文化祭2日目

Diary

 やれやれ、文化祭もやっと2日目になりました。
 朝から天気がかなりアヤシイです。
 一日もつのかな。
 そんなことを言ってるうちに、ちょっと降り始めました。
 しかし幸いなことにそれほどひどくならず、あとはずっと曇りの天気でした。
 雨さえ降らなければ、なんとかなるかも…。

 さて落研は例によって15分前にスタンバイ。
 部屋をあけて、お囃子を流します。
 これだけで、ぐっとムードが高まるのだ。
 それだけ音というのは大切なものなんです。

 今日も昨日に続いて、最初は女子の高座です。
 華やかで大変によろしい。
 だいぶ部屋の雰囲気もあたたまってまいりました。
 4人目にぼくもやらせてもらいました。
 お題は「初天神」。
 この噺はにぎにぎしいこういう場面ではどうにでもアレンジでき、大変重宝いたします。

 おかげさまで、たくさんの方に笑っていただきました。
 なんといっても飴玉をなめるところと、お団子をぺろぺろやるところがハイライトです。
 ここをちょっとオーバージェスチャーで…。
 無事に終えてから、しばらく休息。
 ふたたび、午後の部です。
 全くもって忙しいのだ。

 今度は呼び込みだけなので、随分と気が楽だな。
 本日のお題は「平林」「たらちね」「味噌豆」「壺算」「つる」でした。
 生徒はよく頑張ってくれました。
 最後のご挨拶の後、急遽片付けに入ります。

 とにかくあったところへ全部運んでしまえば、終わりなのだ。
 なんとかなったのは、それから1時間後くらいでしたかね。
 これで全巻の終わりです。
 宴の後には寂しさが残るもの。
 しかしまた来年に向けて頑張らんといかんね。
 稽古は裏切らない。
 これは永遠の至言なのであります。

タイトルとURLをコピーしました