久しぶりに…

Diary

 3コマも授業をやりました。
 といっても、そんなに力を入れた訳ではございません。
 軽いフットワークでジャブというところかな。
 かなり試験範囲をカバーしてきましたので、そろそろシフトダウンという感じです。
 随分と楽になってきました。

 昨日よりはいくらかあったかかったので、外に出ました。
 いい気分です。
 でもすぐに戻らなくちゃいけません。
 せわしないことよ。
 そこへある人物があらわれ、申し訳ないけど、お願いしたいことがあるとか。
 なんでも卒業式の送辞の指導をしてくださいとのことです。

 なるほど、もうそんな季節なのだ。
 なんでもぼくが教えているクラスに生徒会長がいるそうな。
 そう言われてみれば、確かにそんな話を聞いた記憶があります。
 前の原稿を見せてくださいというのが、とりあえずのご返事かな。
 そのうち、送辞が束になってやってくるんでありましょう。

 どこへ行っても国語の先生というのはそんなことを頼まれますね。
 これも宿命か。
 もう卒業式に出なくなってしばらくたちます。
 最近は堅苦しいのがどうもダメです。
 なんだか肩がはるのだ。

 そんなわけで、久しく遠慮をしているのです。
 まあ、とにかく恰好だけはつけなくてはなりますまい。
 それより、明日は大丈夫なんでしょうか。
 朝から雪の予報です。
 長靴も用意しておかないとね。
 
 どういう天気になるのかなあ。
 電車は動くんでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました