はそういうものなんです。いくら分厚い本でも必ず読み終わってしまうものです。
明日からはさて何を読むことにいたしますか。
活字中毒ですからね。だから困る。
今日も小論文の授業を4コマやりましたが、生徒はかなり苦しんでおりました。単純になんでも書いていいよという訳じゃないということを、じっくり語りました。その後で、さあ書きなさいと言われても、さてどうしたらいいものやら。途方に暮れるのであります。まあ、そこが狙いなんですけどね。
放課後、職員室の前を通ると、生徒さんが別の国語科の先生に質問をしてました。手にはぼくが添削していた小論文。どうしたらいいのか、わかんなくなっちゃったみたいです。
もう少し迷わなくちゃいけないかもね。今まで答えばかり覚えさせられたきたから、こんなことにもなっちゃうのです。簡単にいえば、世の中に答えなんてないんだよ。自分で這って探す以外にない。
そこから本当の力がついていくのです。
生徒諸君の奮闘を期待するのみですね。なんちゃって…。
いつもヘンな問題ばかりでごめんなさい。

日時: 2012年06月07日 20:37 | パーマリンク
2012年06月08日
ついサッカーを

見ちゃいますね。あっという間に4点も入ってしまうというのはすごい。少し前の選手に比べると、格段にうまくなってる。みんなあちこちの国のチームに入って、日々精進してるってことでしょう。釜本や三浦の時代ははるか昔なのです。
今はなんといってもサッカーだからね。日本じゃ野球というスポーツも人気だけど、世界的にみたらなんともはや。なにしろ野球は金がかかりすぎる。いろんな道具を買い込んで、やる場所だってきちんとなくちゃいけない。
それに比べたらサッカーはボール一個だからね。こんなに安上がりのスポーツはない。ボールを蹴飛ばしたりする技術があれば、ぼくだってペレみたいになれると思い込ませるだけのものがあるのだよ。
世界的に最もポピュラーなスポーツですからね。
日本の子供達もたくさん応援してて、なんか未来はやっぱりサッカーに乗っ取られるのだな。野球もいいけど、高野連はきらい。なんだか妙に居丈高で、偉そうです。応援にくる選手からも入場料をとるとかとらないとか。まあ、いろいろあるんでしょうけど、なんかイヤ。
それに入場料が高いよ。とこんなとこで文句をいってみても仕方がないか。
せんだっても学校のそばの球場でワイワイやってるので、ちょっと覗こうかと思ったら、しっかりお金をとるなんていうので、うんざりいたしました。
高野連、や~ね。

日時: 2012年06月08日 20:15 | パーマリンク
2012年06月09日
雨の一日

本当なら、大学時代に知り合った仲間とキャンプに行く予定でしたが、さまざまのトラブルにみまわれ、今回は無念の不参加となりました。誠に残念であります。
それにしてもいよいよ梅雨入りとか。これからは紫陽花とでんでん虫の季節になりますね。
ぼくはそういうわけで、家で本を読んで過ごしました。つい先日出たばかりの本を2冊かかえて、ただひたすら読みます。ちょっとスピードをあげれば、これくらいはなんとかなりますけど、読んじゃうと終わっちゃうので、最後は少しだけスピードダウン。
内容については特に秘します。といって別にそれほどのもんじゃないけどね。最近は読書ノートもさぼって、実に不真面目そのものであります。
そうだ。もう一冊もあった。これは『はじめての漢方医学』という入門書です。入江さんという医者の書いたものですが、実に具体的で面白い。なるほど漢方医というのは、こういう風に診断を次々としていくのだなというのが、手にとるようにわかります。
医学生相手に授業をしている人ですから、まさに自分がそこにいるような気分になるね。外観から話し方、腹の具合、脈、舌の色まで、全てが漢方医の診断基準です。身体の表(表面)なのか、裏(奥の方)なのか、さらには実か虚(虚弱質)なのかという不思議な言葉遣いまで、今日は学びました。
『傷寒論』という本のタイトルは「転失気」などといった落語の中にも出てきますが、本当に実在する中国の名著なんですね。なんでも勉強だなあ。

日時: 2012年06月09日 20:56 | パーマリンク
2012年06月10日
久しぶりに…

映画を見てきました。なんとなくです。これといって特別な用事もなく、体調も万全ではありませんので、じゃあたまにはと思いついた次第なのです。
最近は一カ所で同時にやたらとやってますので、選ぶことができるのはいいのですが、あんまりこれといって見たいものがありません。ヨーロッパのはまずこのテの映画館ではやってないね。だいたいはハリウッドか東宝ということになります。今日のは典型的な東宝、フジ、電通のコラボによる映画でした。
なんとなく古代ローマのセットを見たかったからです。ローマの郊外に実物があるんだそうです。建物なんかいかにも大理石でできてるみたいですけど、実際は木製なんだとか。
このあたりは東映の太秦映画村を彷彿とさせますね。でもあれだけの群衆が衣装を着て、あのローマの町並みを歩くと、ああ、古代ローマの盛んだった頃はこんな風だったんだなとしみじみ感じますね。なんたってあの遺跡、フォロ・ロマーノを歩きましたから。暑かったな、あの日は。コロッセオの混雑もすごかった。
まあ、そんなこんなで頭の中ではワーグナーがまだ鳴っております。ストーリーはハチャメチャ。いくら漫画が原作とはいえ、そりゃないだろ。
せんだって100歳でなくなった新藤兼人監督がみたらなんと言うのかな。ちょっとその呟きを聞いてみたい気もするけどね。
学生の頃、あの人の映画をたくさん見ましたね。懐かしい。乙羽さんがきれいだった。秘めたラブストーリーもよろしい。銀座のセゾン劇場で乙羽さんを見ました。あれはなんの芝居だったかな。そうだ、秋元松代の「七人みさき」だ。あの高い木が何本も並んでいた朝倉摂の装置も懐かしい。
今日は大音響にさらされてくたびれました。やっぱりヨーロッパの映画の方がしっとりしてていいな。
ヴィスコンティいいよ。

日時: 2012年06月10日 19:47 | パーマリンク
2012年06月11日
授業と添削

2コマの授業の合間に小論文の添削をいたします。40枚の答案がごそっと集まりますので、それを右から左へと読んで、赤ペンでごそごそと書き込むのだ。なかなかにものすごい仕事ですけど、みなさんの文章がこれで少しでもいいものになればね。
しかしぼくの評価は厳しいので、生徒はまた「C」か。なんてブツブツ言ってます。「C」ならまだいい方で中には「C下」とか「D」なんてのもいます。
どうやったら「A」がもらえるんですかなんて聞きに来る剛の者もおりますが、まず無理ね。
そんな簡単にいい評価をもらえるもんじゃありません。血の汗を流してうんうん唸りながら、それでもいい文章がなかなか書けないというあたりが、本当なんじゃないかしらん。そんな気がします。
まあとにかく頑張ってもらうしかないな。大学に入るレベルまでならなんとかなる。問題はその先でしょ。そこからが本当の戦いだ。
今日は暇だったので林家しん平の『落語物語』を読みました。去年、映画にもなってるんだよね。今度借りてこよっと…。
おかみさん死んじゃって、師匠がすごくかわいそうだった…。

日時: 2012年06月11日 20:22 | パーマリンク
2012年06月12日
いやな天気

なんとも鬱陶しい天気です。それに寒い。あんまり気温が上がらないせいか、元気もでないね。雨というのはどうも気を吸い込むのだ。まあ、仕方がないか。雨が降らないと田植えもできないし、お米もとれないからね。
とにかく軽く2コマこなしましたけど、最初は朝なのに、次のは6時間目なんて訳のわからん時間帯なのだ。その間はとりあえず自由ではあるものの(ここがサラリーマンと違うとこなのかも…)、しかしどうってことはない。
まあぼちぼちとおしゃべりなどをして、過ごしましたとさ。
昼過ぎにきたメールによれば、奥様は突然休みになった娘と渋谷へお買いものだとか。暢気なもんだよ、まったく。夕飯も適当にしてちょうだいと第2信があり、仕方なく適当にいたしました。
いまだに帰ってくる気配がありません。いったいどこで何を買っておるのやら。きっと今頃はどっかの店でうまいものでも食べているのでありましょう。
羨ましいというか、あほらしいというか。
聞け万国の労働者…。なんて歌はどこへ行ってしまったのでありましょう。時代はどんどんと変化しておりますね。

日時: 2012年06月12日 19:29 | パーマリンク
2012年06月13日
本日も2コマ

毎日、1年生を相手に格闘しております。今日は漢文の日です。問題を解いているうちに、すぐ終わっちゃいました。なんたって今週は40分授業ですから。なんでも面接週間なんだとか。担任は大変ですね。いろいろとお話し合いをしなくちゃならん。
しかし、ぼくにとっては放課後が長いのだ。なんたって2時過ぎには終わっちゃうのです。これも悩みの一つかな。贅沢な悩みだね。それでも3年生の一人が小論文をみてくださいと持ってきました。あれやこれやと話しているうちに、もう一人あらわれて、ありゃりゃのりゃ。まあ、なんとかこなしたというところかな。
その後は大きな声で落語のお稽古。このところよく声がでます。喉の調子は絶好調です。最初のバージョンだと25分はかかるので、大幅に前半を縮めて、なんとか20分くらいにしました。これなら今度の寄席にもかけられるかも。さてこの前やった「鈴ヶ森」とどっちがいいのかな。他の人がやるネタとかぶさらないように(ちなみにこれを業界ではツクと言うそうな)しなくちゃね。ということはバレ噺の方がいいかなあ。
よくわからん。そのあたりはみなさんに決めていただきましょう。
さて明日は例によって4コマの小論文です。
どうなることやら。これも予測がつきません。
それにしても寒いんじゃないの。どうにかしちゃったのかなあ…。

日時: 2012年06月13日 20:01 | パーマリンク
2012年06月14日
お稽古

今日は朝から4時間ぶっつづけ。くたびれます。難しい情報化社会についての小論文をやりました。生徒はうんうん唸って文を書きます。かわいそう。
でもスマホやコンピュータ全盛の現代は、ものすごい情報の渦の中です。ちょっと前のコンピュータは完全におもちゃです。それくらい早くなった。それだけに絵でも文字でも世界中から飛んでくる。もちろん必要がない情報も含めてね。
そういう時代だけに生きていくのは大変です。どうしたらいいものか。そのあたりをじっくりと考えてもらいたかったのだ。
さて夜はいつものお稽古会。近々、会主催の大きな落語会があるので、どうしたものやら。ぼくもエントリーはいたしました。さてそれまでにちゃんと噺ができるかどうか。お稽古だけはしてますけど、お客様の前でやったことはないしね。ぶっつけ本番なのだ。どういうことになるのかなあ。
次回までに頑張ってもっときちんとしたものに仕上げなくてはなりませぬ。
それにしてもなんとなくむしむしと妙な天気です。これが梅雨というやつなのかもね。やだやだ…。

日時: 2012年06月14日 21:35 | パーマリンク
2012年06月15日
大研究

今日はお仕事なし。つまり家でぼんやりしておりました。といってもいろいろと宿題がありまして、それをやらねばならん。まずその第一番は、落語に出てくる登場人物について調べることです。なんだアホらしいというなかれ。
これはぼくにとって実に大切な研究テーマなのであります。まあ暇人といえば言えないこともありませんがね。鶴屋南北の台本を手に入れるのがまず大変です。なんたっていくつもバージョンがあるわりに、今回やろうと思うのがない。
どうもホントにないのかもしれないね。口伝ですから。ああいう歌舞伎の台本なんてものは。違うバージョンのがありましたので、まずはそれを読みます。そこからわかんないことがあれば、また調べる。今日は2回も図書館へ出向きました。
ネットで調べりゃわかるでしょなんて暢気なことを言ってちゃいけません。ネットの情報はあまりにもダブっておりまして、大体がいい加減。とても信頼に足るものではございません。ほんとなら国立劇場のライブラリーまで出向いて、逐一調べたいとこです。つまりそういう世界なのですよ。マニアックといえば確かにそうだけど、それだからこそ、また楽しみでもあるのです。こういうことが好きなんだな、つまり。
ネットの情報なんて、つまらんよ。といってここに書いてるぼくはなんなんだ。
ああ、自己矛盾…。

日時: 2012年06月15日 20:26 | パーマリンク
2012年06月16日
六本木まで

行ってきました。なんというか、すごいとこだ。
ぼくが以前入れていただいていた研究会主催の弁論大会があったのです。そこでちょこっとだけ審査委員をしてきました。本番は8月なんですけど、そのための東京都予選というやつです。
こういう時になると、みなさんよほど緊張するんでしょうね。気の毒です。ぼくの方はかなり暢気ですけど。最初、その会場がどこだかわかんなくて、ちょっとあたりをウロウロ。テレビ朝日の近くだというとこだけは覚えてたんだけどなあ。
それに今日は雨だし、風景もよろしくない。東京タワーも完全に雲の中です。しかしだ、あそこには随分人が集まるんだね。みんな何しにくるんでしょうか。ぼくにはよくわからん。
今や、ほとんど居住地から出ることがありませんので、あんまり遠くまで行くとくたびれるのだ。さて往復の電車の中で小谷野敦という人の書いた『21世紀の落語入門』という新刊を読みました。かなりの変人とみたね。でも面白かった。
寄席なんて無理に行くことはないとか、いろんな落語家の話が本音で書いてあって、広瀬和生の立川流礼賛路線の本とは全く味わいが違います。
だからちょっと新鮮だったかな。
ちなみに三遊亭円丈の『ご乱心』こそが必読の書だと書いてありました。あれはとにかくメチャクチャに面白い。どうして文庫本にならないのかな。ぼくも大いに賛成です。あれを読んだら入門するのが絶対怖くなるよ。これホント。

日時: 2012年06月16日 17:46 | パーマリンク
2012年06月17日
お稽古と昼寝

朝からのんびり。これといって予定もございません。昨日の一件でもっと時間がとられるのかなと思ってましたので、今日も一席やらないかとお誘いを受けておりましたが、ちょっとご遠慮させていただいたのです。その分、次回は力をこめてやらなくちゃいかんな。
まあ、そんなわけで、朝からお稽古をいたしました。言葉のあやふやなところを修正し、それでもまだ不安なとこは、確認作業をしたのです。
とにかく噺を覚えるのは大変だよ。なんとなく登場人物の一人に愛着を感じる今日この頃です。元々ぼくは暢気で薄っぺらいこういう類いの人間なんだとよくわかってきました。
今までなんとか隠そうとしてきましたが、ホントはねっかえりのおっちょこちょいなんです。そのことが最近実に実によくわかってきました。
だから登場人物の一人にすごくシンパシーを感じるね。
さて昼過ぎに図書館へ。帰ってきてからやたらと眠くなって、ついに昼寝。ソファーにごろりと横になっていると、なんて気持ちがいいんでしょ。あまりにも急激に暑くなり、炎天下を歩いてきたせいか、完全にグロッキー状態でした。
それにしても突然暑くなったなあ。
さて明日からはまたまたお仕事です。なんかテンションが全然あがりませんけど、まあこれも飯のタネ。浮世の義理というやつかもね…。

日時: 2012年06月17日 20:19 | パーマリンク
2012年06月18日
のんびりとマイペースで

授業をしております。もう、ここまでくるとそんなに怖いものはございません。粛々と日々のワークをこなすのみでございます。といってもいろいろと発見はありまして、なるほど、こういう考え方もあるんだなということを生徒諸君に教えてもらうのです。
それにしてもむしむしと暑いので、ちょっとまいりますね。
特にお昼ごはんの後となると、これはもう睡魔との戦いなのであります。ほどよい気温と、お腹のたるみ具合のコラボは即眠気を催すらしく、どうにもならんのだ。
さすがにぼくも教壇に立っている時だけは寝ません。そりゃそうだ。そんなに器用じゃないからね。しかしちょっと生徒に作業をさせて、後ろの椅子に座ったりするとテキメンです。すぐに眠くなる。
まあ、人間というのはすべからくそういう風にできておるのですな。
気にすることはありません。
今日はつい先刻まで旅番組を見ておりました。昨年の夏に訪れたナポリの様子を懐かしく思い出したよ。
イタリア人というのはどうしてあんなに人生を楽しむことが得意なのかなあ。遊ぶことに貪欲だよね。これはやっぱり国民性というしかないものなのかもね。
とにかく食べて飲んで楽しむ。これこそが究極の人生なんでしょ。きっとそうなんだよ。
ユーロがどうなろうと、そんなのオイラの知ったこっちゃないのだ…。

日時: 2012年06月18日 20:43 | パーマリンク
2012年06月19日
台風・元気

やり投げのディーン元気くんより、今日はずっと台風の方が元気かな。今、すごいです。風と雨。窓を閉めていると蒸し暑くてかなわん。そこでちょこっと窓を開ければ、なんともいえない風の音が耳に飛び込んでくるのだ。一言でいえば、乱ですね。
全てをデフォルトに戻す乱だ。こういう類いのものを期待している御仁が、昨今は多いんじゃないのかな。
まあ、とにかく今日も無事に仕事を終えて家路についたというわけです。期末試験も近づいておりますので、とにかく試験範囲だけは終わらせなくちゃならん。それもそろそろメドがついてまいりました。もう少しね。
しかしここいらで安心してはなりません。好事魔多し。賊はどこに潜んでいるかわからないからね。
それもそうだけど、小論文の方もなんとか成績をつけなくちゃなりません。これも厳しいのだ。試験をやらないということは、つまりなんとかみなさんが納得するだけのものをきちんと提示するということなり、それはすなわち、ぼくが試されているということと同義なのでございます。
いやはや、なんとも。
そういえば、今日は桃月庵白酒師匠そっくりの生徒会長くんと、しばし歓談をいたしました。とにかくうり二つなのです。当人にも確認しましまたので、間違いございません。ほんとに世の中にはこんなによく似てる人がいるもんなのだよ。ああ、おもろ…。

日時: 2012年06月19日 20:00 | パーマリンク
2012年06月20日
暑かった

ですね。30度を超えたとか。昨日の台風といい、今日の暑さといい、自然の力はものすごいものです。どうにもならん。ぼくのいる部屋は物理準備室なので、なぜかクーラーがありません。これは全都そういう仕様なんだそうです。意味がよくわからんけどね。
そこで物理の先生が持ち込んだものが、あのハイアール社製のものすごい冷風機です。よく工場なんかで使う象の鼻みたいなのがついてるやつです。
なるほど涼しい風が出てくるまではいいのですが、とにかくすごい音だ。ジェット機に乗っている状態をイメージすればよろしいね。ゴーゴーと切れ目なく雲の上を飛んでいる感じです。どうにもならなくなり、音のする部分に厚手のカーテンをかけてみたら、いくらかよくなりました。
この機械は室外機と室内機を一緒にしたようなもんなので、それはそれはなんというか、なんとも言えんのです。まあ、夏は働かない方がいいかもね。
そんなわけで、今日も1年生を相手に2コマやりました。
あとはぼんやりです。なにをしていも最近はぼんやりですけどね。
そこはそれ、ご勘弁のほどを…。
この時間になっても暑いなあ。ほんとにあつい…。

日時: 2012年06月20日 20:15 | パーマリンク
2012年06月21日
毎日へんな天気です

今日は朝から4コマの日。心してお出かけいたしました。ここ数日、通勤途上で読む本がないので、落語を聞いてます。ほんとにいろんな人がいろんな噺をするけど、どうしても自分がやりたくなるようなものを探す旅みたいなもんかも。
これは直感だね。あっ、これやりたいと思うと、何度でも聞きたくなります。これも不思議。その中でやっぱりこの人のこの型でやりたいと思うようになります。そうしたらあとは一直線。ひたすら他のバージョンを聞きながら、どれを芯にするかなんて考えます。暇人だなあ。
さてなんとか家に戻ってしばらくしたら、ピンポン。一昨日頼んだパソコンのモニターが届きました。早いね。
今度のはちょっと大きめなので、まずつないでから調整いたしました。なんだかへんな感じです。しばらく使っていれば馴れるかな。ちょっと前はものすごい値段だったのです。それがあららという感じで急降下。どうしてこんな安くなっちゃうのかなあ。
テレビだってそうでしょ。少し前の半値です。いや、もっと安いかな。シャープの亀山工場なんてもう夢の夢ですよ。
ほんとにものすごい世の中になったもんだ…。

日時: 2012年06月21日 20:54 | パーマリンク
2012年06月22日
冷えは万病の元

まさにその通りであります。身体のみならず、心の冷えももちろん万病の元です。じゃあ、どうしたら冷え性にならずにすむのか。これは案外難しいテーマなのでありますよ。
冷たいものを飲み過ぎちゃダメだし、果物や甘いものばかり食べてもダメ。さらに厄介なのは隠れ冷え性なのに、自覚のないタイプの人だね。
ぼくなんかももしかしたらこういうジャンルに入るのかも。
今日は漢方の先生に久しぶりにお目にかかり、附子なる薬を処方してもらいました。苦い。家に帰ってきて調べたら、なんとあの猛毒のトリカブトの根だそうです。あな怖ろしや。もちろん毒と薬は裏表なのだ。なんでも毒を消すためにいろんな処理を施してあるのが、この薬なのだとか。なるほど。
これは身体の内側から熱を生み出す性質をもっているらしいです。そんなことがあるのかね。このところ、天候不順ですから、確かにこういう類いの薬の出番もあるのかもしれません。それにしても西洋医学だったら、さてなにを処方するのかなあ。
人間の見方が根本的に違うので、なかなかに興味深いです。
今日はいろんなことがありまして、なんだかぼんやりしてるうちに一日が終わりそうです。本当はある大学の落語発表会があるんですが、さて行けるものやら、行けぬものやら。そんなこともはっきりしない今日この頃なのでございます。
日曜日にはサッシーくんのお芝居もありますのでね。今日は静かにしてようかな。

日時: 2012年06月22日 17:24 | パーマリンク
2012年06月23日
のんびり

と半日、本を読みました。今日は三浦朱門の『不老の精神』。まあ、こんなもんでしょ。老年の感想というのはね。奥様の曽野綾子の話が面白い。なかでも75歳で足の骨を折った時の話は傑作だ。なおった途端、前より猛烈に歩き出したとか。これには医者もびっくりして、慌ててとめたそうな。まさに想定の範囲外だったそうです。彼女もやたらと元気だなあ。本屋さんにいくと、『老いのなんとか」とかいうシリーズの本が所狭しと並んでいる。老年に関する本が今は一番売れるんでしょう。団塊の世代が今まさに巷を漂っておるのだ。ここで下衆の勘ぐりをめぐらせると、旦那よりは間違いなく稼いでますな。しかしこれはちとお節介かも…。
ところで今日の新聞によれば、90歳の人の本がやたらと売れてるそうですね。80歳じゃ若いし、100歳じゃちょっと苦しい。そういうわけで、90歳の書き手が争奪戦になっているとか。吉沢久子なんて息が長いね。それにあの『くじけないで』の柴田トヨさん、さらに内海桂子師匠。なるほど、それで本屋へいくと、そんな年頃の皆様の本ばっかりなんだなあ。
編集者の嗅覚は鋭くないとね。
さて一段落してから、掃除にまたまた熱中いたしました。いろんなゴミを片っ端から片付けたよ。とにかくゴミがでかいので、燃えるゴミの袋も最大のやつを買い込みました。これじゃないとなんにも入らない。幸い、これでかなりすっきりしました。
とはいえ、まだまだ道は遠いのだ。これからもじゃんじゃん捨てなくちゃ。
断捨離の精神は脈々と生きておりますぞ…。

日時: 2012年06月23日 20:46 | パーマリンク
2012年06月24日
久しぶりに下北沢へ

行ってきました。夜にさっしーくんが主宰するお芝居の公演があったからです。下北沢に降りるのは随分と久しぶりのことです。以前は毎日通過してたのにね。
日曜日の夜だというのに、若者がたくさん。あちこちの飲み屋さんで一杯やってます。駅の周辺は飲み屋さんばっかり。外にテーブルを出して、生ビールをいただいておりますね。ちょっと今日は寒かったけど、そんなことは気にしないのだ。
ぼくは公演が始まるちょっと前に出向いたので、なんとなくそのまんまホールへ。懐かしい顔がたくさんありました。みんなお姉さん、お兄さんになってなんともまぶしいね。
今回の作、演出はこれもぼくのクラスに在籍していたももこちゃん。文化祭も彼女の台本で乗り切りました。とにかく人を笑わせるというのは大変なことです。ぼくも落語のお稽古をしていて、しみじみそのことを感じるよ。真剣にばかばかしいことをやり続けて、やっと笑いをとるということになるのです。
だから台本を書くのも難しい。今日は第一回の旗揚げ公演です。
相当、お稽古をしたんでしょう。自分じゃない人間になるというのは一度やり始めると、やめられんのだ。ちょっと悪魔的なよろこびに誘われるのですよ。
次はいつあるのかな。次の機会を楽しみにしようっと。懐かしい先生に何人にも会い、生徒の顔もたくさん見ることができて、ちょっと非日常的な夜でしたね。なんと…。
明日からはまたまた仕事だ。こっちはやたらと日常そのものなのであります。はい。

日時: 2012年06月24日 21:51 | パーマリンク
2012年06月25日
試験一週間前

になりました。今日は羅生門の総復習です。これでなんとかやり終えたのだ。まずまずありがたい。明日は別のメニューを粛々とこなしましょ。そうすれば、とりあえずなんとか1学期を終えることができます。
早いもので、もうすぐ7月だからね。それにしちゃ今日は肌寒かった。というか、ひんやりね。今年の夏はかなりの猛暑だそうで、これも怖ろしい。
今日も身体の冷えと心の冷えに関する川嶋明さんの本を読みながら出勤いたしました。
とにかくあの湿布と鎮痛剤が一番よろしくないそうです。血液の流れをとめて、痛みを感じなくさせるという薬なので、最終的には身体が冷え切ってしまうそうな。そうすると、本来なおるべきところが、ますます冷えてよくならないのだとか。
言われてみると、確かにそうかもしれません。子供でもあんまりいろんな病気を抱えている子は、お腹のところにある腹直筋という縦の筋肉が緊張してしまうのだそうです。筋肉は熱を出すので、これによってなんとかお腹の冷えを阻止しているとのことです。
自然に自分の身体を防衛するために筋肉まで突っ張っちゃうという話には、空恐ろしいものを感じますね。
考えてみれば、小生はなんとダメな人生を歩んできたことよ。冷たいものを冷蔵庫から出して飲んだり、甘いものを食べたり、果物をぱくぱくと食しては、身体を冷やしていたのだ。暑いところでできるものは、基本的に身体を冷やすのです。トマトにキュウリ、さらにはバナナ。夏の暑い時に食べるのならそれなりに理由はありますが、さて冬に食べる必然性がどれほどあったのか。人間、すべからく旬のものを食べなくちゃダメなのよ。
そろそろ冷えから根本的に脱却するための方法論を身につけようではありませんか。みなさん。激しく、ぼくは反省しております。生ビールなんてとんでもないのだ。
アルコールは副交感神経を活発にするので、すぐにリラックスできるんですけどね。ただし、後がいけません。人生そうはうまくいかんのだ。
まあ、一番簡単なのはお風呂にぼけっと入ることかな。今日もぼけっと暮らしましょ。そうしましょ…。とにかくぼけっとするのだ。鼻歌でもうたいながらね。

日時: 2012年06月25日 20:10 | パーマリンク
2012年06月26日
なんとかぱみゅぱみゅ…

というタレントの名前が、この数日間ぼくの頭の中で渦巻いております。発端は小論文なのです。つい先日書かせたものの中に、この人の名前が載っておりました。ぼくの全く知らない世界のことなので、隣にいた物理の先生に伺ったところ、なんとよくご存知でした。これには驚いたね。
今回は「個性とは何か」という内田樹の文章を読ませた後で書いてもらったのです。まさか、聞いたこともない、ぱみゅぱみゅなんて名前が出てくるとは想像もしなかったのだ。今の生徒さんはどういう世界に遊んでいるんですかね。謎だよ。そういえばせんだっても、原田泰造にどうしても会いたいとかいう生徒がいたなあ。
そんなこと、それほど難しいことじゃないでしょと言ったら、目を丸くして、ほんとに会えるんですかと訊く。だってこの世の人だもの、事務所かなんかに電話して頼めばなんとかなるんじゃないのと言ったら、実に不思議そうな顔をしておりました。
テレビに出てくるタレントは宇宙人なのかね。別にどうってことはないじゃないと思うのは、ぼくがおじさんだからなのか。なんともいえない感覚だ。
昔、よくでかけた芝居の稽古場には普段あちこちのテレビでみかけるタレントや俳優がたくさんおりました。でもどうってことはない。ただの人間だ。どうしても会いたければ会えるでしょ。なんとかぱみゅぱみゅだっておんなじです。
着てるものやら頭の恰好が少々奇抜なくらいで、個性だなんて言ってたら、キリがない。どうもよくわからん世界にぼくは足をつっこんだのかもしれん。
空港あたりで韓流スターにキャーキャー叫ぶ、おばさまたちの気分を少し味わわなくちゃだめかもね。小論文の添削をしてると、たまに妙なのがありまして、これも頭の体操になるんですよ。世間に疎いと、生きてはいけんからね。これほんと。

日時: 2012年06月26日 20:19 | パーマリンク
2012年06月27日
お稽古会

からただいま戻りました。今日は近々予定されている落語会のオーディション。緊張いたしますね。なんとかやり終えたものの、あちらもこちらも直さなくちゃならんところばかりです。
しかしこういう楽しみがあるということは、なかなかによろしいのではないのかなあ。でっかい声を出してわめきちらすというのは、はなはだ快適なのであります。
まだ本番までに10日間ほどありますので、その間にせいぜいお稽古いたしましょう。
それにしても何度も高座に出させていただいて、幸せなことでございます。その後で頂戴する生ビールも大変よろしいね。まあ、その一杯のために頑張っているようなもんなのです。
仕事のストレスなんて元々ないけど、ますますストレスとは縁遠い暮らしになっていきますね。はい。これからお風呂に入って、ばたんきゅ~と寝ちゃうのだ。
そうすれば、またまた幸せな朝がやってくる予定ではあるんですけど、さてそうなるものやら。これは神のみぞ知るというところかな…。

日時: 2012年06月27日 21:36 | パーマリンク
2012年06月28日
もう半分…

も過ぎちゃいました。つい先日お餅を食べて、箱根駅伝を見ていたのが嘘のようです。あと半年もすれば、今年も終わりなんだな。なんというか実に月日のたつのが早い。なにをしたということもなく、あっという間に過ぎていきます。
今日も4時間授業をいたしましたが、来週からは期末試験だ。それが終われば、今度は夏休みでしょ。全く矢のように日々が飛んでいくなあ。
今日という日を過去にしていくことが生きるということなんでしょ。特別に意味があるわけもなく、ただぼけっと過ぎていくのです。
そうした果てに人の一生というのがあるんだな。なんとも不思議な感覚にとらわれます。
今日はついお昼寝をしちゃいました。なんだかむしむしと暑い日だったな。明日は今日より随分気温が低いようですけど、さてどういうことになるのやら。
新聞には毎日たくさんのニュースが載ってますけど、さてどれを記憶にとどめればよいものやら。あまりにもたくさんあって、なんにもないのとおんなじような気もいたします。
毎日の通勤電車の中はスマホの嵐だ。でもきっとそれほどの情報には接していないでしょ。ほんとに大事なことはあんなとこには載らないのよ。
これって「俺メディア」を主宰している身としては、やっぱり自己矛盾かも…。

日時: 2012年06月28日 20:04 | パーマリンク
2012年06月29日
集団給食…

のイベントがありました。これは食物科の生徒が、調理師になるために通過しなくてはならん関門だそうです。いつも習っている先生と本物の板前さんと一緒に朝からお料理をつくります。そのための献立も随分前から相談してるみたい。
材料の調達からカロリー計算まで、それはそれは大変な道のりのようです。そんなことを知らない暢気なおじさん達はお昼になった途端、調理室へなだれ込みます。お母様方もたくさん見えます。さらにはたくさんの先生、生徒。みんな年に何度かあるこのイベントを楽しみにしてるのです。
今日は和食でした。最後の水羊羹にいたるまで、全部生徒達がつくったものです。すばらしい。3年生の何人かは小論文の授業をもってますので、顔見知りです。コックさんの恰好をしてるとそれだけでクールだね。
アンケート用紙にお礼を書いて、調理室を出ました。しばらくの間、おなかがいっぱいで動けなかった。なすを揚げて煮浸しにしたのとか、かぼちゃやにんじんの煮たのとか、それはそれは手がこんでいて、本当に指導の先生も大変だろうなとしみじみ感じましたね。
いよいよ来週からは試験です。その前の今日はちょっとした休息の一日というところかな。午後から暑かった。随分とお日様が出ました。明日はさてどうなのかしらん…。
ちょっと一日くらいのんびりといたします。
そうだ、掃除もまたまたしなくちゃ。明日は物入れを全面的に片付ける所存でありまするぞ。

日時: 2012年06月29日 20:20 | パーマリンク
2012年06月30日
物入れの…

掃除を朝からいたしました。その前にメダカのお世話。これも大きなカメにたっぷりと水を入れておいたのに、移し替えました。赤ちゃんメダカもすくってあげて、無事に引っ越し。真ん中には睡蓮。そのまわりにほてい草というわけです。
もう一つのカメはきれいに洗って、またお水をいれておきました。これで当分なんとかなるでしょ。メダカはかわいいよ。もう何年もお世話してます。ものすごくたくさん赤ちゃんがうまれますが、生き残るのは数匹。ほんとに強いものだけが生き残るのです。これが自然界の現実だ。
最初のうちはなんと理不尽なことかと思いましたけど、もうなれました。考えてみれば、たらこだってすじこだって、あれが全部大きな魚になったら、そこいら中、鱈や鮭だらけになるのだ。そんなことは現実にはない。ほとんどが死にます。それが本当の自然なのだよ。
そのことをぼくはなんとメダカの赤ちゃんを育てながら学びました。あほらし…。
さてその後は物入れの大掃除です。どうしてこんなにものがたまるのかなあ。ちょっと油断してると、ほんとにどんどん増殖してくる。やっと減ったと思ったそばから、また増える。いやんなります。今日もでっかい袋に次々とつめました。それでもまだある。
また来週にでもやるか。今度は隣の部屋の押し入れかな。ほんと、この旅はいつまで続くんでしょ…。
ついでに昨日ちょっと聞いてむりやり筆録した「浮世床」をやってみました。こういうばかばかしい噺は大好きです。とくにあの「本」がいいね。あそこの部分は是非ぼくのレパートリーに入れたいと思います。はい。
真柄十郎左衛門のくだりが実にばかばかしいのだよ。

2012年5月

2012年05月01日
久しぶりの授業

なんというかゴールデンウィーク谷間の授業です。昔ならメーデーとか言って、都心を行進したりしておりました。ああ、隔世の感あり。
授業は2コマ。久しぶりです。古文の授業をいたしました。いろいろとお話をしながら、あっちへいったりこっちへいったり。ぼちぼちとやりました。
生徒諸君は大変穏やかに、ぼくのお話を聞いてくれます。そんなに難しいことをやっちゃいないけど、でも初心者には案外なのかもね。
とにかくのんびりとマイペースで楽しみながらやっております。
幸い、掲示板に書き込みをしてくれたど~もくんが誰かということも判明いたしまして、お礼を申し上げた次第です。ありがたいね。
さてさて明日はなんともものすごい大雨なんだそうで、どうしましょ。弱ったね。ここはとにかくひたすらぼけっとやるしかないな。明日も2コマだから、なんとかなるっしょ。
ところで往復の通勤の途中ではひたすらおんなじ噺を聞いております。大分覚えたぞ。もう少しがんばるっきゃないのだ。絶対に覚えるぞ。えいえいお~。

日時: 2012年05月01日 20:03 | パーマリンク
2012年05月02日
堀ったばかりのタケノコを

買ってきました。というか、専科の先生が朝ちょっと離れた農場に出かけて生徒達と一緒に掘ったらしいのです。それがあんまり多いので、なんとか持っていってくれないかということになりました。めちゃくちゃに安くしてくれました。お値段は内緒ね。それじゃあ2本もらっていこうと決心したのです。なんたって重いからね。
ここのところ連日タケノコをいただいているので、またまた奥様に叱られるかなとびくびくしてました。だけどなんとか怒られずに助かりました。やれやれ。
というわけで、これから茹でたいと思います。なんでも自分でやるのだ。とほほ。
それにしてもよく降りますね。だらだらといやんなる。明日も雨だそうで、どうにもならん。ぼちぼちと暮らそうっと。仕方がないから落語のお稽古をするしかないかな。今日は授業をしたので、喉がくたびれました。だからなんにもしないのだ。こういう日があってもよろしい。そのかわりプロの噺を何回も続けて聞きます。
今日は「井戸の茶碗」をいろんなバージョンで確認しました。みんな違う。さてどれをメインにしようかな。権太楼はいつも派手だな。ほんと、誰のをメインにしようかな。

日時: 2012年05月02日 19:47 | パーマリンク
2012年05月03日
雨がやんだらお散歩だ

というわけで、午後遅くに家を飛び出しました。一日中、家の中におりますと、頭の中がおかしくなります。とはいえ、朝早くに床屋さんへ行ったことはいったのですが、まあそれはそれとして…。
落語の台詞を呟きながら、うろうろとお隣の駅まで。幸いここにはたくさんのお店があります。あっちこっちを覗くのがなによりの楽しみだな。今日は貸衣装屋さんの売り場をいろいろと物色いたしました。
例によって派手だ。成人式、卒業式、七五三となんでもある。男性用のもいろいろあったな。ぼくはゆかたコーナーをしげしげと見たぞ。こういう風に男物の着物を売っていれば、なにも浅草くんだりまででかけなくてもいいのにね。まあ、ニーズがないということは仕方のないことです。
それでも帯なんかがあったので、これもじっくりと見ちゃいました。さすがに値がはるとみえて絹のものはございません。みんなポリエステルでした。どうも帯にこの繊維はよくないらしいのです。つるつる滑って緩んでくるとか。いっそ綿の方がずっとよろしいそうな。
まあ、そんなこんなであちこちぶらぶらしていると、奥様から電話。どこにいるのよといわれ、つい駅の名前を口走ると、同じところにおりました。なんてこった。帰りはそういうわけで、運転までさせられてあっちへいったりこっちへ行ったり。まあ、ありがちなことではありますけどね…。

日時: 2012年05月03日 20:58 | パーマリンク
2012年05月04日
帰ってきたら大雨だったの巻

大変に天候不順であります。とにかくこの連休はものすごい。午前中、ちょこっと外へ出ました。近くの公園でフリーマーケットをやっているというのでね。しかしぼくが欲しいものはこれといってなく、仕方がないので、あっちこっちをぶらぶらして帰ってきました。
スーパーにも寄ってお昼ごはんを確保したのだ。
さてそれからが大変です。先刻までのやたらといいお天気が俄に大変身。突然、黒雲が出てきてあっという間にどしゃぶりです。さらには雷も鳴り出す始末。いったいどうなってるの。あのたくさん出ていたお店の人たちはどうするんだと考える暇もなく、滝のような雨が降り注ぎました。これには本当に驚いたな。
早めに家に戻ってきてよかったとしみじみ実感した次第です。
それにしても、どうなってるのかね、この天気。異常気象なんでしょうか。せっかくの行楽がめちゃくちゃだよ。芝生の上でお食事をしていたたくさんのみなさんは、どうしたんでしょ。
テキ屋を殺すにゃ刃物はいらぬ、雨の2日も降ればよいとはよく言ったもんです。なんだかかわいそう。さすがに明日はいいお天気になるみたいですけど、明後日はまた怪しいとか。そんなこんなで、お休みが消えていく。
追伸、今日もしっかりお昼寝しちゃいました。だって眠いんだもん…。

日時: 2012年05月04日 20:56 | パーマリンク
2012年05月05日
いいお天気の日は、気分もよろしい

朝のうち、ちょっとした用事で外出。ついでだから、ちょこっと歩いてまいりました。暑い。直射日光がやたらとまぶしい。昨日の天気が嘘みたいです。一度家に戻ってから、今度は奥様とお昼ご飯を食べるための小旅行へ。
隣の駅ではやたらと賑やかなイベントの真っ最中です。あちこちの店を覗き込みながら、フリーマーケットにも顔を出しました。しかしこれといったものはなく、そのまんまとあるビルの中へ。
昼食を食べながら、ああでもないこうでもない。それにしてもすごい人です。今日は連休中、最高にいいお天気の日でしたね。少しだけ買い物もしちゃいました。
娘と息子が突然やってくるというので、食料を買い込み、家に戻りました。評判のロールケーキをいただきながらお茶を飲んでいたのも束の間。あんなにあったケーキを、二人の闖入者があっという間に平らげてしまいました。これには驚いたね。あんなにたくさん残っていたのに。
その後、歌の練習に出かけてしまったのだ。まだ帰ってきません。
今日は二人とも泊まるというので、まるで我が家は宿屋みたいだと話し合っております。なんたって食事付きで無料ですからね。これはやめられんのだよ。
明日は二人揃ってどこかのコンサートへ行くんだそうで、せいぜいおいしい昼飯でもご馳走してもらうかなあ…。

日時: 2012年05月05日 21:17 | パーマリンク
2012年05月06日
早朝散歩

朝、なぜかいつもより早めに目が覚めてしまいました。といってもそんなに早くじゃありません。6時ちょっと前だったかな。また寝るのもなんなので、そのまんま起床。軽く朝食をいただきました。せっかくだからお散歩にでかけようと思い、外へ飛びだしたのです。
なんとなく歩いているうちに、近くの菖蒲の公園をめざしてました。ここは季節になると、たくさんの種類の菖蒲がみごとに咲くのだ。今日はまだいくつも咲いてはいなかったな。もうちょっとです。あと一月はかからないでしょ。
池まで歩いて、釣りをしている人を眺めます。「野ざらし」という落語をちょっと思い出したよ。朝も早いのに7、8人はいました。みんな本格的な装備です。キャッチ・アンド・リリースということで、釣れたらまた池にかえしてやるのだとか。うぐいすがさかんに鳴いてます。何羽もいるな。
さわやかな声だね。なんだかんだで家に戻った時には汗びっしょり。家人はまだ寝てました。なんてこった。午後は歌の練習に送ってくれというので、ちょっと遠方まで。帰りにパソコンショップに寄りました。なんでも姪が買いたいらしく、一緒にみてくれというのです。
イーモバイルでやりたいというので、契約のあらましを聞いてきました。商売人はうまいね。なんだかんだといって絶対に損はしないのだよ。それにしても大変な世の中になったもんだ。
あんな携帯みたいな装置でネットができちゃうんだからなあ…。

日時: 2012年05月06日 20:42 | パーマリンク
2012年05月07日
本日は2コマ

なんというか、暑いのか寒いのか。とにかく天候不順です。どうなっておるのだ。昨日の竜巻はいったいなんだったのでしょう。まるで不思議の国のアリスを質の悪いニュースにしたようなもんです。本当に怖ろしい。自然をなめちゃいけません。
さてぼくは今日も暢気に授業を行いました。
途中で里芋も買ってきたよ。
3年の生徒が部屋に飛び込んできまして、進路の相談。聞けばきくほど難しい。人生がかかってますからね。いいかげんな話はできないのだ。幸い、進路にやたら詳しいベテランの先生がおりますので、そちらへバトンタッチ。業界の動向を踏まえて、今後の展望まで語ってもらいました。
そんなこんなで久しぶりに授業をしたらくたびれました。
落語のお稽古をする気分にはなれんね。こういうことは内なるマグマがたえずフツフツと煮えたぎっていないとダメなのですよ。そこんとこ、わかってくれるかなあ。
まあ、また明日になれば調子もかわるでしょ。とはいえ、また授業もあるし…。
試験も近いし、予定の範囲だけは終えないといかんのだ。むむむ。

日時: 2012年05月07日 19:58 | パーマリンク
2012年05月08日
授業の後は、ついウトウト…

今日も2コマの日でした。もう少しで試験ですので、少しは真面目にやらなくちゃいけません。でもそんなにしゃかりきになってやるというのでもないな。もう随分長いことやってますからね。あっちへいったりこっちへいったり。ぼちぼちです。
今日はお茶摘みの日だったらしく、たくさんPTAの方が見えてました。生徒と一緒になってお茶摘みなんて、まあなんとクール。茶畑は隣の農場の外にもう一区画あるのです。ほんとに敷地のたくさんある贅沢な学校だよ。そのうちどこかで売られる日も来るのかなあ。とりあえず、楽しみにしておきましょ。
さて授業が全部終わってから、図書館へ。新聞などを読みながら、ぼんやりしているとものすごい睡魔に襲われました。こうなったらもうダメです。寝た方がよろしい。椅子に座ったまんま、白川夜船を決め込みました。実によい気持ちです。
気がついたらもう帰る時間です。なんということだ。
連休もあっという間に終わり、5月もどんどん進んでいます。明日は生徒総会らしいけど、無事に落研は承認されて、発足するのでありましょうか。1年生を獲得するのに四苦八苦しております。なんとかしなくちゃね。ほんとにこのまんまじゃ、できた途端に潰れちゃうことになりかねんのだよ。とほほ。

日時: 2012年05月08日 20:14 | パーマリンク
2012年05月09日
サッシーくんと楽しくおしゃべり

今日は朝から2コマ。なんとかクリアいたしました。漢文はちょっと難しいみたいです。読み方の順序が謎なのかな。あたりまえだけど、全部漢字ですからね。これは大変なことなのだよ。さて授業が終わってから、お昼ごはんを食べて少しのんびり。
午後、サッシーくんが登場いたしました。今日は6月に公演する予定のお芝居について、ああでもないこうでもない。ぼくも落語について、ああでもない、こうでもない。
あっという間に時間が過ぎていきます。サッシーくんの登場は随分と久しぶりなんじゃないかなあ。いろんな話をしてると、本当に楽しいです。
かつて見た芝居をたくさん思い出しました。
さて6時間目を過ぎてしばらくたってから、2年生がやってきました。それによれば今日の生徒総会でついに落研が承認されたとのこと。生徒も喜んでおりました。これからはお稽古を激しくしなくちゃいけません。
音源もあげたからね。せいぜい頑張ってもらいましょう。
明日は朝から続けて4コマ。体力が最後までもつかしらん…。不安。

