「 Diary 」一覧

NO IMAGE

寒い…

ここ数日、冷えてますね。 気温が実に低い。 風の吹いている日陰を通ると、背筋が凍えます。 その反対にお日様のありがたいこと。 学校にいる間はいいけれど、行きと帰りがつらいです。 もう少し、もう少しと言い聞かせながら、12月を過ごしているというところです。 今日も帰りにマスクを買ってきました。 今は使い捨てのがあってありがたい。 それでも毎日使っていると、必ずなくなっちゃう。...

NO IMAGE

追試

今日は漢字の追試験。 誠にごくろうさまです。 やっと試験が終わったと思ったら、またまた試験だ。 生徒は大変です。 それに比べれば先生の方が楽かも…。 採点だけしてればいいわけですからね。 とはいえ、気苦労もある。 いずれ成績もつけなくちゃならん。 今日も早めに帰ってきました。 図書館に寄って、リクエストした本を受領。 また明日から読み始めますか。 それより、電車の中で...

NO IMAGE

フィリピンパブ嬢の社会学

朝からいいお天気でした。 気温もぐんぐん上がり、帰りはコートがいらないくらい。 半日、成績処理をしました。 学校のサーバーに得点と欠時を入れて、まずは一安心。 あとは採点ミスをなおすだけだ。 全く間違っていないということはないね。 必ずある。 しかしあらかじめ得点を入れておくと、あとの作業がかなり楽なのです。 行きと帰りで、『フィリピンパブ嬢の社会学』という新書を読みました...

NO IMAGE

第9交響曲

今日は午前中から某ホールへ。 本番なのだ。 年末は第9ですからね。 ソリスト4人のうち、なぜか3人を知ってるというのはすごいかも…。 一人はかつてぼくのクラスにおりました。 今はみんな二期会の会員だというのだから、恐れ入るよ。 プロになって活躍中のメンバーばかり。 第9はとにかく長い。 体力が持つかなあと最初不安でしたけど、なんとかなりました。 しかしくたびれたよ。 そ...

NO IMAGE

のんびり…

採点が終わった身としては、まずのんびりさせてもらわないと…。 自分で作った評価システムの中に全部点数を打ち込みました。 あとは答案を返して訂正をすればよろしい。 もちろん、学校のサーバーにも数字を打ち込まなくてはならん。 二度手間は勘弁してほしいね。 コピーして貼り付けられればいいんですけど。 どうもダメみたい。 システムが全く違います。 どこへいってもこんなことばかり。 ...

NO IMAGE

富岡八幡宮

昨日の事件には驚いた。 まったくいろんなことがあるもんだ。 それにしても神主の姉が弟に殺されちゃうなんて。 なんで富岡八幡に関心があるのかといえば…。 それはひたすら落語から来ているのです。 ぼくの好きな噺のひとつが「阿武松」。 枕のところで必ず横綱の碑について語るのだ。 さらに歴代の横綱の名前を読み上げます。 六代目までだけどね。 その主人公が、阿武松緑之助というわけな...

NO IMAGE

採点中

目下のところ、採点中です。 声をかけてもダメよ。 今日はそんなに風もなく、まあまあの陽気。 当分こんな調子ですかね。 体調もぼちぼちといったところです。 落語のお稽古をしていないというのがいかんな。 通勤の途中、西原理恵子の本を読みました。 『女の子が生きて行くときに覚えていて欲しいこと』 この人はいろいろとあったんだよ。 以前、お金の本を読んだ時も、どっかに感想を書いた...

NO IMAGE

いよいよ試験

今日から試験です。 朝の1時間目がぼくの試験。 ありがたいことです。 さっそく採点を始めました。 とにかく枚数が多い。 これをなんとか終わらせないと、クリスマスもお正月も来ません。 頑張るしかないね。 よちよちと始めましたよ。 いつものように赤いボールペンを持ってね。 何年やってるのかよくわかんないけど、この時期のイベントであることに間違いはない。 生徒は次々とわけのわ...

NO IMAGE

忘年会

朝のうち、2コマの授業。 国語表現は好きなようにできるので、とても楽しいです。 生徒も一生懸命。 もちろん、教える側も一生懸命(?)。 のんびりと帰ってきました。 家で食事をしてから、お昼寝。 朝が早かったのでね。 ゆっくりと寝かせてもらいました。 さてその後は今日のメインイベント。 忘年会です。 といっても会社や学校のじゃない。 落語の会のです。 みんなでひた...

NO IMAGE

試験直前

いよいよ期末試験が迫ってきました。 今日で各クラスの授業は一区切りです。 やれやれ。 最後は自習にしました。 いろんな科目があって生徒は大変そう。 ご苦労さまなことです。 人間はそんなにあれこれとできるもんじゃない。 だから無理に詰め込んでもね。 とはいえ、高校時代はセットメニューの料理を食べておくことも大事だ。 その中から自分の口にあったものをみつけるということかな。 ...