あったかい一日

Diary

姜尚中がレポートした漱石の番組を見ました。
久しぶりに面白かった。
日本と東アジアとの関係を真剣に考えていたということがよくわかったね。
たいした人です。

日露戦争に勝って、みながうかれてる時、日本の未来を予見していたのかも。
それはあの『三四郎』の広田先生の発言にもでてきます。
「滅びるね…」のひとこと。
さて、今、この国はどうなっているのやら。

中国も似たようなもんか。
魯迅は何をねがっていたのかな。
まさか、今の中国じゃないでしょ。

今日はあったかかった。
久しぶりに用事で外に出たら、すぐに汗をかきそうになったよ。
明日もこんな案配だとか。
どうなってるのかな。

世間はどこへいってもクリスマス。
ぼくはあと3日間、授業をやらなくちゃならん。
なんとかなるのかね。
まあ、ここはぼちぼちとマイペースでまいりますかね。

タイトルとURLをコピーしました