日時: 2012年05月09日 19:22 | パーマリンク
2012年05月10日
つい先刻、家に戻りました

今日は国語表現の授業ばかり4コマの日です。心してかかりました。とにかくやらなくちゃならん。そうだ、やるのだという気分かな。いろんなお話をしながら、文章を書くことの難しさを説いてまわります。なんてこった。3年と2年と両方やってると、その違いみたいなものがみえてきて、面白いね。
さてさてそんなこんなで、終わった頃はもうヘロヘロ。
お昼ご飯を食べて、しばらくはぼんやりしておりました。
放課後まで何をしてたのかといえば、ぼちぼち中間テストをつくっていたのだ。早めにできてれば、後が楽ですからね。
夕方学校を出てから、ひたすらお稽古場所をめざして突き進みます。今日は奥様もどこかでパーティらしく、勝手に食べていらっしゃいという指令です。はいはい。
そんなわけで、いつもより早く、お稽古に参加することができました。なにかやりたいなあとは思うものの、くたびれちゃってできません。いやいや、やればできるのかも。こういうことはひたすら気力のなせる技なのでございますよ。
まあ、いろいろあって、つい先刻、家に戻ってまいりました。これからお風呂に入って寝るのだ。またまた明日も学校はあるのですよ。授業はないのにね。つまり試験をつくれということなのかなあ…。

日時: 2012年05月10日 21:28 | パーマリンク
2012年05月11日
ぼちぼちと試験を

つくっております。といってもあんまりやる気もでないなあ。まだちょっと先ですからね。これから来週にかけてのんびりとやります。
それよりどうも天気の加減なのか、調子がイマイチです。もう少しパワーが出てくるとよろしいんですけどね。なにしろ高齢ですからね。仕方がないといえば仕方がない。そこでだ。昔むかしにやった真向法を突然思い出し、俄然やる気になりました。
これは実に簡単な体操で、2分から3分あればできるというものです。腰の痛みにもよろしいし、股関節にもよろしい。つまりなんにでもよろしいというわけだ。あんまり久しぶりなので忘れちゃいました。
少しだけパソコンとにらめっこ。思い出したよ。そういえば、こんなんだった。なんとオーソドックスな体操であることよ。宣言。これを今日から1年間続けます。
つまり1年後のぼくは生まれ変わっていることでしょう。なんちゃって。アヤシイものではありますが、まあやらんよりはやった方がよろしいね。かつて東京都知事だった鈴木さんはこれでやたらと長生きしたんだそうな。そんなことはどうでもよいが、とにかく身体がかたくなっておる。これをまずぐにゃぐにゃにするあたりから取り組もうじゃないの。とかいって、大丈夫なのかよ、おい…。

日時: 2012年05月11日 21:17 | パーマリンク
2012年05月12日
とかくパソコンというものは…

姪がやってまいりまして、とにかくパソコンが欲しいとのこと。さらにはイーモバイルの契約もしたいという。それじゃあ、というわけで、ご近所の電気屋さんをぷらぶら。よく見ると、いろいろと選択肢があって、難しいのです。さらには未成年の契約は誠にこんがらかっております。
いろんな話をしているうちに、全体像がみえてまいりました。今はネットの時代ですからね。どんなことをしても使いたいという気持ちはよくわかる。そこで交渉役の最前線に躍り出たのであります。
まあ、いろんな障害がありました。それを一つ一つクリアし、なんとか契約にまでこぎ着けたと思ってください。最近のパソコンにはリカバリーディスクがついてないんですね。自分で作らなくちゃならん。業者の台詞。やってあげますよ、ただし5000円。なるほど、こんなところで儲けておるのだ。あんなの100円もあればできるのに…。
でも理屈がわかんなければ、頼むしかないもんね。さらにはウィルスソフトはどうしますときたもんだ。商売人はちょっとのことぐらいでは引きませんな。
とにかくもろもろあって、明日には初期設定したのが届くこととなりました。やれやれ。遠くにいる親はさぞかし心配なことでしょうね。気持ちはよくわかります。
これから晩餐会ということになりますが、さてお昼ご飯もしたたかなイタリアンだったので、夜はどうなるのやら。せいぜい太らないように節制しなくちゃいけません。くわばらくわばら…。

日時: 2012年05月12日 18:13 | パーマリンク
2012年05月13日
リカバリーディスクを

作りました。午後からね。
朝は早く起きました。ちょっとだけパンを食べ、お散歩に。今日はいつもより足を伸ばして隣の駅近くにある大きな公園を目指します。いいお天気です。鳥もたくさんおりました。フルートを吹いている人も。
ぼくは歩きながら落語のお稽古。途中、あんまりあったかかったので、ベンチに座りさらにお稽古。久しぶりに「天災」をやってみました。随分忘れてます。そりゃそうだ。プロだってやらなけりゃ忘れちゃう。でも一度やった噺は腹に入っているのか、なんとなくしゃべれるのです。これが不思議…。
その後は図書館へいってリクエストしておいたのを受領。ついでにヨガマットも買っちゃいました。毎日ごろごろとやるつもりです。なんたって身体がかたい。股関節もこれじやあいかん。
ごはんを食べてのんびりしてるとパソコン屋さんから電話。注文のお品が入荷したとのこと。それじゃあというわけで、引き取りにまいりました。ここからがぼくの出番です。リカバリーのためのディスクをつくったり、ウィルスのソフトを入れたりと、なかなかに厄介な作業が続きます。
でもまあ、嫌いじゃないのでね。なんとか無事に終了したというわけです。これを姪に送ってあげれば、今回のミッションもパーフェクトということになるのだよ。
明日からはまた授業です。どうなることやら。成り行きにまかせましょ。そうしましょ…。

日時: 2012年05月13日 20:19 | パーマリンク
2012年05月14日
爽やかな一日

でした。なんとなく朝のうちは寒いかなと思ってましたけど、そんなこともなく、爽やかな風が吹いておりました。こういうのを薫風というのかな。風薫る五月なんていう文句を耳にすると、日本語の持つ味わいというものを感じます。あの季語というものも、ぼけっと読んでるとそれだけで楽しいね。
ここのところ、いろんな本を片っ端から捨ててますけど、季語集だけは捨てられずにおります。五月雨なんてきれいな言葉じゃありませんか。
五月雨の降り残してや光堂
「山笑う」なんていう季語を春の巻に発見したりすると、ほんとに笑いたくなるのだよ。
さて今日も授業は2つ。これをなんとかこなして試験問題をつくりながら、はてさてこれでいいのかなと自問いたしました。易しくはないかな。これじゃ監督の先生にご迷惑がかかる。といろいろ千々に心は乱れます。まあそんなことはいいとしてだ。採点のしやすい問題という観点からみた時、どんなものか。
それもまあアヤシイのです。でも何枚も見るわけじゃないから、それくらいは許すとするか。
明日はどうも雨のようです。これはよろしくない。
またまたぼけっと暮らしましょう。
今週もいろいろとありますが、そこはそれ、なんとかなるんじゃないのかなあ。といつものように誠に楽観的でありますのよ…。

日時: 2012年05月14日 19:58 | パーマリンク
2012年05月15日
楽しく授業を

しています。これが一番だね。来週はもう中間テストなので、ぼちぼちとのんびりのんびり。そんなに急いでやると、頭が混乱してしまうのだ。国語表現の授業は2クラスなので、40枚近い小論文を毎週添削するということになります。これもきつい話だなあ。
でも実際は勢いにまかせてやっちゃいます。こういうのをダラダラやってると、だんだんイヤになるからね。1年もたてば、少しはうまくなるもんです。というかうまくなってもらわないと困るのだ。
さて今日は昨日借りてきた『江戸前の男・春風亭柳朝一代記』をずっと読んでました。最近は落語の本ばかり読んでて、ちょっと頭の中がおかしくなってますけど、もうここまできたら元にはもどらんのだ。覚悟は決めております。
こういう人もいたんだよね。柳朝さんの啖呵は気っぷがよくて、誠によろしいです。随分とテレビで活躍しましたからね。忘れられない人です。権太楼なんかも「宿屋の仇討ち」は柳朝から習ったって言ってたからなあ。
とにかく長いので、明日までかかりそう。その後はまたまた他の本です。続いてます。途切れることはない。文字を読まなくなったらもう終わりです。どんな字でも書いてあれば読んじゃうのだよ。
真向法もやります。5年間はやるぞ。

日時: 2012年05月15日 20:23 | パーマリンク
2012年05月16日
やたらといい天気

でした。五月晴れのレベルをかなり超えたかも。暑かった。昼休み、神社まで散歩しました。欅並木が実にきれいです。若葉というのはいいもんですね。なにごとによらず、若いというのはよろしい。しかし若いというのは同時に未熟ということでもある。そこの兼ね合いかな。これが一番の難問です。
つい自分がと前にでる。漱石じゃないけれど、智を前面に出しすぎれば角がたつというやつだ。しかしだからといって情を前面に出しすぎると、これも流されやすい。この世は生きづらいところというのが結論かもしれませんな。
さてさて、そんなこんなで授業も進み、これといって慌てるような案件もござんせん。昨日読みかけた柳朝伝をそうそうに読み終わり、複雑な芸の世界の人間関係だけが頭の中に残りました。とにかく大変なとこだ。伏魔殿に近い。最後は芸の力なんでしょうけど、そこに至る道は狭いね。
そんなこんなで、どうしても結城昌治の『志ん生一代』を読み直したくなり、さっそく手にとることとなりました。この本を読んだのは出版された直後だったから、今から何十年も前のことです。懐かしい。
あの頃よりずっと深く読めるね。それだけ噺のこともわかってきたからかもしれません。しかし素人は所詮素人。それでいいような気がするよ。あんまり深入りすると、火傷をするな。そんな世界です。多分…。

日時: 2012年05月16日 20:53 | パーマリンク
2012年05月17日
ぶっつづけの授業はくたびれる

今日は朝から4時間連続授業の日です。ちょっとテンションを上げていかないとダメね。とはいえ、今までもっと派手にやってきましたので、どうってことはない。ただひたすら突き進むのみなのです。
さてテーマを何にしようかと毎回悩むのだ。小論文というのはある意味でテーマが命です。そこにある程度のメッセージがこめられているといってよろしい。
こちら側の意図も十分そこに潜んでいるのです。それをどこまで読み取れるか。国語力全開で頑張ってもらう以外に手はございません。
今日のテーマも難しかったかな。まあ、ぼちぼちと添削をいたしましょ。
さてそんなこんなで授業を終えてからお昼ご飯をいただきました。これくらい授業をした方が、むしろお腹が減っておいしくいただけるというものです。ありがたい話じゃないの。
ぼんやりしてる時間に『志ん生一代』を読みふけっております。今日は上巻を読み終わり、今や下巻へ。それにしてもすごい人だよ。なんたっておかみさんが偉い。りんさんといいますけどね。この人には終生頭があがらなかったでしょ。とにかく偉い。こんなにだらしのない人だけど、噺だけはいつも稽古をしてる。この人にはどこか見所があると信じてついていくのです。子供がいるのに、生活費も渡さないんだからね。とんでもない話です。ほんと。
以前、読んだ時より、ずっと感情移入しちゃう。ほんとに面白い本だなあ。というより、志ん生はいかれてるな。こういうのを本当の「いかれぽんちき」というのです。はははのは…。

日時: 2012年05月17日 20:28 | パーマリンク
2012年05月18日
とかく世間では

スカイツリーと金環日食の話題ばかり。他にだっていろいろとあるんじゃないの、とへそ曲がりのぼくは思うのですけど、みなさんはいかが。ここのところ、テレビはほとんどこの二つの話題に独占されておる。
そりゃ確かに背の高い建造物は壮観ではあるが、何千円も払ってのぼるようなものなのか。500円位なら上まで行ってもいいけどね。
パリでのぼったモンバルナスタワーというのも、そんなにお値段は高くなかったな。あそこからみた市内の光景はそれはそれはうっとりするような美しいものだった。それに比べると、どうも東京の風景はイマイチの感がありますよ。
まあそんなことはどうでもいい。今日は忙しい一日でありました。あっちへいったりこっちへいったり。詳細は省くが、とにかくうろうろいたしました。毎日ヤボ用ばかりなのであります。
明日はかなり暇なので、どっか行こうかな。噂によれば、浅草では三社祭もやっているというし、立川じゃポピーが満開だとか。鎌倉もよさそうだし、奥多摩あたりの山もよい。高尾山はきっとすごい人だろう。なんて考えていると、もうそれだけでくたびれる。
それに、とにかくいろんな本を読まなくちゃならん。
今日は大変な本をついに買い込んでしまった。これは落語をやるものにとってはひょっとしてバイブルになるかもしれん。小里ん師匠も大変なものを出版したもんだ。おそらく関係者はみんな買うね。そしてなんという奥の深さだと呟きつつ頭を抱えるに違いない。
その姿が目に見えるよ。あの小三治師匠が後書きでくやしいと嫉妬心を赤裸々に書き残していたからなあ。
まあ、その話は次回に譲るといたしましょ…。

日時: 2012年05月18日 20:08 | パーマリンク
2012年05月19日
ウグイスの声と風の音…

に誘われて、近くの山を歩きました。どっか遠くへも行きたかったけど、暑いしね。ぼくの家の周囲にはまだ緑がたくさんあります。ちょっと歩くと、もう山なのだ。
というわけで、ぼちぼちと分け入っていったのだよ。
なんたってすばらしいのは、ウグイスの鳴き声。これはものまねじゃない。本物なのです。毎朝、聞いてますなんていうと、嘘みたいだけど、毎日聞こえてくるのだ。それと風の音ね。さらさらさらさらと青葉が光に映えて揺れ動く様子はなんともいえません。
ついふらふらと歩いてしまいますよ。トンボ池なんてところには、ほんとにトンボがいるのだ。なんてことでしょ。山道を一人で歩いていると、実に心地がよろしい。
それにひきかえ、先刻まで読みふけっていた三遊亭円丈の『ご乱心』がこの世のこととは思えません。やだね、ああいう世界は。あまりにも狭すぎる。苦しすぎますよ。とかなんとかいいながら、あっと言う間に読んじゃいましたけど…。面白すぎる。こんなことがあっていいのかね。事実でしょ。一面のね。
他の人にはまた別の事実がある。歴史は常に誰かの目で見た認識の結果ですから。
それにしてもだ。あんまりだね。
ここのところ、ちょっとどっぷりつかりすぎた。そろそろ這い上がって新鮮な娑婆の空気を吸いたいです。当分この手のものは遠ざけることにいたしましょ。そうじゃないと、火傷をするのだ…。

日時: 2012年05月19日 21:02 | パーマリンク
2012年05月20日
骨董市に

行ってきました。それほどに古いものが好きだという訳じゃありません。でももう新しいものもいいね。十分になんでもある。これがどうしても欲しいというものはそんなにございません。今あるものの性能が少し落ちるので、買い換えようかということはあるとしても、なにがなんでもこれがなきゃ死んじゃうと泣きわめくほどのものはないな。
つまり物欲が随分減ったということです。これはつまり年をとったということでもあり、まあどうでもいいやということでもある。そんなに張り切りすぎても世の中、かわらんということか。その日食べられるものがあって、寝られる場所があればいいということかもしれん。
さる名刹で開かれた骨董市は面白かったね。特に着物ね。男物は実に少ない。帯が面白かった。あたりまえだけど、ちょっといいのは高い。着物はダメだな。ああいうとこにでるものはまず着られません。女の人ならありそうだけどね。だいたい男物は色が地味だ。あれじゃあ面白くない。やっぱり浅草へいくしかないな。
今日は三社祭でしょ。いいね。あの御輿というのはなんともいえん。子供の頃、粋でいなせなお兄さんに憧れた。いつかああいうものをかついでみたいと心底思ったね。あの頃は山車をひっぱってお菓子をもらうだけでも心弾んだのです。いい時代だった。どんどん世の中がよくなってね。
あれからのたのたしてたら、あっという間に、この国は落ち目まっしぐらだな。
さてさて、本当なら浅草まで出かけたいとこだけど、この前立ち寄った着物屋さんが、もう少ししたらまた覗いてよと言ったので、夏前に行く予定にしておるのです。ちょっと我慢ね。
声を出すのは身体によいそうで、惚けの防止にもなる。せっせとお稽古いたしましょ。
今日は蛙茶番をやってみました。なんて噺なんでしょ。
いけすかないったら、ありゃしない…。

日時: 2012年05月20日 20:31 | パーマリンク
2012年05月21日
金環日食は…

どんな案配なのかと空を見上げつつ、学校へ。途中、電車の中から見た空はどんよりしておりまして、雲ばかり。これじゃあダメなのかと思いながらやっと学校へ辿り着きました。すると3階の渡り廊下のあたりにはかなりの人影。望遠鏡を出して空を眺めている先生もおられます。
あとで聞いたところ、朝の5時にご出勤とか。いやはや頭が下がりますね。自前の望遠鏡を3台も運んできたんだそうです。すごい。
ぼくはのんびりと生徒に借りた眼鏡でちょっとだけ観察です。なるほど、たしかに太陽は欠けておった。こんなことがあるんですね。天体ショーといわれる所以だよ。次は何百年後かなんだそうで、そう考えると、実になんともいえない感慨がございます。
さて授業も終え、今度は落語のお稽古。必死になって覚えましょうというわけですが、頭の方はかなり錆びついておりまして、そんなに簡単にはいきません。それでも艶笑噺をいくつか。「町内の若い衆」は短くて笑いのとれるネタですね。「短命」はやり方によってはいやらしくなるけど、そこをさらりと切り抜けるところが粋かな。もちろん「蛙茶番」もね。この3つは是非ものにしたいです。
とかいってるからパワーが散漫になるのだ。いかんいかん。集中あるのみ。
明日はよんどころないことで、よんどころないことになりました。やれやれ。
そのお話はまたいずれの機会にでも…。

日時: 2012年05月21日 20:30 | パーマリンク
2012年05月22日
スカイツリー狂奏曲

の一日でありました。朝から開業を叫んでいて、少し頭が痛くなったよ。随分前から並んだ人までいるとかいうので、こういうことの一つ一つに驚くね。人間というのは十人十色というけれど、まったくその通りです。みんな違ってみんないいのかも。
それにしても随分先まで展望台にあがるためのエレベーターの乗車券が買えないというのも、いかにも一過性の日本人らしい。なんにでも燃えて、すぐさめる。これを何百年と繰り返してきたことか。
きっとこれからもなおらないんでしょうね。仕方がない。諦めるとしよう。
さてぼくは雨のー日であるにもかかわらず、果敢にもあるひとつの課題に取り組みました。そのため学校までお休みしたのです。ほんとによんどころのない用事というのはあるもんですね。
昨日までは予測もしてなかったのに、突然舞い込んでまいりました。しかたがない。やるっきゃないかということで、獅子奮迅の活躍をしたよ。
詳細についてはカット。ひたすらご容赦を。民事事件を惹起いたしますのでね。
まあなんとかミッションも無事に終わり、家に戻ると、奥様もやっと遠方から久しぶりに戻ってまいりました。やれやれ、これでまた日常が粛々と繰り返されるということにあいなります。
よかったよ、とりあえずね。

日時: 2012年05月22日 19:51 | パーマリンク
2012年05月23日
お稽古

今日でとりあえず授業が終わりです。明日から試験だ。ちょっとの間、のんびりできるね。ありがたいことだ。というわけで、ぼんやりしてました。
試験も作ったし、後は解答を考えないと…。これは明日の仕事にいたしましょう。
さて家に戻ってちょっとだけお食事をしてから、お稽古へ。
久しぶりに今日は噺をさせてもらいました。毎日やってないと、やっぱり調子が出ないなあ。それでも「紀州」をご披露させていただいたのです。
これは地口噺なので、きっと元は講談なんじゃないのかな。なんともぺらぺらと調子よく話すのでございます。「紀州」というのは御三家の一つ。八代将軍徳川吉宗のお話なのです。
ほとんど嘘ね。こんなことがある訳もない。そこをいかにもそれらしく語るところが落語なのでありますよ。
もう少し時間がありましたので、ついでに「不動坊火焔」をちょこっとだけ。これはいずれちゃんとやりたいと思います。
毎日こんな暮らしばかりしておりますので、いよいよ脳天気真っ盛り。
なにが来ようと、おいらへっちゃらだい…。

日時: 2012年05月23日 21:18 | パーマリンク
2012年05月24日
いよいよ中間テスト

が始まりました。といってもぼくの試験は月曜日なので、のんびりしたもんです。今日はとにかく解答を作って点数の配分を行いました。なるべく採点しやすいようにしないとね。
とはいえ、なかなか思うようになりません。なんとか恰好がついたところで、本日の予定は終了いたしました。あとは小論文のテーマを決めて、少し参考書を読んで、なんのお話をするか決めなくちゃなりません。これが毎週あるので、なかなかに厳しいのだ。それと添削ね。
40人分を読むというのも大変な仕事で、これが今年のハイライトかな。まあ、ぼちぼちとやりましょう。
お昼ごはんを食べてから、今度はお稽古です。最初は「蛙茶番」それから「大工調べ」。どちらもなかなかの圧巻でありまして、そう簡単に頭には入りません。それでもむしゃむしゃと噛み砕く以外に方法はないのだ。
帰って来てからはぼんやり。今週はずっと土日の予定が入っておりますので、明日は少しぼけっとしたいです。そうじゃないとおかしくなるかも…。いやいや、そうだ、明日はちょっと午前中にお出かけしなくちゃならんところがありました。そうだ、目下の緊急事態であります。この解決にはもう少しかかるかな。
はてさて、どうしたものやら。う~ん…。

日時: 2012年05月24日 20:48 | パーマリンク
2012年05月25日
お風呂掃除

を一生懸命いたしました。なんでか、わかりません。そろそろと思っておりました。すると奥様がこれで磨けばきれいになるとかいう、ふわふわのへんなのを持ってきました。よく売ってますよ。なんかスポンジのお化けみたいなのを切って使うやつ。あれです。ピカ王とかいってたな。
さてそれで浴槽を磨き始めたと思ってください。あれよあれよという間にどんどんピカピカしてきて、気分もよくなり、これならよしやるぞというわけで、風呂場の壁めがけてごしごしと始めました。
するとますますテンションがあがり、汗の出てくるのもかまわずにシャツとパンツ一丁でがんばりました。よし、これでいいのだ。これからは毎月1回は頑張って掃除をしようと心に誓った次第です。
最近、よく本屋でみかけますよ。1回10分のちょこっとお掃除とかいうやつ。あれがよろしいのだ。あんまり根をつめてやると、くたびれちゃうので、適当にちょびちょびとやるのがよろしい。そうすれば家の中はどんどん見違えるようにきれいになるに違いないのです。なんちゃって。
そんなにうまくはいかないけどね。まあ、ぼちぼちとこれからもマイペースで進むことにいたしましょう。ちょっとあちこちをなおすことも考えておりまして、こちらは少々プロに任せなければならんかな。
小さなことからコツコツと。
これを合い言葉にいたしましょ。そうしましょ…。

日時: 2012年05月25日 20:58 | パーマリンク
2012年05月26日
結婚式

に行ってまいりました。場所ははじめての町です。降りた駅もはじめて。すごくきれいなところで、いつあんな町が誕生していたのかという感じですかね。驚きました。おしゃれな場所というのはあちこちにあるもんだなあ。
さてその駅におりたち、ちょっと歩くとお目当ての結婚式場があります。久しぶりに前々任校の生徒にあい、話もはずみました。今日、結婚した彼はなんと3年間もぼくのクラスにいたのです。それだけでもすごい話だよね。
幸せそうでした。うらやましい。きっと今日のことは一生忘れないことでしょう。二人ともお仕事をもっているので、新婚旅行は先の話になるのかもしれません。それにしてもすごい式だった。
チャペルのあの雰囲気というのは特別なものですね。ぼくも随分と結婚式には出させていただいておりますが、そのたびごとに気分が違い、なんとも不思議な感慨を覚えます。
あの時の生徒がもう結婚するんだものね。ぼくが年をとるのもあたりまえなのだ。
ちなみになぜか明日も結婚式にお呼ばれしております。本当にこんなことがあるんですね。自分でも驚いています。明日はどうなるんでしょ。
かなり難しいオファーもきておりますので、ドジらないようにしなくちゃなあ。さてどうなることやら…。
明日はぐっと都心までまいりますのよ。

日時: 2012年05月26日 21:05 | パーマリンク
2012年05月27日
結婚式

に本日も行ってまいりました。昨日に続いてのウェディングパーティであります。今日は都心に出かけました。素晴らしいスペインレストランだったなあ。
前々任校で親しくしていた生徒さんにご招待していただいたのです。お相手がイギリス人だったので、出席者の半分くらいが外国の方でした。それだけにちょっと趣きのかわった味わい深いものとなりました。
彼女には妹さんもおりまして、同じ高校で仲良く遊びました。二人ともなぜか授業を一度もしたことがないのに、よく知っているという実に不思議な関係なのです。お母様とも何度もお目にかかりました。ほんとに人の縁というのは妙ですね。
というわけで、姉妹同時に久しぶりの邂逅となったのです。二人とも美しい大人の女性になっておられ、あらためて目を見張りました。
今日の式では乾杯の挨拶をしてくださいというオファーを事前に頂戴しておりました。普通ならはいはいと二つ返事でお引き受けするところですが、なにせ英語でお願いしたいというわけで、ちょっと緊張もしていたのです。
それでもなんとかみなさんで乾杯をするところまでこぎつけ、その後はゆっくりとシェフが思う存分腕をふるってくれたお料理をいただきました。おいしかった。
みなさんのスピーチは英語と日本語が半々というところだったかな。通訳もおりましたよ。
とにかくたくさん笑いました。本当にお幸せそうなカップルです。彼女にはいろいろと相談を受けたりもしておりました。それだけに今日はとっても嬉しく、幸せな気持ちになりました。それにワインもおいしかった。
明日からはまた真面目に働かなくちゃいけません。考えてみれば、目下試験中なのだ。
ちゃんと採点もやらないとね。ああ、なんてこった…。

日時: 2012年05月27日 18:33 | パーマリンク
2012年05月28日
試験の採点を

いたしました。やっとぼくの試験の日がやってまいりました。やれやれ。早く採点を終えて楽になりたいのだ。そんなことをぼんやり考えながら、試験中の教室をまわりました。1年生は最初の試験です。緊張してるのかな。よくわかんない。
こっちは毎年のことですから、これといって特に感慨もございません。さてさて、やっと答案が手に入りました。よしやるぞ。さっそく採点です。じゃんじゃんやろうと思ったものの、すぐに飽きて、ちょっと小休止。隣の部屋で一席お稽古です。そうこうしているうちにお昼。これもやれやれ。
気分転換に外に出ました。風がだんだん強くなってきて、さてどうなっておるのやら。
午後仕切り直しです。残りの答案をひたすら採点いたしました。やっとのことで全部終わり、パソコンに打ち込みます。よし、あとは欠席を打ち込めば完了だ。
とかいってると、突然の豪雨。雷まで鳴り出す始末です。どうなってるの。よしそれではというわけで、またまたお稽古。雷なんかに負けてはいられんのだ。今日はいろいろとやってしまったよ。
まだ人にお聞かせできる段階じゃないな。
早く腹におさめて、ゆっくりしたいんですけど。なかなかね。

日時: 2012年05月28日 20:18 | パーマリンク
2012年05月29日
帰ってきてから

すごく忙しかったです。なんでかと訊かないでね。いろいろあるのよ。ついちょっとしたところに電話をしたばっかりに、その後急速な展開が待っておりました。
奥様を乗せてちょっとそこまで。大活躍したと思ってください。その場所に滞在したのは約1時間くらいだったかな。あれもこれもというわけで、次々と、いろいろありました。
これじゃなんのことかわからんね。ちっとも赤裸々じゃないじゃないか。この日記は。まあいいや。そういうわけで、奥様は大変に機嫌がよろしいのでございます。
とにかく奥様のご機嫌がいいということは、とりあえずぼくに危害が及ばないということと、同義でありまして、なんともハッピーなのだ。
毎日へんな天気で、今も外では雷が鳴っております。明日あたりからはかなり安定した天気になるというので、また授業が終わったらちょこっとご近所を散歩しましょうかね。そんなこんなで、本日も慌ただしくくれていくのであります。明日はさてどんなことが待っているのやら。
これからお風呂に入って寝るのです。それにしてもむしむしと暑い。これからひょっとして梅雨になるのかなあ。それより衣替えだ。
毎日、何を着ていったらいいのか、だんだんわかんなくなってきたよ。ほんと。

日時: 2012年05月29日 21:29 | パーマリンク
2012年05月30日
試験を返して

一件落着です。やれやれ。特に大きなトラブルもなく、中間テストが終わりました。成績をパソコンに打ち込んで終わりです。いよいよ今度は期末テストに向けて授業開始という訳です。
さっそく「羅生門」を始めました。これで何度目かなあ。1年生の国語の定番であります。今までに随分やったけど、さて今回はどんなことになるのやら…。
あの小説の一番最後にこんな文句が出てきます。
下人の行方はだれも知らない。
本当にこの一文が必要であったのかどうか、いろいろと意見もあるようです。まあ、ぼくはどっちでもいいけどね。実はこの文のない方が余韻があるという人も多いのです。
芥川龍之介という人はなんとなく不安と呟きつつ、自殺しちゃいました。そんなこと言ってたら、誰だって不安なのだよ。あんまりものを考えすぎるとよろしくないのだ。ケセラセラと歌でもうたって暢気に暮らすのが一番じゃないでしょうか。ぼくはそんな気がするんだけどね。
まあ、これもどっちでもいいや。あれもこれも乾坤一擲、一期一会なのでございます。
明日ものんびりとまたまた暮らすことにいたしましょう。といっていつ緊急な事態があるのかと言われれば、そんなものは当面ないんですけどね。
そうだ、キッチンのお掃除をしなくちゃならん。これが今や、最大の緊急指令かも…。とほほ。

日時: 2012年05月30日 20:21 | パーマリンク
2012年05月31日
台所の大掃除

今日は球技大会の日です。生徒諸君はクラスTシャツを着て、朝からリーグ戦に備えました。明日もやるというので、さぞかしくたびれることだろうな。でも若いですから、試験の後のストレスをここで大いに発散してもらいたいものです。
なんとなく校内がいつもと違ってワサワサとしておりまして、これもイベントの持つ力なのでございましょう。さてぼくの方はちょこっとだけ応援にまいりましたが、あとはお部屋でおしゃべり。いろんなことをぺちゃぺちゃと語り合っております。
なにしろおしゃべりというのはタダですからね。それでいて実におおらかな気分になる。なんともすばらしい。さて昼食をいただき、少しだけ休暇を頂戴して家に戻ってまいりました。そこからがまた大変でね。なんというか突然台所の掃除をしなくちゃならんことになりまして、大変な騒ぎでした。掃除機を片手にしながら、雑巾を手にもち、それはそれは八面六臂の活躍でありました。
お掃除がなんとか終わったのは実に9時近く。なんというか、ぼくは戦ったのだ。
6月に入りまして、一日に10分だけは家の掃除をしようと心に誓ったのですが、とんでもない。今日はいったい何時間費やしたことか。やれやれ。
ほんとにお掃除というのは、大変なことなのですよ。ご苦労さん、なんちゃって…。

2012年4月

2012年04月04日
やっとのことで

昨夜、家に戻りました。ものすごい暴風雨にみまわれまして、最終日は前日の晴天が嘘のよう。前の日は奈良でのんびり過ごし、すこぶるいい気分だったのです。高畑町というのはいいところですね。新薬師寺から志賀直哉の旧居までの道を実にのどかに歩きました。
とにかくぽかぽかとして、志賀さんの家でまったりしちゃいました。気がいいというのはあのあたりのことかなあ。雛壇のような傾斜地です。以前は春日大社の神官たちが住んでいたところだとか。東大寺の戒壇院から依水園まで歩きました。
いいお庭ですね。すばらしい。遠くに東大寺の南大門と若草山が見えます。実に静かですばらしい庭だ。こういうところがあるというのは救いでもあり、逆に僥倖にも似た不思議な気持ちになります。
その前の日は嵯峨野を歩きました。久しぶりです。祇王寺の庭もいい。尼寺特有の柔らかさもある。京都もあのあたりまでいくと、急にひっそりとします。渡月橋のところはものすごい人ですけど、ちょっとはずれるとね。嵯峨釈迦堂の名で知られる清涼寺や、晴明神社、西陣の三上家路地、清水寺も訪れました。
さて最後の日はこれはもうすごかった。それでも三十三間堂や祇園を歩きました。午前中はそれほどでもなかったけど、午後から突然の黒雲。錦市場もひやかして。今回は駅の中にあるホテルに泊まったのが正解だったかもしれません。のんびり昼食を食べていたら、比叡山もやがて見えなくなってしまいました。
帰りの新幹線は定刻通りに発車したものの、さて名古屋に入ろうとすると、前の電車がつかえてます。途中まったく何も見えなくなり、雨のカーテン。
それでも1時間遅れで着きました。技術の粋を集めたものすごい乗り物です。駅のプラットホームに降りたらものすごい横風と雨。こんなところを走ってきたのかと思っただけで、もう感謝だな。
さて本当ならそこからすぐに電車に乗れるはずだったのですが、強風でダウン。隣の駅で折り返し運転だとか。弱りました。私鉄を使うにもそっちも動いてない。一番ものすごい時間に辿り着いたというわけです。
いろいろと画策をして、ぐるっと遠回りをして帰ってきました。予定より2時間は余計にかかったかな。とはいえ、楽しい旅でした。今までに行ったことのない場所もいくつか訪ねることもできました。桜もちょこっとだけでしたけど、咲いてました。今度は吉野の桜も見て見たいです。あっちに住んでれば、町中にバスがきてくれて、ふらっと来週あたり行けるのにね。悔しい。それもお弁当付きのプランまである。今月半ばがピークでしょう。この仕事をしてると、なかなかいい時に行けません。それも無念だな。
まあ、今回はちょっとした買い物もしましたので、まずまずでした。次回はまた秋かもね。
日時: 2012年04月04日 09:13 | パーマリンク
2012年04月05日
久しぶりに学校へ

行ってきました。もう通りは桜でいっぱいです。今週の土日に満開かな。本当に咲き出すとあっという間です。ちょうど入学式あたりが見頃だな。新入生はさぞかし気持ちがいいことでしょ。
さてぼくの方は新年度の準備です。新しい時間割をチェックして、それから名票、閻魔帳、教科書の用意。最初はいろいろとやることが多いのです。
今年度は2年と3年の国語表現もあるので、選択者の名票もチェックしておかなくちゃいけません。ただしまだ棚には入っておりませんでした。ところが目の前にあるパソコンの中にはちゃんとそれがあるのだ。しかるにコピーして取り出すことはできません。
自分のパソコンの中に取り込むには、秘密のパスワードがあるようです。でも誰も教えてくれないのだ。だから宝の持ち腐れ。本当にこのパソコンを改悪したやつはどこのどいつだ。腹がたつ。
とブツブツ言ってても仕方がないので、自分で名前のところだけ打ち込みました。ずっと使っているエクセルで作った試験の点数表は誠に便利です。合計点から順位まですぐに計算してくれるからね。以前だったらちょっとコピーして貼り付ければよかったのに、それもできません。ほんとにどうなっておるのやら。
情報の流出にはみなさん、神経がとんがってます。よっぽど厭なのね。というか、ヒマ…。
いずれにせよ、あれこれとお仕事をしてからお昼ご飯を食べるべく外にでました。いいお天気。隣の球場では高校野球の春の大会真っ最中です。ブラスの音が猛烈だ。入場料はと訊くと700円とか。高野連、やり過ぎでしょ、それ。
さて明日は始業式。昔は8日からだったんですけど。ぶつぶつ…。

日時: 2012年04月05日 19:51 | パーマリンク
2012年04月06日
桜、繚乱たり

今日はみごとでした。もう満開だ。さくら通りはまさに桜の園。いい気持ちで歩きました。
始業式のハイライトは新任の先生のご紹介。随分いるなあ。名前を覚えられないよ。そろそろ諦めるか。なんたって物理準備室に入っちゃうと、外の世界と隔絶しちゃうのだ。これは仕方のないところかな。
期限付き任用教員です、なんて表現をはじめて聞きました。そんなのもあるんだな。産休代替というのは知ってますけど、期限付きってどういうの。今度ゆっくり聞いてみます。東京はいよいよ伏魔殿になってますね。講師でもなく、どういう立場で頑張るのかな。1年だけじゃパワーも出ないような気もしますけど。
もうごちゃごちゃいうのはやめよ。くたびれる。
早速今年の分の授業案をつくります。とりあえず1学期の分ね。これでなんとかなるかな。基本のところは印刷しておけばよいのだ。
来週の月曜日はいよいよ入学式。20度になるんだとか。いろいろあっても新入生には関係ないからね。楽しくやりましょ。そうしましょ。

日時: 2012年04月06日 19:34 | パーマリンク
2012年04月07日
一日、ばたばた…

朝からあんまりあったかくなかったなあ。桜がこんなに咲いてるのに、ちょっと花見というわけにはまいりません。ほんとに厭な感じ。それでもあれやこれやとやらなくちゃならないことがありますので、とにかく一つ一つ片付けてまいりました。
お昼前には隣の駅まで。どうしてこんなに雑用があるんでしょ。なんとかこれもクリアいたしました。家に戻ろうとすると、突然娘がやってくるとの情報が…。
買い物につきあわされそうなので、とりあえず戻れとの指令です。ぼくはまあどうでもいいのですが、奥様は大変だ。お昼ご飯の支度も手伝わされました。
そうこうしているうちに娘のご登場。ああだこうだと近況を語り合います。明日が誕生日だとかで、いくつになったのやら。とんと失念いたしました。
母娘が買い物に出かけた頃、突然の眠気。こたつに入って1時間爆睡しちゃいました。やっと目が覚めたと思ったら、なんとタイミングのよいご帰還。手にはケーキを持ってます。紅茶入れてよ。1日はやいバースデーかな。その後は歌の練習に行くとかいうので、車でちょっと離れた駅までご送迎です。なんてこった。
夕ご飯はケーキの余波か、ごくごく軽めとなりました。もうそんなには食えんのだ。

日時: 2012年04月07日 21:01 | パーマリンク
2012年04月08日
一席、高座を

つとめてまいりました。今日はさくら寄席の当日です。午後2時からというのに30分前にはもうたくさんのお客様。定刻になると、立ち見ということになりました。驚きましたね。今までで一番多かったかも。桜も満開だし、ちょっと落語でも聞こうというお客様がたくさんいらっしゃいました。ありがたいことです。
さて今日は一番最初に覚えた「金明竹」をやりました。おかげさまで大変に喜んでいただき、たくさん笑ってもらいました。幸せなことです。途中長い台詞をずっとしゃべる言い立てというところでは、何度も拍手をいただきました。これもありがたいね。
というわけで、かなり気分よく高座をつとめることができました。あたたかいお客様で、なによりでした。ぼくはお客様に恵まれてます。本当にありがたいことです。終わった後は例によって打ち上げです。ご近所の飲み屋さんへいって、ああでもないこうでもない。
師匠もお見えになってくれて、いろいろ寄席の裏話も聞かせてくれました。これもありがたいことです。この会に入れていただいて、たくさんの方とお知り合いになることができました。趣味じゃないね。もう道楽だ。これもありがたい。笑う門には福来たるです。来週の日曜日はまたまた2席やることになってます。
飛行機に乗って噺をしにいくなんて、始めた頃には想像もしませんでした。しかしこれが現実なのだ。驚くね、全く。うまくいくかしらん。学校の方はぽちぽちとやりながら、さて1週間、お稽古に励みますかな…。

日時: 2012年04月08日 20:03 | パーマリンク
2012年04月09日
満開の花の下を

歩きました。その名もさくら通り。みごとです。美術館の通りにも行きました。あまりに美しい。今日はそれにあったかかった。というか暑かった。
桜というのは本当に日本人の心にぴったりとくる花だなあ。こんなの他にないんじゃないですか。
咲いたと思ったら、もう次は散ることを考えてる。こういう気分がおそらく日本人にぴったりくるんでしょう。一言でいえば、くどくない。ごくあっさりとした諦めの気持ちを表現している。粋だよ。
無常という表現にいちばんしっくりとくる花じゃないのかな。散華という言葉もあります。これもいい。桜をうたった歌は実にたくさんある。花の色は…、なんていう例のやつなんか、かなり有名なんじゃないかしらん。
願わくば花の下にて春死なんその如月の望月のころ、なんていう西行のうたに出てくる桜は山桜だそうですけど、これもいい。
清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひあふ人みな美しき、などという与謝野晶子の歌では桜月夜という新しくこのためにつくった言葉がこれまたみごとです。
いにしへのならのみやこの八重桜 けふ九重ににほひぬるかな、は奈良の風景にあうね。ちなみに九重というのは宮中のことなんです。
ああ、どれもこれも桜のうただ。ほんとに人を狂わせる花だよ。酒なくてなんの己が桜かな。
明日もまた花の下を歩くぞ。そして狂っちゃうのだ。

日時: 2012年04月09日 20:32 | パーマリンク
2012年04月10日
クラブ紹介

今日は対面式の日。新入生がおっかなびっくり、体育館に入場してきました。
毎年のことながら、最初は緊張することでしょうね。よくわかるよ、その気持ち…。
さてお昼ごはんを食べてから、今度はクラブ紹介の時間です。今日はぼくも体育館に馳せ参じました。というのも5月の生徒総会を経て正式に発足する落研の顧問になっちゃったからです。
どんな話をしたらいいですかと、部長もやや緊張気味。せっかくだからなんか小咄のひとつもおやりとせっつきました。
「パンツ破けた、またかい」なんてのはどうかと打診したら、それじゃあ品がないですとぬかしおった。なんという生意気な部長であることよ。
それでも本番ではこの小咄をやったのだ。さすがに落研の部長に抜擢しただけのことはある。よしよし…。
新入生を相手にどうぞ我がクラブへ入部してくださいと懇願する様子などをみていると、若いってことはいいなあと、しみじみ思いますね。
大いに学校になじんでいただきたいものだ。
さて、明日は授業があるんだろうと思っていたら、なんと1年生はオリエンテーションなんだとか。遠く離れた農場の見学などもあるんだそうで、つまり終日暢気に暮らせということになりました。ちょっと鼻がつんつんいうので、それじゃあのんびりさせてもらうかな。
なんたって今週末には遠方でまたまた高座がありまして、二席もやらなくちゃいかん。
風邪なんかひいちゃいられんのだよ。はい。

日時: 2012年04月10日 19:54 | パーマリンク
2012年04月11日
鼻がぐしゅぐしゅ…

どうにも困りました。昨日は鼻の奥がつんつんしていたのですが、今日はぐしゅぐしゅ。花粉症じゃないね。こりゃ風邪だ。
この数日、急にあったかくなったり、ちょっと風が吹いてみたり。どうにも陽気が定まりません。弱りました。学校へ行っても心、ここにあらずでありまして、くしゃみがでたり、どうも調子がよろしくない。仕方がないので、少し早目に退散いたしました。
幸い、明日は創立記念日とかで、ちょっと休めるのだ。ありがたい。
なんとか日曜の本番までに、体調を戻さなくてはなりません。それはそれで、結構大変なことなのだよ。なんとかなるかなあ。
今日も授業がなかったので、とにかくのんびりと暮らしました。目下の課題はどうしても覚えると決めた2つの噺を強引に頭の中にたたき込むことです。しかるにこれが難問だ。言い立てと呼ばれる部分が長くて、頭の中がごちゃごちゃになるのです。それでもとにかく無理矢理に詰め込むのだ。でも無理かも…。自信ありません。
これはひょっとしたら拷問に近いのかも。でも自分で望んだことですからね。誰にも文句は言えません。はい。
そういうわけで、今日のお稽古はお休みいたしました。
明日はちょっとゆっくり寝ます。でも時間になると目が覚めるのだ。
やだなあ。ほんと。これ、実感…。

日時: 2012年04月11日 20:02 | パーマリンク
2012年04月12日
薬をのんで、ふらふらと

しておりました。
昨日に引き続き、鼻がふがふがしてます。そこでちょっとお医者さんに行ってきました。土曜日に遠方へでかけますので、なんとかしなくちゃね。
薬をのんだら突然の眠気。それでもいろいろとやらなくちゃならんことがある。全くいやんなる。お昼ごはんを食べて、そのまんま布団の中へ。
1時間近く寝ちゃったのだ。
その後はちょっとお出かけ。近くの図書館へ。あれやこれやと背表紙を眺めます。高校の頃習ったN先生は大学を退官した後もやたらと元気で、次々と江戸時代についての本を書いてます。週刊誌にも連載してるし、なんであんなにいろんなことを知ってるのかなあ。まあいいけど。一冊最新刊を借りてきました。
家に戻ってから、またまたぼんやり。
今日は早く寝ましょ。
せっかく春本番だというのに、これじゃあんまりです。とほほ。

