ニーバーの祈り

今日、宇宙飛行士・山崎直子さんの本を読んでいたら、この祈りの言葉に出会いました。
今まで全く知りませんでした。
肺腑をつくいい表現ですね。
これからは肝に銘じて生きていかないと。
やっぱり読書はいい。

高校生の時、担任でもあった英語の先生が教えてくれたそうです。
アメリカの神学者ラインホルド・ニーバーがかなり以前から流布していた言葉を説教で使ったのだとか。
アメリカでは有名な言葉です。
山崎さんは失意の時、この祈りによって何度も救われたと述懐しています。

神よ
変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。

最後の1行は深い真理に満ちています。
それさえできたら、ぼくも今とは違う人生を歩いていたような気がするのですが…。

シェアする

フォローする