なんとか授業を…

Diary

 今日も3コマやりました。
 体力との勝負であります。
 最近はあんまり喋ると、声がかすれるのだ。
 それでも喋る。
 なんということでしょ。
 きっと口から先に生まれたのかも…。

 今日も放課後、落研の面々が集まりました。
 その席上、ぼくは言ったよ。
 1年生を一人ゲットしたぞ。
 これは偶然の賜物なのであります。
 というのもある教室で授業をしていたら、次のクラスが入ってきたのだ。

 それがなんと1年生だというじゃないですか。
 これはチャンスだと思い、このクラスに与太郎はいないかと訊ねました。
 すると、いるというのだ。
 ちょっと待っていると、件の人物があらわれました。
 実にいい声だ。
 これは間違いがない。

 なんたって落語は一声二節というくらいです。
 やる気はあるかと訊いたら、はいというじゃありませんか。
 これは実に劇的な出会いだったな。
 来週はきっと稽古に来てくれるだろうと思います。
 楽しみだな。

 今日はもう一ついいお話もありました。
 これはいずれ、皆様にお伝えできるんじゃないでしょうか。
 もう少し待ってね。
 さてそんなわけで、文化祭を控えて、実に慌ただしくなってまいりました。
 予算もおりたし、そろそろ提灯でも買い足そうかな。

 扇子とどちらがよろしいでしょう。
 これも贅沢な悩みであります。
 いつの間に、そんなに裕福になったのかしらん。
 まさかそんな筈もないけど…。
 少しづつ、歳月を経て、それらしくなってまいりました。
 石の上にも3年だよ、諸君。

タイトルとURLをコピーしました