真打ち披露

今回一人真打ちの春風亭一之輔が高座で演じた噺のリストです。彼のブレークぶりはものすごくて、今週の「アエラ」は持ち上げすぎかも。

落語協会会長の小三治師匠が決めたらしいです。先輩を21人抜いての異例の昇進ですからね。それにしても一人真打ちというのはつらい。50日間(まだ国立演芸場の分が残ってます)全部トリをつとめるのです。この体力と気力にまず敬服いたしますね。
これから芸の精進あるのみ…。甘くない道のりです。ほんと…。

シェアする

フォローする