休養

Diary

昨日までのお疲れをとるべく、のんびりしてました。
本日のメニューは週刊文春の編集長が書いた本を読んだことくらいかな。
朝から必死になって目を通しました。
こういう生き方も面白い。

全力フルスイングというのが気に入りました。
とにかく人と違う角度を求める。
嘘はつかない。
一発でタイトルが出てくる記事は絶対に面白い。

上から目線になったら終わり。
誰もが知りたいと思うことを同じ高さから書く。
最後は人間。
胸襟を開いてとことん話をする。

それだけの付き合いをしなければ、信じてもらえない。
いやがられても核心をつけ。
いろんなことが書いてありました。
どの業界にも通じる極意かな。

ぼくとつながるところはどこでしょ。
そんなことを考えながら、読みました。
さて明日からまた授業だ。
何をやるか、まったくの白紙です。

新しい単元に入るもよし。
もう一度だけ、漢字のお稽古をするもよし。
いずれにしても10月がどんどんと過ぎていきます。
月日の経つのは本当にはやいね。

タイトルとURLをコピーしました