入学式

Diary

 今日は入学式の日です。
 とはいえ、ぼくにはあんまり関係ない。
 新しい制服を着こんだ生徒さんが、なんとなくそわそわ。
 親御さんにとってみれば、なんともいえない感慨があるんでしょうね。
 親になって長いので、みんな忘れちゃいました。
 随分昔のことだもの。

 朝から暢気に噺のお稽古。
 というより、新しいレパートリーをなんにしようかと物色いたしております。
 やりたいのはあれど、なにしろ難しい。
 とにかく一度聞いてみようということになりまして、パソコンを操作。
 幸いに画像があったので、それをせっせと見ました。
 動きが複雑ですね。

 とにかくやってみるか。
 まあ、なにごともぼちぼちと…。
 もう一つは2週間後にかける予定の「死神」を。
 いつもの小三治じゃなくて、喜多八さんのを見ました。
 師匠のとは似てるけど、ちょっと違います。人間性の表現の仕方がね。
 そのあたりの差が実に面白い。

 夕方、大きな声でやってみました。
 あっという間に日が暮れていきますね。
 すごい風で、まいったよ。
 明日はクラブ紹介です。
 落研の連中はうまくやれるのかなあ。
 この前、小咄を教えてあげたんだけどね。
 楽しみにしておきましょ…。そうしましょ。

タイトルとURLをコピーしました