さくら寄席

落語をまた一席やらせていただけることになりました。
4月2日です。
詳しいことは会のHPに載っています。

今回もネタおろしです。
随分と昔に稽古はしたものの、ずっとお蔵入りのまんまでした。
というのも、こういう根問い物は難しいのです。
一見すると、そうでもないのですが、ヤマをつくりにくい。

お題は「千早振る」。
国語の先生が終演後、楽屋に文句をいいに来たという因縁付きの噺です。
あんまりいいかげんなことを言うなというのが、その趣旨だったとか。
いいじゃないですか。
それが落語なんです。

出来はまあ、その日の天気次第というところかな。
少しはお稽古もしなくちゃね。

シェアする

フォローする