ジャコメッティとともに

6月14日から国立新美術館でジャコメッテイ展が始まりました。 これは開館10周年を記念した展覧会だそうです。 この芸術家の横顔を表している作品は矢内原伊作の『ジャコメッティとともに』につきると思います。 ぼくがこの本に出会ったのは実に35年ほど前のこと。 こんなにすごい本があるのかというのが、その時の率直な感想です。 たまたま書きとどめたものがありました。 そのまま載せさせてください。 ジャコメッティは20世紀を代表する彫刻家で...

あさがお寄席

来月は恒例の「あさがお寄席」です。 毎年出させていただいてます。 実にありがたい。 今までに、色々な噺をしてきました。 会のHPをみると、苦闘(?)のあとが残っています。 まさに汗顔の至りというやつかな。 ここ3年間のお題は以下の通りです。 「天災」「不動坊」「錦の袈裟」。 どれも覚えるのに苦労しました。 でも懐かしい。 さて今年の出し物は夏にふさわしく「船徳」です。 若旦那ものの定番かな。 場面が船の上なので...

海も暮れきる

尾崎放哉の本を引っ張り出して読み始めました。 吉村昭著『海も暮れきる』です。 奥付をみたら昭和55年でした。 今から37年も前の本です。 あれから一度も読んでいません。 自由律俳句の授業をする時、荻原井泉水、種田山頭火とともに必ず紹介してきました。 それにしても、この人の甘えは度を超えています。 その輝かしい経歴に比べて、人間がむやみに卑しい。 吉村昭が小豆島を訪ね、放哉について訊ねようとすると、島の人たちはみな厭な顔をし...

人生の救い

作家車谷長吉が亡くなったのは、今から2年前です。 誤嚥による窒息死でした。 彼は重度の蓄膿症で、鼻から息が出来ませんでした。 手術をすればなおるかもしれない。 しかし目の神経を切ってしまう可能性が大きかったのです。 それで諦めたと綴っています。 『赤目四十八滝心中未遂』で直木賞を受賞。 学校では全く扱われることのない作家です。 なぜか。 あまりにも毒が多すぎる。 若い生徒には刺激が強すぎるのです。 この本は朝日新聞日...

最強の読み方

池上彰と佐藤優の共著です。 朝から読んでました。 去年の暮れに出てから版を重ねている様子。 新聞、雑誌、ネット、書籍から最新の価値あるニュースをどう拾うかというノウハウが載っています。 国語表現を教えていると、いつも何をネタにしたらいいのかということに意識が向きます。 つまり教えることは学ぶこと。 その前線にいるのだと感じます。 新聞を丹念に読んだり、雑誌にも目がいきます。 それをさらに先鋭に日々、行っているのが彼ら2人と...

テザリング

前のスマホではうまくいきませんでした。 しかるに今度のはどうか。 これができれば、パソコンをどこにでも持って行けます。 さて試運転。 あっさりダメでした。 どうなってるのか。 娘のところで試みたんですけどね。 あちこちのサイトを読みました。 結論。 初期化せよ。 できればやりたくない。 あとの処理が面倒臭いからね。 しかし背に腹はかえられぬ。 はじめてやりました。 あっさりと終わり、さてもう一度最初から。 ...