西東京大会はすごかった

Diary

 今日も暑かったです。
 それでも午前中は風がいくらかあったので、なんとかしのげたけどね。
 でも暑い。
 エアコンをつけたり、消したり。
 テレビを見てました。
 やっぱり日大三高の戦いぶりは気になるのだ。
 もしかしたら、決勝は日大同士なのかなとつい思ったりもいたしました。

 しかしなんと、そうはならなかった。
 今日の三高はミスも多く、なんとなくバタバタと浮き足だっていたなあ。
 途中までリードしてた時はよかったけど、ホームランを打たれたあたりから、急に落ち着きがなくなった。
 人間というものは、ああいうものなんでしょう。
 どれだけ強いチームでも負ける時は負ける。
 そういうことだ。
 他山の石としなければならんね。

 ところで今日は何をしたのか。
 あえて言おう。
 何もしてません。
 強いていえば、お稽古をしたことぐらいかな。
 噺を3つぱかりやりました。
 あちこち忘れていて実に情けない。

 どうしたらうまくなるものか。
 そんなこと、わかるわけもない。
 小三治の引いた芸がこのところの話題ですけど、そんなこと考える余裕もございません。
 でも普通にやってりゃ落語というものは十分に面白いんだからという心境には、いつかなりたいね。
 無理な入れごとはやめて、自然体でいくのだ。
 ところがこれが難しい。
 うけたいからね。つい無理しちゃう。

 明日はちょっと予定があって出かけることになっております。
 そのご報告はまたその時に。
 ところで今日は隅田川の花火大会だそうな。
 夏真っ盛りで、大変結構でげす…。

タイトルとURLをコピーしました