日時: 2012年04月12日 18:14 | パーマリンク
2012年04月13日
鼻のつんつんがちょっとよくなり

少しだけ、いつもの暢気な気分に戻ってきました。やっぱり薬の霊験はあらたかだな。それでも朝はなんとなくかったるくて、やっとのことで学校まで辿り着きました。
授業は今日もないので、のんびりしてましたけど、そのうち頭がぼおっとしてきたりして、こりゃいかんと、早退を決め込んだのだ。
家に帰ってさっそく寝ちゃいました。こういう時は不思議といくらでも寝られるもんです。普段ならどれだけ寝たっていいぞと言われても、目が覚めちゃうもんです。しかしちょっと具合が悪いと、ほんとに寝られるのだ。人間というのはどういう案配なのかなあ。
先刻、地震で目が覚めました。熱いうどんをすすっているうちに気分がよろしくなり、さらにビタミンCの補給用に買ってきてくれたイチゴを食べて、ぐっと元気が出てきたね。
今日はこのまんま、お風呂にざんぶりと入り、また寝ちゃいます。
明日は朝からまたまた忙しいので、はやく体調を元に戻すことだけ考えないとね。
それにしてもあったかくなりました。桜の花もじゃんじゃん散り始めてます。昨日の祇園の事故はついせんだって行ったばかりのとこなので、妙に生々しいです。北朝鮮のテポドンはかなり遠いけどね。
まあ、そりゃそうだ。

日時: 2012年04月13日 20:49 | パーマリンク
2012年04月16日
昨日は二席も…

まだ家に戻っておりません。かなり遠いところにおります。
昨日は午後から落語を2席披露させていただきました。とある古い建物の日本間に集まった方々はみなさん、和服を着ておられます。大変なことになった。
ぼくの落語の前は琴の演奏です。なんという格調の高さ。その後がぐっとくだけるというのも、また趣というところかな。
さて出し物は先日やったばかりの「金明竹」と「宿屋の仇討ち」。両方で約1時間かかったかな。おかげさまでたくさんの方に笑っていただきました。ボイスレコーダーに録音しましたので、家に帰ったらのんびり聞こうっと。
何人のお客様がいらしたのか。大きな部屋がいっぱいでしたからね。落語をお稽古してなければ、こういう機会が訪れることは絶対にないんですから、ありがたい話です。
終わった後はさすがにぐったり。町中にある由緒ある喫茶店に移動し、マスターから昔のお話を伺ったりしました。ここのマスターは志ん朝さんとも親交があったとか。今は小満んさんともお知り合いだと聞かされ、大変に驚きました。
今日はお昼にちょっとおいしいものをいただき、その後飛行機で東京に戻ります。明日はまたまたお仕事。とにかくいろんなことのある春です。
帰ったらまたなにか、書くかなあ。今日はこっちもあったかいです。
きっと空からもきれいな山が見えると思うよ。それも楽しみです。はい。

日時: 2012年04月16日 07:22 | パーマリンク
2012年04月17日
久しぶりに授業

をしてきました。1年生の18人です。男子が一人おりました。みんないい子。大好きになりそうです。新鮮ですね。15才です。若い。なんといっても若い。それだけですごいです。ぼちぼちと教科書を読みながら始めました。
いつもとおんなじように授業をやりましたけど、生徒にはどう見えたかな。ヘンだったかもしれません。突然、歌をうたったりしたからね。
今日は1コマだけ。明日は2コマやります。どういうことになるんでありましょう。生徒といるとなんとも気分がよろしい。なんたって元気だ。みんなよく笑います。今の新鮮な気持ちを忘れずに頑張ってもらいたいもんだな。
さてそれ以外の時間はひたすら反省のためのものでした。何を反省するのか。そりゃ、つい先日やったばかりの落語です。幸い、ボイスレコーダーにばっちり録音してきましたので、何度も聞けます。あそこがどうだったとか、あそこで間違えたとか、とにかく反省しきりなのだ。まだまだ荒いです。もっと正確にやらなくちゃだめだ。
どうしたらうまくなれるのかな。そんなのわかんない。とにかくお客様の前で恥をかくことです。その繰り返しがちょっとづつでも噺を上達させるんでしょう。
つらいけど、狭き門より入るしかないね。とほほ。

日時: 2012年04月17日 19:14 | パーマリンク
2012年04月18日
1年生、初お目見え

昨日は1年生のクラス。今日も1年生のクラス。これで今年ぼくが受け持つ2つのクラスに出ました。今日も18人。男子が昨日のクラスより多かったな。みんなすごくいい子です。最初の印象って大きいですからね。素直にぼくのお話を聞いてくれます。ありがたいな。
今日はちょっとこのサイトの話もしちゃいました。もしかしたら誰か覗いてくれたかもしれません。もう10年もやってますからね。なんというか平常心そのものです。毎日飽きることもなく、ここまでやってきたということの方が不思議な気がします。
授業を2コマやったら、なんだかくたびれちゃいました。ひさしぷりですからね。2ヶ月ぶりくらいかな。明日は4コマあるんですけど、3年生が修学旅行で出かけてますので、2コマです。またまた小論文の授業なのだ。これはなかなかに難しくてね。まあ、今年も工夫をしながらやりましょう。
さて学校から帰ってきたら妙に眠たいのだ。なんだかまだ旅の疲れがとれてないみたいです。早いとこ寝ちゃってぼけっとするかな。その方がどうもよろしいような気がいたします。
明日はまた落研の生徒がお稽古にくると言ってますので、ちょっとパワーアップしておかないとね。1年生も勧誘しなくちゃいかん。いろいろとお仕事があるのだよ。

日時: 2012年04月18日 19:48 | パーマリンク
2012年04月19日
2年生の国語表現を

してきました。はじめてお目にかかった生徒さんがほとんど。新鮮ですね。これから1年間、どういう授業になるのかな。
最初にあれこれと自己紹介。生徒さんと随分年齢に差が出てきました。ここいらあたりで、そろそろ年の差を考えなくちゃいけないのかな。それともそんなことは全部忘れて、暢気にやった方がいいのかな。よくわかりません。当分は自然体で過ごしたいと思います。
さてどうやったらいい文章が書けるのか。そのあたりの極意をこれからぼちぼちとご一緒に考えてまいりたいと思います。
授業の後は、落研のメンバーがやってまいりまして、ちょっとしたお稽古。レパートリーをもう一つというわけで、それぞれ自分の好きな噺を探すことになりました。それによれば「狸賽」「饅頭怖い」。もう一つは泥棒の噺にでもしようということになりました。ここいらものんびりと決めることにいたしましょ。
ちょっとした小咄のお稽古などもして、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
なんとなく寒いような、あったかいような不思議な天候の一日でした。明日は今日よりもっと寒いとか。桜も散ってしまいました。
はかない命ですね。ほんとに。
だからこそ、またいとおしいんですけど…。

日時: 2012年04月19日 19:59 | パーマリンク
2012年04月20日
のんびり

とさせていただきました。
今日は遠足の日です。みんなどっかへ行っちゃったのだ。ぼくはお留守番です。遠足も随分あっちこっちへ行きましたからね。もういいです。十分です。
つい今週のはじめにも遠方へ行ってきたばかりだしね。その前の前の週にも遠方へ行きました。少し家でぼんやりしたいです。
というわけで、今日は先日やりました自分の高座を何度も聞きました。お客様の笑い声が入っていると、随分噺の間もかわってきます。またミスしたところもよくわかります。今度はここでとちらないようにしなくちゃと心に誓った次第です。
高座百遍。うまいことを言ったものです。何度も何度もやってドジってそれでやっと自分のものになっていくのです。まあ、ぼちぼちとね。自分でもおかしいとこもあるし、ここはやだなっていうところもあるし。でも笑い声が入っている音源は貴重なものです。大切にしないとね。
まあ、そういうわけで、ちょっと早めに家に帰ってきました。そうしたら、先日の写真がたくさん送られてきてました。お客様の笑顔がたくさん写っています。すごい顔だぞ、みんな。
なんだか幸せね。
今日はお風呂にゆっくり入って、寝ることにいたしましょう。明日もいろいろと用事があります。
毎日あたふたと過ぎていくのだ。
ほんと、なんなんでしょ、あきれるよ、自分でも…。

日時: 2012年04月20日 19:30 | パーマリンク
2012年04月21日
いもむし、ごろごろ

という感じで1日を過ごしました。なんというか、のんびりね。
朝のうち、ちょっと用事で家をでまして、隣の駅のあたりをうろうろ。その後、家に戻りまして、終日好き勝手に暮らしました。こういうのって最高です。
まだ手足の末端が少し冷える感じが残っておりまして、これはきっと風邪の名残りなんでしょう。そろそろ全快というところへもっていきたいな。
そんなわけで、お昼寝もいたしました。先日でかけた奈良の新薬師寺についての本をちょっと読んでいるうちに、寝てました。あのお寺は随分と大きかったようですね。あのあたりを高畑町と呼ぶのは、高貴なお寺のあったところが畑になったというところから、その名がついたそうです。光のあふれるいい地域です。奈良町までも歩けるしね。志賀直哉が住んだ理由もそこいらにあったんじゃないかな。
新薬師寺は今の奈良教育大の敷地の中にかなり重なっているとか。東大寺と同じくらいの規模があったそうです。光明皇后の名前も出たりして、建立の謎もいろいろありそうだな。
十二神将という薬師如来の守り神がなんともよろしい。その中でも伐折羅大将というのが、一番迫力があります。でもそれ以外もなかなかよろしいです。あれが塑像だというんだからおどろくね。確かに天平の建物です。秋篠寺と屋根のカーブがよく似ている。あそこの伎芸天もいい。東大寺の戒壇院にあった四天王もよろしかったです。広目天なんて好きだな。
仏像はいいですね。今年は青の像だとかいってJRは吉野の金峯山寺を宣伝してるけど、そんなことに惑わされず、自分の目で確かめていきたいものですな。
人間最後は祈るしかないのです…。

日時: 2012年04月21日 20:30 | パーマリンク
2012年04月22日
ひょうたん、ぼっくりこ

昨日に引き続き、のんびりです。
なんということもなく、一日が過ぎてしまいました。あんまりお稽古もしてません。「不動坊火焔」がだいたい全部入ったかな。後半の一部分が今までちょっとあやしかったのですが、なんとかなりました。夏に向けてお披露目ができそうです。
一方「大工調べ」の啖呵ですけど、これはなかなかに苦しいね。かなりやりましたけど、まだ自分の言葉になりません。悪口というか、悪態をつくのはいい気分ですけど、完全に腹におさまらないと、やはり落ち着きがないのだ。がんばりましょう。
さてそういうわけで、明日からまたまたお仕事です。この4日間が終わると、いよいよ長い休みに突入ということになる。とはいえ、すぐに終わっちゃうけどね。ここいらでちょっと体勢を整えて、再び挑むということになるんでしょうね。
いろいろあれど、課題の多い日々であります。
雨が降ったり、気温が低かったりして、どうも頭の中がぱっとしません。といって晴れてりゃいいかといわれてもダメね。要するにもうかなりいかれておるのだ。そのことは間違いない。いまさら争おうとは思っちゃおらんよ。とほほ…。

日時: 2012年04月22日 20:02 | パーマリンク
2012年04月23日
社会科室で古典の授業

今日はなぜか社会科のお部屋へ。これから毎週月曜日の1組はこのお部屋で授業をするんだそうです。そういえば、前の学校でも視聴覚室で古典をやったことがあったな。
なぜかといえば、クラスを2つに割るからです。教室が足りないのだ。あっちこっちで分割授業をしてるので、同時にやるとなると、さすがに引っ越しを余儀なくされるというわけである。
生徒諸君はすばらしい。みんないい子です。先日、このサイトの話をしたらかなりの生徒が覗いてくれたらしい。今度は掲示板に書き込まなくちゃだめよと脅かしておきました。きっと誰か書き込んでくれるでしょ。
さて放課後、落研の部長がやってまいりまして、新しいレパートリーを何にしましょうという話になった。そこでぼくのご提案は「転失気」だな。これをやれというと、動画がありますかときた。よしよしそういうことなら、ここにあるぞというわけで、部長殿にご紹介すると、横目で見ながらニヤニヤ笑っておる。どうもやる気になったらしい。大変によい傾向であります。そこでこの噺が次の目標となりましたとさ。
よく学校寄席でご披露されるネタなのです。きっとうけること間違いなしね。
頑張ってほしいものですな。ひひひ。
久しぶりに先代桂文楽の『あばらかべっそん』を再読し始めました。
どうしても芸談はやめられん。これって強烈な毒ね。

日時: 2012年04月23日 20:04 | パーマリンク
2012年04月24日
ハナミズキとタンポポ

今日はあったかかった。25度近くになったそうです。いよいよそんな季節になったということなんだな。ありがたいことです。あっと言う間にまた初夏の気候ということになるんでありましょう。
あんまりいい天気なので、農場を散策しました。タンポポが一面に咲いてます。野原とタンポポ、いいですね。なんともいえない光景だ。ちょっとハミングかも。小鳥もいました。残念ながら名前がわかりません。詳しい人ならきっとろいろいと語りたいことがあるだろうに、無念であります。気持ちよさそうに芝生の上をちょこちょこと歩いてました。
ぼくはずっと果樹園の方までお散歩です。梨の花が今を盛りと咲いてます。真っ白な花です。中野重治の小説に『梨の花』というのがあって、ふっとそんなことを思い出したりしました。遊歩道を歩いていると、ハナミズキがみごとに咲き誇っています。好きな花だな。きれいです。
太陽を浴びて、本当に気持ちがよさそう。その向こう側のグラウンドでは1年生が50メートル走の記録会をしてました。今年みえたばかりの先生が笛をふくと、2人の生徒が走ってきます。
何度見てもいい光景です。学校というところは、ほんとに不思議なとこだな。効率なんかとは無縁でいいんです。それが学校だ。学校は人生の最長距離をたどる一番の装置でなくちゃいけません。
絶対に効率とは相容れないそういう場所なんです。
そうじゃないと、つまんないよ、きっと…。

日時: 2012年04月24日 20:18 | パーマリンク
2012年04月25日
欅並木の新緑が

とってもきれいです。本当に鮮やかな若葉の緑で、目にまぶしいな。朝、空を見上げながら学校までの道を歩きます。何年の樹齢なのか、よくわかりません。それくらいものすごく古いのです。
さて今日は40分の短縮授業。おかげさまで、なんとも早く終わってしまいました。何分でもいいのだ。とにかく参加することに意義があるのです。
お食事は近くの大きなインテリジェントビルへ。ここは実に広くてのんびりしちゃうのだ。食後つい居眠りをしたくなっちゃいます。コーヒーなども飲んでご帰還です。
新入生を落研にスカウトしてますけど、みんなに逃げられちゃう。明日は健康診断なので、飴などを片手にオルグ活動をしたいと存じます。
夜はお稽古会。久しぶりにちょっと噺をさせてもらいました。「鈴ヶ森」です。ドジな泥棒さんのお話なので、軽めの感じかな。というか根が軽いので、こういう噺の方が本当は向いているのかも。自分ではよくわかりません。これからもいろんなのをやってみて、自分の味わいというものを出せればいいなと思うね。
とはいえ、そんなに簡単にはいかんのです。
そうそう、『あばらかべっそん』、読み終わりました。面白かった。明日から先代金馬の芸談にうつります。これも楽しみだな。このお話はまたいずれね。

日時: 2012年04月25日 21:04 | パーマリンク
2012年04月26日
今日は健康診断

の一日でした。ということは当然授業はなしね。つまり暇だ。というわけで、朝からぼんやり。まあ金曜日から4連休だから我慢しましょうということになりました。
ついては、暇つぶしのネタを考えなくちゃなりません。目下のところ最大のテーマは1年生の獲得であります。落研に騙してでも拉致しなくちゃならん。飴なんか配りつつ、騙すしかないかもね。
そこで検診会場の入り口に陣取りました。ここにいれば必ず1年生はやってくるぞ。
次々とあらわれる青年に向かって、この中に粗忽な与太郎はいないか、と叫びました。すると後から物理室にやってきた生徒がいたじゃありませんか。なんでもクラスメートにぼくが呼んでいると言われたとか、言われないとか。
さっそく「道灌」の最初の台詞を喋らせたりもいたしました。一冊分厚い古典落語大系をもたせまして、家で読んでこいというミッションを与えたね。さてどういうことになりますか。来週が楽しみだよ。
その他にも数人の候補者が出現しまして、なんとかなるかも。ちょっと期待ができそうであります。
しかし暢気なもんだ。
こんなんでいいのかね。

日時: 2012年04月26日 20:08 | パーマリンク
2012年04月27日
今日から連休…

金曜日です。でも今日はぼくの授業がないので、お休みにしちゃいました。ということは連休ね。やれやれ、ありがたい。朝もちょっとのんびり。いつもより1時間近くも起きるのが遅かったです。いけませんね。
机の上を片付けたりして、ぼちぼちと朝のルーティン・ワークをこなします。いろいろやることがあるのだよ。さてその後は近くの図書館へ。リクエストしておいた本が届いたとのことです。ありがたいことです。古い本はやっぱり図書館に頼むしかないのだ。
お昼ご飯の後は、気が抜けたのか、そのまんまお昼寝。1時間は寝ちゃいました。奥様はいつの間にかどこかへお出かけのようです。やれやれ。
だらけたまんまの恰好でご近所の散策を敢行。雨模様でどうも元気がでませんな。霧雨だ。歩きながら落語のお稽古です。いよいよぼくも危なくなってきたよ。だんだんその気になって気分がのってきたら、お店に着いちゃいました。無念。
そんなこんなで本日ものんびり。
毎日、のんびりしてばかりいるので、完全に呆け気味であります。とほほのほ…。

日時: 2012年04月27日 19:49 | パーマリンク
2012年04月28日
鰹狂奏曲

今日は朝、突然のピンポン。なんとクール宅急便の中身は鰹一匹でした。蓋をあけて驚いた。こんなにでかいの、どうするのっていう感じです。幸い出刃包丁がありましたので、なんとかしようということになり、奥様が魚をもちあげようとしたところ、あまりに重くて動きません。
そこでぼくが登場。とにかく三枚におろさなくちゃいかんというので、まずエラの後ろからばっさりと切ることにいたしました。しかしこれがなかなかのもので、骨がかたい。とても奥様の力では歯がたたず、ぼくもはじめてこんなことをやったよ。でかい魚にはそれなりの力がいるということもはじめて知りました。
さてなんとか切り身ができたものの、まずでかい。
お刺身にして40人前くらいはあります。半分はとっておいて、半分は煮ることにいたしました。とにかくまず食べてみようというので、中落ちのあたりをとってみたところ、これだけで5,6人前はある。お昼ご飯にいただきました。うまい。でも多すぎる。
そこで息子と娘に電話をいたしました。今日は土曜日で歌の練習があるので、後ほど家に来ることになっております。夕食にもいただきましたが、さすがにもうダメ。当分、生のお魚は結構です。
一日中、なんというかずっとこの鰹と戦っていたね。それにしても外はめちゃくちゃに暑く、さてどうなっているのやら。車に乗ったら、気が遠くなりましたとさ。

日時: 2012年04月28日 21:04 | パーマリンク
2012年04月29日
新緑が目にまぶしくて…

昨日に引き続き、今日もいいお天気。なにしろ気温が高い。何を着たらいいのか、だんだんわかんなくなってきました。シャツももう厚手はだめだ。ヒートテックもいらん。となると、何を着ればいいの。夏物をあせって出さないと、ほんとに着るものがありません。
ちょっとやりすぎでしょ、この暑さ。
さてせっかくこんなにいいお天気なんだから、どっかへ行こうということになりました。どこがいいのかなあと相談していると、世田谷の方で手づくり市なるものがあるとか。奥様に引きづられて、ついて行くことになりました。昨今は完全に濡れ落ち葉そのものなのだ。とほほ。
三軒茶屋から歩くこと20分。目的地に着きました。しかし暑い。どうなってるの。このあたりには緑道があってよろしいね。以前、下北沢から梅ヶ丘までずっと歩いた記憶があるけど、あれよりもっと長くて整備された道です。家と家の間にある生活道路といった方がいいのかも…。
奥様は例によってどこかのお店にもぐったまんま、出てきません。ぼくは葉桜の下にあったベンチに座ってのんびり。気持ちがいいね。お寺というのはやっぱり心の落ち着く空間です。どうしてかな。
いろいろと買い物をして、また駅に戻り、パブリックシアターのあるビルの最上階へ。ここのレストランはやたらと眺めがよろしい。
遠くスカイツリーを望みつつ、お食事をいたしました。それにしても暑い一日でした。明日は少し静かにしてようかな。でもできるのかしらん。かなり疑問…。

日時: 2012年04月29日 20:14 | パーマリンク
2012年04月30日
寝て暮らした4日間

あっという間に前期連休が終わりました。なんということだ。毎日ほんとにだらだらと暮らしております。いかんね。寝る前にはちょっと反省するのでありますが、翌日になるとけろっと忘れているのです。無念。
そういうわけで、本日もまたまた寝ちゃいました。ついごろっとソファーに横になったのが敗因なのです。とはいえ、ちゃんと布団ももっていきました。つまり確信犯ということだ。
こんなことをしていると、ますます脳みそが軽くなり、与太郎まっしぐらであります。ああ情けなや。
どうにもこうにもいかんと思い、それでも4時頃から行動開始。ご近所をひたすら歩きます。ずっと向こうに見える山まで歩きたいのはやまやまなれど、すぐにくたびれるので、それは中止。ついご近所のお店をぐるぐると回るいつものイージーなパターンとなりました。
それでも浴衣なんかちょっと物色したりして、ふんふんなるほど、これがトレンドなんだと確認した次第です。やっぱり麻が入っていると、それらしくて手触りがさわやかでよろしい。ただし洗ったらどうなるのかね。
自分のサイズはちゃんとわかってますので、必死に探してみたものの、当然そんなものはない。大量生産品だからね。つんつるてんはご勘弁なのであります。
いよいよ明日からまた学校だ。何をやってたのか完全に忘れました。なんとかなるかなあ。不安なんですけど…。

2012年3月

2012年03月01日
明日からやっと試験なのだ

なんとかここまで辿り着きました。最後は長かった。本当にやっと来たぞ。素直に嬉しいです。明日からは期末試験。生徒諸君は大変だろうけど、ぼくはのんびり。ありがたい話です。
今日は国語科の科会もあり、来年の持ちクラスについて話し合いました。さてさてどういうことになるんでありましょうか。また新入生の顔をみながら考えなくちゃなりません。
いずれにせよ、これから正味5日間のテストです。ということは木曜日まで授業をしなくてよろしいということです。今学期はなぜかどのクラスもあと1コマづつなので、答案を返却して終わりということなってしまいそうです。成績を出したり、卒業式があったりということで、3月も終わりということになるのかな。
今日はあったかくてどっかへ出かけたかったけど、いろいろと用事があってそれもかないませんでした。もう少しすると、すごくあったかい日もくるらしいので、ここは大きく構えることにいたしましょう。
つい先日から久しぶりに企業小説なんかを読み始めたら、やめられなくなりまして、困っております。なんということだ。続編がまだあるというので、また読みたくなっちゃいました。高杉良というのは、どうしてあれだけいろんな会社の内実を知ってるのかね。
最近のなんとか製紙とか、なんとか顧問会社のインチキを見てると、いくらでもこの手の話は転がっているということなんでしょう。会社は誰のものなのかな。ほんとにあれもこれもおかしなことばかり。漢検のあの親子にしたって、いいかげんにしてよの話です。
まあカリカリしてても仕方がないから、これからのんびりお風呂に入って大いにリラックスいたしましょ。

日時: 2012年03月01日 20:50 | パーマリンク
2012年03月02日
期末テスト初日

ついに始まりました。校内は静かなもんです。もともと生徒数が少ない。その上、校舎があっちこっちにある。生徒は毎時間うろうろ。さらにぼくのいる南校舎には3年生が2クラスと2年生が2クラスだけ。もう3年はいないのです。
つまり静かな要素が山のように点在しているというわけだ。もっといえばテストです。つまり黙ってやるのだ。だから校内は森閑としております。生徒は早く帰る。おうちに帰ってお勉強をするのでありましょう。図書館にはいるけど、おうちの方がのんびりできるということかな。
お茶も飲めるし、お菓子も食べられますからね。というわけで、ぼくはいたって暢気に一日を過ごしました。それでも試験の正解ぐらいは作らなくちゃならんと思い、いろいろと考えたのだ。くたびれた。配点も入れて、これでますますなんもすることはなくなったのです。
而して雨。それでもお外に食べに行きました。行く先はものすごいインテリジェントビルの中にある食堂です。ここは広くてよろしい。いろんな会社の人が胸にぴらぴらとした例のあれをくっつけてお食事をしております。ぼくは関係ない人だけど、そんなの気にしない。
実に優雅な昼食となりました。
帰る頃にはだんだんと寒くなり、明日はさてどうなるのやら。
とにかくお休みです。あっ、そうじゃない。落語会のお手伝いに夜、出かけるのだった。ということは噺家さんと打ち上げをやるということね。これもまたまた楽しみなのでありますよ。はい。

日時: 2012年03月02日 19:53 | パーマリンク
2012年03月03日
ただいま戻りました

詳細は明日ね。噺家さんと飲みました。楽しかったです。

続編

さて昨日は前々任校で仲良くなった生徒さんと道でばったり。なんと彼女、おなかが大きい。聞けば出産予定日だというじゃありませんか。これには驚いた。卒業後、これもよく知っている生徒さんと一緒に歩いているところをみかけ、まさかとは思いましたが、お付き合いをしているとのこと。
昨日訊ねたら、その後ゴールインしたのだそうです。
だけどあんなところを歩いていていいのかね。ホントに驚きました。今度会うときはきっと赤ちゃんをだっこしてるんだろうな。実にほほえましい再会でありました。
その後はお部屋にこもり、ああでもないこうでもない。
落語のお稽古を悪名高いオリンパスのボイスレコーダーにとりまして、聞いてみたり、まあいろいろです。
そのうち、お時間になり、家を飛び出しました。
落語会のお手伝いです。
いつものことながら、ここに集まるメンバーの中にいれば、どんな話をしても通じますので、実に気が楽です。やっぱり道楽は大事だね。
その後は例によって近くの飲み屋さんに流れ、打ち上げということになりました。芸人さんが3人、会のメンバーが7人くらいだったかな。
3杯ほどいただきまして、よい気持ちで帰ってまいりました。その席で本日のチケットまでゲットし、またまた落語会でございます。
この後、昼食をいただいてからでかけることにいたしましょう。
本来なら今日は浅草に泊まって寄席へいくことにしていたのですが、諸般の事情からキャンセルをしました。これはちょっと無念であります。また次回のお楽しみということにしますかね。
これ以降のお話はまた夜にでも…。
今日はなんだか曇っていてやな天気ですね。あったかいのかなあ。

日時: 2012年03月03日 23:49 | パーマリンク
2012年03月04日
落語二題

今日はお昼までの分を朝、この日記に書き込みました。
やれやれとおもっていると、宅急便。先日注文したカードリーダーが届きました。はやい。たった2日だ。送料無料。これも偉い。こんなので儲かるのかね。本もそう。文庫本1冊でも送料無料。よくわかりません。競争社会なんです。ちょっとぼけっとしてたら負ける。これが現実です。
さてそれをパソコンにくっつけます。いつものようにカバーを開けて、ネジをはずしながら前のを抜き、新しいのをいれます。すばらしい。すぐについたぞ。
今度のはマイクロSDカードも直接認識する。これはすばらしい。
さてそんなこんなで時間が過ぎ、慌ててご出発。
今日は柳家花緑の独演会です。去年も行ったのだ。
演目は「火焔太鼓」と「中村仲蔵」。ぼくはとくに芸人ものは好きだなあ。歌舞伎の役者のつらさを描いたものの中では出色のものです。これと双璧をなすのは「淀五郎」かな。
うまいですね。やっぱり。くやしいけどうまい。テレビで見ててもダメ。生じゃないと。
今日はマイクなし。それもすごい。
いい時間が持てました。つらいけど最近はあんまりガハハガハハと笑えません。自分ならどうするのかということばかり考えちゃう。へんなことを始めたばっかりに。
どうしてもこれはやってみたい演目です。その前に忠臣蔵を全段見なくちゃだめかも。特に五段目。
斧定九郎が出てくるとこはね…。

日時: 2012年03月04日 20:07 | パーマリンク
2012年03月05日
ホールセラー

今日は月曜日でしたけど、試験中なので1日お休み。生徒諸君は大変ですけど、ぼくはのんびりね。というか朝からすごい雨。どうなってるのかなと空を見上げました。
本来ならちょっと遊びに出てもいい気分なのです。でもこの天気じゃどこへ行く気にもなれません。仕方がないので、家でうろうろ。
ちょっとお稽古もしたり、本を読んだり。
お昼ごはんを食べてから、少しだけ外出を試みましたが、とにかく雨ですから、そんなに遠くへ行く気がしません。そこで例のホールセラーへ赴きました。去年の地震以来休業しておりましたので、ほぼ1年ぶりというところかな。
結論。ぼくの欲しいものはなかったね。あまりにも量が多すぎて、とてもじゃないけど食べきれない。仕方がないのでルイボスティーを買ってきました。これも100袋くらいは入ってる。
一言いわせてもらえば、あんまり粋じゃないのだ。やっぱりなんでも腹八分目というところがよろしいのではありませんか。
あんなにベーグルやロールパンのかたまりを見せられたりすると、ちょっと興ざめがいたします。肉もそう。卵もそう。なんでもそう。
というわけで、ぼくはもう痩せ細っていく己の肉体を楽しみに、せいぜい粋がってまいります。そうじゃないと、すぐ野暮になるからね。これがほんと難しいのだよ。今となってはね。
時代が悪いのか、はたまたお天道様が悪いのか。
そんなこと、おら知らん。

日時: 2012年03月05日 20:21 | パーマリンク
2012年03月06日
あったかかった…

今日は試験何日目なのかなあ。よくわからなくなっております。まだぼくの試験はありません。今日は監督もなく、のんびりとした1日でありました。
朝は雨でしたけど、昼前から晴れてきて、どんどんいい天気になり、ついに外へ飛び出すこととなりました。久しぶりにカメラをもってそこいらをうろうろ。どこかお昼ごはんをたべるのにふさわしい場所はないかいなと町中をあるいたのです。
でもまあそんなことより、とにかくいい気持ちなので、駅前にほど近いテラスに陣取り、コーヒーなどをいただきながら、町を歩くみなさんのご様子をウォッチング。
あったかくていい気持ちです。ああ、やっと春が近づいてまいりました。予報ではまたすぐに寒くなるそうですけど、そんなことは気にしないのだ。ついにテラスに座ったまんま、「やかんなめ」のお稽古もしてしまいました。なんだか一人でぶつぶつ呟いているおっさんは不気味だろうなあと思いつつ、途中でやめられなくなったのだ。
さて学校までやたらといい気分で戻ってまいりました。
やっぱりあったかいというのは無前提によろしい。なにはなくても春が恋しいのだ。
いよいよ梅に鶯、そして桜です。
酒を飲む人花ならつぼみ、今日も咲け咲け、明日も咲け。
もちろんこの咲けは酒との掛詞でありますよ。いうまでもないのだけどね。念のため。むふふ。

日時: 2012年03月06日 20:32 | パーマリンク
2012年03月07日
今日もお稽古

つい先刻、お稽古会から戻りました。
たのしいですね。なんだか知らないけど、やたらと笑ってました。なにが楽しいのかよくわかんないけど、つい笑ってしまう。それがいいんでしょうね。おかげさまでストレスのない暮らしをしております。
今日は読みたかった本まで貸してもらいました。もちろん落語につながった小説ですけどね。どうしても読みたかったので図書館にリクエストしましたけど、それより早く貸してもらえました。ラッキーです。さっそく読み始めることにいたしましょう。
さて明日はやっとぼくの試験だ。終わったら速攻で採点をして評価をつけたいと思います。来週は卒業式があったりして、なんやかんやと忙しいのだ。
とはいえ、ぼくは間借り人みたいなもんですから、それはそれは暢気このうえない。
今日は昨年卒業し浪人中だった生徒さんの朗報も届きました。みんな活躍してくれよ。1年や2年くらい、長い人生のスパンでみたら、ちょちょいのちょいです。ほんとにそう思う。
明日はまた寒いんでしょ。それだけが今つらいのだ。とほほ。

日時: 2012年03月07日 21:53 | パーマリンク
2012年03月08日
テストが終わった

とうとうテストが終わりました。実に5日間にわたる期末試験でありました。生徒諸君は終了に臨み、さぞや解放感を味わったことでしょう。廊下を歩く彼らの声も心なしか大きかったなあ。
さて明日からはまた授業であります。急いで採点をしなくちゃならん。
そこで今日中に全てを解決するべく、ぼくは頑張ったのだ。
赤いボールペンをもって、とにかく採点をしちゃう。
おかげさまで2時間後くらいに大団円を迎えました。評価をパソコンにとりあえず入れて、さてどんなもんか。変更があったら、そこだけ後でなおしましょう。5回の試験を足しますので、よほどのミスがない限り、そう簡単には動かないと思うけどね。でもこれだけは答案を返してみないとわかりません。
明日は進路に関するイベントもあるらしく、つまりぼくの授業はありません。
もう来年度の持ちクラスも決まり、なにをやらなくちゃいかんということはわかっているけれど、まあそれはそれ、慌てても仕方がないのでございます。
今日は昨日借りた本をずっと読んでおりました。なかなかに面白い。アマチュア落語家の苦労はどこでもおんなじなのだ。ひひひ。
明日は雨の予報。やだなあ。

日時: 2012年03月08日 19:48 | パーマリンク
2012年03月09日
卒業式秒読み

今日は進路指導の会がありました。授業の谷間にイベントの数々。つまりぼくの授業はなしね。そこでまたまたのんびりといたしました。
さて3年生がなんとなく登校してまいりまして、一生懸命にあちこち片付けております。ロッカーの中には一財産入っておりまして、それを全部持って帰れという話のようだな。卒業式に歌ううたのお稽古も兼ねていたみたいです。
本番で聞かせてもらうかな。月曜日にリハーサルもあるとかいうので、そこできっとご披露してくれるのでしょう。
さてそれにしてもすごい雨なので、どこへ行くということもできず、終日静かにしておりました。ほんとによく降りますね。ここのところ、前任校の生徒さんの受験結果が次々とメールで入ってきます。
みなさん、頑張ってすごい実績をあげております。すばらしいですね。担任団の皆さんからのメールもうれしいを連発したものが多くて、ともに喜んでいるのが手にとるようにわかります。
一緒に快哉を叫んでくれる人がいるっていうことは、なんと幸せなことでしょう。ほんと。
生徒さんも頑張ったけど、担任団も必死でした。
懐かしい思い出ばかりです。ほんとにいろいろありました。
いつか、ここに書けることがあるのかなあ。それもなぞ…。

日時: 2012年03月09日 20:20 | パーマリンク
2012年03月11日
地震が怖いので

今日は朝から部屋の模様替えをいたしました。
というか、以前から奥様に頼まれていたミッションを貫徹したというわけです。一番大きいのが家具の移動ね。和箪笥を奥様の部屋に強制的に動かしました。これで随分とすっきりしたのだ。
その分あちこちに隙間ができ、いざとなっても倒れてこなくなったような感じ。本当のところはどうかわからないけど、安全度はかなり増したね。
本当は壁際になんにも置かない方がいいのはわかっているけど、まさかそういう訳にもいかないので、最善の方法を考えたのです。しかしこういうことは奥様のきちんとした指示の元においてやらないと、後でとんでもなく叱られます。こんな風にしろなんて言った覚えはないのにとかなんとか罵られて、しょんぼりするのがオチです。
そこでだ。目の前で言われた通りにするのです。そうすると、ご機嫌もよろしい。なんとか午前中に恰好がつきました。やれやれです。これでやいのやいのとせっつかれる心配もなくなりました。
しかし、ほんとに地震が来ちゃ困るので、それだけは重ねて神様に許しをこう次第であります。今日も随分あの日のビデオを放映しておりました。すごい揺れだったんだなあとあらためて愕然としたよ。
よくまあ、生きていられたもんだ。あの時は職員室の机の下に飛び込んだからね。パソコンのキーボードも本が落ちてきて吹っ飛んだのです。あれからもう1年だ。
本当に地面が揺れるのだけは勘弁してくださいというのが正直な感想です。今、思い出しても怖かったな。

日時: 2012年03月11日 20:22 | パーマリンク
2012年03月12日
体育館は寒い

けれどもリハーサルはやらなくちゃいかん。卒業式のね。つらいところです。
今日も朝からやってました。明日に卒業式をひかえてますから、形だけはちゃんとしておかないとね。いろんな方が見えますし…。担任団は大変です。
担任の一人が校長先生のかわりになって壇上にたち、卒業証書の授与の仕方なんてのをお稽古してました。ほんとにご苦労様です。
ぼくはちょこっとだけ覗きましたが、なんたって寒いので早々に退散。明日は今日よりもっと寒いというじゃありませんか。いくらホットガンを入れても、これは大変なことだよ。
ぼくも随分卒業式とはつきあいましたからね。もうそろそろいいんじゃないかというところにきております。今年だけちょこっと覗いて、来年からはあったかい部屋にいようかな。
とにかくこの式にはさまざまな思いがありますよ。いつの頃からか、いろんな話がくっついて、なんとも息苦しくなりました。あの頃から気分はもう随分遠くへ行ってましたね。今、考えると。
昨今はさてどうなんでありましょう。いろんな学校の校歌を歌いました。それぞれに懐かしい。転勤した学校の味わいを思い出します。みんな違ったな。生徒も違えば、先生の気質も違う。なんなんでしょ。実に不思議だ。それが学校独自の文化ということなのかな。
少しだけ梅が咲いてます。桜のつぼみもほんのちょっと、目に見えるようになりました。桜が咲くと、大通りはきれいですよ。すごい。今から楽しみです。
美術館の通りには太い桜の木が連なっています。ここも絶対に散歩するぞ。

日時: 2012年03月12日 20:14 | パーマリンク
2012年03月13日
無粋な話で誠に恐縮ですが

なんでも大阪の方では卒業式の時、先生が君が代を歌っているのかどうか、口の開き方でチェックした学校があるとかないとか。まったくものすごいことをするとこがあるもんだなあ。驚きました。ここまでくると、もうなにをか言わんやの気分ですね。
口ぱくなんてもんじゃない。こうなるとみんな、あのお姉さん3人グループみたいにほとんど歌わず、ただ口をぱくぱくいわせるというようなことになるかもしれんね。あれはなんという名前だったっけ。忘れた。モーニング娘じゃないし、AKBでもないし。ああ、またまた忘れた。
息子がよくコンサートに行ってるよ。おじさんにはどこがいいのかさっぱりわからんのです。それでもそれなりにいいそうだ。ファンというものは実にありがたいね。
さてそういうわけで、卒業式も無事に終わりました。穏やかな式でありましたよ。担任の先生方には格別の感慨があったことだろうと思います。本当にごくろうさまでした。
明日からはまた答案を返さなくちゃなりません。これが終われば、あとは成績会議ということになります。
いよいよ、押し詰まってまいりました。はやく春休みにならないかなあ。
昔はもう休みだったぞ。なんて言ってるから、ダメなのね。反省。

日時: 2012年03月13日 20:18 | パーマリンク
2012年03月14日
テスト返却と科会

がありました。テストはただ粛々と返したよ。何人かミスがありましたけど、たいしたことはない。いいところ1点か2点です。評価に影響を及ぼすほどのものではございません。
さて午後からは科会です。これもスムーズに終了。ぼくの持ちクラスの分は全て終わりました。これでいよいよ来年度のことを考えればいいということです。
しかしだ。そんな気分には当然のことながらなれないね。なんたってこれから春休みです。しばらくの間は遊ぶのだ。そうでもしないと損しちゃうという気分です。どうもいけませんね。最近はぶらぶらと楽することばかり考えております。
今日はちょっといいお天気だったので農場をぶらぶら。ハウスの中にも入って写真をとりました。さらに敷地の裏の方に歩いていくと、裏の境界線のところに建っている家の方とふと目があいました。するとそのおばあちゃんがなにやらぼくに話しかけてきたのです。
少し怪しそうではあるものの、よっぽど暇人に見えたんだろうなあ。そこであれこれとしばらく立ち話をいたしました。
なんたって太陽がさんさんと降りそそぐお庭に座って、その方は実に優雅なたたずまいなのです。
どうしてこの場所に家があるのかという由来まで説明してくれました。なるほど、家一軒にも歴史がありますね。学校の敷地の中にそこだけ食い込んだ形で家があるという理由も大変よくわかりました。
いろいろと不思議な体験をして、また職員室に戻ってまいりましたとさ。
それにしても春休みはまだか。ほんとに長いぞ、試験のあとが…。

日時: 2012年03月14日 20:21 | パーマリンク
2012年03月15日
先輩の話を聞く会

にぼくも参加させていただきました。2年生対象の進路懇談会というやつです。去年の卒業生がこの1年間で経験したいろいろな話を後輩に語って聞かせるという趣向です。
希望の部屋にそれぞれが別れて、先輩のお話を聞きます。先生が語るのより、ずっとリアリティがありますね。それだけ苦労した人たちの話にはなるほどとつい頷いてしまうだけのものがあるのだ。
いろんな経験をしてるんだなとしみじみ思いました。顔つきもやっぱり大人ですね。どうして高校を出て1年ぐらいでああいう風になるんでしょ。これも不思議です。いろんな人たちの間でもまれているうちに、内側から成長していくんでしょうか。ほんとに謎ですね。
さて心も洗われて、ぼくは生まれ変わりました。よし、今まではいい加減だったけど4月からはちゃんとやろうと心に誓ったのです。というのは嘘かも…。なんたって長続きしないのだ。そこが無念なのであります。
その後は昨日に引き続いてテスト返し。採点ミスはありませんでした。やったね。
ちょっとあったかいというので、お食事にも出かけました。
とはいえ、風が強い。どうも春と呼べるような天気じゃありません。お日様は確かに出てますけど、もう一つあったかくない。仕方がないね。暑さ、寒さも彼岸まで。昔の人はうまいことを言ったもんです。もうちょっとだけ待ちましょうかね。

日時: 2012年03月15日 20:03 | パーマリンク
2012年03月16日
もうちょこっとで…

やっとここまで来ました。あと少しで春休みだ。我慢だね、つまり。
来週はすぐ成績会議です。担任は大変だ。でもそれ以外の先生は暢気。成績を出しちゃえば、とりあえず仕事はなくなるのです。
というわけで、ぼくはのんびり。読書をしたり、あれこれね。久しぶりに『晏子』を読み返してます。記録を調べたら10年ぶりだった。すごい。
宮城谷さんっていう人は、春秋戦国時代がよほど好きなんだな。ここに焦点をあてて書こうと思った動機はなんなんでしょ。
それにしても昔の中国の話はスケールがでかい。斉の国の様子もその周囲の国々、特に晋とか楚とか魯とか、それぞれが微妙な力関係の中にいたことがよくわかります。晏弱、晏嬰親子の不思議な明るさはなんだろうな。天に恥じないということにつきるのかも。
そんなわけで、本日もマイペースで過ごしました。お外にでかけて、お食事もいたしました。明日は雨だという予報です。おうちでせっせとお稽古をしたいところですが、ちょっとご用事がありまして、おでかけです。
ご相談にのるのだ。中身は内緒ね。

日時: 2012年03月16日 20:15 | パーマリンク
2012年03月17日
お話しを

いろいろとしてきました。
今日は朝から雨。やな感じです。それに寒い。朝のうちはいつものペースでやらなきゃならんことをいつもの通りこなしました。これぞルーティンワークであります。
さてその後はちょこっとだけ噺の稽古。それも長いものの後半だけね。
お昼ごはんを食べて車に乗り、ちょっとお出かけ。
ご相談にのろうという話の一件です。でも本当はただ伺わせていただくという構図かな。自分の気持ちを確認するためには、他の人に聞いてもらうというのがなによりです。そこで新たなことに気づき、なるほど自分はこんなことを考えていたんだなということも再発見できるのです。
というわけで、3時間くらい、奥様同伴であれやこれやと話しました。いろんな話題がでましたね。長く生きている身としては、なにかしらのアドバイスを差し上げたいところですが、あいにくとそんなものはない。ただ馬齢を重ねてきたというていたらくなのでありますよ。
とにかく胸にすとんと落ちてくれればよかったのですけど。その後は近くのスーパーに寄りまして、お総菜をちょこっと。帰ってきてからお相撲を見たり、空を見上げたりして過ごしました。
明日はいくらか天気がよくなるのかなあ。ちっとも晴れ間がないとつまんないよ。西の方ではもう春一番が吹いたとか。東の方はどうもいまいちパッとしませんな。

日時: 2012年03月17日 19:42 | パーマリンク
2012年03月18日
噺をしてきました

今日は高座のある日。朝から少しはお稽古をしていこうと思ったものの、ええい、ぶっつけ本番でなんとかなるだろうと勝手に判断いたしました。なんてこった。こういうところがぼくは図々しいのだよ。いけませんね。ほんとに。
さて午前中はそういうわけで、いつもと同じように過ごしました。いろいろと予定があるのでね。それでもお昼ご飯を食べて、ついにおでかけいたしました。雨じゃないですか。たいしたことはないけど、雨が降るとお客様の数が減るからなあ。
ぼちぼちとでかけたら、案の定まだだれも来ていません。中が暗かったので、間違えたかと思っちゃいました。それでも開始時間が近づき、お客様も増えてまいりました。よしやるぞ。
ぼくの出番は最後です。小学校以来の友達も聞きにきてくれました。やれやれ、ありがたい。今日の出し物は「宿屋の仇討ち」。長い噺です。普通にやって30分はかかるかな。もうはじけてやりました。後は野となれ山となれ。おかげさまで皆さんに笑っていただきました。
よかった、よかった。
その後は友人を送って近くの駅まで。喫茶店に入り、あれこれと近況を報告しあいました。いろんなおみやげまでもらって感謝感激であります。
家に帰ってさっそく一杯やりました。うまい。本当にありがとう。今度はこちらから出かけるからね。いやあ、今日は楽しい一日でした。落語はいいぞ、最高だぞ。

