落語論

実にマニアックな本です。
普通の人はちょっと読んでやめるかな。
しかしなるほど、その通りだと納得させられるところがあちこちにあります。
噺家のあり方について書いているところなどは、本当にその通りだと思わず頷いてしまいます。

10年も前の本です。
少し感想を書かせてください。

面白かったのは客を高揚させる声とは何かということでした。
心地よい高音を出せる噺家は、人気がでやすいとか。
先代文楽までさかのぼらなくていいのです。
今なら扇辰、兼好がそれにあたるでしょうか。
甲高い声とは全く違います。

声の質からいえば、白酒はみごとだと思います。
これはぼくの贔屓目でしょうか。
けっして彼は高音域を持っている訳ではありませんが…。

あとは「間」です。
これはフラより難しいそうな。
間がいいといえば、だいたい話はおさまります。
相手もなるほどとなるのです。

小三治などは間を持続できる希有な噺家です。
客をつかんで離さない力業を持っています。
普通は話し手も諦め、疲れてしまうギリギリまで、客を引きずり回します。
自分の世界に入ったら、出てこないのです。
間も音の一種なのかもしれません。

売れる噺家と売れない噺家の話も面白かったです。

嫉妬を抱けないような噺家は大きくなれないとか。
あの米朝でさえ、弟子の枝雀に嫉妬したのです。
落語は厄介な芸能です。
最近、ますますそう思うようになりました。

シェアする

フォローする