2017年03月一覧

さくら寄席

落語をまた一席やらせていただけることになりました。 4月2日です。 詳しいことは会のHPに載っています。 今回もネタおろしです。 随分と昔に稽古はしたものの、ずっとお蔵入りのまんまでした。 というのも、こういう根問い物は難しいのです。 一見すると、そうでもないのですが、ヤマをつくりにくい。 お題は「千早振る」。 国語の先生が終演後、楽屋に文句をいいに来たという因縁付きの噺で...

檸檬

梶井基次郎の小説『檸檬』を今年も授業でやりました。 実に不思議な味わいに満ちた作品です。 安部公房の短編『赤い繭』とセットになっているのはなぜなのかな。 どちらもギリギリまで引き絞った矢の先端に触れると、死に誘われるような魅力に満ちています。 表現が美しい。 三高時代の心象風景が目に見えます。 冒頭の一節…。 えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。 人は...