日時: 2012年03月18日 19:10 | パーマリンク
2012年03月19日
成績会議

今日は生徒を早く帰して3時間目から成績会議。いつもこれは不思議です。前の学校ではもっと遅くからやっていた記憶があるのでね。
こんなに早く授業を終わりにしちゃっていいのかな。これも謎。
さてぼくは特に問題のある生徒を教えていないので、会議に出席しませんでした。2学期までは出てましたけど、もういいやと勝手に決めました。今まで十分にいろんな生徒の話を聞いてきましたので、そろそろこういう会議も卒業です。
それでも成績一覧のプリントだけはもらおうと会議室にでかけ、確認作業をすると、なぜか一人だけデータの数字が違ってます。よくあることだけどね。
学年の教務担当の先生に慌ててご報告。なんとかなりました。評定が違ったら、大変なことだから。
そういえば、今日どこやらの学校で閻魔帳が盗まれたというニュースが流れてました。あんなものを机の中から持って行く人がいるんでしょうか。それも不思議。いじわるなのか、それとも故意なのか。そのたんびに鍵のかかるところに入れておけというのもきつい話です。どうなってるのかね、最近は。
なんだか物騒で剣呑な世の中だなあ。

日時: 2012年03月19日 19:39 | パーマリンク
2012年03月20日
美術館とお墓参り

友達にチケットをもらったので、絶対に行こうと決めてました。幸い、朝からいい天気。よし、断固でかけるぞと強い意志を再度確認したのであります。
行き先は広尾の山種美術館。数年前にこちらへ引っ越したのだとか。お目当ては上村松園の美人画です。すばらしかった。お休みのせいもあるけど、随分と入場者がおりました。着物姿の人もかなりいたなあ。日本画の味わいというのはなんともいえませんね。
日本画は線が命です。これが崩れるともうダメだ。春草や、大観のような朦朧体というのもあるけどね。なんといってもやはり額の生え際、眉も大切です。彼女の作品にはとにかく気品がある。凛とした女性の美しさがこれほどにみごとな絵はないですね。伊東深水のもありました。こっちもいいね。これはこれで柔らかい。どちらも堪能しました。
さてそこから渋谷までとことこと。途中、國學院大學の正門脇にある神殿にも寄りました。青山学院の初等部を横目で覗きながら、まずは駅まで。そこから今度は新宿を経て、お寺へ。途中でお花を買ってお墓参りです。手をあわせていると、いろんなことを思い出します。親というのは本当にありがたいものですね。無償の愛というのはまさにこのことをいうんだな。親孝行したい頃に親はなし。まったくだよ。
今日は寒いという天気予報だったけど、そんなこともなく、実にまったりとしながら、お茶を飲み1時間ものんびりしちゃいました。
明日から、また学校だ。授業もないし、落語のお稽古をいたしましょ。

日時: 2012年03月20日 19:41 | パーマリンク
2012年03月21日
まだ寒い…

朝から風が吹いています。北風だ。なんとかしてよ。寒い。
それでも電車に飛び乗りました。いつもの時間に出発いたします。
電車の中ではもっぱら読書。今はずっと同じ本を読んでます。今日から第3巻に突入いたしました。面白い。とにかく雄大であります。
さて目的の駅から学校までは歩いて5分。これもありがたいね。しかしこの道がなんと南北なのだ。ということは朝、寒い。
準備室に到着すると、そこはなんとあたたかいことよ。ストーブががんがんとついております。朝早く来てくれる先生がいつもお部屋の中をあたためておいてくれるのです。これもありがたい。そこでやおら水とお茶をのみ、朝の気分はまずまずとなるのです。
パソコンに電源を入れて、まずニュースのチェック。なんだかへんな事件ばっかり。頭が痛くなる。どうなってるんでしょね。最近の世の中は。今日の話題としては、昨日ちらっと横目でみかけた青山学院初等部の学費です。6年間でなんと…。まあいいや。貧乏人には無関係の世界なのだ。
しかし私立のお受験をする方は大変ですね。
ぼくには考えられん。まったく別の世界のお話でした。おそまつ。

日時: 2012年03月21日 20:27 | パーマリンク
2012年03月22日
お稽古から

ただいま戻りました。くたびれた。今日は次回さくら寄席に出演するメンバーを決めるためのオーディションでした。毎回厳しいね。
ぼくは4月の中旬にちょっと別の場所で2席やる予定なので、今回はパスしようと思ってました。でもそのためのお稽古と考え、急遽エントリーした次第です。贅沢な話ですね。本当に恵まれてます。ありがたいな。たくさんのお客様に聞いていただけるんですからね。とにかく高座百遍。ただ進むのみです。
本当なら20分くらいかかる噺ですけど、今日は後半部分だけ。なんとか高座にでられることとなりました。そういうわけで4月もまたまた忙しいのだ。
とにかく頑張って何度も喋らなくちゃだめだな。時々忘れちゃったりするので、とにかく噺を腹にいれることだ。
ほんとにとんだことを始めたもんだよ。反省しきりであります。
学校の方は明日でとりあえず終わり。転勤する先生のご挨拶なんかもあるんだろうな。ちょっと前のぼくの姿であります。光陰矢の如し。
雨が降って寒いそうですけど、もう少しで春だから我慢、がまん…。

日時: 2012年03月22日 21:28 | パーマリンク
2012年03月23日
なんとなく終業式

までこぎつけました。これで1年間のスケジュールを全部こなしたことになります。やれやれ。生徒は体育館へ行ったりして、お話をきき、離任式に参加したのだ。ぼくは暢気に準備室に居残りです。最近はもう儀式と縁遠い暮らしをしてます。
なんたって十分出ましたから。もういいのだ。でもどなたがお辞めになり、どなたが異動なさるのかぐらいの情報は心得ております。
さて雨の中、ちょっとごはんを食べに駅前まで出向きました。予報通りというのがしゃくにさわるね。早くあったかくならんのかな。
ちょこっとだけ本屋さんへ寄って話題の本をぺらぺらと。なんでも一日一食でよろしいというお医者さんの本が36万部も売れているとか。そうか、一日一食か。ぼくは食べ過ぎてますね。完全に。今日もお寿司屋さんへ入ってたらふく食べちゃったし。反省。
学校に戻ると、新入生の説明会をやってました。ちょこっとだけ覗きます。教科書販売とか、体育着を買ったりとか、いつもの風景であります。卒業すれば、また次の生徒がやってくる。学校というこの不思議なシステムはなんなんでしょ。途切れることがないのだよ。
教師はころころころころ変わるのにね。
これも不思議といえば不思議だなあ。

日時: 2012年03月23日 18:07 | パーマリンク
2012年03月24日
梅は咲いたか

今日は午後から天気がよくなりました。午前中はぼんやりしてたのにね。
そこでさっそくお散歩です。歩いていると大きな梅の木がいくつも目に飛び込んできます。真っ白な梅の花が八分咲きというところかな。さらに歩くと今度は沈丁花の花がちらほらと。これもいい香り。いよいよ春だ。
駅前までせっせと歩きました。この前まで本屋さんだったところが、近くにもっと大きな本屋さんができたせいか、潰れちゃって、その後にはなんとあのなんとかオフとかいう古本屋さんが出現。たくさんの若者が漫画に群がっておりました。これもご時世かな。
大きな電気屋さんも、近くにもっと大きな電気屋さんができて、いよいよ最終閉店バーゲンの真っ最中。なんてこった。弱肉強食とはまさにこのことです。世の中、厳しいのだ。ほんと。
商売というのはいい時はいいけど、ひとたびうまくいかなくなると、あっという間にずっこける。考えてみれば、芸人の一生にも似てるのかな。ちょっといいと思って安心してると、とんでもないことがおこって、奈落の底へ。あな、おそろしや。
なにもかも、他山の石としなければいかんね。せっせと精進いたしましょ。これからもぼちぼちと頑張らんとな…。

日時: 2012年03月24日 19:58 | パーマリンク
2012年03月25日
ああ、春休み…

短いとはいえ、春休みなのです。世間の皆様からみたら、なんだおまえたちは休んでばかりいてとお叱りを受けそうですが、人間相手の仕事にはやはり完全なお休みが必要なんです。つまりそういうことなのだ。
インターバルとでも言った方がいいのかな。
そういうわけで、明日からお休み期間に入ります。今日は助走のための1日ということかしらん。嬉しいな。とはいえ、あんまりあったかくないとの予報。でも外は結構晴れてるし、あったかそうにも見えます。幸い、奥様はお友達がみえてお喋りをしてますので、その隙にちょこっとウォーキングとしゃれ込むことにいたしました。
コースはいつも通り。隣の駅をめざしての周遊となります。先日買い込んだ靴の調子もみなくちゃなりません。なかなかこれだというのに巡り会えなくて、苦労をしてます。今度のはどうかな。
電気屋さんに寄ったり、本屋さんに寄ったり、あっちをのぞきこっちをのぞき、帰ってきたのは3時間後でした。いいお天気で風はあったものの、ダウンコートでは少し汗ばむくらいでした。いよいよそんな季節なんですね。
ちょっとしたお買い物をして、またまたあれやこれやパソコンとしばらくの間、格闘いたしました。おかげさまで結果は上々です。
さて明日はどうしようかな。これから入念なる予定の検討に入ります…。うん、そうしましょ。

日時: 2012年03月25日 19:57 | パーマリンク
2012年03月26日
半日パソコンとたたかう…

またまたカードリーダーの不調です。頭にきた。なんとしても原因を究明するべく立ち上がったのだ。あちこちに刺客を放った結果、やっとわかりました。
システムの中にゴミが混じっていたのです。以前インストールして後に消去したソフトの残滓がなぜか残ったままでした。これが時々悪さをするのだ。ところがこのファイルを消してしまうと、次に起動しなくなります。誠に厄介な代物です。しょうがない。全部入れ直すしかないのだよ。
ものすごい数のソフトが入ってますから、すぐにはできません。半日は覚悟しました。
ところがまだ完成してないよ。それだけぼくのメインパソコンは複雑になりすぎてます。どうにもならん。しかしやるしかない。やっとカードリーダーの問題は解決しました。しかし他のソフトを入れ直すだけで、どれだけのエネルギーが必要になることか。
幸いといってはなんですが、今日は寒かったのでお部屋の中でめいっぱい頭を使いました。こんなに複雑なことをやっていていいのかね。メールの処理も大変だよ。とにかくこれから後、半日くらいはかかるでしょ。それでもやらなくちゃならんのが、このマシンとの戦いなのだ。やれやれ。
おかげさまで『妟子』も最終巻となりました。すごい男だね。とにかく…。

日時: 2012年03月26日 20:36 | パーマリンク
2012年03月27日
久しぶりに浅草へ

天気がいいので、でかけてきました。気に入った着物があったら、買ってもいいなと思いつつ。いつものように男の着物専門店を覗きました。しかしあんまりこれというのはなかったです。今、新しいのを注文してますので、また近いうちに寄ってくださいとのこと。
ここでしか男性用の着物は買えません。ここの2軒がポイントかな。
もちろん高いのはどこでも注文すれば仕立てられるんでしょうけど、ぼくが使うのは稽古着ですからね。それに洗えないと困る。冷や汗ばかりかいてますので。
さて浅草寺は賑やか。お隣の伝法院のお庭に入ったのは今日がはじめてです。拝観できるのは今だけだそうです。いつも垣根越しに覗いてはいますけど。小堀遠州作とか。日本人の感性には、やはりこの形が一番しっくりきますね。お醤油とお味噌の国なんです。最近しみじみそう思う。確かにケチャップやマヨネーズもおいしいけど、やっぱりね。
またまた歩きました。天気もいいし、あったかい。末広町までは地下鉄で。秋葉原逍遙も楽しいです。でももう欲しいものはないな。今は地元でもなんとか手に入るものが増えました。もちろん100円の光学式新品マウスなんてないけどね。そこから神田明神、湯島聖堂へ。坂をのぼるというのもいいな。
あのあたりは坂が多いのです。『こころ』の中で先生がKと一緒に歩いた道です。なんともいえない風情ですね。明日はまた雨だとか。
もう春の雨です。

日時: 2012年03月27日 20:32 | パーマリンク
2012年03月28日
懐かしい風景

天気がよかったので、以前住んでいたあたりを散策しました。といってもそんなに遠くじゃありません。ちょっと車を近くの公園にとめ、そこから歩いていけるのです。今から30年近く前に住んでいたところです。子供が生まれたりして、それはそれは忙しい頃でした。
でもそれだけに思い出がたくさんあります。この季節になると、原っぱでつくしをとりました。近所の子供達もまだ小さかった。それだけに濃密なつきあいをしていました。
坂をだらだらと下っていくと、診療所がありました。ここは随分と昔からやっているところらしく、近所でも評判のいい、お医者さんでした。なんでも診てくれました。当時まだそれほどに普及していなかった腸のファイバースコープまで備えていました。小児科の診断もみごとで、厄介な病気もすぐに判断してくれました。そのおかげで川崎病にかかった娘は後遺症もなく助かりました。すぐに小児病院を世話してくれたのです。命の恩人です。
しかし医者の不養生とはよくいったもので、あまりにも忙しすぎたため、早くに亡くなってしまわれました。その後は息子さんが診療所を継いだものの、しばらくは患者も減りました。しかし丁寧な応対は父親ゆずりで、また多くの人に慕われるようになったのです。いつも同じ看護婦さんが二人いました。一人はこわもてで、もう一人はやさしいいいコンビでした。
今日はそこを訪ねる楽しみもあったのです。
しかし診療所はもうありませんでした。新築の家が何軒もたっていました。聞くところによれば、近くのビルに引っ越したとか。30年の歳月は長いです。方丈記ではないけれど、昔ありし家はまれなりなのです。本当に歳月は矢のように過ぎていくものですね。
帰る頃、突然の黒雲に襲われ、あわやというところでした。春の空は浮気者だなあ。

日時: 2012年03月28日 20:27 | パーマリンク
2012年03月29日
あちらこちらへ

今日で春休み何日目でしょう。すっかりのんびりしちゃいまして、完全にダメであります。お昼頃、おなかがすき、奥様のいる駅までのこのこと。なんでもお昼ご飯を食べさせてあげるというお話です。わ~いと呟きつつ、ついていきました。
ご存じ回転寿司は今日も賑わっておりましたよ。なんたって春休みですからね。お子様達にねだられて、親はしぶしぶ外へ出るのだ。
さて一度ぼくだけ家に戻り、奥様からの電話を待つことに。ところが突然の眠気。いい気持ちです。そこへ非情なベルの音。ちょっと車に乗せてよ。眼鏡屋さんに行きたいの。ああ、そうですか。
それから1時間ばかり、眼鏡の調達につきあいました。やっぱりお昼ご飯をおごってくれるについては、なんか魂胆があったのだ。
さて先刻以来、なぜか『源氏物語』の中の歌が頭の中でまわっております。大好きな夕顔の歌です。
心あてにそれかとぞ見る白露の光添えたる夕顔の花
寄りてこそそれかとも見めたそかれにほのぼの見つる花の夕顔
夕顔は頭中将の愛人であり、玉鬘の母でもあります。はかない命は美しいね。
このシーンは『源氏物語』の中でも実に詩情あふれるところです。
定型の持つ美はなんともいえん。
突然、どうしたんでしょ。自分でもよくわからん。急にあったかくなったからかな。なぞ…。

日時: 2012年03月29日 20:19 | パーマリンク
2012年03月30日
今日もうろうろ

いろいろと用事がありまして、二度も出かけました。なんというか、こういうのを野暮用というのだ。しかし些事を重ねていくことこそが、人生においては肝要なのだよ。
そこで午前中にいくつかの用事を済ませ、さらに午後もお出かけ。なんともはや。その間に本屋さんを覗いたりして忙しいことです。
最近は男の着物の本なんてのもちょっと見ちゃいます。ほとんどないけどね。いろいろと蘊蓄をつらねたものもありまして、面白いのです。
ユニクロかなんかで、大々的に売り出しませんかね。柳井さんは日本で一番の大金持ちになったんだから、ここはどんと太っ腹をみせてほしいもんだ。というのも既製品はあまりにもサイズが限定されていて、これじゃよっぽど腹の出た人じゃないとあわないのだよ。
洋服だってABとかAとかBとか、同じY体でもいろいろあるじゃないですか。そういう細かいサイズを用意しないと、若者は着ないぞ。夏の花火の時だけ、つんつるてんの浴衣を着るというんじゃね。つまらんよ。そう思いませんか。
やっぱりここはぐっと粋にいきたいものでございます。
さて明日もおんなじ用事でまたお出かけだ。なんとかしてよ。
桜のつぼみもあと一日か、二日かという感じで開きますね。これも楽しみ、たのしみ…。

日時: 2012年03月30日 20:18 | パーマリンク
2012年03月31日
3月も今日でおしまい

となりました。もうお正月から3ヶ月が過ぎたのだ。なんというスピード。
さてなにごともこの国では4月からスタートということになります。ということは明日からまたまた新しい年度ということなるのだ。とはいえ、日曜日ですから正確には明後日からということなるのだろうけどね。
それにしてもすごい天気だった。昨日の続きで午前中にお出かけをいたしました。飛ばされるかと思ったよ。桜のつぼみももうちょっとというギリギリのところでした。都心では咲いたそうですけどね。
さて帰ってきてからお食事をし、のんびりと本を読んでいたら突然の眠気。一週間近くだらだら暮らしているうちに、完璧なぐ~たらモードに入りつつあります。
目が覚めたら奥様はどこへやらお出かけをしておりました。
そこでぼくは先日のビデオをいろいろとアレンジして、アイポッドに入れます。ちょっとした技術が必要なんですけど、まあそこはそれ、蛇の道はへびだ。
この装置のおかげでお稽古も進みます。
夕刻からはまたまた冷えてまいりました。北風が吹くと寒い。
明日は東京新聞を買おうかなあ。悩んでおります。

2012年2月

2012年02月01日
温室の中は25度

今日も眠い目をこすりながら出かけました。電車の中ではもっぱら本を読みます。今日読んだのは正岡容(まさおかいるる)の『小説圓朝』。正岡さんが小沢昭一や桂米朝の師匠だといったら知ってる人もいるかなあ。寄席芸能研究の第一人者だったのです。
昭和18年に出た本を河出文庫が復刻してくれました。夢中になって読んだね。すごく面白かった。内容については読書ノートにいずれ書きます。
この三遊亭圓朝という人を知ってる方はかなりの通人だな。噺家にとってはとにかく神様みたいな人なのです。しかしその神様もこの本を読めば、当たり前の人間だったということがよくわかる。そういう意味で実に面白い本です。読書というのは中毒だからね。理屈じゃないのだ。
ここにもっと書きたいけど、そうするともう一つのコーナーに書くことがなくなっちゃうから、ぐっと我慢なのです。さて授業を終えてしばらくぼんやり。その後は農場散策です。今日はちょっとあったかくなるとかいわれて、本当かなと思いました。それでもいくらかはあったかかったかな。シダとか、アジアンタムみたいな南洋の植物は温室の中でも一番あったかいとこにおります。入り口のドアも二重です。
中に入るともう天国。真実の南洋なのだ。ありがたい。ぽかぽかしてて、椅子にでも座りながら、そんまんまおねむという感じです。写真もとりました。いずれこれもアップいたしましょう。
帰りの時間になっても随分と空が明るくなってきました。
明後日は節分。豆まきです。またまた神社へ赴くかな。なんかもらえるんでしょうか。当然、豆まきもあるからね。楽しみなんです。実は…。

日時: 2012年02月01日 20:05 | パーマリンク
2012年02月02日
悉皆研修を受ける

悉皆という熟語を読める人はどれくらいいるのかな。こういうのを役人言葉というのだ。まあいいです。そういうわけで、しっかいけんしゅうを受けてきました。授業を終えてから会議室へ。なんでも情報セキュリティのための研修なんだとか。悉皆というのは文字にある通り、「ことごとくみな」という意味です。
校内にいる者はすべからく受けなくちゃならんということなのだ。どこかからやってきた偉い講師の先生のお話を聞きながら、机の上に載っていたアクティビィテイをやりました。1時間半。くたびれた。とにかく漏洩事件があとをたたず、お役人は頭にきたとみえます。まあいいや。
而して寒いですね。今日も授業を粛々とこなしました。2時間続きの小論文の授業ではちょっとディベートまで試みました。今日の方が面白かったかな。
1年生の方はまだまだかわいいもんです。そうだ、今日は入試の発表もあったのだ。掲示板の前にやってくる親子を見ていると、なんだか感情移入しちゃいますね。自分が彼らの立場だったらどう思うかなあとつい考えちゃいます。合格しなかった人はまたチャレンジしてもらいたいものです。
落ちると弱気になっちゃうもんですけどね。そんなこともなく、ここは初志貫徹あるのみだ。
明日は節分です。いよいよ豆まきだ。楽しみたのしみ。
神社行こ…。

日時: 2012年02月02日 19:39 | パーマリンク
2012年02月03日
今日は節分です

節分というのは別に今日だけじゃありません。年に4回はあるのだ。しかしなぜか立春の前の一日だけは妙に派手ですね。やっぱり春になるのが嬉しいからかも。
さてそこで学校のご近所にある神社に馳せ参じました。豆まきです。ぼくはちょっとだけ見たいなあと思い、個人的に見学者コースを勝手に設定いたしました。
前宣伝によれば、ドラえもんとか何とか戦隊なんとかというのが来て、豆まきをするとか。しかし着いた時はまだなんにもやっておりませんでした。それでもせっかくだから写真だけは撮ろうと意気込み、ちょっとだけ待ったのだ。そうしたらついに始まったぞ。
なかなかお豆なんてもらえません。みんな、だいたい手元のあたりへぱらぱらと撒いているだけなのだ。もっと力を出したまえ。遠投というのを昔やらなかったのかな。外国の方も随分とおりました。へんなものを見に来るんだね。
さてあれやこれやとありまして、学校へ戻りいつものように噺のお稽古。今までやたらと大きな声を出して喉の調子をおかしくしましたので、昨今はごくごく小さな声でやっております。その方がなんとなくいいね。
これからはこの方法でしばらくお稽古を続けたいです。でもうまくなるのかなあ。よくわかんない。今月も来月も再来月も高座が続くのです。うひゃ…。
本番でしくじらなきゃいいけどなあ。

日時: 2012年02月03日 19:32 | パーマリンク
2012年02月04日
本当は

子供たちのためにちょっと近くのホールまで出向かなければならん日でした。しかし連日のご出勤でかなりのお疲れ。明日の本番もあることなので、今日は失礼をしようと心に決めたのです。そのかわりと言ってはなんですが、本棚の整理をいたしました。
ここのところ精力的に断捨離を強行しております。大きな本棚一つをほぼ完全に空けてしまいました。古い文庫版は全て処分。きっと価値あるものもたくさんあるんでしょう。でも今となっては読まないからという理由だけで、全部捨てることにいたしました。
さらには単行本も次々と廃棄処分に。それでもまだ売れそうだというものだけ、奥様が関わっているボランティア団体に引き取ってもらうことにいたしました。とにかく捨てると気持ちがいいね。
来週あたりは押し入れの中にある書類の類を処分したいと思います。なんだかんだと増える一方でしたが、泥棒が入っても持って行くものがないくらいにしようを合い言葉に頑張っております。奥様はなにをそんなに焦っているのとつぶやいておりますが、そんなこととは関係なく、不必要なものは捨てるのだ。書類なんて基本的にはいらないのです。マル秘のものはシュレッダーにかけなくちゃならないので、面倒くさいけどね。今は情報セキュリティだけが一人歩きをしてます。
なんだか随分と面倒くさい世知辛い世の中になりました。
明日は一日着物を着て暮らします。新年会もあるとか。楽しみだな。

日時: 2012年02月04日 19:43 | パーマリンク
2012年02月05日
イベント

に参加してきました。市が主催する大きな子供のためのイベントです。大ホールから小ホール、さらにはいろんな会議室を使って子供のためのイベントを開きました。今年で5回目とか6回目とか言ってましたよ。ぼくは落語の部門に参加。子供たちが小ホールで発表会をするのにつきあいました。
みんなうまい。去年も参加した子たちは堂々としたものです。出し物も本格的で、ちょっと圧倒されましたね。ぼくももっともっとお稽古をしないと、ダメだなとしみじみ思いました。
さて全てのイベントが終わった後は駅前の飲み屋さんで新年会を兼ねた打ち上げです。いろんな話がでました。今日は大師匠も見えるはずでしたが、なにかの手違いで浅草の演芸ホールへ出演してしまったとか。それでも噺家さんが2人参加してくれ、大いに盛り上がりました。とにかくぼくが入れて頂いている落語の会は噺の好きな人ばかりなので、どんな話をしても理解されないということがありません。ちょっとした話題がどんどん広がり、それがまた次の話に展開するといった案配です。
随分とお酒も頂戴し、いい気持ちでふらふらと帰ってきました。
これで明日からのお仕事にはずみがつくというもんです。
またまた一生懸命お稽古をして、みなさんに聞いていただけるよう、がんばらなくちゃね。いやはや大変なことに首をつっこんだもんだよ。ほんと。

日時: 2012年02月05日 20:52 | パーマリンク
2012年02月06日
今日は眠い

昨日のお疲れがまだとれません。なんだか眠くて仕方がありませんでした。授業を終え、お昼ごはんを食べた途端、ものすごい睡魔に襲われてそのままダウン。なんということだ。しかしこれが自然なんじゃないの。無理して起きてたって仕方がない。
パソコンの上におでこをつけたまんま、しばらく寝ちゃいました。
今日は雨が降ったせいか、喉がとっても楽。呼吸をしやすいね。やっぱり適度な湿り気は大切なのです。だからといって、猛烈な稽古をするかといえば、それはそんなこともなくて、まあぼちぼち。今度のお稽古会にはそろそろなんかやらなくちゃいけないと思ってはおりますが、さて何をやったらいいものか。とんと見当がつきません。
レパートリーがたくさんあるから悩むというんじゃなくて、どれも不完全だから、ご披露するにおよばないということなのでありますよ。さてどうしたものやら。
まあそのあたりはぼちぼちとやるっきゃないね。今日はちょっと前にはやったドラッカーのなんとかを読んだ野球部のマネージャーがどうしたこうしたという本を借りてきました。帰りの電車でぽちぽちと読み始めたところです。あそこに出てくる高校のイメージははてどこなのかね。
程久保って日野にある地名だけど、南平とか日野あたりの雰囲気なんでしょうか。よくわからん。どうせ架空のお話ではありますけどね。ちょっと気になったのだ…。明日中には読み終えて、感想をまたどこかに書きましょうかね。

日時: 2012年02月06日 20:04 | パーマリンク
2012年02月07日
あったかいなんて

嘘だった。15度を軽く超えるというので、るんるんしながら学校へ向かいました。しかるに雨が降りあんまりあったかくない。さっきテレビでみたら東京だけ寒かったそうです。なんてこった。
まあ、世の中というものはすべからくそんなもんなんでしょう。そういえば、今日は入試の願書を出す日だったんだね。最近は現業から離れておりますので、実に世の中の動きに疎いのです。それだけのんびりさせてもらっているということなのかな。
朝からぼけっと過ごしました。別にあせってみてもしょうがない。授業は午後からなのです。午前中はそういうわけで、マイペース。漢字のクイズなんかを印刷したりして、暇つぶし用のネタを制作いたしました。なにかの時に使えますのでね。
さてその後は別室で「蒟蒻問答」のお稽古。いよいよ頭に入り、腹にはいってきた感じ。実は「鈴ヶ森」もやっているのですが、これはあさっての落語者を見てからにするかな。桂平治師匠が挑むというので、それを見てからでも遅くはないと判断いたしました。今日は他に「茶金」の台本だけ読みました。京都弁の味が出せれば、案外やれるかも。火焔太鼓裏パージョンという感じかなあ。まあいいや。とにかくお稽古あるのみなのです。「乳房榎」も後半だけやりましたよ。
いよいよおしつまってまいりました。そろそろ試験をつくらなくちゃね。これが案外面倒くさいのだ。
まあ、がんばるにゃん。

日時: 2012年02月07日 20:43 | パーマリンク
2012年02月08日
今日もぼんやり

このところ毎日ぼんやりです。いよいよ危ないかも。
それでもなんとか授業だけはやっております。いやいや、それもあぶないかな。まあいろいろありますよ。そろそろ試験なので、問題をなんとかつくらなくちやなりません。でもまだやる気がしないのだ。3月の初めから試験なので、それまでに間に合えばいいんでしょという感じかな。
毎日大きな声ばかり出しているので、喉がお疲れです。お稽古もセーブしなくちゃいかんね。つい長い話をしているといい気分になってしまい、後でしまったと後悔しております。
そういえば、今朝は随分といろんなものを捨てました。カメラもえいっと面倒くさいので捨てちゃいました。なんたってコダックが潰れちゃう時代ですからね。もうフィルム式のカメラは持っていても仕方がないし…。
随分お金を出した記憶があります。キャノンのイオスなんていくらしたのかな。忘れちゃった。ペンタックスも長いレンズまであとから買ったのだ。それなのにもう使い物にならないなんて。好きな人はあちこちにいるだろうね。オークションなんかに出せば幾らかにはなるのかも。
世の中というのは、誠に不思議なものです。この前まで上る一方だったのに、今度は下山の思想ですから。どうなっておるのやら。
ゆく川の流れはたえずして…というやつなのかな。
それにしても下天は夢と紙一重のようです。

日時: 2012年02月08日 21:07 | パーマリンク
2012年02月09日
とってもくたびれた…

今日はお稽古の日。くたびれました。久しぶりにやったからかな。まだ調子が出ない。というかなかなか本来の調子に戻りません。というか、これが最高なんて日はくるのかなあ。入門して2年くらいのうちは、噺をひとつも教えてくれない師匠もいるのです。
当分の間、掃除と雑用だけなんてのは当たり前なのだ。教えてくれたとしても一つか二つでしょ。それなのにああそれなのに、怖れを知らないこのぼくは、訳もわからずに強行突破を試みております。ああやだやだ、反省あるのみね。
さてそういうわけで、明日は学校に出向かず、ひたすらマイペースで暮らすことにいたします。たまにはいいでしょ。たまった用事もありますので、それを全部片付けなくちゃいかんのだ。そうだ、試験を作らなくてはいけません。忘れてた。
なんとか明日中に格好をつけましょう。それと近々の高座のためにお稽古をしないとね。馴れているとはいえ、とんでもないところで足をすくわれるということもございますからね。
いずれにしてもいろいろある春なのですよ。
多事多難の予感がいたしますわん。

日時: 2012年02月09日 21:27 | パーマリンク
2012年02月10日
日差しは春めいて

きましたが、まだ寒いなあ。風が冷たいのです。春までには紆余曲折がありそうです。三寒四温なんていう言葉もありますが、今年は桜の開花も遅いんじゃないのかなあ。なんだかそんな気がいたします。
朝はいつもよりのんびりと寝てました。あんまり寝てばかりいると惚けちゃいますね。最近ちょっとそんな危険性を感じます。それだけストレスのない時間をたくさん持ってるということなのかな。
朝のうちにいらなくなった本を探しだし、それをボランティア団体まで持っていきました。いろんなお店を次々と出してすごい勢いです。障害者と一緒に仕事をしていこうという趣旨のお店です。いろんな人が働いていました。少しでも協力できると嬉しいです。
その後はあっちこっちのお店により、ちょっとしたものを買いました。最近は壊れたものだけを買い換えることにしてます。あんまりなんでも買うと、また捨てることを考えなくちゃいけないからね。随分と世の中もかわったものです。
断捨離はさらに進化するのです。
今度はCDかな。これもなかなか選ぶのが難しいな。

日時: 2012年02月10日 19:47 | パーマリンク
2012年02月11日
今日は祝日

でした。何の日だったのかは失念。とにかくお休みはよろしい。どうも寒い。ちっともあったかくない。それに喉の調子があんまりよくない。一言でいえばかさかさいたします。なんなのという感じ。やっとなおったかと思った途端にまたかさかさ状態になった。
乾燥しているというだけのことなのか。すらっと喋りたい。おかげでお稽古ができません。喉の奥が少し赤い。風邪かもね。どうもよろしくありません。
午後、ちょっと近くの図書館へ行ったら、なんのことはない。今日はお休みでした。まあいいや、借りた本だけは返したからね。そこになぜか落語会のポスター。なんとぼくの名前が書いてある。もちろん、本人のことだとわかるのはぼくだけね。しかしいずればれる日もくる。その時、どうなるのかはわからん。しかしやな感じ。もっとひそひそやりたいのですよ。
それにしてもお稽古もしていないで、どうなることやら。授業をしない方がいいのかも。どうしても喋るからね。そりゃそうだ。商売なんだから仕方がない。昼前、ちょっとご近所の大きなスーパーの前で、すごく昔の生徒にあった。なんでも今日は息子さんの高校受験の発表だとか。私立の滑り止めとか言ってたけど、どうしてどうして、滑り止めなんて学校じゃございません。
みんなお母さんなんだなあ。なんか不思議。そりゃそうだ。あれはもう大昔なのだ。
月日は過ぎ去るのですよ。光陰矢の如しとはうまいことを言ったもんです。ほんと。

日時: 2012年02月11日 18:08 | パーマリンク
2012年02月12日
寒いです

ほんとに。春みたいに日が強くなってきたのはいいけれど、外へ出てみると寒い。ホント厭になるね。午前中はあれやこれやと用事がありまして、いそいそと働きました。午後からちょっと出かけようというので、奥様と一緒にデパートへ。
すごいね。チョコレート売り場は。なんか殺気が漂うのだ。スーパーとは違ってさらに高級なのがたくさんおいてある。お値段もよろしいです。みんなそんなに買い込むのかなあ。なんか商売人のマジックにひっかかった感じ。
貰えるのは確かにうれしいけど、でもね。もうそろそろ卒業かも。
恵方巻きだってそうだ。あれもどこやらの業者にのせられてということです。なんでも商売人は行事にしてしまうのです。家紋を入れたお雛様しかり。兜しかり。まったくおそろしいことだ。
さてさて、そんなことを言ってるうちに月日はどんどんと過ぎ、やがて昨年のあの怖ろしい大地震の日まであと一月というところまでまいりました。なんというか、この1年は怒濤のようでしたね。日本人の価値観も随分かわった。なんとなくなんでも下向きです。無理して大騒ぎをしなくてもいいという感じかな。
新しいものより、骨董の味わいかも。今日もテレビを見てたら坂本龍馬の手紙が二本で4千万だった。すごい。なんというか唖然としたね。
もうそろそろ、大人の味わいを感じるしみじみとした国になってもいいね。どこやらのお嬢さんのように大勢で踊っているだけが能じゃないという気分ですよ、つまりはやい話が…。

日時: 2012年02月12日 20:26 | パーマリンク
2012年02月13日
インフルエンザ

がはやっているみたいです。今日いったクラスでも5人がインフルエンザでお休み、その他にそれらしいのが2人もいました。というわけで、あんまり先に進めないので困ったよ。本格的にはやりだしたというニュースが流れてほぼ1週間というところかな。
ぼくは注射をしてますので、そんなに重くなるということはないと思うんですけど、さてどんなものやら。それより風邪なのかなあ、この喉の不調は。よくわかりません。本番を今週末に迎えている身としては、ちょっとやな感じであります。もうかれこれ1ヶ月なのだ。どういうことなんでしょ。よくわからん。今までこんなことはなかったんですけどね。まあ、もう少し様子をみることにいたしましょう。
さて明日は3年生の卒業判定会議。ぼくは教えてないので、会議に出る必要はなさそうです。やれやれ、ありがたい。もうああいう類の会議にでるのは億劫ですね。できたら全部パスしたい。そういう心境です。儀式とか、なんとなく晴れがましい場所には近づかない方がよろしいのかも。どうも最近は精神衛生によろしくありません。ストレスの源がたっぷりとつめこまれているような気がいたします。
それよりも楽しいことをたくさん数えましょ。明日のバレンタインを前に、今日さっそく生徒さんにシュークリームを頂戴しました。お返しもなんか考えとかなくちゃダメなのかな。
なんとも悩ましい火曜日がやってまいりますこと…。

日時: 2012年02月13日 19:40 | パーマリンク
2012年02月15日
フェアウェル

今日は午前中だけ授業。午後は明日のためのリハーサルでした。体育館に出向いてないので、どんなことが行われているのかよくわかりません。明日は朝から卒業生を送るためのイベントがあります。
そういうわけで、今日は1コマだけの授業でした。いよいよ試験も近いので、なんとなく範囲を全部終えなくちゃという感じかな。
まあ粛々とやっておりますので、なんとかなりそうです。あとは試験をつくるだけです。それもまあなんとかなりそうかな。でも答えがよくわかんない。これはまずいですね。やっぱり。ちゃんと考えなくちゃなりません。ここを訳せとか言っておいて、あとで自分でやるとできなかったりもするのだ。情けないです。
今の実力はそんなもんでしょう。あれもこれもいつまでも覚えてられません。他にもやらなちゃいけないことがあるからね。それが何かなんていう詮索はやめましょう。
今日はそれでもちょっとあったかかったので、少しだけお昼休みに外を歩きました。なんとなく風がほよほよといたします。といってもまだ冬の風です。あと1月ですかね。そうすれば随分と季節がかわります。また梅も桜も咲くことでしょう。
またほかほかとした野山を散策できる日が待ち遠しいな。春よ来いはやく来い…。

日時: 2012年02月15日 20:45 | パーマリンク
2012年02月16日
とっても寒い一日

でした。最高気温が5度とか6度とか。なんて寒いんでしょう。それでもまあなんとかだましだまし出かけたというわけです。今日は3年生を招いてのフェアウェルだったので、授業はなし。
体育館は寒いし、とてもじゃないが長居はできんというわけで、準備室へ戻りお茶を飲みながらああだこうだ。試験をつくるという気分にもなれず、ビミョーなところですかね。
それでも何人か集まればいろんな話が飛び出しまして、随分とお喋りをいたしました。なんたってこのぺちゃくちゃやるというのが呆けの防止になるのです。話題もあっちへいったりこっちへいったり、ふらふらしてますけど、それなりに整合性はあるのです。
お昼前にちょっと外へ出ましたが、あんまり寒いのですぐに帰ってきてしまいました。なんと小雪がちらちら。なんてことでしょう。ほんとにこういう天気は厭だな。
あったかいお天道様が顔を出すのはいったいいつのことなんだ。よくわからん。
まあいろいろあれど、明日は家にいてもよい日なので、ちょっと寝坊させてもらうかな。それもそうですけど、お稽古をやらないと。本番も近いのだよ。
どうにでもなれの心境ではありますが、少しは笑ってもらいたいもんね。ちょっと明日は真面目にやるか。それにしても寒いなあ。

日時: 2012年02月16日 19:53 | パーマリンク
2012年02月17日
家の中

に一日中おりました。
どこにも出かけなかったのは久しぶりです。なんかものすごく寒そうなので、どこにも出ていく気分にならなかったな。こういうのって本当に珍しいのです。ちょっと体調もよろしくないね。風邪なのかもしれん。ちょっとぼんやりしてると、くしゃみが出る。
まさか花粉症ってこともないだろうしね。ぼくはそんなに複雑でデリケートな人間じゃありません。念のため。
さて以前からどうしても見たかった小三治のとある落語をパンドラテレビで発見。日本のサイトにはなかったのです。なぜか。
これをなんとか保存したいと思ってトライしましたがダメでした。難しいね。あのストリーミングをゲットするのは。誰かやり方をしってる方教えてください。韓国からの放送なので、かなり複雑なシステムを使っているらしいのです。まあいいや。
しょうがないから何度も見て動きを覚えようと思います。これって苦しい作業だなあ。
まあいろいろあれど、寒い。あっちこっちものすごい雪なんでしょ。北国の人は偉いよ。あたくしにはとうてい無理でございます。ちなみに…。

日時: 2012年02月17日 20:03 | パーマリンク
2012年02月18日
高座を

つとめてまいりました。近くのコミュニティセンターにある立派なホールでね。すごい設備だこと。真新しいだけのことはあります。
久しぶりです。ほぼ1ヶ月ぶりかな。やっぱり本番前の緊張感はたまりませんね。これが毎日続いたらきっとくたびれちゃうでしょうけど、たまにはよろしい。ぼくは図々しいのか、あがるということがほとんどありません。なんでかな。
言いたいことを喋れるというのはなんと幸せなことよ。今日も勝手なことを話してまいりました。このところ喉の不調が続いており、どうもこれは花粉症なのかもしれないと思うことしきりであります。症状は風邪とほとんどかわらないので、医者も本当のところはよくわかんないとか。
まあこの季節が終われば、それなりに結論が出るのかも。
今日はあれこれと家で噺をしてみましたが、さてどれを覚えているのやら。だいたい忘れちゃってるのかな。それでもなんとなく一度やった噺はおさらいをすると、突然しゃべれたりするのです。これがまたなんとも不思議なのだ。ああでもないこうでもないとぐるぐるやっているうちに、一つか二つくらいはまともにしゃべれる噺も出てくるでしょう。
それを楽しみにぼちぼちとやっていこうと思います。それにしても寒いですねえ。どうかしちゃってるんじゃないの。昨日から小島政二郎の『円朝』上下を読んでます。めっぽう面白いね。
最近、こんなのばっかり。どうかしちゃってます…。ほんと。

日時: 2012年02月18日 19:57 | パーマリンク
2012年02月19日
ちょっとドライブ

午前中はずっと本を読んでいるつもりでした。しかしそうは問屋が卸さない。あれやこれやと用事があって家の中をうろうろうろうろ。お片付けというのは、やり始めると結構面白いものでありまして、ちょっとここのところやめられません。
とにかく身のまわりを軽くするというのは実に気分のよいものです。机の中にある書けないボールペンとか壊れたシャープペンシルなんてのをああでもないこうでもないとやっているだけで、あっという間に時間が過ぎていきます。いらない書類もおんなじね。
ところが成績関係のものとか、進路の類のものは簡単に捨てられないので本当に困ります。これは全部シュレッダーがよろしいのですけど、家にはない。明日学校へ全部もっていくかなあ。そうすればかなりのものがなくなります。なんたって生々しすぎるのです。
詳しいことをここには書けませんけど、いろいろありますからね。そうしましょう。絶対にそうしましょ。
さてお昼前に娘からメールがありまして、いろいろといらなくなった洋服をとりにきてくれとのこと。仕方なく奥様と一緒に車に乗りました。40分くらいだったかな。割合にすいすいと到着。次々と車にのせて、そのまんま近くのファミレスへ。娘はその後、美容院の予約をしているとか。そこで1時間くらい、あれこれ近況報告を聞きながらお食事をいたしました。とにかくやたらと忙しそうであります。
聞いてるだけで頭が痛くなるのだ。そんなに働くことはないのにとつい呟きたくなる父親なのでありましたとさ…。それにしても寒いなあ。

日時: 2012年02月19日 19:56 | パーマリンク
2012年02月20日
全文筆記

今日は午前中に1コマという超暢気な日。それでというわけじゃありませんが、以前から完全版をつくろうと思っていた噺をひたすら筆記いたしました。最近はネット上にいろいろな好事家が噺の全文を完全に記録してくれております。
さらにはたくさんの口述本が出ておりますので、その気になればだいたいはみつかるのです。完全におんなじじゃないのもたくさんあるけどね。まあそれはそれとして、多謝なのだ。
しかるに時々まったくどこにも記述がないというのもあるのです。こういう時はひたすら耳で聞いて書き写すしかありません。しかし、これがやってみると案外勉強になるのだよ。その人の間なんてのも随分と入ってきますからね。
このあたりは暇人のなせる技かも…。いや、そうに違いない。
というわけで、なんとか筆記いたしました。あとはこれをひたすら頭の中に入れ、さらに腹の中に入れるということになります。でもそんなに簡単じゃありません。あたりまえだ。どんどんと覚えられるわけもなく、呻吟をひたすら繰り返すのであります。
さてと明日はどういうことになるのか。3月の陽気になるというので、ちょっと浮かれちゃいますかね。

日時: 2012年02月20日 20:12 | パーマリンク
2012年02月21日
山形県人、大いに語る

ぼくの前に座っているK先生は山形県のご出身。時々故郷に帰っては屋根の雪おろしをするとか。今年の雪はものすごくて、とにかく難行苦行しておられる。その話を伺いながら、尾花沢の昨今の様子などもいろいろと聞かせてもらった。
東京でのほほんと暮らしているぼくなどには全くわからない苦労の山ですね。それでもふるさとを愛する気持ちは人一倍強く、観光大使なんていうお役目も果たしておられる。
今日は英語科にもう一人いる山形出身の先生が準備室を訪れ、それは賑やかでした。とにかく同じ出身地ということ、それだけでもう気持ちが通じ合うみたいです。いいなあ。そういうのって東京の人にもあるんでしょうか。よくわからん。
お昼ご飯をはさみながら、とにかくいろんな話を聞かせてもらいました。楽しかった。ちなみにぼくの奥様も山形の人です。でもちょっと内陸とはまた違った風土なので、いろいろと違いがあるんだなあとしみじみ感心いたしました。ふるさとのある人は幸せです。
それだけで、もう山ほどの幸せを手にしてます。本当に羨ましい。
新宿にうまれたぼくとしては、さてどういうふるさと愛を持てばよろしいのやら。真実、悩むね。
さて話はかわって、小島政二郎の『円朝』読み終わりました。面白かった。山岡鉄舟との禅問答、息子の放蕩に悩み苦しんだ様子。妻、おやいのすばらしさ。どれも今まで知らなかったことばかりです。
芸というものの奥深さにまたひかれましたね…。

