明日のことは明日考える

Diary

 つまりそういうことです。
 あんまり先のことを考えてもどうなるもんでもないからね。
 明日の予定はわかってます。
 とある中学校で、落語会があるのだ。
 それにぼくも出るということだけはちゃんと覚えてます。

 しかし当日どういうことになるのかは、皆目見当がつかないね。
 なにしろ大人数の中でやれというんだから。
 なんとかなることはなるでしょ。
 全校集会だと思えばよいのだ。
 今までに、1000人以上の規模の学校にもおりましたのでね。
 別にどうってことはない。

 ただし落語をやったわけじゃありません。
 そこは全く違うのだ。
 最近の中学生というのは、どういう心象風景の中を生きているのでしょう。
 スマホなんて禁止なのかな。
 それさえもわからん。

 友達関係は、教師との関係は…。
 なんもわからん。
 とにかく与えられた時間を適当に流していくということかな。
 あんまり生徒さんをいじっちゃダメだよね。
 そこのお嬢さんなんてやってちゃいけませんね。
 寿輔じゃないんだから。

 まあいいや、とにかく一晩寝てから、馳せ参じることにいたしましょう。
 あんまりお稽古する気もしません。
 ぶっつけ本番の方がきっと面白いよ。
 最近、ますます図々しくなってきました。
 圓生師がご存命だったら、ぶっとばされるかも。

 しかし稽古だけじゃダメだ。
 裏打ちになる人生ですよ。
 きっとそこに秘密があるのだ。
 だから落語は怖いのです。
 ああ、怖い。
 これって、まんじゅうのことかしらん…。

タイトルとURLをコピーしました