(続)落語二席

Diary

 本日は文化祭二日目。くたびれてきました。
 しかしやらねばならぬ。
 朝はちょっとのんびりしまして、それから仕事に取りかかりました。
 借りている教室を開けまして、マイクなどの調子をみます。

 しばらくすると部員の姿が。
 さっそくの着替えを命じました。
 定刻に始めるということが、なによりも大切です。
 昨日に続いて、今日の演目には「穴子でからぬけ」が加わりました。

 さてしばらくの間、お客様を招き入れてから、ぼくの番です。
 その前に広報の方の取材もございました。
 なにをやろうかなと考えながら、なかなか決まらず、えいままよと「鈴ヶ森」に突入。
 浅草寺に入った泥棒の小咄からはじめ、そのまま本題へ。
 おかげさまで、よく笑ってくれました。

 午後はまたまた忙しく、受付です。
 だんだん天気も怪しくなり、それでもなんとか雨も降らずにお仕事が終了。
 またまた着替えて、午後の部へ。
 さて今度はなにをやりましょう。
 あんまり長いのはよくないし、生徒がやってるのとは違う傾向のもの。
 というわけで、子供が出てくる「真田小僧」を。

 これはお客様のまえでは多分初めてかも。
 なんでもこうなりゃやっちゃうのだ。
 こちらも笑っていただけました。
 しばらく時間をおいて、後片付けです。

 やっと全部終わりました。
 やれやれです。でも楽しかった。やっぱり参加することに意義があるのだよ。
 明日も学校があります。お片付けだとか。
 ぼくはこれで解放されたので、のんびりさせていただきます。
 本物の寄席にもたまには行きたいなあ。

タイトルとURLをコピーしました