日時: 2012年02月21日 20:03 | パーマリンク
2012年02月22日
明日は入試

いよいよ入試です。今日は教室のお掃除と明日に向けての準備。これが終われば、今度は期末テストということになります。いよいよ、3学期もおしまいだ。
1年なんてあっという間だな。これ実感です。
つい先日、転勤したと思ったら、もうこんな季節になってしまったのだ。でも梅も咲かない。桜は当然咲きません。少しづつあったかくなってきたけど、まだまだです。今年はとにかく寒いからね。
さて夜はお稽古会。今週末に本番を迎える会員のお稽古でした。ぼくは出ませんので、のんびりと聞き役にまわらせていただきました。いつもストックを持ってるといいね。つねにまだみなさんに発表していない噺を数本はストックしておきたいです。
どこでもいつでもやれるネタというのをある程度持っていないと、自分がつまんないしね。でも少ないネタを煮詰めてやる文楽タイプの人もいるし…。
このあたりはかなり個人差があります。いろいろあってよろしい。
というわけで、ぼくはひたすらストックの拡充に努めております。と同時に過去にやったネタをブラッシュアップしていかなくちゃね。
とにかくいろいろあれど、すっごく楽しいのだ。今や、惚け防止のレベルをはるかに超えたね。それだけは間違いないのです。

日時: 2012年02月22日 21:28 | パーマリンク
2012年02月23日
なんだかくたびれた

今日は入試の日。朝からしょぼしょぼと雨が降ってやな感じ。いつもより少し早めのご出勤です。でもバスを使わないので、ほとんどおんなじかな。
受験生はどんな気持ちで昨日の夜を過ごしたのかしらん。きっと緊張してよく眠れなかった人もいることだろう。ぼくにもそんな昔々のお話がございました。当時は9科目入試。2日間にわたって行われたのです。おお、懐かしい。
さてそういうわけで、1時間目は国語。どんな問題が出ているのかと覗いてみると、なんだか随分と難しいことが書いてある。弓を射ることを題材にした小説とは、まあ。
終わってからは採点が待っております。やれやれ。
毎年のことだからそんなに慌てはしないけど、またこの季節になったのねという感慨はありますね。しかし受験生には誠に申し訳ないけど、もう随分おつきあいしたから、そろそろ…。とはいえ、やらなくちゃならんのだ。点数を出すまではやるっきゃない。
でもそんなに急いでどこへ行くという標語もあるし。ここは慌てずに、明日という日がないじゃなし。
帰る頃にはかなりくたびれました。目もしょぼしょぼ。受験生の方がずっとくたびれたよね。ごめん。
明日も朝から採点です。やれやれ。
いつまでつづくの、この所業…。

日時: 2012年02月23日 20:01 | パーマリンク
2012年02月24日
とってもあったかかった

今日も朝から採点です。お仕事です。やらなくちゃならん。
それでもだんだんと点数が入ります。やれやれありがたい。なんとか全部終わった頃には、皆さん顔が晴れ晴れとしておりました。あとはコンピューターへの入力です。それは若い先生方にお願いいたしました。さてお昼だ。
ちょっとお外へ飛び出たくなったね。なんといってもすばらしくいいお天気です。建物の中にいることはない。そこでわあっという声をあげて、校門を出ました。春です。日差しが違う。柔らかい。なんとなくほわほわといたします。
歩きました。久しぶりにてくてくてくと歩きました。風も心地よろしい。なんと15度を越えたとか。そりゃあったかい。この調子でずんずんいくのかと思ったら、明日からはまた寒いんだそうです。やな感じ。
ちょっと今週末はいろいろと人の出入りがありますので、体調を整えなくてはいけません。とはいえ、明日はお休みだ。のんびりしたっていいのだよ。やれやれ、ありがたい。
今日ももちろんのんびりしてますけどね。本当なら温泉にでも入りたいとこです。無理かなあ。無理でしょね。明日は雨だとか。なんてこった。

日時: 2012年02月24日 20:41 | パーマリンク
2012年02月25日
修理

今日は昨日のあたたかさが嘘のような天気。まだまだ春は遠いな。朝から奥様がお出かけというので、ぼくは家の中をせっせとお片付け。
さて奥様がいなくなったのを幸い、テレビで落語を視聴いたします。ここ4日間ほど、早朝に放送したのを録画してありましたのでね。それにしてもなんで午前3時なんていう時間に放送するんでしょ。よくわからん。ちなみに放送番組表の上からは午前3時まで、その日の日付に入るのです。知ってましたか。
普通なら翌日ということになるんでしょうけど、それがそうじゃない。謎です。なんでかよくわからん。
さてパソコンをつけてDVDのトレーに入れようとしたら、う~う~うなるだけで開きません。弱った。もう一つその下についているので、どうということはないけど、やっぱりやな感じ。そこで機械をばらし、中のDVDドライブを取り外しました。油をさしてもダメ。以前からだましだまし使ってきたので、もう御陀仏ですかな。
仕方がないので、ご近所の専門店へ。かなり高い値段がついてましたけど、ウェブでみたらめちゃくちゃ安い。おかしいじゃないのとケチをつけました。そうしたら、その値段にしてくれたよ。嬉しい。人間、つねに戦わなくてはいけません。
さっそくドライブを付け替えました。今度は調子がやたらとよろしい。やっぱり二段ついてると便利です。コピーするときなんか、すごく短時間でできます。パソコンは家電ではありません。こんな妙ちくりんな機械はない。ただしいじっていると面白い。
そういうわけで、本日はいろいろとございました。明日はもっといろいろあります。こちらはその理由がよくわかっております。まあ暢気にまいりましょ…。

日時: 2012年02月25日 21:04 | パーマリンク
2012年02月26日
うれしいメール

今日も寒かったなあ。どうしてこうなるの。数日前のあたたかさがまるで嘘のようです。それでも三寒四温。いつか待っていれば春がやってくるんでありましょう。
さていろいろと朝からお片付けをいたしました。今日も書類をばんばん捨てたよ。それでもまだあります。どうなってるの。ああいうものは自然と増殖するのだな。その場で捨ててしまえばいいものを、なぜかちょっととっておいたりして、あとでとんでもないことになる。
さてお昼前に、生徒さんからうれしいメールが届きました。ご結婚が決まったとか。ぜひ式に出席してくださいとあります。なんとこの週は土日2日間連続の結婚式出席ということになりました。
いやはや、驚いた。どうも彼女のご主人になる方は日本人じゃないらしいなあ。イギリス人とか、オーストラリア人とか、スリランカ人とかが式に出るので、英語で乾杯の音頭とスピーチをしてくれというオファーです。なんと。
いやはやすごいことになったもんだ。
まだ先の話だから、これから猛特訓をすればなんとかなるかも。大変な世の中ですね。今は。のんびりと日本人だけでかたまってる場合じゃないのだ。
さてなんて言えばいいの。わかんない。
これから我が家ではちょっとしたお食事会です。お酒をほんの少しだけ飲もうかな。

日時: 2012年02月26日 18:42 | パーマリンク
2012年02月27日
寒かった

毎日暑いの寒いのとうるさいことばかり言ってます。誠に恐縮してます。でも寒いのはつらい。今年は何十年ぶりかの寒さだそうで、いつもならばもうとっくに咲いている梅の花もほとんどつぼみのまんま。この調子じゃ桜の花も随分先のことになりそうです。
雪国の便りもものすごくて、屋根から落っこちてなくなったとか、穏やかじゃない話が多いです。それだけ寒気が居座って動かないということなんでしょう。今日もお弁当を近くのスーパーまで買いにいきましたけど、風の冷たさといったらなかったね。
コートを着ないで出かけたのが悪いといえばそれまでですけど、太陽の光は確かに強くなっているのに寒い。これはつらいです。仕方がありません。もう少し我慢しましょ。とにかく我慢です。
金曜日から期末試験ですから、今週はとにかく粛々と過ごさなければなりません。それが終われば、はれて春休みということになるのです。その日が来るのを楽しみに、とにかくじっと暮らすのだ。
こういう時は俳句かなんかをよんで無聊をなぐさめるなんてのもいいですね。ぼくはひたすら落語のお稽古で暇をつぶしてますけど、今日やったのは上下が決まらなくて苦しかったです。上下というのは、右を見たり左を見たりする動作のことをいいます。これが難しいんだよ。
じゃあやめたらと言われても、そうはいかないんだけどね。ひひひ。

日時: 2012年02月27日 20:21 | パーマリンク
2012年02月28日
雪の気配…

今日の深夜から明日の昼まで、雪が降るそうです。朝の通勤はさてどうなるのかな。きっとまたあちこちで電車が遅れるんでしょう。少しいつもより早めにでなくちゃだめかしらん。
東京は雪に弱いからね。今年はなんだかいやに寒くて、またまた雪かという感じ。明日は入試の発表もあるのです。雪がちらつく中での発表なんて、ちょっとドラマチックではありますが、ただ寒いだけという話もあるな。まあとにかくいろいろとあるのですよ。
今日は体育のK先生がガトー・ショコラを持参してくださいました。なんでもお菓子教室で作ったものだとか。チョコをたっぷり使ったというだけあって、実に濃厚でおいしい。これでお腹がいっぱいになりました。
午後からの授業なので、とにかく朝はのんびり。本を読みながら出番を待ちます。
お稽古もしたけど、どうしても台詞が頭に入ってきません。なんでかな。登場人物二人の会話にこれといった特徴がないので、すごく覚えにくいのです。その他の人物は簡単に覚えられるんだけどね。
こういう設定の人物ははじめてです。とにかく難しい。それでも自分のものにしなくちゃならん。やれやれ苦しいお話だ。
近々、来年度の持ちクラスを決めることになりました。とにかくこれで今年の分が終わったということなのだよ。1年間、ほんとにご苦労さんと自分をつい褒めたくなるね…。

日時: 2012年02月28日 19:52 | パーマリンク
2012年02月29日
スカイツリーが出来たらしい

何年かかったのか、よく知らないけど、とにかくスカイツリーが完成したそうだ。まずはおめでたい。未明から随分雪が降ったから、上の方までは見えなかったみたいだけどね。
こういうものに一番乗りしたいという人はどういう心情をお持ちなのか。わずか15分で当日のチケットは全部売り切れたとか。
だいたい東京タワーにしても、はじめて昇ったのは子供が随分と大きくなってからだ。あの時ははとバスに乗ったのです。懐かしい。だからそのイメージでいうと、多分あと20年後くらいになるのかも。でもそうなると生きているかどうかわからんね。もし生きていたとして、どうしてもそういうところにのぼりたいと思うかどうかという基本的な問題もある。
昔、京都タワーというあの悪名高い妙なものを見た時、なんじゃこりゃと思った。実に品のない低俗なもんだ。あれを京都の人が許してるということがまず解せない。ついせんだってエッフェル塔を間近でみたけど、あれは色といい形といい、なかなかのもんだった。それでもフランス人は侃々諤々とやったのだ。
それに比べると通天閣もマリンタワーも実に寂しく哀れを催します。
スカイツリーもそうならないように、東武グループの命運をかけて、頑張ってもらいたいもんだ。浅草から眺めてるくらいで、ちょうどいいかもね。ここで少しだけ告白すると、近々スカイツリーの見えるお部屋に泊まる予定もあるのだ。ひひひ。

2012年1月

2012年01月01日
元旦

新しい年がやってきました。今年はどんなことがあるのかな。この日記も新しくしました。デザインは同じですけど、これでいいかなあ。
もうちょっと考えろよとおっしゃる方が多いようでしたら、また考え直します。
ちなみに以前の日記は全部リンクの方に入れました。あしからず。
さて本当に今年はどんなことが待っているのでしょうか。今のところノーマークだね。
落語はやりますよ。高座の予定もいくつか入って、お稽古もしなくちゃならん。しかし自分でうまくなったと思っているうちは最低で、自分はなんて下手なんだとお客様の前に出るのが怖ろしくなった頃から、ぼちぼちと上達するのだとか。
芸の世界というのは、底の深いものであります。
めでたさも中くらいなりおらが春という気分かな。去年もいろいろとありましたからね。しかし元気でいればなんとかなるというのが、ぼくのポリシーです。
それには脱メタボ。今以上に体重が増えないように、間食をやめる。これが想像以上の効果をあらわすのだ。おかげさまで、ここからはもうダメとなったら、即刻何も食べない。これが一番よろしいね。
まあ、なにはともあれ、元気でいましょうよ。
身体だけじゃないよ。精神の健康。これが一番です。
心が冷たくなったらもうおしまいです。
これだけは確か。
いい音楽を聴いて、落語をきいて、おいしいものをちょこっとだけ食べてね。
あとはひたすら笑うのみ。ストレスためちゃいけません。
またおかしな文章になった。
最近ちゃんとした文が書けなくなったよ。どうなってるんだ、いったい。ふしぎ…。

日時: 2012年01月01日 17:21 | パーマリンク
2012年01月02日
初売り

に付き合わされました。娘と奥様が買い物に出かけるから某所まで連れて行けというので、仕方なく運転手になりました。昨日も実はアウトレットまで運転させられたのだよ。しかし文句は言うまい。黙々と運転をいたしました。
最初はそのまんま置いてきちゃおうと思いましたが、予想に反してなんとか駐車場に入れたので、それじゃあ、ぼくも一緒にということになったのだ。
あっちこっち歩きました。途中で別れ、本屋さんとか、靴屋さんとか、行きたいところだけを勝手に覗きました。やっぱり食べてばかりじゃ太っちゃうからね。
途中でまた合流し、カフェへ。いつもと違うかわったものを飲んだのだ。その名も琉球チャイ。生姜とかターメリックとかいろんなものが入ってて、実に不可思議な味がいたしました。
久しぶりに親子トーク。あれやこれやとお話をいたしました。内容については特に秘します。えへへ。さて帰ってきてから、今日も酒盛り。お正月はいいな。今日はお寿司などいただきながら、ああでもないこうでもないとまた盛り上がりました。
昼まで駅伝を見たりして、お正月はいいですね。ほんと。マイペース。明日も駅伝はあるしね。あの山道をよく走るよ。車で走ったって、結構大変なのに。2本の足で走るんだからね。ご苦労さんです。でも明日もまた見ちゃうのだ。

日時: 2012年01月02日 19:31 | パーマリンク
2012年01月03日
三が日も終わり

に近づいてしまいました。あっという間だね。
息子は遠くへお出かけし、娘は家に顔を出し、あれこれといろいろありましたが、明日から人々は日常の生活に戻るのだ。ぼくのお休みはまだ続きますが、それもそんなに長い話じゃない。まあ、あと一週間というところです。
今日も奥様とお買い物に出かけました。一日に一度は外の空気を吸わないと身体によろしくないからね。朝から駅伝ばかり見てた訳じゃありません。ちゃんと寄席の番組も見ました。録画もしたよ。あとでこれを我が愛用のipodに入れるのです。今や、ものすごい数のライブラリーになりまして、増殖のやむことはありません。数にすれば2000件。140ギガにまで達しました。
これは全てぼくの資料です。とくにビデオは動きがついておりますので、ありがたいね。同じ噺でも演者が異なると全く動きも違います。怖ろしいくらいです。その中で一番自分にしっくりくる人のものを中心に組み立てます。
それでもわかんなくなるけどね。まあぼちぼちです。
明日は奥様のお友達がたくさん見えるというので、さてどういう行動をとればよいのか。悩んでおります。エスケープあるのみかもね。

日時: 2012年01月03日 20:05 | パーマリンク
2012年01月04日
なんとなく寒い

いよいよ仕事始め。ニュースを見ていると「復興」の二文字ばかりが目につきます。以前のようになるまでには、さてどれくらいの月日がかかることか。そう考えると気が遠くなるよ。宇宙全体とか地球全体の規模で考えれば、こういうことはいくらでもあったんだろうけどね。
それにしてもという感じです。
今日は朝から噺のお稽古。一つを終え、二つ目にかかっていた頃、奥様のお友達が次々とあらわれました。家にいてもかまわないというのですが、どうも申し訳ないような気がして、飛びだしたというわけです。
どこへ行こうかなと思いつつ、電車に飛び乗ります。
幸い、駅が近いので、車に乗るよりずっとはやくどこにでも行けます。でも最近はあんまり遠くへ出かける気がしないのだ。不精というやつですかね。出かければ戻ってこなくちゃならん。実に不精そのものです。
それでもちょっと近在をめざしたと思ってください。買い物ツァー第何弾かな。たいしたものじゃありません。元々ぼくはあんまり物欲が強くないのだ。とりあえず何か食べて、何か着てればそれでいいのです。ブランドにも全く関心がありません。好きなことを勝手にしていれば、ご機嫌なのだよ。あんまりお金のかからない人です。落語なんてその最たるもの。
扇子と手ぬぐいだけです。あとはなんにもいらない。すごいね。
それでいて頭の中はぐるぐると回る。呆けの防止には最高です。図書館にも寄りました。今日からね。明日は奥様のお供で随分遠方へ出かけることになっております。
そんなでもないか。いやいや遠方だ。ことに最近のぼくにとってはね。はい。

日時: 2012年01月04日 20:24 | パーマリンク
2012年01月05日
奥様のお供で

大久保まで行ってきました。午後から出かけたけど、寒かったなあ。風がなんともいえない冬のやつ。北風なんだよね。奥様のあとをのこのこと、完全に濡れ落ち葉状態であります。ポチと呼んでもいいね。あんまりかわいくないけど。
さて以前あった新宿セミナーという予備校がなぜか道徳会館なんて名前になっていて、どうしたものやら。今日のお目当てはその隣です。買い物をいろいろいたしまして、ぼくはその間、ぼんやりと商品を品定めしておりました。といってもあまり親しみのあるものじゃないので、ちんぷんかんぷんです。でも高い。
一段落しましたので、せっかくだからというわけで、通称イケ面通りを歩きつつ、韓国料理屋さんの中を覗いたのだ。それにしても若い女性の多いこと。みなさん、あちらこちらにある韓流スターのグッズに群れておりました。
さてこの近所にはぼくの通っていた小学校があります。久しぶりに訪ねてみることにいたしました。懐かしいね。入り口であれこれ喋っていると、生徒さんと先生がなぜか校門までやってきてくれました。ここの卒業生だというと、みんなの大先輩よという紹介までしてくださいました。以前ノーベル賞をとった小柴昌俊さんも卒業生の一人なんだとか。知らなかったなあ。
昨今は生徒の7割が外国人だと言ってました。なんという国際化。
その後、ちょっと身体が冷えましたので、韓国風喫茶店へ。生姜と蜂蜜のコラボレーションがよろしいね。帰りは途中の駅で降りてバイキングのお店へ。
どうしても元をとろうとする貧乏人の根性丸出しで、もう食えん、苦しいを連発しながら帰ってまいりました。なんでこうなるの。昨日も食べすぎたと反省したばかりなのに。
実に情けないのだ。再び、反省。
罰として明日は食事抜き…。

日時: 2012年01月05日 19:45 | パーマリンク
2012年01月06日
寒の入り

いよいよ冬本番。どうも寒いのは苦手です。なんというか外を歩いていても悲しいね。風が吹いている音を聞いているだけで、天を呪いたくなる。
しかしそんなこともいってられません。受験勉強をしている諸君にとっては、重大な季節だからなあ。昔、そんなこともありました。今のように推薦入学なんてなかったしね。あったって無理だけど。そんなに高い評定がとれる訳もなく、いつもアヒルの行進でした。1、2、1,2…。
大学に入っても悲惨な状況は続いたね。かつて可山優三といえば、よく知られた成績のパターン。可が山ほど、優が三つです。これじゃ就職もままならない。
ぼくは否というのをもらったこともある。これは不可の下。つまり人間じゃない、とてもじゃないが人間として許せんという最悪の評価です。なんと。否をくださったK先生の授業はイオネスコのマクベスでした。やたらと懐かしい。
流暢な先生のフランス語を聞きながら、いつも寝てました、ごめんなさい。語学がうまくなるわけがないでしょ。これって至極あたりまえの結論じゃない。
その結果が今日にまでストレートにつながるのであります。だからパリなんかに行っても苦労するのだ。無念。
さて本日もあちらこちらをぶらりぶらり。まったく暢気な父ちゃん我一人なのだ。すんまへん。またまた反省。

日時: 2012年01月06日 21:01 | パーマリンク
2012年01月07日
ハイパーマーケット

みたいなところに行ってきました。というか、全ては偶然なんですけどね。
午前中は寒中見舞いの制作にあけくれました。ところがいつも使っているソフトがついにダウン。どうもウィンドウズ7には対応していないみたいです。暮れに頼まれて、娘の分の印刷をした時も大変でした。あの時はだましだましやったのですが、ついにダメ。予期しないエラーですなんてメッセージが出るのだ。
そこで仕方なく、急遽ダウンロード版を入手することにいたしました。やれやれ。そうしたら簡単に動いたよ。だからイヤなんだ。OSをかえた方も悪いけど、ちゃんと無料でバージョンアップしてちょうだい。
食事の後、くたびれ果てましたので、ちょっと出かけようということになりました。
山が見たいと思う間もなく、山はそこにあったのだ。なにしろ寒いので遠くまでよく見えます。車でうろうろしているうち、やたらと大きな商業施設の駐車場に入ってしまいました。昨今はすごいですね。奥様の実家の方にも似たようなのがありますけど、それより大きいかも。
どこやらの工場跡地にできたそうな。千葉県の柏の方にもやたらすごいのがあり、あの時も感心したもんです。御殿場とかにあったアウトレットとは違い、ごく普通のお店がやたらと入っているという感じかな。
何が欲しいということもなく、ただ店内をうろちょろ。広いのでくたびれます。
喉がかわいたので、スタバで一服。
とにかく子どもたちがたくさんおりました。パパやママもあたりまえだけど大変若い。確実に世代交代が行われているというのを実感した次第です。
さて再び車に乗って家に戻る頃には、もう夕刻になっておりましたとさ。 寒いね、ほんと。

日時: 2012年01月07日 17:38 | パーマリンク
2012年01月08日
ジャッキー・エヴァンコと権太楼

いよいよ休みもあと一日を残すのみとなり、ぼくの周辺も風雲急を告げるという段階に入ってまいりました。ついに冬休みは終わりです。ああというわけで、朝も寝坊を楽しみました。6時頃に目は覚めますが、起きようとは思わないね。そのまんまうつらうつらしてると、いつの間にか8時です。奥様にいいかげんにしてよとたたき起こされ、ごそごそと布団から出るのです。
リビングにはあふれるほどの太陽。おお、なんといういい気分。
さてそんな日々もいよいよ終わりです。寒いし、どこにも出かける気にならん。お相撲さんでも見にいこうかなとも思いますが、寒くてね。寄席はもっとダメ。お正月はやたらといろんな人がでてきて、持ち時間が5分もあればいい方かな。
そこでyoutube。11才でデビューしたというジャッキー・エヴァンコちゃんの歌を聴いておりました。どっからあんな声がでるのかなあ。不思議。今はもっとトレーニングしてるでしようけど、それまではなんもしてなかったというんだからね。これが才能というやつか。
テレビで柳家権太楼の「夢の食卓」なんてのを見ました。ぶつぶつ1時間歩いて稽古している風景がよろしいね。一門会の様子もよろしい。最後の「たちきれ」もよろしい。
今日は実に不思議な取り合わせの一日でございました。
追伸、寒い。

日時: 2012年01月08日 20:34 | パーマリンク
2012年01月09日
久しぶりにお相撲を

見に行ってきました。昨日は寒いのでやめようかと思いましたけど、テレビを見てたら、やっぱり行きたくなってついチケットを買ってしまったのです。以前はなかなか買えなかったんですけど、昨今の不人気で、なんとか手に入るようになりました。皮肉なことですね。それでも昨日は満員御礼の垂れ幕が出てました。これはダメかなと思いながら、おそるおそるネットに手を伸ばしたという次第です。
やっぱり生はいいね。あの国技館の場内の雰囲気は、行った人にしかわかりません。たっつけ袴を穿いた茶屋の人が忙しく立ち働いてる風景、力士の鬢付け油の甘い匂い、それと歓声、さらには櫓太鼓の音、贔屓力士の幟の鮮やかな色、行司さんのなんともいえない風情。全てが江戸情緒そのものです。
先日もちょっとお相撲さんの登場する噺を皆様にご披露したばかりですが、やっぱりなんともいえないのだ。相撲はただのスポーツじゃないのです。神々に奉納する儀式なんです。だから勝敗だけではないね。
横綱というのはいいですよ。なんともいえない風格がある。ただ相撲が強いだけじゃダメね。勝負審判の親方もいい。あの紋付き袴の風情も凛としてよろしいね。
というわけで、ちょっと高い席を奮発してまいりました。2つあったカメラを息子にもっていかれてしまい、撮れなかったのが無念であります。
少し早く出かけたので、お相撲さんの入場口でしばらく待ったりもいたしました。いいですよ。大きい。あたりまえか。2メートル近くて200キロという身体が想像できますか。何を食べたらあんなになるのかなあ。
今日は横綱、大関みんな勝ちました。帰りは櫓太鼓の音を聞きながら、両国の駅まで歩いたよ。いいもんです。江戸の昔に戻ったみたい。しかし場内の優勝額が全部外国人になったというのですから、これもものすごい。歴史に残る話だね。
稽古がつらくて、日本人はみんな逃げ出しちゃうそうです。よっぽど貧乏で生活が苦しくないと、我慢できないといいます。私生活なんてないですからね。
さて明日からいよいよお仕事。
まず6時過ぎに起きる。これが今や最大の難関でござります。

日時: 2012年01月09日 20:47 | パーマリンク
2012年01月10日
ついに始まった

本日から新学期です。ついに始まってしまいました。
いつものように物理準備室は朝から賑やかです。久しぶりに3バカトリオが揃ったという感じかな。例によって山形ネタから始まりました。ぼくの前に座っているK先生の実家が山形なのです。その雪下ろしが悲惨を極めるという実話が最初でした。
とにかく一人では無理なので、業者に頼むと、その費用が半端ではなく、さらには重機のレンタル料もバカにならないという話です。毎年、雪との戦いにものすごい費用をつかっているとか。何もしなかったら、家がすぐにつぶれてしまうそうです。東京にいるとわからないことばかりです。ほんと。
さてその後は落語のお稽古ということになりました。これから頑張ってまた覚えていきます。だんだんと難しさが加わって、さてどういうことになるのやら。明日から授業というのもつらい。どこから始めたらいいものか。それも見当をつけなくちゃなりません。
お昼にちょっと買い物に出ましたが、寒いですね。いつになったらあったかくなることやら。今がきっと寒さのピークなんでしょ。ここをぐっと我慢して乗り越えれば、少しは春めいた日にも巡り会えるのかな。
とにかく授業です。やらなくちゃならん。
あっという間に3学期。
入試も近いです。

日時: 2012年01月10日 20:07 | パーマリンク
2012年01月11日
久しぶりに授業を2コマ

実に1カ月ぶりくらいに授業をやりました。
なんだか最後の方は声が涸れてしまったのだよ。
とにかく生徒は若い。そのことだけがしみじみと感じられましたね。あとちょっとで彼らとの授業も終わりです。そういう意味では心してかからねばなりませぬ。
それにしても今日は寒かった。というより風が強かったのかな。北風というのはどうもよろしくない。寒さが身にこたえます。
3学期はどこからやろうかなと悩みました。でもそんなにあちこちに飛ぶというのもなんですから、まあ順番通りというところかな。少しの間、評論をやろうと思います。その後はなんでもよいのだ。
とにかく3月になればもう期末ですから。そこまでぼちぼちと進む以外に手はないね。
今日も隣のお部屋で落語のお稽古をいたしました。しかし難しい。長い言い立てのところがさっぱり頭に入らない。どうしましょ。まだ必死さが足りないのかな。本人は結構必死のつもりなんですけど、どっかに甘さがあるんだよな。これは反省であります。
そういえば、昨日一番下の弟から電話がありまして、ぼくのすぐ下の弟が久しぶりに日本に帰ってくるので、みんなで会おうということになりました。
どこがいいかなあ。
ぼくとしては浅草なんかでちょっと一杯という図式もよろしいんですけど。
ドジョウ鍋なんてのはどうかな。
いや、やっぱり天ぷらか。まあ、どっかに決めてくれるでしょ。
これもまた楽しみではありますね。

日時: 2012年01月11日 19:52 | パーマリンク
2012年01月12日
今年最初のお稽古

今日は3コマ授業をやりました。忙しかったなあ。
さてその間をぬって落語のお稽古。今日は難しい言い立ての練習をしました。まだ完全じゃありません。もう少しね。さて放課後にはサッシーとM君の訪問をうけました。なんでもオーストラリアへ行っちゃったN虎くんへの応援メッセージを撮りたいとか。
そういうのは大好きなので、派手にやりました。6年もあちらにいる予定だというじゃないの。羨ましいこと限りなし。ちょうど、生徒相手の落語教室を開いておりましたので、サッシーくんには飛び入りで「子ほめ」までやっていただきました。後輩諸君は大先輩の迫力を感じてくれたかなあ。次週に期待いたしましょ。
急いで家に戻ってから、今度はあせって準備。新年初のお稽古会であります。
ところがなぜかそこに前任校の生徒がいたじゃありませんか。なんでも見学に来たとか。どっかで見た人だなあとは思いましたが、まさかまさか。これですっかり毒気を抜かれまして、あえなく沈没。本日お稽古をするはずだったのに次回に予定がずれこんでしまいました。
なんてこった。
しかし世間は狭い。30年以上もこの商売をやっていると、いろんなところでいろんな人に会うのであります。人間悪いことはできん。といって、わてなんも悪いことしてまへんえ。ほほほのほ…。

日時: 2012年01月12日 21:47 | パーマリンク
2012年01月13日
ちょっとあったかい

昨日よりもしかしたら、今日はかなりあったかかったのかもしれません。あんまり風がなかったからかな。お昼休みに外に出たらいい気持ちでした。
今日は授業のない日です。朝からいろいろと用事を終えまして、気分がよろしい。でも落語のお稽古はどうもやる気がいたしません。昨日辛いものを食べたからかも。
実はお昼にもまたタイ料理のお店に行ってしまいました。ここで働いている女性と仲良くなりまして、つい出かけちゃうのだ。というか、みんな入り浸っております。安くてうまいというのがその理由かな。本当はカラオケバーなんですけど、お昼だけ、ランチをやっているのだ。そこで国語科の3バカトリオはつい通ってしまうということになります。いかんな。
午後は完全に使い物にならなくなり、居眠り。物理室のヒーターはこよなくあたたかいのです。その前に座っているともうダメ。完全にトロンとしてきます。おなかがいっぱいであったかければ、仕方がないね。すいません。
月曜日からちゃんとまた働きます。寒中見舞いが届きます。本当に寒中なんだよ。
はやく春が来ないかな。
ちなみに明日からセンター入試です。
受験生のみなさん、頑張ってね。

日時: 2012年01月13日 19:43 | パーマリンク
2012年01月14日
朝からバタバタ

何度外にでかけたことか。一度で済む用事もないわけではありませんでしたが、結局バタバタと出入りを繰り返したのだ。いずれもちょっとしたことばかりです。でも大事な用なのだよ。
いろいろとやらなくちゃならないことがありますからね。それに突然ぶっこわれたものなんかがあると、なんとかしなくちゃならん。買いにでかけるということになります。
あんまり安いもんじゃないと、思案のしどころだ。それにしてもなんでも高いなあ。弱るね。何が壊れたのか。それは内緒なのでありますよ。そんなこんなで、何度か家を出たり入ったり。ついでだからこれも買ってしまえというわけで、全く関係のないものまで背負い込む始末。いやはや。
図書館にも行きました。ちょっと前にリクエストしておいた本ね。これは読みたかったのです。またそのうち、どこかに書きましょう。新刊は高い。最初の読者ということになる。つまり買わなくてよろしい。これはすばらしいことです。と簡単に喜んでばかりもいられませんな。だって売れない。ということは書き手に印税が入らないということになります。最近は勝手にスキャンして製本までしてくれるサービスまであるとか。データを自ら吸い込むことから「自炊」と呼ばれるそうな。
KindleやiPadなんかで読みたい人もいるからね。そういう時はPDFにしちゃうのです。
必要なところだけを必要な分量だけ。前は個人で勝手にやっていたけど、昨今では商売になっちゃったのです。これは違法なんじゃないか、多分。なりきり完コピ選手権みたいなもんでしょ。誰が一位になってもまあ、それはそれですばらしいけど、オリジナリティーがあるわけじゃないしね。
やりたい人は一人でおやんなさい。商売にしちゃまずいね。
さて明日はちょっとしたイベントがありますので、またお出かけです。仕上げはどういうことになりますか。ちょっと喉がイガイガするなあ。もしかして風邪をひいたのかしらん。やだやだ…。

日時: 2012年01月14日 17:40 | パーマリンク
2012年01月15日
一族再会

今日はアメリカから戻っているぼくのすぐ下の弟を含め、4人兄弟が久々に顔を合わせました。場所は湯島の天麩羅屋さん。
それぞれの奥様とか、お子様とか、長兄の娘の旦那様とか子供とか。なんだか大変な数でした。全部で14人だったかな。なかなか年をとると顔をあわせる機会もなくなるものです。そこでひさしぷりに一族再会ということにしようじゃないか、ということになったのです。
湯島天神にはたくさんの参詣人がおりました。まさに今、入試のシーズンです。ものすごい数の絵馬がぶらさがり、それぞれに願いが書き込んであります。今日もまた随分増えたことでしょ。写真も撮ったからあとでアップしましょうかね。
さて天神様の入り口で待ち合わせをしてから、老舗の天麩羅屋さんへ。
エビに穴子にかきあげにと次々ほおばっているうちに、お酒も入り気分は上々。兄の孫にあたる6才のTくんと4才のNちゃんはかわいかったなあ。
女の子は自由の女神風のミッキーをもらい、男の子はニューヨークの街がデザインしてあるTシャツをプレゼントされ嬉しそうでした。
子供には未来が山のようにあってよろしいぞ。とってもかわいいな。
とにかく飲みながら、食べながらくだらない話を次々といたします。同じ小学校で3人が同じ担任だったなんて話もありまして、大いに盛り上がりました。
時間のたつのは早いものです。
来年もまたねということで、歓談の帰りはちょっと御徒町へ。久しぶりにアメ横をひやかしました。
とにかくすごい人です。なんだか暮れの雑踏に似てるなあ。
西郷さんの銅像をはるか遠くに眺めながら、家路に着きました。
血は水よりも濃い。まさにその言葉を実感した一日でしたね。
男ばかり4人の兄弟というのも、すごいね。今じゃ考えられません。親はさぞかし苦労したんじゃないのかなあ。ただ感謝、かんしゃ…。

日時: 2012年01月15日 18:18 | パーマリンク
2012年01月16日
授業はくたびれるのだ

たった1コマしかないのに、くたびれます。なんたって生徒は若いのだ。そのパワーを目の前で見ているだけで、へろへろになる。どういうことかね。
こちらが年をとったということか。
やる気がなくなったということか。まあどっちもどっちだな。
昨日、あんまり賑やかにやったせいで、今日はその反動です。のんびりといこうと思いましたね。しかし世間はそんなに簡単じゃない。学校へ行けば、ああだこうだということになる。だからまた行く価値があるんだけどね。
さて今日のホットニュースは除籍になった図書館の本がぼくのところへやってきたことかな。今はなき三一書房の落語体系全八巻です。これは静山社から似たような内容の文庫本が出ているので、稀観本という訳じゃないけれど、ますます学校でのお稽古が進むということになるのですよ。
今日はやっと蒟蒻問答の言い立てを含めて、なんとか全部を話すことができるようになりました。ここからはさらに肉付けをして、噺を面白いものにしなくちゃね。
それにしても寒い。乾いている上に気温が低い。空気が冷たいというのが実感だね。
少し湿り気が欲しいのです。お風呂にしばらく浸かっているしかないのかなあ。

日時: 2012年01月16日 19:50 | パーマリンク
2012年01月17日
身体というものは

食べたものでできているというのは常識だ。しかし日常はあんまり気にしてませんね。でも事実なのだよ。やっぱり日本人は日本人が昔から食べてきたものを食べなくちゃダメなのです。ということはつまり、海草と魚と豆だ。これにつきます。その中でも一番大事なのは豆だね。
なんたって大豆ですよ。豆腐、納豆それとお豆の料理。ひじきと大豆なんて最高の取り合わせだな。なんでこんなことを書いているかというと、帰る前に図書館でそんな本を読んでいたからです。『甘いものは脳に悪い』という本でした。
朝から菓子パンを食べるというのは最低の選択みたいだね。一気に血糖値があがり、常習者は間違いなく糖尿病になるそうです。また、一品料理もいけないとか。しかし日本人は好きだからね。ラーメン、カレー、さらにはなんとか丼。こういうのが食べたくなったら、同時に野菜をとらなくちゃダメなんだそうです。
一品料理を食べるのなら、つとめてなんとか定食にしろと書いてありました。できるだけ、たくさんのお皿があるということ。これが大事なんだそうです。
こういうことって当たり前に感じるだけについおろそかになるのですよ。もちろん、朝ご飯を抜くなんてアンビリーバブル。さらには遅い夕食もいけないそうです。間食も夜食もダメ。
生きていくのは本当に大変なのだよ、皆さん。
でもこういう生活ができる人ってどれくらいいるのかなあ。ちょっと疑問だね。
そうだ、努力目標にしようっと。

日時: 2012年01月17日 19:41 | パーマリンク
2012年01月18日
厳しいお稽古

今日は2コマ。だんだん喉の調子がよろしくなくなってます。なんたってこの乾燥だ。ひどいもんです。カラカラです。喋っていると喉の奥がヒリヒリしてくる。もう30日以上雨が降っていないとか。これはやっぱりどうかしてる。いくら東京砂漠といっても、これはやりすぎじゃないのかね。
でもなんとか2コマやりました。くたびれた。
漢文は「刎頸の友」などという妙なものに手をつけました。生徒はかなりとまどっておりましたよ。しかしそんなことも言ってられん。とにかく試験範囲を粛々と積み重ねていく以外に手はないのです。ぼんやりしてるとすぐに3月になってしまいます。そうしたら、もう今のクラスともお別れだ。真面目にやらなくちゃね。
さてさて放課後はお稽古です。今日は1年生が3人やってまいりました。いよいよ同好会の旗揚げだな。今度の文化祭ではなんとかご披露できるかも…。
演目は「牛ほめ」「つる」「子ほめ」です。女性も一人いるので、なかなかによろしい。みんななんとかよろよろと全部覚えたのだ。あとはそれぞれの味を出して、噺を仕上げていくということになります。
とっても楽しそうなので、この調子で頑張ってくれるといいなあ。
とにかくお稽古あるのみです。
来週までに、またいい稽古をしておいで。待ってるよ…。

日時: 2012年01月18日 19:58 | パーマリンク
2012年01月19日
明日は雪かも…

天気予報でさかんに雪が降りそうだと叫んでおります。それほどにたいしたもんじゃないでしょうけど、それでも雪が降ると、東京の交通網はメチャクチャになるからなあ。
ところで明日の金曜日は久しぶりにお休みなのです。ありがたい。
なんだかやたらと学校にはでかけておりますが、まあそれほどに仕事をしているというのでもありませんな。ご隠居さまですから。
さて今日は落語研究会を旗揚げするべく、趣意書なんてものを書いておりました。同好会にするのにもちゃんとそれなりの手続きをとらないとね。やっぱり書式は必要でしょう。そこでいろいろと考えました。これがいずれ職員会議を通過すれば、晴れて堂々とお稽古もできるんですけど。といって今も勝手にやってますけどね。
それからこれはちょっと前からの懸案事項でしたが、ついに電子納税というものにチャレンジいたしました。役所まで出かけて、住基ネットの書類を書いたりするのがちょっと面倒でしたけどね。後はカードリーダーを買い込みまして、なんとかでっちあげた次第です。国税庁のサイトから覗いた確定申告のソフトもすばらしく、あっという間にできちゃいました。なんか読んで書いてたら、面倒くさくて頭にくるよ。それに比べると、ずっとスピーディなのであります。
それに24時間受付というのもすばらしい。クリックひとつで、全部完了いたしました。あとは還付金が振り込まれるのを待つばかりであります。うれしいな。
いったいいつ戻るのでありましょうや。噂によるとすぐらしいよ。なんたってパソコンに限る。本当なら2月の半ばまで待たなくちゃならんのです。それもごみごみした税務署とか役所まで足を運ばなくちゃ行けないしね。まあ、いろいろあら~な。

日時: 2012年01月19日 19:52 | パーマリンク
2012年01月20日
雪やこんこん

朝、起きたら案の定、雪でした。天気予報というのはすごいです。最近は空の上からずっと見てるからね。とにかく正確なのです。今日は調子がよかったら寄席にでも行こうかなと思ってましたけど、突然腰がぎくり。
机の中にしまっておいたCDを少し捨てちゃおうと思ってしゃがんだのが運のつき。ぎくっとなりました。次の瞬間には腰がぬけたのだ。やれやれ。
仕方がないので、全ての予定をパーにいたしました。しょうがないね。
奥様はでかけちゃうし、こうなったら家でぼんやりしている以外に手はありません。噺の稽古でもするかというわけで、蒟蒻問答に再チャレンジ。ちょっとづつ形にはなってきたけど、まだ永平寺のお坊さんになりきれません。無念であります。さらに頑張る以外にないな。
お食事の後は、よんどころない用事で外出。雪はやんでおりました。
それにしてもまだ喉の調子がよくならないのは、喋りすぎだからかも。志の輔の気持ちもわかるね。あの人、いつもガラガラ声だからな。まあいいや。
明日はまたまたちょっとお出かけです。どこへ行くのか。それはまた明日のお楽しみです。今日はゆっくりお風呂に入って、このぎっくり腰をなおさなくちゃ。
今年は少しも痛くなかったのに、今頃になってまったくなんてこった。ぐすん…。

日時: 2012年01月20日 20:09 | パーマリンク
2012年01月21日
本日は大寒なり

寒いわけです。暦の上では大寒なんだ。朝からほんとに寒かったです。腰の痛みに打ち克ち、なんとか起きようとしましたが、寒いのでやめました。それでも今日はちょっとしたイベントに参加する予定でした。とにかくご近所の大きなホールにある和室までやっとのことで辿り着いたのです。
子供落語教室のインストラクターという図かな。いやいやどっちかといえば、トラクターという感じかも。10人以上の子供たちが落語のお稽古をして、それを2月にご披露するという催しなのです。ちなみに昨年も参加させていただきました。
今日のメンバーは半分くらいが去年と同じなので、みんな1年かけて、ここまで稽古をつんできたのでしょう。とにかくうまい。最初のお子さんは小学校3年生だったかな。手にメモ帳を持ちながら必死に頑張りました。次のお子さんは5年生。江戸っ子の雰囲気が実によく出てました。なんと「火焔太鼓」をやったのだ。
おかみさんの風情がなんともいえず、思わずガハハと大笑い。こんなにうまいともうダメね。完全にやられました。いったい小生は今まで何をしておったのか。激しく反省をしなければなりません。ああ、やだやだ。芸の道は怖ろしいことばかり。
最後は可龍師匠が「のめる」をやってくださいました。朝から落語三昧で、もうお腹いっぱい。帰ってきてから、しばらくぼんやりしちゃいました。
あんまり声もよく出ないので、今日はお稽古をさぼり、炬燵にもぐっておりましたとさ。
それにしても寒い。もういや。
ほんとに春は遠いのね。

日時: 2012年01月21日 20:03 | パーマリンク
2012年01月22日
ちょっと喉が痛くて…

お医者さんにいってきました。随分赤いねえと言われ、喉の奥にへんな味のする薬まで塗られちゃいました。ルゴールかな。あんなの効くのかな。他にいくつか薬をもらってとぼとぼ帰ってきました。大声で落語ばっかりしてるからよと奥様のきつい一言。
なんということをのたまうのか。ひょっとすると風邪かもしれません。なんだかそんな気分。なんたって寒いですからね。仕方がなく、今日も家でひっそりしてました。どうもこのお休みはよろしくない。
お稽古をしたいのですけど、そういうわけで静かにしております。そのかわりという訳じゃないけれど、DVDレコーダーにたまった落語を全部DVDに落として、さらにそれをパソコンへ。そして次にはiPOD用に縮めたりいたしました。こうすれば、いつでも見られるからね。
なんともつらい一日でありましたよ。
明日からまた新しい週が始まります。あっという間に1月も終わってしまいそうで、なんだか怖ろしいですね。こうやってぼんやりしてると、すぐにクリスマスがやってくるのだ。次のお正月もすぐそこという感じじゃないのかなあ。
その前に少しあったかくなってほしいもんです。また奈良にでも行きたいね。東大寺ミュージアムなるものができたそうだから、それも見てみたいし、戒壇院と新薬師寺にも足を伸ばしたいです。
また菜の花の咲く季節もやってくるでしょう。それまでしばらく我慢だな。

日時: 2012年01月22日 17:58 | パーマリンク
2012年01月23日
仕事は続くよどこまでも

またまた月曜日です。仕方がない。ご通勤です。まったく何年働いているのやら。そろそろ静かにしたいものですが、そんなことが許されるような状況じゃない。家にいたら、うるさいとぶっ飛ばされます。それくらいなら、まだ外へ出ていた方がいいね。
さてそういうわけで、お出かけいたしました。
朝のうちに予習であります。いろいろとプリントなどつくっておけば、後が楽だからね。今日は現代文。国語という科目の中で一番厄介なのがこの現代文なのです。
ある世代から前は「現代国語」と呼んでいたので、「現国」と言います。懐かしい響きだなあ。今じゃこんなこと言っても通じません。今じゃ「現代文」ですから「現文」です。これでだいたい年がわかる。数学もそうです。かつては数ⅡBなんてのがあった。これでだいたい年がわかる。
いずれにしても現代文は難しいのです。テリトリーが広いですからね。どこからどこまで、なんて線引きがありません。諸事万端、なんでもござれなのです。文化論から科学論、さらには言語論から小説、詩に俳句、短歌まで。大変なのだよ。やたら勉強しても追いつきません。ああ、やだやだ。
それにしても毎日寒くていささかうんざりしてきました。今日はこれから雪が降るという予想です。明日の朝はどういうことになるんでしょ。なんとなく乱が予想されますね。
というか、乱を望んでいる小市民のぼくがいるんですけど。あの、なにか…。

日時: 2012年01月23日 19:59 | パーマリンク
2012年01月24日
雪道を踏みしめて

今日も出かけました。それでも朝、ちょっと予感がいたしまして、1時間遅れで家を出たのです。やっぱり正解だったみたい。かなり電車が乱れていたようです。東京はちょっと雪が積もると交通網が完全におかしくなってしまいます。仕方がないけどね。あまりにも複雑すぎるし、全部の路線がぎっしりとつまってますから…。相互の関係が途方もないくらい密なのです。
というわけで、9時半頃到着。するとなぜか中学生がたくさんいるではありませんか。どうやら推薦入試の受付日だったのです。そんなこと完全に忘れておりました。もうそういう生活はしなくていいというのが、昨今のお約束です。だからすごく楽だね。
受験生のみなさん、金曜日頑張ってね。
午前中はのんびり。午後から2コマです。現代文と古文をやりました。明日は古文と漢文だ。あと1ヵ月というところまできました。今年はいつもの年より寒いみたいだし、いやだな。それでも雪景色がきれいだったので、農場の写真を撮ってきました。生徒たちが一生懸命、雪かきをしてました。ほんとに偉いです。雪合戦をしてる生徒もいたけどね。まあ、いろいろあら~な。
喉の調子もいくらか戻ってきましたけど、もう少し静かにしているつもりです。薬がそろそろなくなってきたから、なおるといいなあ。早くお稽古したいです。
今日は「茶の湯」のビデオ見ました。これもやりたい噺なのだ。ひひひ。

日時: 2012年01月24日 19:58 | パーマリンク
2012年01月25日
お稽古欠席

今日は2コマの授業です。なんとなく風邪をひいたみたいで、身体が重いね。それでももう少し今週は頑張らなくちゃなりません。朝からなんとなくぼんやりしながら過ごしました。
こういうときは無理をしちゃいけません。自然体で過ごすのがよろしい。お稽古も殆ど声を出さず、ひっそりとやりました。先週以来、喉の調子もよくありません。なんとなくいがらっぽいというのか、喉の奥がひりひりするのです。ボイスレストしかないね。
特効薬といっても、それほどには効かないのです。寝るのが一番かも。
放課後は生徒が一人やってきまして、「牛ほめ」のお稽古。随分と台詞が入ってきました。叔父さんと与太郎の雰囲気もかなりできてまいりまして、これから先が楽しみです。そろそろ別の噺にも挑戦してみたいというので、試験が終わったらまた教えてあげようかな。
同好会の趣意書もできましたので、そろそろ生徒部に提出する運びとなりました。結果はどうであれ、やる気になってきたということは大変によろしいことであります。
さて夜はぼくのお稽古会でしたが、そういうわけで、欠席させていただきました。そろそろ一席ご披露したいところなのですが、次回の楽しみといたしましょう。
それにしても寒いのだ。いやんなったよ、ほんと。

日時: 2012年01月25日 20:26 | パーマリンク
2012年01月26日
入試の季節

がやってまいりました。いよいよだね。受験生のみなさん、ごくろうさまです。毎年のことながら、本当に試験というものはいやなもんだと思いますよ。ぼくも随分と受験してきたけど、できればない方がいいな。そういうわけにもいかないことは重々承知はしておりますけれども、そこをなんとかという心境だね。
今日は1コマだけ授業をいたしました。教室から富士山がくっきりとよく見えました。その後はお掃除をしたりして、明日の受験会場づくりです。それが終わったら、生徒諸君は解放だ。うらやましい。
考えてみれば随分と長い間、入試に携わってきたもんです。感慨がありますよ。発表の準備をしたり、採点をしたり、内申書の確認をしたり。ほんとによくやってまいりました。もうそういうこととは縁を切りたいね。のんびりとさせていただきます。なんたってご隠居さまなんですから。
明日はお出かけはいたしますが、面接はもうやりません。それより少し落語のお稽古をしたいです。喉の調子もいくらかよくなってまいりましたが、まだ本当じゃないのだ。いつになったら本当になるのかといえば、そんなことはよくわかりません。
これを仕事にしていたら、たえず耳鼻科に通い続けなくちゃならんね。前に古今亭志ん輔さんの日記を読んだことがあります。とにかくよく喉のお医者さんに通っているのだ。商売道具だからね。歌手のみなさんもきっとそうでしょう。声がでなくなったらアウトだもんな。
教師はといえば、声が出なくなったらプリントか作文ね。こういう奥の手があったのですよ。やっぱりこっちの方が楽だな。結論…。

日時: 2012年01月26日 19:57 | パーマリンク
2012年01月27日
受験生は神妙な顔つきで

控え室におりました。あたりまえか。
入試となりますと学校はいつもと違う表情をみせますね。先生方もみなさんスーツなどを着込みまして、なんだか厳しい表情をなさっておられます。人間見た目が9割だ。
今日は寒かったですからね。門番の係になった先生はさぞや大変だったことだろうと思います。いくら着込んでも気温そのものが低いからなあ。
そんな中、物理準備室は和気藹々と談笑の渦であります。まずは温泉談義から。あっこっちの温泉について、皆さんが蘊蓄を傾けます。随分遠方まで行ってるんだなあ。実に遊び人の多いことよ。まずそのことに感心いたしました。
さてその後はちょっと期末テストの後に組む授業のため、DVD機器のチェック。テレビじゃさすがに小さいのでプロジェクターを使おうということになりました。やっぱり画面も大きい方がインパクトがあるからね。隣の物理室に用意しておけば、こちらは動かずにすむのです。
お昼ごはんを食べに行こうとすると、面接を終えた生徒さんがほっとしたような顔で出てきます。ぼくなんかにも丁寧に頭をさげてご挨拶をしてくれました。どうも今日だけという訳じゃあなさそうだ。
合格する人もいれば、そうでない人もいる。これが人生ですかね。
落ちたからといって命をとられるということもない。ここはのんびりといきましょうよ。ねっ…。

日時: 2012年01月27日 20:02 | パーマリンク
2012年01月28日
朝、地震に

たたきおこされました。突然ぐらぐらとものすごい揺れがあり、こりゃもうダメかと思いました。それでもなんとかおさまったので、やれやれと一安心したところ、またまたぐらぐら。先刻のよりもっとすごかったです。これで完全に目が覚めまして、ついに起き上がったというわけです。
するとテレビを見ていた奥様が、富士山、富士山と叫んでおります。なんでも山梨県が震源だとか。こりゃ大変だ、いよいよ富士山大爆発かと覚悟を決めたのです。しかしどうもそういうことではなさそうで、もう少し大爆発は先のような感じがいたしました。
気象庁の発表によれば、結局よくわかんないとか。そりゃそうだ。そんなことがわかっていれば、この前の地震だってなんとかなったのです。結局よくわかんないというのは実に正直な告白だな。
それにしても山梨あたりが震源なんていうと、どうも気分がよろしくない。まあ、そういうわけで、この寒さの中、ぼんやりと一日を過ごしてしまいました。
喉の方もいくらかよくなってきましたが、医者によれば、風邪なんだそうで、わざわざスコープまで入れられ、声帯の検査までされちゃいました。最近は凄いですね。自分の喉の奥をモニターで見ちゃうのだ。へんな感じ。この前も胃の検査の時、ここが声帯ですよなんて見せてくれましたが、今回はそこだけがポイントらしく、いろんな音を出せといわれ、あ、とか、え、とか呟きました。
まあたいしたこともなく、安静にしていろということです。
それにしても寒い。寒すぎます。
なんとかならんかねえ。

日時: 2012年01月28日 20:13 | パーマリンク
2012年01月29日
今日もまた

地震がありました。午後遅くでしたけど、びっくりしたなあ。なんとなく揺れ方がただならぬ感じです。やっぱり富士山大爆発の予兆かも。なんかやだな。これ、ほんと。
まあそれはそれとして、今日も朝から子供落語教室へ馳せ参じました。先週も顔を出しましたので、子供たちとは顔なじみになったよ。今日は全員の高座名を書いたプリントも頂戴しました。全部で14人です。みんな来週の本番に向けて頑張ってね。
ぼくは2人で一つの噺の半分までをやるという4年生と5年生の男の子とお稽古をしました。与太郎噺を甘くみてはいけません。実に難しいのです。与太郎というのは本当にバカなのかと思うと、案外そうでもなくて、大人をギャフンといわせたりもします。そのあたりを演じるのが難しいんだよね。
この噺に出てくる与太郎もどこまでアホなのかよくわかんないです。最初、ぼくにこの噺の後半を本番でやらないかという話もありました。でもやっぱり子供たちの落語会だからね。へんなおっさんが顔を出して、なんとも間抜けな顔で一席やることもないだろうと、いろいろ考えた末、ご辞退申し上げました。
みんな来週はさぞかし緊張するだろうな。しかし何度やってもこの緊張感がたまらないんです。これがないとつまんないね。なんとなく今日はちゃんとできるかなあと心配になりながら、高座にあがる時のあの心持ちこそが、ひょっとすると最高の醍醐味なのかもしれません。
全部自分の責任だからね。迎え手の拍手よりも終わった後の拍手を楽しみに頑張らなくちゃいけません。それにしても今日の北風はひどかった。
北国の雪、なんとかならないのかなあ。ほんと、かわいそう…。

日時: 2012年01月29日 19:24 | パーマリンク
2012年01月30日
生徒は

漢字パズルが好きだった。
今日は1コマだけの日です。いつもの授業とは少し趣きをかえて、たまにはゲームもいいかなと思いました。しかしただのゲームじゃしょうがない。そこはそれ、やはり国語の授業です。というわけで、どこやらから手に入れた漢字パズルを試みました。
ついでにちょっと飴なんかを景品にいたしまして、それもよかったのかな。生徒は実に熱心に取り組んだのであります。ぼくも一緒にやってみたけど、これが難しい。四文字熟語のパズルなんて、チンプンカンプン。最後に余った文字でもう一つ、別の四文字熟語をつくれという指示にはまいりました。
それでも一番乗りの生徒は15分くらいで正解をはじきだしました。これには驚いたね。こういうゲーム感覚の授業というのはこれからますます大切になるかもしれません。ディベートなんかもまさにそうした側面を持っています。うまく取り入れていければ、授業がますます活性化するんじゃないのかな。そんな気がいたしました。2枚のプリントでちょうどよかったみたいです。
明日はディベートもやってみようかな。とにかくいろんなことにチャレンジしなくちゃならんのです。あと1月で今年度の授業も終わっちゃいますのでね。とにかく日々、研修ですよ。
落語だけしてるわけじゃないのよ。このあたし。
それにしても寒いです。毎日おんなじことを言ってます。でも本当なのだ。寒い。

日時: 2012年01月30日 19:53 | パーマリンク
2012年01月31日
ディベートはてんやわんや

でした。まあ賑やかなことでくたびれた。当分お預けです。こんなことを毎日やっていたら、とてもじゃないけど、身体がもたん。このアクティビィティはテーマをいろいろ考えなくちゃならんところがつらいのです。今日のは「人間は見た目か、性格か」という厄介なものでした。
さて正直なところ、どんなもんなのかなあ。イケメンのそろったお店はあちこちで繁盛してますからね。ホストクラブはあたりまえだけど、老舗デパートだって昨今じゃイケメンを集めて売り場に立たせているのだ。昔から詐欺師は紳士の恰好をしてあらわれると申します。
よれよれの恰好じゃ騙されません。ばりっとしたスーツを着込んで、いかにもというネクタイに靴。そしてさりげなく出す左の手首にはこれもやたらと高級そうな、それでいて見栄張っていないシックな時計。
舞台はどこかの一流ホテルのバーあたり。これで「お嬢様、お手をどうぞ」なんてやられたらいちころね。自分だけは騙されないと思っても、案外こういう輩にひっかけられるのだ。というわけで、本日も外見なのか、内面なのかの論議は続いたのです。ぼろは着てても心の錦なんていう歌もありますしね。ただし最初のとば口はやっぱり見た目か。いやいややはり内面重視でいきますか。ここは意見の分かれるところでございます。
明日は今日よりあったかいとか。そろそろ外を飛んで回りたいのだ。ふふふのふ。
お天道様、期待してまっせ…。

2011年12月

2011年12月01日
今日から師走…

とうとう12月になってしまった。なんということだ。実にあわただしいね。馬齢を重ねるだけの日々だと毎年思いますけど、ますますそのレベルがひどくなる。全く情けないのです。とはいえ、こうなったらしょうがない。ひたすら突進するしかない。
まさに猪突猛進とはこのことか。なんもぼくは考えてないのですよ、つまり。
それにしても今日は寒かったなあ。なんだか急に寒くなった。これも12月のなせるわざか。
雨が降るとね。なんとも冷えてくる。今日から試験です。つまり監督をするということだ。今日もやりました。別室受験の生徒がいたので、補欠があたった。すばらしい。生徒は一人だけだから、監督ものんびりしたもんです。その間、何をしていたのか。これはヒミツだな。まあ勘のいい人ならわかるかもしれん。
さて昼食はちょっと外へ。寒かった。でも歩き回るのも身体にはよいのだ。あちこちと街を歩いていると、いろんなものにぶちあたります。それが面白い。すなわち、世の中は完全にクリスマスだ。最近のデコレーションはなかなかにしゃれてますね。色も赤だけじゃない。どちらかというとブルー系統も多いような気がいたしますけど。
さていつもより早く家に戻り、ちょっと「ローマの休日」を見ちゃいました。何度見てもオードリーは可愛いぞ。あの酔っぱらってタクシーに乗せられるシーンはフォロロマーノの前でした。ついせんだって行ったばかりなので、間違いないです。あの後ろの遺跡の恰好はまさにあれだ。
昨日は「ラマン」を見ちゃいました。最初に見た時の印象よりずっといい。サイゴンの風景がいい。いろいろあれど、やっぱり今年も馬齢を重ねたな。これ反省。
今日は生徒にコピーをあげる前に自分で「つる」をやってみました。あほらしいけど、かわいい噺です。レパートリーに入れとくことにいたしましょう。

日時: 2011年12月01日 20:35 | パーマリンク
2011年12月02日
落語会

からただいま、戻ってきました。打ち上げにも参加する予定でしたが、明日の朝、ちよっと予定があるので、失礼したというわけです。
生徒も一人だけ招待しました。大変喜んでくれたなあ。ますますやる気が出たみたい。こうやってプロの演ずる生の落語を聞くということが大切なのです。自然と耳が肥えるということかな。来年の文化祭には活躍してくれるかも。
さて学校の方は相変わらず試験中。生徒はほんとに大変だよ。ごくろうさん。教師の方も自分の答案が出てくればそれはそれは忙しくなりますが、なんたってぼくのは最終日だからね。どうしようもないのだ。
というわけで、ぼんやり。ちょっといろいろと遊ばせてもらいました。内容についてはまたまたヒミツ。今日は早くお風呂に入って寝ることにいたしましょう。
なんだかくたびれた。
寒いのがいけません。
どうしてこんなに寒くなっちゃうのだ。ほんと、いやんなっちゃう…。

日時: 2011年12月02日 22:08 | パーマリンク
2011年12月03日
落語と踊り

の会へ行ってきました。たった今、戻ったところです。
今日は新しくなったイイノホールで、とんでもないイベントにつきあってきました。江戸情緒を存分に味わおうというので、まずは浅草と赤坂の芸妓連が出演する踊りを堪能しました。浅草と赤坂では、それぞれに味わいが違い、見所がたくさんあってよかったです。三味線に鳴り物、さらに謡いのお師匠さんも揃って、その見事なこと。
さてその間に、桂平治、柳家権太楼、さらには柳亭市馬と今をときめく実力者揃いの落語です。これもすごかった。4時間にわたる大イベントが終わった頃には、もうくたくた。
帰りはぼんやりしてしまいました。賑やかな芸風のお三方なので、高座もまあ賑々しい。その毒気にあてられたかも。帰りはターミナルの駅でちょっと一杯。奥様もワインを飲んでおりました。さすがにくたびれたね。明日はちょっと寝たいけど、そうもいきません。また用事があるのだ。
こう毎日、落語漬けの生活もどうかしてますね。どうしてこうなっちゃったんだろう。昔は今度引退するとかいう第三舞台の芝居なんかを見てたのにね。なんとなく、ここんところいやに江戸情緒満点です。
今日の芸妓さん、お座敷によんだらいくら花代がかかるんでしょ。きれいだったなあ。
ああいう遊びも一度くらいはしてみたいものだわいなあ…。

日時: 2011年12月03日 21:44 | パーマリンク
2011年12月04日
宛名印刷で格闘

いたしました。娘にちょっとした印刷を頼まれたのです。メールで届いたたくさんの宛名。やれやれと思いながら、エクセルからいつも使っているソフトにコンバート。ここまでは簡単でした。ところが印刷しようと思ったら、なぜかストップ。理由が全くわかりません。
仕方がないので、最初の5人分くらい、手で打ってみました。すると難なく印刷できます。そこでやめておけばよかったのに、なんとなくでは自分で打ってみようと思いたったのです。なんたって急いでいるらしいのでね。しかしだ。何十人か打ったところまではよかったのですが、印刷しようと思ったら、なんのことはない、すべて消えてしまったのだ。これにはむかっときたね。
あんなに苦労して入力したのに。それもヘンなマンションの名前とか確認しながらしたのだよ。ああ、それなのにそれなのに。ついに頭にきて、新しいソフトをダウンロードして買おうかというところまでいきました。
ところがなんとなくバージョンアップもありかなあと思い、それも試みたのだ。
ああ、もうダメ。やっぱりダメ。最後のあがきはアンインストールです。もう一度入れ直すのだ。
さてその首尾やいかに。
これがなんということもなく、印刷完了にいたったのです。いったいなんだったのよ、あれは。
新しいウィンドウズのバージョンを入れたから、てっきりそれが原因かなと思いました。むむむのむ。
バカにしておる。結局、理由はわからないまま。3時間の格闘劇はかくして終焉を迎えました。あほらし。
今日は昼に天ぷら屋さんへ行っておいしいかきあげなんか食べちゃったので、夜はほとんどなんも食べられませんでした。体重が増えそうでこわい。

日時: 2011年12月04日 20:47 | パーマリンク
2011年12月05日
試験の後の授業

について考えました。昔は試験休みということで、のんびりしてたんですけどね。今はそんな悠長な時代じゃありません。でも試験は終わっちゃってるので、そうそう授業もやりたくない。そこで、クラスを分割しているもう一人の先生とご相談し、何かDVDでも見せましょうかということになりました。
しかし50分で終わるのを探すのは並大抵のことじゃありません。ちょっといろいろと考えた結果、かつてNHKで放送していた番組の中から適当なのを探しましょうということになりました。さて何がいいのやら。だいたいの見当はつきましたが、そんなにうまくいくものかどうか。
どこかの図書館で探すということになるのかなあ。
最近は割合にいろいろと置いてありますので、その気になればみつかりそうかも。
相談がまとまりましたので、久しぶりに別室でお稽古をいたしました。どうも調子がでませんね。忘れないようにしないと、どんどん抜け落ちてしまいます。無念。
その間にも韓国へ帰った生徒から電話。やっと第一希望の大学へ進学が決まったとのご報告。先日、facebookでその情報には触れておりましたが、あらためてご本人が久しぶりに日本へ来て、わざわざ電話をくれたのが嬉しかったな。水曜日にはもうあちらへ帰ってしまうそうな。
国籍は違っても、みんなぼくがかつて教えた生徒たちです。これこそがご縁というやつかもね…。
大いに勉強をして、世界に羽ばたいてもらいたいものです。
Hくん、がんばれよ。

日時: 2011年12月05日 19:29 | パーマリンク
2011年12月06日
ちょっと油断をしていたら

体重が2キロも増えてしまいました。慌てたね。今までこんなことはなかったのです。大変だ。わずかここ1週間くらいの話です。あの天ぷらがうますぎたのかも。なんとかしなくちゃいけません。
そこで今日の朝、急遽ダイエット。リンゴとヨーグルト、それに牛乳だけという朝食になりました。
こんなんで大丈夫かなと思ったら、なんとシフォンケーキの差し入れがありまして、これがまたうまい。ということは初期の目的が崩れ去ったのかな。
お昼はおそばだけ。こんなんで生きていけるのかと思いましたが、まあなんとかなりました。明日から毎日、体重を量ってから、学校へ赴きます。その日に食べる分量もなんとかしなくちゃならん。
いかにのんびりとして楽な日常を送っているのかということが、これでわかりますね。やばい。
なんたって暢気なのですよ。
明日は自分の試験がありますので、採点をして成績をつけなくちゃならん。しかしその枚数もとんでもないというほどのものじゃない。ごくごくリーズナブルなのです。
かくして、ますます体重増加の危険性をはらみつつ、明日も過ぎ去ろうとしております。学生時代から、そんなに体重が増えているという訳ではありませんが、そこはそれ、ちゃんとやろうよと自分に言い聞かせる日々なのでございます。

日時: 2011年12月06日 20:00 | パーマリンク
2011年12月07日
突然、新しいパソコンが

やってきました。なんなのかね。よくわかりません。全員新しいのになるのかな。ウィンドウズも最新版です。前のよりはるかに早い。サクサクとよく動きます。でもなんで今頃突然くれるのかな。よくわかんない。
この恩賜のパソコンにはいろいろと曰く因縁がありまして、実に不愉快なものでもあるのです。この話はこの業界にいる人の口からよく聞くのだ。とにかく使いにくくて、どうにもならん。今日もハードディスクに入っている大切なデータを取り出したいのは山々なれど、それはできないのです。
こっちから入れられても、中からはなんも取り出せんのです。すごい仕様だよ。仕方がないから、メールで自分の家のパソコンに送ります。今日も成績のデータだけ送りました。そのためにいろいろいとやらなくちゃならんこともあったけど、それはめんどくさいので省略。とにかく当分の間、これを使いましょ。教育委員会さん、あんがとね。
さてそれはそれとして、試験の採点だ。必死にやりました。なんとかなったよ。明日から返します。それが一段落したら、今度は評定だ。ここまでやればあとはクリスマス。国語科の忘年会もあります。いよいよ師走もおしつまってまいりましたね。

日時: 2011年12月07日 19:43 | パーマリンク
2011年12月08日
やっと体重が減ってきた

朝起きてまずすること。それは体重を量ることです。これはここ一週間のお話だけどね。あと200グラム減らそうとか朝、誓うのです。
さて朝食のパンは半分。牛乳とヨーグルト。それにリンゴ半分。これで午前中を過ごします。その間、飲むものはお茶だけ。最近はほうじ茶にしております。この方がお身体にやさしいね。
さて今日のお昼ご飯は奥様お手製のお弁当。これはそう長続きがしそうもありません。でも作ってくれる日は喜んでもっていきます。その間、いただいたのはK先生差し入れの山形名物、くじらもち一切れのみ。あとはお茶。
前ならおせんべいは食べていたな。ここは我慢。
帰ってきて、すぐさま裸になり、体重計にのります。やった。目標値を軽くクリア。こうなったらもう少し頑張るかなあ。お菓子はご飯直後に食べる。あとは水とお茶のみ。
一度軌道にのればよろしい。もうちょっとやるっきゃないのだ。
それにしても重くなるとつらいのです。本当につらいよ。これ実感…。

日時: 2011年12月08日 19:41 | パーマリンク
2011年12月09日
もう革靴はやめようかな

と思ってます。昨日まで、通勤は革靴でした。ズックは遊びの時と決めていたのです。しかし、ここ数日思うところがありまして、こうなったらひたすら歩きやすい靴を履いた方がいいんじゃないかという結論に達したのです。おまえさん、そりゃ遅いんじゃないなんて言わないでね。本人はそれなりに考えて行動していたのです。まあ、美学といえばいえるかも。
しかるに、もうそんなことは言ってられんのだ。太ってはならん。これが神の声であります。そこでひたすら歩きやすい靴ということになりました。
先日、奥様が特注のとんでもなく高い靴をつくりましたので、そのときついでに専門の人に測定してもらったことがありました。それによればEEEEなんてとんでもないそうでEEで十分なのだとか。かえって底の広い靴を履くと歩きにくいですよと忠告されました。
まあ、そんなわけで、今日は前から履いているのとおんなじメーカーのおんなじサイズの靴を買ってまいりました。これからは歩くぞ。今までのは学校へもっていって、上履きに使おうかなあ。いやいや、汚れてるしなあ。いろいろと悩みはつきないのでございます。
今日は一日、家におりまして、「蒟蒻問答」とか「宿屋の富」とか「阿武松」などを聞きました。「蒟蒻問答」もちょっとやってみたい心境ですね。なんとなく勢いがあっておもしろそうです。
それにしても寒いねえ。

日時: 2011年12月09日 19:28 | パーマリンク
2011年12月10日
これから皆既月食

ということになります。なんでも9時45分開始とか。満月が煌々と冴え渡っておりますよ。風は冷たいけど、ちょっと外に出ると心地がよろしい。さて普段はお空の変化に全く関心がないぼくとしても、あちこちで騒いでいるのを聞くと、こりゃちょっと見るかなという気にもなります。
来年の5月には金環食もあるのだとか。理屈なんかわかりませんが、それはそれでよろしいね。若かりし頃は渋谷のプラネタリウムなんかに時々通ったものです。特に土曜日の夜は「星と音楽の夕べ」と題し、普段とは違ったメニューで、解説もほとんどなく、なかなかよいムードでございました。
なんてことをちょっとだけ思いだしたね。
今度はあの同じ場所に高いビルディングがたち、さらにその中にはミュージカル用の劇場まで入るとか。いやはや月日の流れははやいものです。
ぼんやりしている間に10年ぐらいは瞬く間に過ぎます。これ実感ね。今年もあと20日で終わりじゃないか。そう思うと不思議な気分になります。今年はあまりにもいろんなことがありましたからね。この国は何度もパンチをくらってもうがたがたふらふらだ。どうやって立ち上がったらいいのか、それも皆目わかりません。
まあ、そんなことを言ってても始まらないので、ここはなんでも笑い飛ばすしかないかも。笑門来福であります。まさに笑って過ごす以外に福を呼ぶ方法はないんじゃないの。
あとはお散歩よ。おさんぽ…。

日時: 2011年12月10日 19:42 | パーマリンク
2011年12月11日
今日もいろいろとありました。

朝、いつものように起きまして、あちこちお片付け。
そういえば、昨日の夜中は突然真っ暗になったりしてヘンな感じでした。まあそれはいいや。
というわけで、あちこちのお掃除。
それからパソコンに向かいまして、調子の悪いこのサーバーから、もう一つのサーバーへの引っ越しを画策いたしました。しかるにうまくいかないのだ。普通のファイルはそのまんまでいいのですが、なんたって厄介なのはこのムーバブルタイプです。
データベースの引っ越しというのは難問中の難問で、もう少しというところまできているのですが、それがうまくいかない。もう頭にきた。半日戦っているのです。しかるにまだ解決をみません。恰好をつけるからこういうことになるんだよね。わかっておりますが、しかし今のこのサーバーの惰弱さよ。今までこんなことはなかったのに、ファイルをアップすることもできません。どうしちゃったのよ、ほんと。
情けないではすまんのです。ここのところ、そんなに難しいことをしていなかったのですが、表紙のデザインをちょっと気分転換しようとして試みたところ、無念の惨敗であります。
担当者はわかっているのかね。なんも問題はないと障害レポートにはありますが、そんなことはないのだ。全然だめよ。
まあいいや、明日もトライあるのみ。それにしてももうこれでお休みはおわりです。つらいねえ。

日時: 2011年12月11日 22:16 | パーマリンク
2011年12月12日
突然、データベースがぶっこわれた。

緊急事態です。ブログのデータベースが壊れまして、中に現在入れません。というわけで、ここへ臨時の日記を書き込みます。あまりにも複雑なシステムを使っているため、どうにもなりません。
当分の間はここに日記を書き込むことになりそうです。なぜこんなことになったのか、というのは数日前の日記を読んでいただければよくわかります。あまりにも理不尽じゃないの。
今日は試験を返したり、いろいろとありまして、成績もつけました。なんとかしようと思ってパソコンに臨んだのですが、とんでもないことになりました。
はてさて、この解決はいつのことになるのやら。このまんま今までの記事を置いておいて、さてどこか別のサーバーに引っ越ししなくちゃならんかもね。そうなると、サイトのURLもかわります。しかしそんなことを言ってられんのだ。
もうデータベースタイプのはやめようかなあ。そうすれば、なんも難しいこともなく、すぐにお引っ越し完了なのです。まあぼちぼちやりますので、このページを覗いてね。よろぴこ。

日時: 2011年12月12日 20:18 | パーマリンク
2011年12月13日
国語科の飲み会から帰ってきました

昨日のトラブルを解決しなくてはならないので、必死に戦いました。といっても帰ってきてからの話。まずは国語科の飲み会です。別名、忘年会ね。
学校の正門を出てすぐのところにある、しゃれた飲み屋さんで語り合うこと3時間。ああでもないこうでもないとやりあいました。
わずか6人の所帯ですが、楽しいね。成績も全部出し終わって気分も爽快であります。
さて帰ってきてからの戦いも壮絶なものがありました。
なんとしても壊れたデータベースをなおさなくちゃなりません。そのためにあっちのサイト、こっちのサイトと、まさに綱渡りのような行動をとりまして、つい先刻、やっと以前の状態に戻すことができました。とにかくこのmysqlというデータベースは難しいのだ。
でもそんなことは言ってられません。これからの戦いはさらに壮絶なものになるんじゃないのかな。
まあいいや、お風呂に入って寝よっと。とにかくこれで安眠ができます。
パソコンは家電じゃないぞ。

日時: 2011年12月13日 22:20 | パーマリンク
2011年12月14日
奇跡の復活から一夜あけて

今日もせこせこと学校へ赴きました。寒かった。1月の陽気だとか。ほんとに寒いのはいやだ。
さて昨日のこの欄でも書きましたが、データベースの破壊は想像以上のものがありまして、たまたま偶然のようにバックアップのファイルがありましたので、なんとか復活したのです。とはいえ、普通のファイルとはだいぶ様子が違います。
これはやってる人にしかわからないディープな内容なのだ。
とにかくこのデータベースは厄介です。なんでこんなことを始めたのか、まったく呪わしいね。さてそんなこんなで家に戻り、今日はお稽古会。今年、最後です。もうこれで丸2年が過ぎました。いよいよ3年目に突入だな。今日は特にお稽古もせず、静かにしておりました。なんだかくたびれたのだ。
無理に歩かなくちゃいけないと思って、寒い中をこそこそと歩いたら、ふくらはぎが突然のけいれんを起こし、痛いの痛くないの。慌てて、マッサージをいたしました。いやあ、無理しちゃいかんね。
まあそんなわけで、これから第二弾の調整に入ります。サーバーの移転も視野に入れておりますので、まだまだこの話は尾をひくな。
それにしても難しい。なんでこんなに厄介なんだ。
はっきりせい。ぷんぷん…。

日時: 2011年12月14日 21:00 | パーマリンク
2011年12月15日
生まれて初めて大根を引っこ抜いたの巻

今日は久しぶりに3コマの日です。活躍したぞ。1年生のクラスでは漢字の練習。甘く見てるとできませんよという話です。あっという間に授業が終了。
2年生の小論文では、スピーチ。みなさんにあれやこれやと話してもらいました。いろんな話題がでましたね。さて今年最後の授業の時間は、なんといっても反省です。1年間を振り返れば、いろいろと考えなくちゃならんこともあるんじゃないのかなと思い、その心の底を書いてもらうことにいたしました。
最初の頃にくらべたら、皆さん、随分と文章を書くことへの抵抗がなくなったようです。だいいち、自分の心情を外にあらわすというのは結構面白いことだということに気づいたみたいだな。
この調子で3学期も頑張ってもらいましょう。
さて昼食は校門の真ん前にあるタイ料理のお店。みんな次々と吸い込まれるように行っては、あれこれと批評をしております。中には入り浸っている先生もおられるご様子。そこでぼくも今日はじめて飛び込んだという次第です。タイ風のスパゲッティはなかなかのものでした。それになにしろ安い。
洪水の話なんかをしながら、ちょっと片言の店員さんとおしゃべり。また行こうっと。すごくおいしかったな。
職員室に満腹のまんま戻ったら、数学の先生が飛び込んできまして、今、農場へ行けば、なんでも取り放題よというお話。大きな袋を2つ持ってすぐに農場まで馳せ参じました。
青首大根を初めて抜きました。面白かった。聖護院大根は砲丸2つ分以上の大きさ。カブと水菜も。もう持てないと言ったら、白菜を半分に切って、これも持って行けということでした。めちゃくちゃに重い。
これをへろへろいいながら、家まで運んだのです。
奥様は驚き、ぼくはくたびれたのだ。収穫の喜びってこういう感じなんでしょうね。なんかすごく楽しかった。幼稚園のおいも掘りという気分かな。

日時: 2011年12月15日 20:07 | パーマリンク
2011年12月16日
成績会議

今日は生徒を早く帰し、成績会議でした。午前中に始まるなんてすごいね。ちょっと考えられません。実にありがたい。
さて1年生からいろいろとお話を伺いました。ここには書けませんが、いろんな生徒がいるんだなあ。ぼくが教えているのは70人くらいだからね。他の生徒さんのことは知らないのです。だからこういう機会にいろいろと教えてもらうのはありがたいです。
さてお昼で一度、休憩。今日はどうしても宝くじを買ってこいと奥様に言われ、お食事をかねて駅前まで赴きました。みずほ銀行のわきにあったよ。
お店の人が手渡すときにどうぞあたりますようにと言ってました。でも数学的にいえば、期待値がいかに低い商品かということは、重々承知しております。でも買わなきゃあたらない。それは馬券も舟券も同じこと。
つまり働かずにお金を稼ごうなんて思わない方がよいのです。
でもこれで大晦日の密かな楽しみが手に入ったかもね。
午後の職員会議はパスして、少し早めに帰宅しました。寒いですね。なんか。やだなあ。明日もちょっとした予定が入っております。さて公約通り、実行されるのでしょうか。あんまり寒かったらやめちゃうかなあ…。悩む。

日時: 2011年12月16日 19:14 | パーマリンク
2011年12月17日
寒い日は家で

ぼんやりしているのがよろしい。本当は朝から出かける予定でしたが、明日に延期しました。奥様とのおでかけはまたの機会ということになります。明日は別々の行動をとります。
さて朝からパソコンの中身をあれこれと整理いたしました。
せんだってのデータベース騒動からまだ完全にたちなおっておりません。へんなファイルが突然できてしまったり、それを消去できなかったりと御難続きなのです。簡単にいけばいいのですが、そんなに単純なもんじゃありません。
そのためのバッチファイルをつくってさらに難しい作業が続きます。ほんとにくたびれたよ。
午後からは近くの本屋さんへ赴きました。ついでに図書館にも寄ってきました。入り口でサロンコンサートなどをやっておりまして、しばらく聞き惚れてしまったのだ。
まさか落語はやらないよね。
そうだ、そういえば、来週ちょっとしたところで落語をご披露することになり、目下、猛練習中なのです。これがなかなかに厳しい演目で、覚えるのが苦しいです。でもなんとかやらないとね。30分はかかるな。とにかく頭の中にたたき込むのだ。
みんな喜んでくれるといいんですけどね。
いやはや、それにしても寒いです。もうすぐお正月だもんね。
今日、ザクロ酒飲みました。おいしかった。つけてからちょうど2ヶ月がたちました。早いもんだねえ。

日時: 2011年12月17日 20:30 | パーマリンク
2011年12月18日
神宮外苑散策

今日はちょっとした用事で四ツ谷まで出かけたので、そのついでに信濃町から千駄ヶ谷、青山から表参道まで歩きました。
あったかくて気持ちがよかったな。国立競技場ではなんとか駅伝とかいうのをやっていて、ちょっと覗いちゃいました。たくさんの人が楽しそうに集っていたよ。ついでだから絵画館の入り口まで。かなり大昔、中に入ったことがあったかも。でもあんまり時がたっているので、忘れちゃいました。まあ、どうでもいいっか。
さてどんどん歩きまして、神宮球場を過ぎ、青山へ。おしゃれだなあ。なんとなく目がクラッとします。フランフランのお店がおしゃれ。青山ケンネルの前を抜けて、表参道までついに歩いたね。
そこから地下鉄に乗って、やれやれ、これで家へ帰れます。
結論、東京は広い。どこへいくのも大変です。だからみんな都心に住みたがるのかなあ。確かに新宿に住んでいた頃は便利だったからな。
さてさて、どうしましょ。でもあんまり人のいるとこはくたびれるしね。
この話題はのんびり考えることにいたしまょう。

日時: 2011年12月18日 20:07 | パーマリンク
2011年12月19日
今日も慌ただしい一日でした

またまた月曜日。授業はなくても、なかなかに忙しい。なんでだろう。野菜を買いに行ったり、生徒と落語の稽古をしたり…。せわしなかったな。
昼過ぎ、家にメールを打ったら、突然キム・ジョンイル死去とのこと。慌ててみんなでワンセグを見たりいたしました。
部屋にテレビがないのです。困ったもんだ。
いつものタイ料理屋さんに行こうと思ったら、閉まっておりました。どうなってるんでしょ。洪水の影響はここにもあるのかな。よくわかんない。
さてお昼ご飯を食べ終わった頃、1年生の弟子が二人やってきました。「つる」と「牛ほめ」の2題です。一通りやってもらいました。だけどまだ全部腹に入ってないのだ。そこできびしい宿題を出しました。3学期が始まるまでに、全部完全にしゃべれるまでにしてくること…。。
なかなか大変だけどね。お客さんの前で、まさかカンニングペーパーを持つという訳にはいかないしな。がんばれよ。
ぼくも今日はお稽古をいたしました。「百川」はおもしろいね。はやく覚えますわん。帰りにちょっと整形外科へ。
注射されちゃいました。とほほ。
あと2日で今学期も終わりです。やれやれ。もうすぐ休みだぞ。

日時: 2011年12月19日 20:40 | パーマリンク
2011年12月20日
寒いけど、いい天気

いよいよ今日で授業も終わりです。朝2時間ありました。なんとかやったよ。これで今年の授業も終わりました。なんというか、感慨もありますね。
明日の終業式が終わると、当分の間お休みです。実にありがたい。
今年はいろんなことがあったからね。ほんとにいろんなことがあった。
個人的にも世界的にも。
来年はどういう年になるのでありましょうか。
その前にまたちょっと飛行機に乗ってでかけなくちゃなりません。ほんとに忙しい話です。今年は随分と周囲の環境がかわったからなあ。それとITの世界も随分変化しました。最近はスマホが中心になり、さらにはfacebookの普及かな。mixiの頃とはまた違った印象を受けます。
いつでもどこでもサイトにアクセスできるということは、すごいことだ。こんな世の中になるなんて、誰が想像したでしょうか。ほんとに劇的なことです。このことはのんびりとどこかに書こうかな。
とにかく寒いけど、いい天気。
外を歩いていると気持ちがいいです。
明日も気分は快晴だ。

日時: 2011年12月20日 19:25 | パーマリンク
2011年12月21日
終業式

ついに本日を迎えました。実に4月から10ヶ月がたったのです。なんというか感慨がありますね。その間、いろんなことがありました。暢気に暮らしております。実にありがたい。国語科の皆さんが実にやさしくて、いろいろと気をつかってくれます。
また3人一度に国語科へ転勤いたしましたので、この3バカトリオがなんともいえないコラボーレーションの味わいを醸し出しております。とっても毎日楽しいです。
みなさん、それぞれ大変に個性豊かでありますので、あれやこれやとぺちゃくちゃお話をしながら、物理準備室は毎日盛り上がっております。むしろ職員室の方がずっと静か。
他の先生方に比べると、3バカトリオがあまりにも突出してアカデミックでないということなのか、なんともいえない不思議なアホムードだなあ。毎日けたけたけたけたとただ駄洒落を飛ばしつつ笑っております。
それにしても今日は寒かった。ちょっと外出をしましたが、いやはや寒い。空気が冷えているというのはこういうことなんだなということがよくわかります。
さて終業式も終わり、明日からはのんびりと冬休みです。とはいえ、いろいろと用事もありまして、ままならぬ身体ではありますが、風邪などひかないように、ここは心してかからねばなりますまいね。ほんと。

日時: 2011年12月21日 19:36 | パーマリンク
2011年12月22日
お休みは楽しいな

といいたいところですが、なんといろいろ用事のあることよ。それを一つづつ片付けていかなくてはいけません。明日から日本海側の天気が大荒れだというので、明日飛行機に乗る予定だった奥様が急遽、乗る便を変更してよと言い出しました。
まったく次々と理不尽なことを言い出すのだ。慌ててパソコンに向かいます。昨今はなんでもパソコン一台あれば、用が足ります。すごい時代になったもんだ。変更はいいけど、何時のがいいのとぼく。
今日は午後まで用事がつまってるから、夜のにしてというわけで、あちこちと検索した結果、随分遅いのになりました。
つい先刻、空港からの電話によれば、現在雷が発生しているので、天候調査中とのこと。なんてこった。ぼくも明日出かけるんですけど、だめかもね。でも今回は一席やらなくちゃいけませんので、弱ったなあ。なんでこんな時に寒波がくるんだろう。ほんと。
すごいですからね。日本海側の風というのは。雪なんか、みんな吹き飛ばしてしまうのだ。だから積もらないのです。
ぼくは東京の生まれなので、寒さに弱い。それと暗い空の色ね。
そうそう、午後は薬局へ行ったり、図書館へ行ったり。銀行にまで行きました。こんなことをしているうちに時間がどんどん過ぎていくのです。
さて明日はどういうことになるんでありましょうや。とほほ。

日時: 2011年12月22日 19:45 | パーマリンク
2011年12月24日
今日も雪国におります

朝のうちはそれほどでもなかったのですが、午後になったら突然の雪。ものすごいです。今、息子は駐車場の雪かきをしております。あっという間に30センチ積もりました。すごいです。とにかく細かいさらさらした雪がずっと降り続いてます。これが雪国ということか。
ただただ驚くね。
さて本日はいろいろなイベントがありまして、昼過ぎには落語を二席もご披露することとなりました。最初は一席のはずでしたが、もうひとつやれというので、ではと調子に乗りました。皆さんに喜んでいただき、まずはありがたいことです。
さて今日はゆっくりと休ませていただくことにしまして、明日は東京に夜遅く戻ります。さて何時に家に着くのやら。それもわかりません。
まあ、これで今回のミッションは終わりましたので、まずは一安心というところかな。粛々と日常生活に戻りたいと思います。
それにとにかく雪国の生活をしみじみと味わいますと、やはり東京の青空が恋しいね。まあ、いろいろあれど今日は本当のホワイトクリスマスになりました。
歌なぞうたって、ケーキを後ほど頂戴したいと思います。
みなさん、メリー・クリスマス。
サンタさん、ぼくのとこにも来てね。

日時: 2011年12月24日 17:45 | パーマリンク
2011年12月25日
東京は大都会

空港からリムジンバスに乗りました。深海魚になった気分です。暗い道をただひたすら走ります。高いビルディングばかり。すごいスピード。
1時間前にはブリザードの中にいました。
空港のアナウンスも、もし飛行機が着陸できないようだったら、羽田行きの便は欠航になりますから、あらかじめお知らせしておきますというもの。
なんということか。空港のライトは下から吹き上がる粉雪を容赦なく照らしてます。すごい風景です。もうだめかと思ったよ。新幹線もとうに行っちゃったし、仕方がないからもう一泊する覚悟もしなくちゃと思いました。
でもパイロットは偉い。しばらく上空を旋回し、雪が少し弱まったわずかな間に着陸を試みたのです。
というわけで、その飛行機にやっと乗ることができ、なんとか40分遅れで空港から飛び立てました。東京は広い。大都会ですね。ビルには煌々と灯りがともり、東京タワーはクリスマスツリーのライトアップ。とにかくすごい都市だ。あらめて感動いたしました。
また明日から、ぼけっと暮らします。断言します。今日ははやくお風呂に入って寝ましょ。
そうしましょ。くたびれたよ。あの雪雲を突き抜ける時の振動。すごかったぞ。
生きてる気がいたしませぬ。

日時: 2011年12月25日 22:41 | パーマリンク
2011年12月26日
今日はぼけっと…

してました。
くたびれましたね、やっぱり。なかなかの強行軍ではありました。難しい内容の落語だったので、固有名詞を忘れちゃいけないとか思いながら、何度もお稽古をいたしました。
人の名前とか、年号とかが出てきますので、ここですべると話にならんのです。といって聞いてる人は初めてだから、どこでミスしてもわかんないんですけどね。
でもだからといって噺は一つのリズムで構成されてますので、土地の名前が出てこなくなると、そこから先へスムーズに進めなくなっちゃうのです。ここいらが不思議なところだな。
いつものようにご隠居さんと八っつあんなら、なんの心配もないのにね。まあいずれにしても、今日はのんびりいたしました。朝のお掃除の後は、郵便局まで荷物をとりに行っただけです。あとは炬燵に入って丸くなっておりました。お昼寝もしちゃったよ。
明日は少し平常の活動に戻らねばなりません。
なんたってぼけっとしてると、また太っちゃうからな。
それにしても寒いですね。北国の寒さが身にしみます。
こういうのって結局、経験則なんだよね。
この日記も1月からまたリニューアル・オープンということにいたしましょうか。目下、思案中です。

日時: 2011年12月26日 20:23 | パーマリンク
2011年12月27日
随分とおしつまってきました

今日もマイペースで暮らしました。大掃除はかなり以前、本格的にやりましたので、今年はパスかな。なんとなくそんな気配がいたします。
ということは好きなようにやってていいということになります。やれやれ、ありがたや。
そういうわけで、午前中はぬくぬくとしてました。いろいろとやらなくちゃならんことはあるのですが、あんまり張り切ってなにをしようという気分にはなれません。要するにサボるのが好きなのだ。
午後からちょっとでかけました。あれとこれとと一応頭の中で算段だけはしていくのですが、あんまりうまくいかないね。それでも4時過ぎには家に戻ってまいりました。
そんなに寒くなかったな。なんでも9度位あったとか。今まで零下のところにおりましたので、ほっとしてます。雪がないだけでまずありがたい。日本海側も明日になれば寒気がゆるむというので、いったいあの日々はなんだったんだと、あらためて妙な感慨をいだきます。
さて最近はどうもまともに本が読めなくなりまして。弱ったね。本屋さんに出かけると、とにかく聞いたことのない作家の数に驚かされます。食わず嫌いなのかもしれんけど、歯ごたえがなくてね。困りました。譬えは悪いけど、なんとなく絵が嵌めこんであるような印象を受けるものが多いのです。もちろんすばらしいものもあるけどね。
これはどういうことか。ぼくの感受性が衰えたということかも。このあたりもお正月の間に検証しなくてはなりませんな。いやはや、課題の多い季節ではあります。頭が痛いのだ。

日時: 2011年12月27日 20:03 | パーマリンク
2011年12月28日
久しぶりに町中を

車であちこちと回りました。最初はクリーニングをとってきてちょうだいとか、ガソリンを入れておいてよと言われて、ただ用事をこなしておりましたが、ついでにちょっと町の見物もしようという気になりました。
というのもこのところ電車にばかり乗っていて、あんまり近所をぐるぐる回るということもなかったからです。もう一つはちょっとしたものが欲しいと思ったからかな。しかしまさかリサイクルショップなんかにあるもんじゃなさそうだし…。
それでも暇だから少し覗いてみようかという気になったのです。結論、やっぱりなかった。こうなると、あとは新品を買うか、オークションあたりで探すしかないかもね。まあ、慌てることもないので、のんびりとやります。
家に戻って久々に読書です。本を読むというのは頭にいいのかもね。頭がよくなるというのではなく、ちょっと血がめぐるという感覚に近いのかもしれません。ひょっとして血流がよくなるのかな。面白いものは面白い。つまらないものはつまらん。あたりまえ。
しかし興味が時々にあわせて変化するので、面白いものもどんどん変わります。それがまたいいのかもしれんね。なにごとも自然体です。無理しちゃいかん。
笑門来福だ。これこそが来年度の目標でもあるのです。今日の反省。またまた夕食を食べ過ぎたような感じがいたします。
深く反省。体重計に乗るのが怖い。

日時: 2011年12月28日 20:10 | パーマリンク
2011年12月29日
いよいよ今年もおしつまって

まいりました。あと2日でおしまいだよ。毎年、こんなことばかり言ってるけど、今年はすごい年だった。みんなが言うから、多分そうなんだろうと信じてたものが、次々と壊れました。その代償はあまりにも大きくて、当分、この国は立ち直れないんじゃないかな。
政治もそう。どうにもならない閉塞感に襲われてます。世界中が似たような感じになっちゃいました。失業率も深刻だ。日本には無縁だった話が、今じゃ、ごく親しみのある話題です。
人もたくさん死んだよ。どこに行っちゃったのかわからない状態で、別れ別れになるのは、あまりにも悲しすぎる。家も流され、肉親も消えるなんて、あってはならんのです。でも現実は容赦ない。
放射能が誰彼の見境無く降り注いでます。学校のお茶畑でとったのも、セシウムがたくさん検知されたとかで、結局廃棄処分になりました。生徒がかわいそうだった。
船がなくなった人は、その日から仕事がなくなり、沿岸の漁港は壊滅状態。貯蔵施設がなければ、船も接岸しない。お米もだめで、国が買い取る。住んでた土地もダメで、これも国が買い取る。その地面どうするの。放射線を取り除いた土はどこへいくのか。捨てた後はどうするの。
なにもかもが先送りされ、解決の糸口は何十年も先まで持ち越しとなりました。
とにかく、変化の予兆だけはひたひたと迫ってくるものの、誰も手がつけられない。この膠着状態の息苦しさ。しかしだからといってネオナチズムはごめんだな。
あと2日で今年もおしまい。
来年はやっぱり無理にでも笑って暮らすしかないかもね。

日時: 2011年12月29日 19:53 | パーマリンク
2011年12月30日
ただほど怖いものはない

昨日のちょこっとブログを見てくれればわかりますが、へんなものに半日苦しめられました。昨日は頭にきたものの、このまんまじゃどうにもならんと思いなおし、一晩寝ました。いろいろとサイトを覗いてみましたが、これといって成果なし。
仕方がないので、定評のあるカスペルスキーのセキュリティ・システムを入れてみましたが、なんの反応もありません。結局、ウィルスじゃないということなんでしょう。こういうのの中にスパイウェアとか入ってて、パスワードとかを盗み出すのだよ。
しかたがないから、レジストリを開けて、それらしいのを探しました。いくつか消してはみたものの、結果はおんなじ。もう頭にきた。
こういう時は、粛々と以前バックアップしておいたところまで戻るしかありません。
ありがたいソフトがあります。前は買ってたけど、今はおんなじ機能のがフリーソフトにある。頭がさがるね。ほんと。
12月の最初にとっておいたのがあったので、そこまで戻ることにしました。それでなんとか息をついたという次第です。今後このエンコーダーは絶対使わないぞ。ノートにもいれてあるけど、そっちは大丈夫です。つい最近だよ。こんなバイ菌みたいなツールバーを密かに入れおって。許せん。
とか言って、もうほんとに今日の予定はめちゃめちゃなのだ。
とはいえ、予定なんか初めからなかったんですけどね。むむむ。

日時: 2011年12月30日 20:03 | パーマリンク
2011年12月31日
とうとう大晦日

になってしまいました。またまた1年が終わるのだ。
朝、ちょこっとだけお掃除をいたしました。その後は落語のお稽古。ちょっとやってみようと思った噺のなんと難しいこと。こういう仕草の多い噺は、本当に力がないと白々しさだけが前面に出てしまうのです。
さらなるお稽古を積むしかないね。
さて先日来、やたらと困っていたテーマに挑戦するべく、本日もパソコンと戦いました。他のもっといいソフトはないかなとただ物色しただけですけど。なんとかへんなものの入っていないソフトをみつけたよ。やれやれです。テレビからとった画像をipodにいれるのも結構大変です。さらにはその画像を手頃な大きさにちょんぎってといろいろソフトを使うのだ。
まあ全てがうまくいきまして、万歳なのでございます。
さてこれからお客様も見えるというので、さてどういうことになりますやら。息子はこの寒いのにウィーンへ歌をうたいに行くとかいうので、お正月はさて娘がいるのやらいないのやら。
とにかくぼくは粛々とお稽古を続けようじゃありませんか。
ほんとにいろんなことのあった年がまもなく終わります。来年こそはいい年になるといいなあ。これ素朴な感想です。しかしなにがいい年なのかということになると、これはまたまた難しい。絆というのが、今年のキーワードだそうですけど、今年くらい、人との関係を考えさせられた年はないね。
利他ということをもっと考えなくちゃならん。
それを来年のキーワードにするかな。
皆様には大変、この1年間、お世話になりました。あらためて、御礼を申し上げます。
来年ものんびりとやっていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。
良い年をお迎えください。来年も大いに笑いましょう。
笑門来福…。

2011年11月

2011年11月01日
午後から2コマ

午前中は暇でした。とはいえ、朝からまたまた宴会です。楽しいな。今日も体育のK先生がラスクをもってきてくれました。そこでちょっとしたラスクパーティです。例によってガハハがははと笑いながら、ああでもないこうでもない。実に賑やかでありました。
その後はじっと落語を見ます。これが日課なのだ。ひたすら見たり、聞いたり。これが大事ね。さらには推薦入学の願書をだすため、志望理由書の添削をいたしました。これも季節です。いよいよそこまできたのかという感じ。去年の今頃を思い出しますな。
あの時もいろいろありました。幸い、みんなあっちこっちに入ってくれたからいいようなものの、ダメだったら悲惨だったよ。
さて午後から2コマの授業。現代文と古文をいたしました。いよいよ文化祭の準備にとりかかるシーズンなので、少しでも時間があったら授業をしておかなくちゃいけません。そうじゃないと、やたらと代休などで、文化祭後つぶれちゃうのです。生徒はあんまり実感がないみたいだけど、文化祭が終わったら、すぐに期末試験という感じになるのだよ。
急ぎたくはないけれど、これもいたしかたがないというところかな。
放課後は男子が一人、顔をかしてくれとあらわれました。なんでも夢にぼくが出てきたとか。すごい話です。まず絵解きからはじめて、あれやこれや。一生懸命に語ってくれました。
若いということはすばらしいね。
前途洋々たる未来に幸あれ…。

日時: 2011年11月01日 19:41 | パーマリンク
2011年11月02日
酉の市

今日は酉の市の日です。授業をしていたら、神社の花火の音が聞こえてきたよ。どんどんとすごい音です。今年は三の酉まであります。火事には十分注意しないとね。
さてさて酉の市見物は下校後の楽しみにとっておいて、まずは授業です。今日は2コマ。なんとか古文と漢文を無事にクリアいたしました。
これでぐっと来週は楽になります。というのもいよいよ文化祭一週間前を迎えるにあたって短縮授業になったり、はたまた準備のために授業カットにもなったりするのでね。ありがたい話じゃないの。それだけ、文化祭にかける情熱がものすごいということなのかなあ。ぼくはとにかく新参者でありますので、今年はひたすら見学の方に回ろうと思っております。はい。
朝から今日もちょっとしたパーティがありまして、お茶を飲みつつ、焼き栗やらラスクやらをいただきました。本当にありがたいことです。体育のK先生には頭があがらないね。いつもいつも差し入れをくださいます。その後は例によって落語の鑑賞です。今日は「鈴ヶ森」。これはドジな泥棒さんのお話です。なるべく早くマスターして高座にかけたいもんだな。最近こういう間抜けな話が大好きになりました。なんでかなあ。
先祖返りかもね。どんどん頭の中が空っぽになって抜けてきたからなあ。ひひひ。
さて学校を出る頃には、随分暗くなっておりました。飲み屋さんの看板を横目でにらみながら、神社まで歩きます。お酉様のにぎわいを見ると、子供の頃いつも遊んでいた花園神社の境内を思い出します。いいもんですね。大好き。
ものすごい数の提灯がかかってます。熊手がたくさん飾り付けられていて、白熱灯がきらきらと光を放っています。いいなあ。そしてお決まりの手拍子。しゃんしゃんしゃん、しゃんしゃんしゃん、しゃんしゃんしゃんしゃんしゃんしゃんしゃん。
あれがいい。拍子木の音もよろしいね。また二の酉に行こうっと…。お祭りはいくつになってもやめられないのだ。

日時: 2011年11月02日 19:58 | パーマリンク
2011年11月03日
今日は家におりました

文化の日というのは、いつも秋晴れなんですけどね。今日はそういうこともなく、終日どんより。朝からカーペットを出して干したりして、せわしなかったなあ。
この前しまったかと思ったのに、また出さなくちゃならんのです。本当に月日のたつのは早い。これだけは実感いたしますね。
さて宅配の不在者票が突然新聞の間から出てきてびっくり。昨日来てたんじゃないの。いないもんだから引き上げたらしいのです。仕方がないので電話をすると、午後持って行くとのお話。というわけで、家にいなくちゃならんことになりました。
どっかへ出かけようと思っておりましたが、それもかなわず、そうなればお稽古にエネルギーを費やすのが最上の方法ということなります。
今日はやりました。「牛ほめ」「不動坊火焔」「たらちね」「宿屋の仇討ち」。続けてやったらくたくたになった。全部で1時間半くらいになるのです。どうかしてるよ。以前やったのは忘れちゃってるので、そこいらを補修したりして、なんとか繕いました。
やっとブツが届いた頃はもう真っ暗。休日、どこにもいけないのはつらいね。おかげさまで、ホームページのメンテナンスも無事に終了。そのお話は別のところでね。

日時: 2011年11月03日 20:22 | パーマリンク
2011年11月04日
お昼休みに

ちょっと外へ出ました。たまにはのんびりと昼食をいただきたいと思ったのでね。さて転勤してしばらくたった頃、学校から歩いて10分以内にあるお店を網羅した、ものすごく詳しい一覧表が届きました。地図付きです。その数、およそ200件。
どうもこの表をつくった人はミシュランよろしく、しらみつぶしに食べ歩いたらしいのです。もちろん一人じゃない。何人もで、つくりあげたみたいだな。どうやらここ4年間ぐらいの間に探索したもようです。その一つ、一つをぼくの前に座っているU先生は、毎日昼に食べに歩いたと思ってください。
つい先日、全部達成したと誇らしげに語ってくれました。さてその中でも推薦してくれたのが、今日でかけたお店です。ここはインテリジェントビルの一階にありまして、まあ、社員食堂の雰囲気ですかね。このビルの従業員のみならず、あちらからもこちらからも人が押し寄せます。サラリーマン御用達という感じかな。
IT企業がたくさん入ってますので、若い人も多いです。でもそれなりに貫禄のあるサラリーマンもいたなあ。
お値段はすこぶるリーズナブル。また行こうかな。たまにはいろんなお店に入りたくなりました。U先生ご推奨のお店マップが近いうちに出るとかいうので、目下それも楽しみにしているところです。
明日は休み。うれしいです。来週はいよいよ文化祭準備週間。
さてどんなことになりますのやら…。

日時: 2011年11月04日 19:57 | パーマリンク
2011年11月05日
新しい噺を…

お稽古いたしました。音源だけしかなかったので、必死になって速記し、それをただひたすら喋ったのです。まだ落語にもなってないね。まあ、原型みたいなもんか。これから頭の中に入れていきます。幸い、いろんなところから速記本が出版されてますので、だいたいはそれで済みます。どうしてもダメな時はネットで探すこともあるけどね。
しかし今度のようにどこにも原稿がないというのは珍しい。そういえば、学校にあった古い落語全集も近々いただけることになりました。図書館にある本を古い順に廃棄していくのです。どれを捨てたらいいのかという話がありましたので、さっそくその候補に入れてもらいました。業界用語では除籍というのだよ。
しかしものすごく厚い本が10冊近くにもなるので、どこへ置いたらいいものか。準備室のどこかにこっそりと飾るか、それとも机の上にどんと並べるか。いずれにしてもその日がくるのを楽しみに待っております。
なんというか、暇な話ですね。自分でも感心いたします。どうしてこんなことになったのか。その理由もよくわかりません。でもなんとなく昔からそういう世界に住んでいたんですよ、ぼくは。今になってみるとよくわかる。
年をとったのかな。ひょっとすると、そういうことかもしれません。ところで今度の高座のネタ、忘れちゃいそう。どうしましょ。

日時: 2011年11月05日 20:23 | パーマリンク
2011年11月06日
お散歩、お散歩、楽しいな…

今日は日曜日。昨日に続いて休日です。だからといって、そんなに遅くまで寝てないよ。ちゃんといつもとおんなじような時間に起きました。ただしその後の動作はスローモーかも。なんたって時間に追われてませんので。いつもはとにかくご出勤のために急いでいるのです。
さていろいろとありまして、好きなことをいたしました。奥様はどこやらの展覧会へお出かけなので、つかの間の独身気分であります。
昼間はスパゲッティをつくりなさいと言われてましたので、あれやこれやと炒めて、さらに生の麺をゆでます。アルデンテにするためには時間が勝負。最近はうまくなりました。特に生麺は難しい。乾燥トマトもいれるとよろしいね。なんというか、あの酸っぱくてしょっぱいのがたまらん。
コーヒーなぞ飲んでゆっくりした後、いよいよお散歩です。しかしこれはこの国全体にいえることだけど、お散歩するのに適した風景というのがあるのかないのか。ないわけじゃないけど、風情に欠けるとこも多いです。建物かな、それとも路地か。フィレンツェなんかと比べちゃいけないというのはよくわかってるけど、やっぱりあっちの方がいい。
とにかく面白い。歩いていても意外性があって、殺風景じゃない。へんな看板もないから静かで、落ち着いている。色もいい。黄色く塗ったビルとかみてると、情けない気分になります。ほんと。
だからといってこの国のやり方はこの国独自のものだ。ケチをつけるわけじゃないけど、なんというか、これは審美眼の問題なのかな。よくわからん。
とにかくお散歩をしたのです。大きなみかんだかレモンがなって、実にすばらしかったです。他人の家のお庭を覗くのは楽しいね。今日の収穫は新聞紙をたたんでいれるためのポリ袋を買ったことです。いつも新聞屋さんは一つしかくれないのだ。電話をすれば、もう一枚余計に持ってきてはくれますけど。
今日はその面倒くささを払拭すべく、ついに探して買いました。これでいちいち紐で縛らなくてすむ。実にありがたい。そんなことというなかれ。このように些末なことこそが人生の大問題なのであります。はい。

日時: 2011年11月06日 20:14 | パーマリンク
2011年11月07日
今日から短縮

授業となりました。ありがたい。1コマが40分で終わってしまいます。すぐね。今日のクラスは男子がサッカーだったそうで、その直後の授業ということもあり、なかなか戻ってこなかったのです。そこで仕方がなく、しばらく待ったのだ。
というわけで、授業も先に進めず、漢字の練習ということになりました。まあ、こういうのもたまにはありかな。12月1日からすぐに期末ということもあり、ぼやぼやしてられん。文化祭の後、ものすごく授業がつぶれちゃうので、そんなにもう授業はありません。
だからというわけじゃないけれど、明日はパワフルにやらんといかんね。とはいえ、40分じゃ無理なのです。まあいろいろあれど、生徒諸君は楽しそうに文化祭の準備をしてます。ぼくのいる準備室の前の廊下は完全にファッションショーの舞台となりまして、生徒が毎日歩き方のお稽古をしてるのだ。
それはいいんだけど、その時に使うBGMがなんともいろいろで、この前はモスキート音みたいなへんな電子音でした。あの時は完全に頭がやられたね。まあ、この喧噪も少しすればやむのでしょう。それを願いつつ、ここは忍の一字であります。
本日も物理室で「鈴ヶ森」のお稽古をいたしました。泥棒になるのも楽じゃあないのだよ。これ、実感…。

日時: 2011年11月07日 20:34 | パーマリンク
2011年11月08日
随分寒くなりました

朝晩、随分と冷えますね。いよいよ本格的な秋の到来でしょうか。11月に入ったというのに、ぬめぬめとしたヘンな天気の日が多かったような気もいたします。今日は暦の上では立冬だとか。なるほど、そういわれてみれば、そんな気分だなあ。
いつもと同じようにふわふわと出かけ、のんびりして、ふわふわと帰ってきました。授業も2コマやりましたけど、まあどうということはございません。なんたって40分授業ですから、すぐに終わっちゃいます。いよいよ明日は半日授業だそうで、その後は2日間にわたってずっと準備。そんなに仕度があるのかな。かなり疑問ですけど、まあこれがやり方なんでしょう。
ローマへ行ったらローマ人のやるようにしなくちゃいけません。本当なら寄席を開催するはずだったのに、2年生が怖じ気づきまして、大分前に許してくれと詫びを入れにきました。1年生の男子一人も来年なら必ずやりますからというので、まあ今年は文化祭の案配を拝見するかという、やや暢気な気分になったのです。そのかわり、来年は必ずやるぞ。
なんでも6千人くらいがご来場ということですので、寄席なんぞやったらさぞ喜んでくれるんじゃないのかな。まあいろいろあれど、本年は見学者の立場を崩さずに、いい子でいようと心に決めたのでありますよ。
明日は今日よりもっと寒いとか。いよいよコートを出さなくちゃだめかもね。

日時: 2011年11月08日 20:07 | パーマリンク
2011年11月09日
本日は半日授業

でした。ぼくは1コマだけ。のんびりしたもんです。昨年もやった原田宗典の小説をなんとか終えることができました。これで試験範囲が一つできたということになります。なんたって現代文、古文、漢文をやらなくちゃならないので、国語という科目名ではありますが、生徒は大変だ。誠にごくろうさまであります。
朝、時間があったので、隣の部屋にこもり、落語のお稽古。毎日よく飽きずにやれるものだと自分でも感心いたします。
落語っていったいなんなんでしょうね。
一人でやれるというのが、まずよろしい。失敗してもうまくいっても全部自分の責任だからね。そういう意味では誠に暢気です。
さて午後から生徒諸君は文化祭の準備であります。なにしろ学校が広いので、どこにいるのやらよくわからん。そういうわけで、ぼくは実にのんびりしております。今年は受付係をやれといわれた他は、これといってご用事もありません。
明日、明後日はなにをして過ごすかなあ。
あちこちをぶらぶらしながら、生徒とおしゃべりするのがいいかも。随分とお友達も増えました。ありがたいことです。校内を歩いていると、声をかけてくれます。
この文化祭中にまた新しい恋も生まれるんだろうな。そう思うと、まだぞろ愉快な気分になれるというものです。なんたってお祭りは無前提によいものなのですよ。

日時: 2011年11月09日 19:59 | パーマリンク
2011年11月10日
お稽古日

たった今、お稽古から戻りました。楽しかった。
近々、また落語会がありますので、それに向けての打ち合わせです。誰が何をどういう順番でやるのかをだいたい決めるのです。今までご披露のなかった噺を会のみんなに聞いてもらって、品定めというところかな。
いろんな噺が聞けて面白いです。他の人のを間近で見るというのも勉強です。実際にやってみると声の抑揚、仕草、上下、登場人物の性格づけなど、大変に難しいのです。なんだあんなもんかと思ってやると、とんでもないことになります。とかなんとか言いながら、これで丸2年になりました。
まだまだ前座修行中の身です。いつになったら二つ目になれるのやら。
それでも楽しくてついまた頑張っちゃいます。
学校の方は文化祭の準備を生徒たちがしているので、ぼくはぼんやりです。とりあえず、お昼寝用の段ボールを後でお片付けの時にもらおうかなと画策してます。
今日は3年生がやる和食屋さんの食券を買いました。これも本当ならすごく並ばないと手に入らないものらしいのです。そういうわけで、誠にありがたい話なのだよ。みんなありがとうね。
明日も準備です。でも推薦入学の試験を受ける生徒が小論文をみてほしいといって今日もきました。
明日もくるとか。
とにかくいろんなことのある季節なんですね。

日時: 2011年11月10日 21:28 | パーマリンク
2011年11月11日
ついにストーブを

つけました。朝から寒くて、どうにもならん。それでもお昼頃まではなんとかなりました。だんだんどうしようもなくなって、ついに午後からストーブをつけようかという話になったのです。ちょっとでも火の気があるとあったかいもんですね。お茶なぞ飲みながら、実にのんびりいたしました。
生徒諸君はこの寒い中で、部屋の装飾なぞをしています。なんとなく楽しそうだな。今までぼくが経験してきた文化祭とはちょっと趣きがちがいまして、なんとなく収穫際の様相に近いのかもしれません。
しかしとにかく見てみないことには、なんもわかりません。全ては明日を待つしかないのです。受付の仕事もしなくちゃならんし、よく見てみましょう。
なんか安いものもあるのかな。噂ではジャムとか、お味噌とか、いろんなものを売るらしいのです。でもそれもほんとのところは皆目わからないね。
今日は途中で抜け出してきた生徒さんの小論文もみてあげました。明後日が試験なんだそうです。文化祭に2日間出られないのが悔やまれるなあ。でも試験じゃ仕方がありません。
いずれにしろ、明日も明後日も天気はよく、気温も大分上がるとの予想が出ております。ここはひたすら暢気な観客になるのが最善の策かもね。

日時: 2011年11月11日 20:37 | パーマリンク
2011年11月12日
文化祭初日

朝から本当にお客さんが並んでました。これには驚いたよ。なにが目的なのか、よくわからん。それにしても今日はいいお天気でした。太陽がまぶしくて、緑もきれいで…。昨日の雨で汚れがみんな落ちてしまったのかなあ。
10時からぼちぼちと売り始めたので、まずはジャムとお味噌、ケチャップを買い込みました。瓶詰め6個です。さらに場所をかえて、今度はパウンドケーキを2つ、ブドウジャムの大きいのを2個。
しばらくしたら、奥様がお友達を連れてご来校。なんと。こんなことは今までになかったことです。やはり食べ物に人はつられちゃうということなのかなあ。ぼくの買い込んだものをいくつか持って行ってもらうことにしました。なんでもその後で、やたらと野菜を買ったそうな。なんたるちあ。
さて11時からは受付のお仕事です。ご来賓の方を校長室にお連れしたりしました。
一段落ついたので先日のチケットを持ってお食事処へ行こうとしましたが、すごい人の列。あきらめました。食事にありついたのはそれから1時間後。
松花堂弁当の高級なのでした。すばらしい。完全に本職です。もうすぐ、みんな調理師の免許をとるんですからね。恐れ入りました。
その後もあちこちをうろうろ。くたびれたよ。
学校が違うと、文化祭もまるで違う。これでいいんでしょ。
これが文化ということなのだ。明日もまたまたお仕事です。休めないのがつらい…。
日時: 2011年11月12日 20:24 | パーマリンク
2011年11月13日
結婚式と七五三

今日は文化祭2日目。昨日の来校者は3500人だったそうな。驚きましたね。今日の人数も明日になればわかるかな。天気もよかったですから。とにかくあったかくて、いい日和でした。風がなく、どこにいてもぽかぽか。ありがたいことです。
朝もすごい勢いでお客さんが入ってきたからなあ。今日はなんにも買わずにじっとしていました。昨日買いすぎて、奥様に叱られましたので…。ぐすん。
そういうわけで、今日は服飾科のみなさんのファッションショーを見せてもらいました。体育館にはすごい人。これにも驚いたね。ショーは30分。構成は8部ぐらいに分かれておりまして、洋装あり、和装あり。さらにはミリタリーからおとぎ話、最後はウェディングドレスであります。なんと新婦が4人に新郎が2人。
きれいでした。そばで見ていた女性がはやく結婚したいと呟いてました。本当にあの白いドレスというのはすばらしい造形ですね。
さてその後はお昼になりましたので、ちょっと外出。神社まで歩きました。今日は七五三のお参りで境内は大変に賑やかでした。最近は男の子も和服が多いですね。袴なんかちゃんとはいちゃって、うらやましい。女の子もかわいいです。とにかく。
ぼくもお参りをしようと思って参道を歩いていきました。そうしたら本物の笙、篳篥の音とともに、新郎新婦が拝殿から出てくるところでした。後ろから真っ赤な傘をさした神官が歩いていきます。いいもんですね。
今日は本当におめでたい日なんだな。そのまんまいい気持ちでまた学校に戻りました。
文化祭の最後は、野菜でできた大きな宝船を解体して、お客様に配ります。こんなの初めて見たよ。
明日は後片付け。もう一日頑張らなくちゃ。

日時: 2011年11月13日 20:20 | パーマリンク
2011年11月14日
今日は二の酉です

朝からせっせと学校へ向かいました。これで8日間の連続勤務。先週の月曜日から休みなしですからね。なんというか感慨があります。とはいえ、今年は担任じゃないので、これといった用事があるという訳ではありません。だから暢気なもんですが、しかし通い続けるのは厭ね。
朝、集会がありまして、表彰などなど。その後は片付けです。ぼくは前から欲しかった段ボールを5枚ほどゲット。何にするのかって。これからのシーズン、寝るとき下に敷くのです。そんなことができるのかとお訊きになるのですか。段ボーラーをご覧なさい。答えは自ずと出ております。
さて昨日推薦入試で試験を受けた生徒もまいりました。今までの予想に反してやたらと難しいテーマでした。あれじゃあ、悩んで当然だ。なんと親鸞の『歎異抄』が出題されておりました。震災との関連で悪人正機説をどう思うかというのです。こりゃ難問だ。
まあ発表がいずれあるでしょうから、首尾はまた後日ということになります。その後はお昼休みにちょこっと神社まで。昨日も出かけたのですが、今日は二の酉。楽しいね。猿回しが出てました。すごくかわいいお猿さんだったよ。チョコバナナやあんずあめ、焼きそば。定番の店がずらりと並び、その奥に熊手の山。高いんです、これが。縁起物ですからね。
値切っちゃいけない。むしろご祝儀をつけなくちゃならん。買った人の周囲に若い衆がずらりと並んで、お手を拝借というやつです。拍子木の甲高い音もよろしいぞ。
今日も愉快な一日でした。

日時: 2011年11月14日 20:15 | パーマリンク
2011年11月15日
朝からのんびり

今日はお休みです。久しぶりのお休みだな。なんだか起きるのが億劫で、布団の中に潜り込んでおりました。すると奥様に、いつまで寝てんのよ、いいかげんにしなさいよと、たたき起こされたというわけです。やれやれ。
寒いからストーブを出してちょうだいというので、天袋をごそごそ。久しぶりにまだぞろストーブが居間に置かれたのです。北国からは雪のたよりも届くようになりました。今年もまた冬がくるんだな。
さてお昼前、あちらこちらにでかけなくちゃならなくなり、用事をいっぺんにまとめて解決しましょうということになりました。車に乗って某所まで。そこからさらにあちらへ行き、こちらへ行き、なんとか買い物もして、戻ってまいりました。ごはんを食べたら、ものすごい眠気。また寝ちゃったよ。
それからまたまたご用事。なんでこんなに野暮用があるのかね。平日、家にいることがあまりないので、ありがたいことはありがたいのですけど…。まあ、これで良しとしましょう。今日はあんまり稽古する気になれません。
明日、ちょっと元気になったらやるか。
今度の高座にかける噺を忘れちゃいそうで、ちょっと危ないのです。どうしましょ。
やっぱり、これからお稽古かもね…。いやはや泥縄的人生でありまする。

日時: 2011年11月15日 20:30 | パーマリンク
2011年11月16日
青空の下を

歩きました。近くの大きな公園の駐車場に車をとめ、そこからうろうろ。とにかく空が青かった。朝は空気が冷たく、北風も吹いてましたけど、午後になってそれもおさまりました。
そこで、ちょっとお出かけしたというわけです。
いつもならお昼寝をしちゃうところですけど、あんまり寝てるとぼけちゃうわよと奥様に恫喝され、そんなこともあるかなあとつい不安になって外へ飛び出したのです。
最近、どうも寝ぼけたようなことが多いので、自分でもかなり病状が進んでいるような気がしないでもないね。おんなじミステークが多いです、やっぱり。昔からのおっちょこちょいはなおらないのだ。小学校の通信簿にも書かれました。すぐお調子にのりますとね。あれは2年生の時だったかな。ぎゃふんといたしました。何十年たっても、あの時のまんまだ。情けない。
さてそういうわけで、あちこちを歩きました。バラ園の向こう側には養鶏場もあったのです。さらには墓地の中をぐるぐると彷徨い、ついには牧師さんを養成する学校を発見。みんな寮に入るのかな。4年制だそうです。ぼくもここいらで洗礼をうけ、牧師さんになる勉強でもした方がいいのかもしれません。
なんたってそういうことに縁遠い暮らしをしてますからね。不敬なのですよ。ぼくは。ぼくの存在、そのものが。全く。言い訳する気持ちはありません。ほんとです。
賛美歌は好きなんですけと。それだけじゃダメね。もうすぐクリスマス。ああ、なんと季節ははやく巡るのでしょう。あれほど愛した桜の園も、まもなく伐られてしまうのだわ。
そんなことを一人で呟きながら、ススキの野原をあてどもなく歩きました。ばかみたい…。

日時: 2011年11月16日 20:04 | パーマリンク
2011年11月17日
今日もばたばた

何をしたということもなく、一日が過ぎていきます。いろんなことが次々と起こるので、それを一つ一つ片付けている間に、もう夕方になっちゃったという感じかな。
朝は箱根に行かれたK先生のおみやげで開幕。真っ黒なごままんじゅう、おいしかったです。ああでもないこうでもないといろいろありました。おみやげはそれだけじゃないぞ。ぼくの前に座っているK先生は卵を10個ももってきてくれました。この卵の故事来歴についてはまたいずれどこかで、ご紹介いたしましょう。
さて授業です。先日、生徒が受験した大学の入試問題をそのままやりました。難しい。そうしたら次の休み時間に合格しましたと嬉しそうに本人がご登場。まずは握手をして、今後の活躍をお祈りいたしました。
よかった、よかった。これで管理栄養士への道は見えたね。
さてその後はまたまたぼんやり。ごはんを食べると眠たいよ。それでもめげすに本を読んだりいたしました。6時間目は漢文の授業。教室に入ったら、あちこちに大根があります。青々とした葉っぱがきれい。なんでも授業で掘ったとか。みなさん、持って帰るのだ。うらやましい。どうもその授業のせいか、くたびれてましたね。日にあたっていると、やっぱり疲れるのだ。
そんな中でもなんとか試験範囲だけはやらねばならん。ここは鬼の一念岩をも通す。
最近は暗くなるのが早いですね。それに寒い。帰る頃はもう真っ暗です。いよいよそういう季節になったということかな。

日時: 2011年11月17日 20:09 | パーマリンク
2011年11月18日
柿とみかん

今日は全く授業のない日です。誠にのんき。それでもでかけなくちゃいけません。厳しいね。もちろん、ぼくの授業がないという意味で、学校は粛々とやっておるのです。あたりまえか。
朝からいろいろと画策をいたしまして、試験の問題なぞを考えました。でももう少し先なので、まあいいやと適当なとこでやめちゃいました。
その後はぼくの前に座っておられるK先生とおしゃべり。なんでも学生時代に某ホテルで皿洗いをやっていたとのこと。そこいらのホテルじゃありません。超有名な都心のホテルです。その食器洗い機の使い方など実演を交えてご教授いただきました。すごく高給なアルバイトだった由。
ものすごい貯金の話も聞きました。
さてその後はなにをしてたのか、すっかり忘れましたが、午後3時。奉仕の授業の一環として、生徒が野菜を売るというので、販売所へ。いろんなものを売っておりました。ほんのちょっと前に収穫したものばかりだそうです。みんな顔見知りなので、あれを買え、これを買えと売りつけられ、ついに観念して柿とみかんを求めることにいたしました。
結論、とにかく重いのだ。
帰りは暗い道をとぼとぼと大きな袋をかついで歩きましたとさ。ほんと、暗くなるのがはやくなったよ。

日時: 2011年11月18日 20:35 | パーマリンク
2011年11月19日
なんとか無事に高座を

つとめてまいりました。朝から喉の調子がイマイチで、家で稽古をしてからと思ったものの、どうもやる気がしませんでした。いいや、こうなったら出たとこ勝負でいこうと腹をきめて、家を出たのでございます。
今日はあいにくのことに朝から雨。これじゃあお客様がくるのかなあと疑心暗鬼になっておりました。
会場は某駅前のビルディング。この中に市のホールなどもございます。もっとも今日は落語の会のメンバーだけでやりますので、会議室をぶちぬいての高座となりました。
思い起こせば今から2年前、ここで落語教室が開かれ、滑り込みで聴講生にしていただいたのです。あれから丸2年。なんと月日のたつのは早いことか。その間に少しでも上達すればよいのですが、おっとどっこい、そんなに甘いもんじゃござんせん。
それでもなんとか人前に出て、ああでもないこうでもないと喋る楽しみと怖さを知るようになりました。今日はさてどんなもんだったのでしょうか。自分じゃ、なんもわからんね。ただ無我夢中でございます。雨にもかかわらず、よくあれだけ、お客様が来てくださったものです。ひたすら感謝、かんしゃ。
さて会が終わり、近くの飲み屋さんで軽く打ち上げです。これが楽しいのだ。喉も渇きますしね。ここで飲むビールのために日夜、お稽古に励んでいるようなものかも。
明日からは全く違う趣向の噺を稽古してまいります。空恐ろしいことではありますが、始めちゃったのが運のつき。もうやるっきゃないのだよ。
最後になりましたが、高座を聞きにきてくださった皆様に心から御礼をもうしあげます。ぺこ。(゜)(。。)ペコッ

日時: 2011年11月19日 20:01 | パーマリンク
2011年11月24日
先刻、家に戻りました

20日から5日間、とにかくばたばたといたしまして、やっと先ほど帰宅いたしました。
この間にいろいろとありまして、ちょっとくたびれました。飛行機に乗ったり車に乗ったりと、かなり移動したかな。まあ、それでも飛行機の中ではさん喬師匠の「時そば」なんか聞いちゃったけどね。
落語会が無事に済んでやれやれと思ったのも束の間。とにかくあわただしい日々でありました。
明日からはまた平常勤務ということで、朝は6時に起床いたします。とはいえ、息子もなぜか家におりますので、その食事をつくらされる羽目になっておりまする。
さっきも家に戻り、まずしたことは、お米を洗って炊飯器にかけることでした。夕食も朝食もつくらなければなりません。毎日の暮らしというのは実に重みのあるものでございます。
さてビールをちょっといただきまして、心地がよろしいので、この勢いでお風呂に入り、寝ることにいたしましょう。洗濯物はそれからでもよろしいね。
なんたって明日一日でかければ、土日は休みということになります。髪の毛もほかはないのに、なぜか後ろばかりぼさぼさになりまして、床屋さんへ足を運ばねばならぬ次第なのです。
12月の寒さがいよいよ間近にせまってきました。とにかく風邪などひかないように、まず睡眠あるのみということかな。

日時: 2011年11月24日 20:15 | パーマリンク
2011年11月25日
抜けるような青空

朝、6時に起床。久しぶりに学校へと赴きました。これぞ日常そのものです。しかし東京の空のなんと青いこと。5日間、日本海側の空を見ておりましたら、少々頭が痛くなりました。なんというか、どんよりとした鉛色の空です。半日だけ晴れましたが、あとは雨とみぞれ、それにあられ。寒いです。ほぼ0度に近い。
ぼくは東京の土地を出たことがないので、ほんとに単純です。昔から江戸っ子は五月の鯉の吹き流し、口先ばかりではらわたはなしといいますが、まさにあれです。単純なんです。だから空が青いだけで、もう満足。なんもいりません。
今日は授業がないので、試験問題を考えました。といってもそんなに複雑なことは考えられません。至極単純なんです。
生徒からはよく試験ばかりが難しいと言われますが、要するに考えるのが面倒くさいので、ここいらを説明しろとか、解説しろなんて問題を多発する傾向があります。これよくないね。
国語はどうにでもなる科目なので、そういう意味では答えが幾千通りあるやもしれません。
しかしこれぞと決めなくちゃならんのだ。今日もそんな案配で問題を考えました。続きは来週ね。明日は家のお掃除です。ちゃんと働きます。
床屋さんに行きました。どこを切りますかと聞かれずにすんだのだ。にひひ。

日時: 2011年11月25日 20:32 | パーマリンク
2011年11月26日
のんびりした一日でした

今日は朝ちょっと遅めに起きました。それでも7時半というところかな。さて朝食をいただいてから、にわかに働き始めました。まずお洗濯。これが随分ありました。それからお掃除。とにかく全部のお部屋をせっせと片付けました。
いくら掃除機があるといっても、やっぱりやらなくちゃならんのです。そうこうしているうちに、洗濯機がピンポンと終了を告げましたので、今度は物干しです。これもなかなかに難しい。さてその後は、先日着た和服をたたみます。これも馴れればなんてことはないけれど、最初は難しかったな。今ではもうお手の物であります。
さてそこまでやったら10時を軽くまわっておったとさ。ぼちぼちときれいになりまして、まずは一安心。と思ったら息子が起きてきて、今度はまたまたご飯の支度。なんてこった。ついでに自分のお昼ご飯も用意しておきました。
その後はいつもの休みとおんなじで、好きなことをして暮らしましたとさ。図書館にも行きました。今日はちょっと思うところがあって、いつもとは違うコーナーにも立ち寄りました。さて帰ってきたら、今度は娘がくるとかいうので、急遽、夕食の準備。まあなんというか主夫はつらい。それでものんびりした一日ではありました。
いいお天気ですね。明日はもっとあったかいとか。代々木公園にでも出かけようかなあ。

日時: 2011年11月26日 19:43 | パーマリンク
2011年11月27日
お稽古再開

なんとなく落ち着いてきましたので、本日からまたお稽古を再開いたします。といっても別に難しいことをするのじゃなく、ただ大声を出し始めたというだけの話です。
しかしこの声を出すというのはものの本によると、とにかく呆けの防止には最高だそうですね。脳みそをやたらと鍛えるらしいです。なんとかいう数字のトレーニングなんて目じゃないそうで、無前提に脳によろしいとか。そういわれてみると、噺家にぼけた人はあんまりいないなあ。
毎日新しい噺を覚えるというのも、これもすごく刺激的なことではあります。とにかくいつも刺激をし続けるということが脳みそには大切なんだな。落語を一つ覚えるのにはかなりの労力が必要です。短くても15分くらいはありますからね。それを忘れないで、次々に口走るというのは、これは半端な作業じゃありません。そういう意味で、これからも頑張るしかないのだ。
さて「鈴ヶ森」と「「疝気の虫」をなぜか始めました。「ちりとてちん」はまあだいたい入ったかな。暢気だよね、本当に。こんなんでいいのでしょうか。世間じゃ、あれもこれもと大問題ばかりが起こっているというのに。ぼくは相変わらずの太平楽でございます。
今の悩みはなんだろう。やっぱり圧倒的に毛量が減ったことかな。実に寒々しい。
ヨーロッパの人たちは堂々と剃っていたけどね。もうその時期かもしれん。でもなんかそうすると、死んだおじさんそっくりになってしまうのだ。悩む。

日時: 2011年11月27日 19:32 | パーマリンク
2011年11月28日
久しぶりの授業

ほぼ20日ぶりに教室へ赴きました。生徒は相変わらず元気で、ほとんどノックアウトされました。なんであんなに元気はつらつなのでありましょう。よくわからん。一般論でいえば、若いということに尽きるのかもね。それ以外に理由は考えられん。
とにかく試験範囲の残りをちょっとづつやりました。明日、漢文を少しだけやれば終わりかな。あとは試験を残すだけです。昔ならそれで終わりでしたけど、今はそうもいかず、さて残りの消化ゲームをいかにすごせばよいのやら。
しかし今はそんなことも考えずに、ただ前を向いて走り続けましょう。今日の話題はなんといっても国語科の忘年会でした。もうそんなシーズンなんだな。忘年というのは年を忘れるということでしょ。今年は本当にいろんなことがありました。
この国にとっても曲がり角みたいな印象が強いね。プルサーマルにいたってはもうやめちゃうというところまできました。今までの惰性じゃ生きていけないよ。ヨーロッパもガタガタだ。ユーロがこんなことになるとは。本当に確かなものが見えない年の暮れです。
あと一月。さてなにがこれから起こりますのやら…。

日時: 2011年11月28日 20:24 | パーマリンク
2011年11月29日
自習にしたり、授業をしたり…

とうとうここまで来たのかなというのが実感です。4月から随分と経ちました。いよいよ12月。2学期もまもなく終わりです。やれやれという感じかな。
6年ぶりの転勤だったので、見るもの聞くもの、なんでも珍しい。随分と違う文化をもった学校へ異動したものです。なにしろ違う。どこがどうというんじゃないな。今まで歩き回ってきたとことは全く違います。
いいところもあれば、これはどうなのっていうところもある。それもこれも転勤にまつわる話題なのです。さてとにかく明日の授業までやれば、5日間の期末試験に突入です。その後もちょっとだけ授業はあるけど、まあこれは消化ゲームみたいなもの。
ぼちぼちとやっていかなくちゃんらんね。
さて朝、起きると暗い。6時ですからね。暗いのだ。ごそごそとやりながらなんとか目を覚ます。とにかく出かけなくちゃならん。電車に乗る頃には目が覚めますけど、でもね。これから寒くなるからな。もうちょっと頑張りましょう。
街はクリスマス一色。そんな季節になったのだよ。
結論、一年は早いです。

日時: 2011年11月29日 19:24 | パーマリンク
2011年11月30日
すごく暖かかった

朝からぼんやりと出かけました。とにかく目を覚ましても外は暗いのだ。だからあんまり起きたくない。でも仕事なのだ。起きるのも仕事のうちと考えるしかありません。
ぼんやりと本を読みながらそれでもなんとか学校へ着きます。
ケヤキ並木を歩いているうちに、だんだん働くモードになっていくのだ。とはいえ、朝から授業があるわけではございません。今日は4時間目から。その前にいろいろと用事を済ませます。
今日はものすごくいいお天気だったので、まずは農場一周。途中にベンチがあり、ちょっと一服。ここでしばらく落語のお稽古をいたしました。とにかくぽかぽかと風もなく、やたらといいお天気。20度近くまで気温が上昇したとか。いい気分でした。久しぶりに「抜け雀」の後半をやってみました。
遠くでみてると、ほとんど気が触れて見えるかも。なんたってあっちを向いたり、こっちを向いたり。おまけに手をふったりといろいろな所作事もございます。
今度ちょっとした出番がありますので、45分でできる噺はなにかしらんと考えた結果、この「抜け雀」も候補にあがりました。あとは「井戸の茶碗」かな。
さて今日はお稽古日なのですが、ここのところあんまりいろいろとありまして、ちょっとくたびれました故、お休みとさせていただきました。
明後日また落語会もあります。その時、皆さんにお目にかかろうと思っております。
ところで農場には大根に白菜、ブロッコリーに水菜といろいろ栽培されてます。生徒が自分で植えた種の周囲をちゃんときれいにしてました。
こういう風景っていいですね。心癒される時だ。
今日は自習もありましたので、生徒とクラス内恋愛事情についても話し合いました。おもろかった。なんとカップルもいるのだよ。これにも驚いたね。この話はまたいずれ…。

2011年10月

2011年10月01日
土曜日のご出勤

なんだか随分と久しぶりです。土曜日に出勤するというのは。前はよくあったような気もするけど、ご隠居になった今となっては画期的なことなのかもしれません。授業公開がありました。先週、代休をとってしまっているので、出かけなくちゃなりませんでした。
といってもぼくの授業は1コマだけ。暢気なもんです。
久しぶりに漢文をやりました。試験範囲なのです。といってもそんなに難しいもんじゃありません。でも生徒諸君にとってはなかなか噛み応えがあるのかも…。書き下し文というのは、やってみるとわかりますが、助詞、助動詞をひらがなにしなくちゃなりません。
しかどれが助詞で助動詞なのかがわかるというのは、相当に理解が進んでいる段階なのです。だから初心者は悩むのだ。これはひらがなになるのか、そのまんま漢字でいいのかなと。
生徒のお父様とお母様にご挨拶をされてしまいました。楽しくお勉強をなさっているとのこと。大変結構でございます。勉強は楽しくなくちゃね。いやいややってもちっとも身にはなりません。本当に好きなことなら、黙っていてもお勉強はするものです。でもなにが好きなのか、なかなかわかんないんだよ。それが見つかった人は幸せです。
さて明日はお休み。のんびりしようかな。それともコンサートへ行こうかな。
なんたって芸術の秋ですからね。今、深く悩んでおります。

日時: 2011年10月01日 20:05 | パーマリンク
2011年10月02日
Love, love changes everything

なんとなく先刻からこの歌をうたっておりました。これはアンドリュー・ロイド・ウェーバーの作曲したミュージカルの中の歌です。「アスペクツ・オブ・ラブ」だったかな。この人についてはどこかで以前に書きましたが、なんというか演歌の作曲家に似ておりまして、つまりサビをかくのが実にうまい。
「キャッツ」だとか「オペラ座の怪人」だとか「エビータ」だとか、やたらとヒットを飛ばしております。確か歌手のサラ・ブライトマンのご主人だったかな。いや、もう別れたかもしれん。そのあたりは定かではありません。まだ生きてるのかな。それも知らん。
この歌は恋をした途端に今までの価値観がひっくりかえりますよという怖ろしい内容に満ちております。またサビがにくいです。途中で半音上げながら、最後までテーマをもりあげるのだ。そのため、単純なぼくは夜中だというのに、つい歌いたくなる。大声をはりあげて、いい気持ちになるというわけです。
こういう類の曲を作らせたら、まあみごとですね。しかし恋というものは昔も今も厄介なもんです。たかが男と女の化かし合いというか、ほとんどは錯覚なんですけど、そこはそれさまざまな味がありまして、妙なもんなんです。
秋になりますと、急に人恋しくなりまして、またぞろ恋をしたいなんてアホなことを考えつつ、この歌を叫びまくるということになるのですよ。youtubeにたくさんありますから、いろいろご試聴ください。サラ・ブライトマンの「Time To Say Goodbye」もいいですね。
最近はなんでもこのサイトのお世話になっているのだよ。まったくどうなっておるのやら。

日時: 2011年10月02日 20:31 | パーマリンク
2011年10月03日
試験が近づいてきた

いよいよ来週から中間試験。そろそろそういう感じかな。監督表もでてまいりました。試験を作って刷らなくちゃね。とはいえ、去年とは大違い。たった1科目でいいのです。
去年は死にそうだった。この時期は膨大な量の推薦書書きと、試験を4つも5つも作ったのだよ。ほんとによくあんなことができたもんだ。その後はもちろんのこと、採点だからね。
特にあの推薦書はやれやれやっと終わったと思った瞬間に次のがくる。先生、よろしくと言われたらやらない訳にはいかんでしょ。それもおんなじ文面じゃどうにもならんしね。そこはそれ、いろんなフレーズが必要になるのだ。而して、大学はほんとに見てるのかどうかもアヤシイ。
でもなくちゃ出願できないしね。
ああ、あんな時代があったなんて夢のようです。今日もちょっとお昼寝しちゃいました。いい気持ち。ご飯の後、横になると実に心地がよいのだ。ほんの30分でも寝ると、完全に復活いたします。今日は農場を歩いてきました。
たくさんのざくろ。ぱっくりと口を開いておりましたよ。一つ実を食べたら、まあ酸っぱいこと。すっごく大きなキンモクセイの木の甘い香り。これは強烈だ。3年の女子生徒が黙々とサボテンの植え替えをやってました。ビオラやパンジーもたくさんありましたよ。また写真を撮ろうかな。

日時: 2011年10月03日 20:22 | パーマリンク
2011年10月04日
高校生レストラン第3弾

今日は午後からの授業。その前のメインイベントは、この高校生レストランです。本日のメニューは和食。いろいろありました。ブリの照り焼きとか、ゴボウと人参を煮たものとか、さらにはデザートなどなど、多彩なメニューでした。誠にヘルシーだな。ごはんもおいしくて、食べ過ぎちゃったかも。
2年生も実にしっかりしてます。またおいでくださいときたもんだ。今度はいつなのかなあ。これで3回目ですけど、本当にありがたい。みんながいつもと違う表情をしていて、きびきびと働いてます。お茶でもなんでもすぐに淹れてくれて、いい気持ちです。本当にありがたい。
時間がありましたので、5時間目までちょっと横になったら、いつの間にか30分以上寝てました。ごはんの後はほんとに眠くなるのだ。昼寝の楽しみを完全に覚えちゃいました。とほほ。
さて午後は2つ続けて授業。試験の前なのでとにかく範囲だけは終えようと頑張りました。そろそろなんとかなったかな。明日は短縮授業なんだそうで、ますますのんびりしちゃいそうです。
なんでも急に気温が下がるとか。11月の陽気だとか。薄いセーターくらい用意しなくちゃだめかもね。とにかく体調管理には万全をということかな。あったかくして寝ましょ。

日時: 2011年10月04日 20:35 | パーマリンク
2011年10月05日
寒かったです

ほんとにどうしたんでしょ。朝からの雨。とにかく大変な冷え方です。薄いセーターを出しました。ちょっと羽織るだけで、ぐんと暖かくなる。ありがたいことです。ズボンも少し厚手の生地のものにしました。明日からはまた元の陽気に戻るということではありますが、しかしこの季節に風邪をひきたくなんかありませんからね。
さて授業の方は短縮だったので、超楽ちん。自習なども織り込みながら無事にすんだというわけです。午後も授業があったので、今日はお昼寝ができませんでした。その分、ちょっと放課後に机で居眠り。これだけでも随分と違います。
ここ数日、谷崎の小説『蓼喰う虫』を読んでました。なんというか不思議な内容ですね。こういう話はありがちですけど、途中に出てくる文楽の見聞記などは、他の人には書けないな。
しかし彼はよほど夫婦の実態というものに興味があったんだな。そのことをしみじみと実感いたします。男と女の間に横たわる真実とはなんなのかな。そのことだけに関心があったということに、大いに感動いたします。なんだか谷崎潤一郎ばかり読んでいる今日この頃なんですけど、ヘンですかね。ちょっと悩むな。

日時: 2011年10月05日 20:08 | パーマリンク
2011年10月06日
いよいよ試験に突入だ

突入なんて随分物騒ですね。自分でもなんというか、いかんなと思いつつ、この表現を使ってます。というのもこれが終わると次は文化祭になるからね。随分遅いです。だいたいの学校がもう終わってる。なんといっても11月にあるというのはすごい。大学祭みたいだな。まあなんでもいいのです。
とにかくお祭りがないことには燃えないからね。いつも静かじゃつまんない。というわけで、この試験が終わってからの日々が少し楽しみです。短縮授業だったり、準備だったりして、やたらとつぶれる。それもまたよしという心境ですかね。
今日も小論文をやりました。日本人論ね。これは古典的なテーマではありますが、まさに日本人の好むところです。内向きでもめ事の嫌いな日本人は、まさに島国根性たっぷりだったんですけど、さて今やどのように変化しつつあるのか。それともほとんど変わっていないのか。
そのあたりを大いに書き込んで欲しかったのです。
皆さんの文章を楽しみに読ませてもらいましょう。
さてそういうわけで、明日から4連休ということになりました。とはいえ、いろいろご用事がありまして、あっと言う間に終わっちゃうんだろうな。そういう予感に満ちております。天気がよかったら鎌倉かも。それとも代々木公園かな…。

日時: 2011年10月06日 20:43 | パーマリンク
2011年10月07日
金曜会

今日は16年前にアメリカ研修旅行をしたメンバーと1年ぶりに再会しました。場所は新宿の某中華料理店。13日の金曜日に旅発ちましたので、その名も金曜会と名付けました。飛行機はすいてましたよ。みんな気持ち悪かったのかも…。やっぱり縁起はかつぐからね。
さていろんな話がでました。というか百花繚乱です。この1年間の出来事をそれぞれ語り、ああ、人には歴史が宿るのだなあとしみじみ実感しました。
2週間にわたるアメリカ研修旅行は今に至るまで、たくさんの果実をくれました。プレゼントしてくれた某教育委員会には感謝しなくちゃね。多くの人との人脈を大切にしなくてはなりません。そういう人間の関係が結局は人生を彩るということになるのです。
今日は朝から盛りだくさんで、あっちへ行ったり、こっちへ行ったりしましたが、最後は新宿で打ち止めということになりました。
やっと家に着きましたので、これからお風呂に入って寝ることにいたましす。明日も朝から出かけなくちゃならんところがあり、のんびり休んでもいられません。幸い、天気がよろしいので、いい気分だけどね。
まあ、明日のことはまた明日ということにいたしますかな…。

日時: 2011年10月07日 22:49 | パーマリンク
2011年10月08日
INDIGNEZ-VOUS!

今日も朝からちょこっとお出かけ。全く忙しいことでございます。昨日は甕から出したばかりの紹興酒を随分といただきまして、いい気持ちで帰ってきました。いろいろな学校の内輪話を耳にし、なんとぼくは暢気な暮らしをしていることよとあらためて実感した次第です。
皆さん、ごめんなさい。ほんとにこんなんでいいのかね。いいものを着るでもなく、やたらとうまいものを食べるでもなく、ことさらに贅沢をするというのでもなく、ただぼんやりと日々を過ごしております。それでも十分に楽しく暮らせるというのも健康だからですね。花の60代を大事にしなさいと諸先輩に言われ、なるほどと納得した次第です。
さて今日も海外ニュースを見ていましたら、ウォール街を占拠せよというアメリカの話や、フランスの若者達のデモの様子を報道しておりました。とにかく世界同時不況というか、若い人達に仕事がないという状況はまさに世界的な広がりをみせています。
ほんのわずかな金持ち達がいい思いをしているということなのでしょうか。
『INDIGNEZ-VOUS!』というのは「憤れ!」というフランスのデモのスローガンだそうです。元レジスタンスの著者ステファヌ・エッセルが書いた小冊子がフランスはもとより全世界で話題になっているとか。
ユダヤ人であり、戦時中強制収容所から逃げたり、レジスタンス活動をしてきた彼が、滞在許可書を持たない移民や社会的弱者に対する差別を訴える憤りのメッセージだそうです。
去年の10月から現在まで200万部以上を超える売れ行きをみせ、現在でもフランス国内ではベストセラーだそうな。あんまりその本の映像ばかり見せられたので、ぼくもついアマゾンで注文してしまいました。お勉強にもなりそうだから、ちょっと読んでみますかな。
それにしてもなんとかならんのですかね。円ばかりが高くなって、若い人を雇ってくれる会社が、どんどん海外へ出ていっちゃう。本社までなくなったら、どこへ勤めりゃいいんだよ。ほんとにこの問題は怖ろしいほど深刻です。どうしたらいいのかね。
ぼくが一人で悩んだって無駄かしら。

日時: 2011年10月08日 19:31 | パーマリンク
2011年10月09日
今日もうろちょろ…

いたしました。朝からちょっとあそこまでつれて行けと奥様に言われ、仕方なく運転手でございます。逆らえません。反逆なんてとんでもございません。帰ってきてから慌ててお稽古。今日は「不動坊火焔」をやりました。後半の上下がきまりません。もう少しやらなくちゃ。
桂三枝のやっている「鯛」をなんとか自分のレパートリーに入れたいなと思ってます。東京では柳家はん治が得意ネタにしてますけど、残念ながらいまだに音源がありません。大阪弁のはあるんですけどね。
とにかくもう少し探してみます。
さて午後からはまた某所へ。こちらは奥様と娘が出かけましたので、ぼくはちょこっと写真だけを撮りに参加いたしました。その後用事もありまして、あたふたとまた家に戻ってまいりました。これでもう3日目が終わっちゃいます。なんてこった。
働いているとなんだか月日の経つのが遅いような気もしますけど、遊んでいるとはやい。嘘みたいに早いなあ。こんなんでいいんでしょうか。
まあとにかくこれからちょっとエクセルの難しい関数にチャレンジいたします。無事にシステムができあがったら、一緒に喜んでくださいな。なんてこった。

日時: 2011年10月09日 20:12 | パーマリンク
2011年10月10日
横浜散策

天気がいいので、娘がどっか行こうよと言い出しました。昨日、家に泊まったのです。それじゃあちょっと横浜にでも出かけるかということになりました。奥様も行ったことがないというので、まず山の手地区へ。ここの洋館はどれも一見の価値があります。
最初に日本にきた外国人たちが建てたものです。今日は結婚式の披露宴をやっているところもあったな。それに教会でも。よほどいい日なのでしょう。
外人墓地の前にあるしゃれたレストランでちょっと食事。このあたりでもうまったりとしちゃいました。娘は例によって買い物がしたいというので、元町へ。次々と店に飛び込んでいくので、結局ぼくはあたりをうろうろ。これはいつものパターンです。
さてその後はやっぱり中華街へ。ところが今日は10月10日。これは台湾の国慶節にあたる双十節の日なのです。関帝廟に着いた途端、隣の中華学院からものすごい人の列が飛び出てきました。それと爆竹、ドラ、太鼓の音。獅子舞の始まりでした。これには驚いた。じゃんじゃんじゃんじゃんという音の放列です。
なんともものすごい彼らの生きる力を久しぶりに見せてもらいました。
楽しかったなあ。夕飯は帰りのターミナル近くの魚介専門の飲み屋さんへ。ちょっとこのところお酒を飲み過ぎてます。しばらく禁酒だな。というわけで、楽しい休日を過ごしましたとさ。

日時: 2011年10月10日 21:47 | パーマリンク
2011年10月11日
サッシーくんとおしゃべり

久しぶりに、サッシーくんが遊びにきてくれました。本日から試験なんですけど、ぼくの出番はないので、終日のんびりさせていただいたのです。午前中は体育の先生とおしゃべり。お昼ごはんをいただいて、ぼんやりしている頃、サッシーくんが久しぶりに登場。
ちょっとお茶などしながら、近況をまず聞かせてもらいました。その後はまたまた学校へ戻って、ああでもないこうでもない。今後の人生についてそれはそれは深く語り合ったというわけです。
もう一人いらした国語のU先生もお話に加わってくださり、そこからは深層心理下における、母性の問題にまで話題が広がったと思ってください。
このことはなかなかに深くサッシーくんの胸に響いたとみえますね。
とかなんとかいいながら、とっても楽しい時間が持てました。未来が洋々としているということはなんと素晴らしいことじゃありませんか。これからもいろいろあるとは思うけど、お互いに頑張ろうね。
いつでも遊びにきてください。なんのおかまいもできませんが、どうでもいい話ならいくらでもお相手になりますぞ。でも少しはぼくも働かないとな。
明日は監督のお仕事があるかもね。
それよりお稽古会なのだ。こりゃ大変、たいへん。

日時: 2011年10月11日 20:00 | パーマリンク
2011年10月12日
お稽古からただ今、戻りました

今日は久しぶりのお稽古会。その前に学校にでかけたのですが、そこは割愛ね。
さて夕刻、早めに食事をいたしまして、いつもの会場へ。和室にみなさん、集まっていらっしゃいます。もうお稽古の真っ最中。いつも適当な順番で、自分の出来を確かめ、みなさんに批評してもらうのです。とにかくたくさん落語を聞いている方々ばかりですので、その批評眼は確かなものです。怖ろしいね。
しかしそんなことを気にしていたら、なかなかうまくはなりません。とにかくやるのみなのだ。
さてどんどんとお稽古はすすみ、ついにぼくも久しぶりに座布団の上へ。
気分はまな板の上の鯉というやつかな。あとは腹に入っているのか、頭に入っているのかよくわからない噺を喋るだけです。途中でつっかえるのもシャレしゃれ。ここでめげては先に進まないのだ。
さてそういうわけで、「たけのこ」をやりました。これはごく短い噺なのですが、登場人物が武士だけに、言葉がとにかく難しい。これをきちんと言い立てるというのは、至難の業であります。
さてそんなこんなで、ぼやっとしていたら、近日中にまた高座に上がることになってしまいました。何をやろうかなあ。バカ殿バージョンの「目黒のさんま」がいいかもね。自分でやっててもばかばかしいのですから、聞いてる方はさぞかしばかばかしいとは思いますが。
何分かかるのかなあ。明日測ってみましょうね。やれやれ…。
とんだことになったわい。

日時: 2011年10月12日 21:40 | パーマリンク
2011年10月13日
採点とお稽古

今日はやっとぼくの試験がありました。火曜日から始まったので、もう3日目です。最後の方だと採点するのがいやになりますね。でも1科目じゃ文句も言えないか。とにかく答案が出てまいりました。早速これをなんとかしなくちゃというわけで、採点にいそしんだというわけです。
まず月曜日に返すクラスの丸付けが先なのだ。お昼ご飯を食べてからもせっせとやりました。できあがったのは3時前。やれやれ。これをパソコンにたたきこんで、まずは1クラス完了です。
さてそこからは近々に予定されている高座のためのお稽古です。
隣の部屋に潜り込んで、さっそく大きな声をはりあげます。今回はバカ殿バージョンなので、完全にアホのトランス状態になります。採点のあと、一気にバカになるのはなかなかに難しいのですが、そこはそれ、地を出せばよろしいのだ。なんとなくお殿様をやっているうちに、完全にバカ殿状態になりました。楽しいよ。
本番でも受けるといいなあ。毎回のことながら、緊張いたします。この気分はなかなか他では味わえないもので、すごく貴重です。授業の前に緊張するかといえば、そんなことはござんせん。高座の方が、ずっときついね。だからまたやめられないのですよ。
ほんとに困ったことだね、まったく。

日時: 2011年10月13日 19:17 | パーマリンク
2011年10月14日
今日はのんびり

朝からマイペースで過ごしました。生徒諸君はテスト最終日でしたけど、ぼくはお休みです。朝もちょっとお寝坊さん。10時過ぎに図書館へ。以前にリクエストしておいた本がやっと届いたのです。『師匠は針、弟子は糸』という古今亭志ん輔さんの書いたものです。
志ん朝の芸に惚れて弟子になったあたりの話から、その後の様子、そして日記までいろいろと載ってます。ちょっと小説タッチのところもあり、よろしいぞ。つい読まされちゃいますね。志ん朝という噺家の人となりがよくわかります。とにかくシャイな人だった。三木のり平には随分芸の上の助けられてますね。
のり平さんは粋な人だ。つきあうのは難しいけどね。しかしひとたび懐に飛び込んだら天下一品です。落語のみならず、芸のこととなると、厳しい。そこがまた魅力です。随分芝居で師匠はご一緒したからね。
まあそんなこんなで、あとはお稽古。だんだんのってきます。どうしてもバカ殿様になるというのは大変なことですけど、その楽しさはまた格別。奥様がビデオにとっておいてくれた桂あやめさんの番組も午後見ました。彼女は目下、関西でご活躍の真っ最中です。女性が落語をやるのは本当にしんどいことなんです。
元々、男のための芸ですからね。新作に切り替えて今までなんとかやってきたそうですけど、最近古典もやるようになったそうな。40才を過ぎてから自然体になったとか。苦しいね。芸の道は…。
しみじみとそんなことを思う今日この頃なのでございます…。

日時: 2011年10月14日 20:25 | パーマリンク
2011年10月15日
windows7と格闘した

朝起きた途端、突然windows7にしちゃおうと思いました。別に何があったというわけじゃないけど、なんとなくオシャレかなと思ったのです。へんなの。そのまんまハードディスクをはずして、いざという時はまた付け替えればいいやという感じかな。
さて以前使っていたのを取り出し、おもむろにインストール。最初はいい調子だったのですが、途中でもたもた。いろんなソフトを入れなくちゃならないからね。それは大変なのですよ。
2時間かかりました。なんとかなったかな。使い勝手がよくなったのかといえば、それはまだこれからのことです。プリンターのドライバーがダメだったり、いろいろとトラブルがあるよ。
とにかく前のソフトは動かないし、どうなってるの。それでもだましだましなんとかやりました。
さてこれからは細かいところを一つ一つなおしていかなくちゃならん。微妙にフォントの大きさが変わったり、いろんなことがあるよ。それでもこんなことをやってるのがまた楽しみの一つでもあるんですから、病気かもね。午後は少しお稽古をいたしました。
こんなもんでいいかな。とりあえず高座の方は、なんとかなりそうですけど…。

日時: 2011年10月15日 20:24 | パーマリンク
2011年10月16日
落語二席

今日は某所で落語をご披露してまいりました。なんたってつい数日前に出てくれと言われましたので、さて何をやったらいいものか悩みました。先月も同じ場所で先輩が「目黒のさんま」をおやりになっていたので、同じネタはどうかと思ったものの、全く演出が違いますので、これなら問題あるまいと勝手に判断したのです。題してバカ殿バージョン。
さて2時定刻にぼくの出番がやってまいりました。家でお稽古している時と同じようにできれば、まあまあということになります。さらにそこにお客様の笑いが加わりますので、ヒートアップいたします。これはやめられんね。
20分ほどでなんとか無事にオチまでまいりました。さて次は会の長老の出番です。重厚に「らくだ」です。これはぼくも稽古をしておりますが、主人公がだんだん酔っぱらっていくにつれ、本性をあらわすという難しい噺です。25分くらいはありましたか。さてその後がまたまた突然、もう一席やってくれというご要望です。
これには焦ったね。ではというわけで、10分くらいで終わる「たけのこ」をやりました。こういう時に短い噺を仕込んでおくと楽ですね。
というわけで、今日は二席もやっちゃいました。あ~あ、いい気持ち。アイスコーヒーなどをいれていただき、差し入れのお菓子なども頂戴しながら、歓談の時を持つことができました。
よし、この調子で新しい噺をまた覚えるぞ。なんてぼくは幸せ者なんでしょうか…。

日時: 2011年10月16日 20:14 | パーマリンク
2011年10月17日
今日からふたたび授業です

またまた月曜日。また始まりました。仕方がない。やらなくちゃね。
なんとなく出かけました。どうってことはない。今日はテストを返せばいいから、まあ気楽かな。しかし連中はどう思っていることやら。
案の定、テストを返した後、授業をやろうとしたら、えっ、やるんですかの声。そんなことにかまってはいられません。どんどん進むのみだ。
野菜を買いに農場にも行きました。今日は今年最後の洋梨が売りに出されてました。洋梨といってもどうも普通じゃない。実験品種です。「ヤーリー」というのだとか。ほんとにそんなのあるのかね。騙されたような気もいたします。まあいいや、なにごとにもトライあるのみです。
さてその後はお昼寝。ちょっとしたグッズを買い込みましたので、ますます楽ちんになったとさ。これで冬も快適に眠れます。やれやれ、ありがたい。
服飾科の生徒さんが廊下でファッションショーの練習をしてます。文化祭にやるんだとか。なるほど。所変われば品変わるのたとえあり。いろんなとこでいろんな人がいろんなことをしているのだなあ。
これぞまさに人生の醍醐味じゃないですか…。

日時: 2011年10月17日 19:31 | パーマリンク
2011年10月18日
サッシーくんにごくささやかなプレゼントを…

今日は午後からの授業です。というわけで、午前中はぼんやり。落語をひたすら聞きました。今度は何をやろうかなと物色いたします。おもしろくて短めのやつ。これがなかなかありそうでいて、そんなにないのです。でも探さなくちゃいけません。
レパートリーをむやみに増やすというのはどうも芳しくありませんが、しかし先に進むと前にやっていたことがよく見えるということもあるのだ。そんな事情でぼくも必死です。今年はいくつ覚えたのかな。そんなに数が増えたという実感はありませんが、しかしなんとか頑張らないとね。
「不動坊火焔」はずっと映像を見てます。なんど見たかなあ。今日はさらに「真田小僧」と「鰻屋」を見ました。これは絶対にものにします。どちらも笑いの多い噺ですけど、まず「真田小僧」からかな。あんまり子供をこまっしゃくれた感じにしてしまうと、いやらしいので、底には子供らしいあどけなさを入れなくちゃなりません。そこが難しい。
さて4時過ぎにサッシーくんが登場。先日もちょっとしたものをさしあげたのですが、時流にうまく乗れませんでした。そこで再度の登場となった次第です。今回のはどうかなあ。プレゼントの内容について、ここでは完全に黙秘いたします。ふふふのふ。
明日もあんまりあったかくないとか。体調管理には十分注意しないとね…。
なんとなく寒くなりつつある今日この頃ですのよ。

日時: 2011年10月18日 20:00 | パーマリンク
2011年10月19日
授業とお昼寝

今日は水曜日。ちょっと前なら水曜日は大変に忙しい日でした。なんたってだいたいの会議がこの日に集中してましたからね。
しかるに今年はのんびり。たった2時間の授業だけです。
お昼前には野菜も買いました。今日はさつまいもを買っちゃった。さっそく焼き芋にしようかな。
さて午後も授業なので、ちょっとご飯を食べてからお昼寝。本当なら横になりたいところですが、そんなに時間はなかったな。
そのかわり6時間目があいていたので、とうとう30分くらい寝ちゃいました。これですっきりね。そうしたら3年生の女子が小論文を見てくださいというので、ああでもないこうでもない。いろいろな人生相談と一緒にほぼ1時間かかったかな。
指定校推薦の校内選考を通っているので、もっと自信をもってもいいのに、なんか不安そう。いけませんね。もっと強気にならないと。ガッツを持てと叫びました。
さて帰りは随分と冷えましたね。いよいよ秋の気配も濃厚になってまいりました。「真田小僧」のお稽古にも熱が入るというものだ。それにしてもおもしろい噺だよ、これは…。
なんというか、ちょっといやらしくて、やたらとかわいい。こういうのがぼくは大好きなのです。
どうしたらガハハと笑ってもらえるのかしらん…。

日時: 2011年10月19日 21:04 | パーマリンク
2011年10月20日
小論文の授業は楽しいのだ

今日は3コマ授業のある日。ぼくにとっては一番きついスケジュールの日です。なんちゃって。
さて3時間目から、小論文の授業です。今日はいつもぼくがしている評価を生徒自身にしてもらいました。つまり他人の文を読むのです。あらかじめ、名前のところだけ切り落としてありますので、誰のだかわからない仕掛けになってます。
銘々がそれぞれ自分の評価基準で採点していきます。当然コメントもつけてもらいます。10人読んだらそこでストップ。後は集計です。すると、多くの目を通過していくことで、より正確に評価されるということになるのです。友達の文章を読むということは想像以上におもしろいみたいだな。
みんな必死に読みます。そんなこんなで、2時間があっという間に過ぎました。ご飯の後はいつものようにお昼寝です。その後は漢文の授業ね。
帰りしなにちょこっとだけお稽古をしました。さて電車に乗って前を見ると、前任校で教えた生徒さん。やあやあというわけで、おしゃべりをしようとしたら、お隣には留学した時のホスト家族のお嬢さんとかいうドイツ人のお友達がおりました。
いつの間にか会話がはずみ、ぼくもなんとなく英語であれこれと。楽しかったな。
さていつもの駅で降りようとしたら、突然先生と声をかけられました。なんと前々任校で教えた今度は男子の生徒。音大を卒業して、今はオペラの勉強中とか。
これにも驚きました。今日は続いて二人の卒業生に出会ったということになります。
明日はまたまた前任校でぼくのクラスだった女子の生徒2人が訪ねてくるとか。いやはや、なんとも出会いの多い今日この頃なのでございます。
明日がとっても楽しみだな…。

日時: 2011年10月20日 20:22 | パーマリンク
2011年10月21日
とにかくやたらと賑やかでした…

今日は授業のない日。超のんぴりです。朝から内科検診なのだ。今日はこの健康診断のために登校したようなもんです。さていろいろとありまして、レントゲンをとったり血液採取、さらには心電図、問診と続きます。こういうのって自分でわざわざ行くとなると、結構面倒くさいものです。職場でやってくれるというのはありがたいね。
さてその後はお食事。ちょっとまたまたご用事があって、ここからが本日のメインイベント。前任校でぼくのクラスに在籍していた女子のNさんとIさんがあらわれました。先日から何度もメールをもらってます。どうしても顔がみたいのだとか。こんな顔でよかったらと言ったら、ついに本日登場したというわけです。
お茶とお菓子でやたらとぺちゃくちゃ。がははがははと笑います。さて1時間も経った頃、突然サッシー君に電話をし、ビッグマックを買ってきてというおねだり。まさかこれには応じないだろうと思っていたら、あにはからんや、彼は大学の授業を終え、またまた学校に顔を出したのであります。それも駅前のマックに並んでビッグマックをひっさげての登場なのであります。ほんとにごくろうさん。
これにはさすがに驚いたね。いやはやなんとも、女性の魔力は恐ろしい。そこからまたまた延々とおしゃべりは続き、ついに放送で追い出されるまで続いたのでございます。
久しぶりにクラスの女生徒の顔をみて、みんなお姉さんになったなとしみじみ感動いたしました。
いいですね、こういうのって。すっごくいい。教師というのは本当にいい仕事だと心の底から思うのだ。わざわざ転勤先まで遊びにきてくれるなんて、なんて幸せなんでしょ。
神様、あんがとね。いつでもいいから、みんなまたおいで…。待ってるよ~ん。

日時: 2011年10月21日 20:23 | パーマリンク
2011年10月22日
オペラ鑑賞

今、戻ってきたところです。
今日は朝のんびり。一度起きたのですがあまりに早かったので、また寝ちゃいました。そうしたらなんと目の覚めたのが10時近かった。昨日の刺激が強すぎたのかも…。
さて今日のメインイベントはちょっと遠くのホールまでお出かけすることです。
詳しく話をしないとわからないでしょうが、実は数日前、突然駅で前々任校で教えた生徒に声をかけられました。あの時はほんとにびっくりしたよ。ほぼ10年ぶりぐらいかな。彼とはいっぱい遊んだのです。その後、音楽大学へ進んだところまでは知っていましたが、しばらく音信不通でした。
ところが携帯のアドレスにその後の様子が送られてきたのです。それによれば大学の頃は宗教曲をずっと歌っていたけど、最近はモーツァルトのオペラを始めているとのこと。なんでも二期会の準会員なんだそうです。懐かしさについあれこれとぼくもご返事をしたところ、土曜日(つまり今日)、オペラをやるのでよかったら見にきてくれないかということでした。
「コジ・ファン・トゥッテ」はぼくの好きな演目です。じゃあ授業参観のつもりで見ちゃおうかなと思い、ご厚意に甘えてと送信しちゃいました。ところがホームページで確認したら、チケット代がやたらと高いのだ。こんなに高いのにいいのと訊いたら、喜んでとのご返事。
なんというか幸せ者だよ、ぼくは。
そういうわけで、つい先刻までモーツァルトの音に酔いしれてまいりました。A君は主役級です。よくあんなにイタリア語を覚えられるもんだなあ。ぼくの落語とは大違いです。
終演後、ロビーで抱き合いました。すごく喜んでくれて、ぼくも感激しちやいました。音楽は人を元気にさせますね。生のオーケストラはいいなあ。
なんというか、今日も昨日に続いて超幸せな一日でした。ほんとに生徒に支えられて、なんぼの仕事だよね。
さあ、いい気分のまんま寝よっと…。すてきな夢をみるぞ。

日時: 2011年10月22日 22:49 | パーマリンク
2011年10月23日
ざくろ酒

今日はのんびりと8時過ぎまで寝てました。昨日は遅かったからね。
予定はありません。こういう日は実によろしい。
朝からお稽古です。「真田小僧」と「時そば」をやりました。ちゃんと覚えてるのが自分でもうれしいね。
さてお昼ちょっと前に奥様がでかけるというので、忠犬ハチ公は車の運転であります。途中の回転寿司屋さんで軽い昼食。そのまんま目的のお店まで突進しました。
なんでも帯をちょっとみたいのだとか。和服についてはぼくも最近うるさくなりまして、いろんな言葉を覚えた次第です。男物はないのかと訊ねたら、いくつか出してくれました。でもぼくの場合は高座で着ますので、あんまり地味な色のものでは困るのです。
ちょっと気にいった羽織もありましたが、色がおとなしすぎるのでパスかな。その後お隣のデパートでお茶などいたしました。大きいテーブルにどんと座りますと、実にまったりいたします。
帰ってきてから、「らくだ」のお稽古。最後のオチまでやったら40分以上かかりました。自分でもよくやるよと感心いたしました。噺をしていると、だんだんその主人公が乗り移ってきます。それがやめられないね。
さて夕食を食べていたら、突然娘から電話。これから寄るけどなんかあるといういつものパターン。奥様は焦ってあれこれとご活躍なさいました。なんとかなっちゃうから、突然の来襲ということになるんだろうな。
本日のハイライトはざくろ酒。お酒と氷砂糖を買い込み、さっそく漬けました。できあがるのはいつのことやら。ざくろって本当にきれいな色をしてますね。できあがるのが楽しみだなあ。はやく飲みたいよ。

日時: 2011年10月23日 20:31 | パーマリンク
2011年10月24日
弟子がまたまた増えたの巻

今日は1時間だけです。しごく暢気。これはまあいつものことですけどね。それまでにいろいろと授業の準備をしておきました。野菜も買いに行ったよ。今日はししとうを2パック。それと柿が一個。これはお昼のご飯の後にいただくデザート用です。
あとはちょっとお昼寝。これもいつものことで、どうしてごはんを食べると急に眠くなるのか。そのメカニズムについてはまだ解明されておりません。
さて少しうろうろしてから放課後を迎えたのですが、いつものように小論文の解説をしてあげていたら、突然1年生3人があらわれまして、落語を聞かせてくださいとのこと。これには驚いたよ。
とにかく隣の部屋に高座をしつらえまして、さっそく定番の「時そば」と「目黒のさんま」をご披露いたしました。二席で40分くらいかかったかな。その後ちょっと小咄もいたしました。
するとこの3人がいずれも弟子にしてくれとのこと。来年の文化祭ではご披露する可能性もあるとかないとか。それよりおじいちゃんとおばあちゃんに落語を話してあげたいという孝行者までいて、よしそれならばと、全員引き受けることになりました。
とにかく明日までに芸名を考えておいでと言っておいたよ。
さてどんな名前を考えてくるのやら。これで不肖の弟子3人に加えて、春之家一門は6人の大所帯となりました。まてまて、校外に年取ったのがもう一人いたなあ…。むひ。
さて今後の発展はあるのかないのか。
そんなことおら知らん…。

日時: 2011年10月24日 19:55 | パーマリンク
2011年10月25日
みかんがたわわに実って…

今日は午後から授業です。というわけで、午前中はのんびり。あんまり椅子に座ったままでいると、太ってしまいますので、そういう時は農場を散歩いたします。癒しの時間かな。お花の咲いているビニールハウスを覗いたり、生徒がまいた種がどのくらい大きくなったかを畑に行って確かめます。白菜、蕪、ネギ、大根、ブロッコリー、トウガラシなど次々と大きくなってきたぞ。
さらには果樹園の方へ。今日は先生がなにやら散布しておりました。訊くとにがりなんだそうです。みかんの実にかけてやると、甘くなるのだとか。一つの木にいったいいくつついているんでしょ。もう食べ頃です。今度写真をとるかな。枝も重そう。来月の文化祭で販売するのだそうな。なあるほど。
おいしそうです。これも商品なんです。食べちゃいけないのだ。むむむ。
柿もすごいです。こんなにできちゃっていいのというぐらい、柿だらけ。さらにはイチジクもあったなあ。あちこちをぶらぶらしていると顔なじみになった生徒が声をかけてくれます。今日は畑で草むしりをしてました。みんなオシャレな作業服です。今はやっぱり形から入るんだな。スタイリッシュじゃないとね。
さて午後から2コマやりました。古文もちょっと難しくなってきたな。来月は文化祭で授業がかなりつぶれちゃいますので、今のうちにやっておかないと、試験の範囲がありません。生徒さんは本当に大変なのです。ほんと、ごくろうさん…。

日時: 2011年10月25日 20:07 | パーマリンク
2011年10月26日
お稽古から戻りました

今日は2週間ぶりのお稽古。今度、また高座がありますので、それに向けてのオーディションもかねてます。なかなか人の世は厳しいのだ。でも高座にあがれるというのは何よりの楽しみだからね。頑張らなくちゃ。
さてそういうわけで、本日も「目黒のさんま」をやってきました。会のお稽古ではこれが初めてのご披露ということになります。つい一週間前にやったばかりなのに、あちこち忘れちゃってあたふた。なんてこった。次の噺を覚えると前のが上書きされちゃうのかも。情けない。大いにお稽古しなくてはならんね。
さてさていろいろありまして、11月の高座にも出られることになりました。わ~い。
もう一度きっちりおさらいをして本番を迎えるまでにはちゃんといたしましょ。
それもそうなのですが、今日は朝、うれしい人に再会いたしました。前々任校でバレー部のマネージャーをしていたSさんにふっと突然駅で出会ったのです。彼女はとある学校の養護の先生になっておられました。あの頃、どうしてもなりたいと言ってたのを懐かしく思い出しますね。初志貫徹だ。えらい。
すっごく懐かしくて、あれやこれやとお話しちゃいました。
ぼくが突然転勤しなくちゃならないことになったとお話した時、本当にぼろぼろ泣き出したのが昨日のことのように思い出されます。あれはもう7年前のことだな。
同じバレー部の選手とマネージャーだった生徒同士は結婚したのだとか。あの頃から仲のよいカップルでした。みんなそれぞれの人生があります。
またいつか駅で彼女に会えるかもしれません。なんだか外に出ると、いろんな人に出会うなあ。ほんとにうれしいです。先生というのはつくづく幸せな仕事だなと思うよ…。

日時: 2011年10月26日 21:20 | パーマリンク
2011年10月27日
今日もいろいろありました

朝晩、ぐっと冷え込むようになりました。もうすぐ11月ですからね。それもむべなるかなというやつか。さて体育のK先生が2時間目のお休み時間におはぎを持ってきてくれました。知り合いのお菓子屋さんがいろいろ批評してほしいというので、モニター用にサンプルとして持たせてくれたそうな。
大きなおはぎでした。これを一つ食べたら、もうお腹がいっぱいになりまして、3、4時間目も瞬く間に過ぎていきました。お昼休みになってもお腹がすきません。弱った。
いつもならお弁当を食べるところですが、今日は持っていかなかったので、外にでました。駅までいくと、やたらとお店があります。さてどこへ飛び込めばよいのやら。結局、今日は軽めにナスとベーコンのスパゲッテイをいただきました。コーヒーを飲みながらまったりとしちゃったよ。
6時間目にもう一つ授業が残っておりましたので、再び学校に戻ります。1組の連中とはすごく仲良くなりました。今日はいろんな雑談をして楽しかった。
さて放課後になったら、突然1年生の女子が数人、なにやら相談をしたいとあらわれました。隣の部屋にお茶とお菓子を持って移動します。ところで相談事の中身は内緒ね。ぼくを信用してお話してくれましたので、ここに公開するわけにはまいりません。
それでも相談にきてくれるというのは嬉しいじゃないの。まあ、人畜無害というやつか。完全に近所のおじいちゃんのノリでございます。それでもよろしいぞ。
またおいで。そうそう、彼女たちには厳しいレポートの宿題を出しておきました。もちろんテーマについては、これまたヒミツなのだ。むははははのは…。

日時: 2011年10月27日 20:42 | パーマリンク
2011年10月28日
バッテリー交換

あっという間に2年がたち、また車検です。なんというか実にやな感じ。今乗っているのは娘にもらったものなので、車代そのものはタダだったのですが、その後お金がかかりますね。しかしないとやっぱり不便なのですよ。
ここいらあたりがにくいのだ。先日、ちょっとみてもらったら少し電圧が落ちてますねというので、仕方がない、取り替えるとするかということになりました。車検の時にやってもらってもいいのですが、そうなると高い。なんであんなにいいのをつけちゃうのか。
自分でやりましょ。ご近所にあるDIYのお店に行って、本当はノーブランドでもよかったのですが、2年保証というので、あと2000円高い、メーカー品にいたしました。こちらは3年保証です。どこが違うのか、よくわかんないけどね。
そのまんま、駐車場でボンネットをあけ、おもむろに仕事にとりかかります。何度もやってるので、別にどうってことはありません。なんでマイナスからはずすのかな。それも知らんのだ。なんか意味はあるんだろうな。
次々と手順通りにやれば、10分で終わります。ちゃんと動いた。あたりまえか。
家に帰ってお稽古。今日は着物をきてやりました。気分がよろしい。おへそより少し下のところを帯で巻くと、なんとも力がでるのです。これはなんなんだ。
また11月に高座に出ますので、ちゃんとお稽古しないとね。やってないと、そのまんまが出ちゃうのです。怖い。今日は久しぶりにのんびりいたしました。
休みはいいぞ。うれしいぞ。

日時: 2011年10月28日 18:35 | パーマリンク
2011年10月29日
お昼寝万歳

今日ものんびりです。これといって予定はありませんでした。午前中は息子が来ていたので、ああだこうだ。ノートパソコンがホワイトアウトしてしまうトラブルをいかに解決するかで、もめました。こういう現象って結構あるんですね。
ドライバーの不具合かと思ったら、そうじゃありませんでした。なんとか解決したのでやれやれです。さてそれからごはんをいただき、図書館へ行ってきました。ご近所なので、お散歩気分です。
帰ってきたら突然の眠気。布団にくるまってすやすやと寝ちゃいました。いいお天気で気分も上々です。起きてから、またまたお散歩。今日は駅前でハロウィンのにぎやかなフェスティバルをやってました。日本人の貪欲さには全く脱帽です。
クリスマスとバレンタインデーくらいで、いいんじゃないのと思うけど、そう簡単にお許しは出ませんね。商売人はなんでもやるのだ。魔女の恰好をした女の子がたくさんいたなあ。かぼちゃがたくさん置いてありました。ぼくには無縁みたいだけど、野沢菜漬けがおいしそうだったので、一つ求め、その後本屋さんへ。
いろいろ出てますね。ちょっとしばらく覗かないと、品揃えがかわってます。
昨今のトレンドはなんなんだ。地震に原発にその後は…。年金も減りそうだし、給料も減る。さらには税金が上がって、いいことなんかないね。しかしギリシャもイタリアも結構、みなさんしたたかにその日を楽しく生きているのだ。元々、階級制度がある国の方が、みなさん自分の分というものを知っているから無理しないのかも。
日本みたいに這い上がれる国は、それなりにあくせくと苦しいんだな。どっちがいいのか、そんなことわかりゃしないけど、本当にイタリアンは遊ぶのが好きなのだよ。
さて明日はどうなるのやら。朝早く起きないと。またまたご用事が待っているのです。つらい。

日時: 2011年10月29日 20:51 | パーマリンク
2011年10月30日
facebookはものすごい

今日は朝から車屋さんへ。車検です。安いところは自分で持って行くのだ。昔は向こうから来てくれたもんです。ガタガタの代車を借りたこともありました。懐かしい。
今は駅のそばなので、帰りもラクチン。時代はかわってますね。ちょっと前は全部車屋さんにおまかせでしたけど、最近は一つ一つ点検をしながら、納得づくなのです。お金を払う方が、そんなの交換したくないといえば、じゃあやめましょうということになる。このあたりもすごい。
かつては毎回プラグなんて替えてたけど、今じゃ白金プラグだとかで、ずっと使えるとか使えないとか。メーカーも大変だなあ。ブレーキオイルとか、ブレーキパッドなんてのは消耗品だからね。まあしょうがないといたしましょう。
そういうわけで、夕刻再び出かけました。本屋さんに入ってずっとあちらこちらの棚を眺め回したよ。最近は着物の本なんてのも読みます。いろいろと興味が増えたのはよろしいが、先立つものはない。このあたりがまた味わい深いところなのです。
ところでノートパソコンの方は完全にいかれちゃいまして、急遽バックアップソフトに助けられました。以前のはウィンドウズ7では使えないので、フリーソフトを使ってます。これがどうしてただなのというくらい、すばらしい。リナックスベースで某有名ソフトとコンセプトがおんなじ。
これでなんとか蘇ったよ。まったく一時はどうなることかと思いました。
さて明日から、またぼちぼちと労働の最前線へ。といってもどうってことはありませんがね…。
そうそう、そんなことよりfacebookに本名で登録したら、まあ次々とお友達になってくれという方が殺到し、驚いてます。生徒だけならまだしも、元同僚まであらわれました。まあなんと。この先どうなるのかな。よくわかんない。とりあえず流されてまいりますわん。
日時: 2011年10月30日 20:03 | パーマリンク
2011年10月31日
羊羹とおせんべい

物理準備室は朝から宴会となりました。先日、おはぎを差し入れてくださった体育のK先生が、今日は羊羹をもってきてくれました。なんでもおはぎを作っている業者が、バザー用に準備した羊羹だということで、朝早くから、お茶を飲みながら、ぱくついたのです。これが甘くてうまいのだ。
さらに進路がらみでいただいたお煎餅にお茶なども登場しまして、わいわいがやがや。最近、この部屋は完全に隠居所状態になっております。
職員室から離れていることもありまして、たまり場になりやすいのかも。
というわけで、朝からもうお腹が満腹です。完全に闘争本能がなくなりました。元々ないんだけどね。そこでお隣の部屋にこもり、「牛ほめ」のお稽古。さらに4時間目の授業を終え、外に出たというパターンです。すでに1時を過ぎておりました。
なんとなく戻ってきたら、突然の眠気。ここでまたまたお昼寝です。のんきなもんだ。
放課後は生徒が続々とやってきて、最後にあらわれたお嬢さんはなんとフラメンコのお稽古にこれからでかけるとのこと。特別なカスタネットなどを見せてもらい、さらには踊りまでご披露してもらいました。なかなかのものだなあ。もう5年もやっているそうな。
人間、さまざまな横顔をお持ちなもんですね。誠に楽しい一日でございました。
柿、また買っちゃった。奥様に叱られました。ぐすん。

シェアする

フォローする