定期試験

Diary

本日は第5回目の定期試験初日。
さっそく1時間目にぼくの現代文がありました。
とにかく無事に終わらせないと…。
ヘンなミスがあったらやだなあと思いながら、それぞれの教室へ。

幸い、これといった質問もなく、まずは一安心。
あとは採点だけということになりました。
やれやれだね。
さっそく始めましたよ。

なんたって6クラスもあるのだ。
やらんことには評定もつかないでしょ。
しかし随分と書くところがあるなあ。
自分で作って、自分で感心してる。

それでも前回の『舞姫』繚乱テストに比べれば、今回は静かなもんだ。
生徒も書いてあることは理解できているようで、まずはよかったよかった。
平均点もあがるな。
全部採点し終わったら、パソコンに入れて、さっさと評価を出すか。

とにかくそこまでいけば、大団円の気配濃厚である。
まずは、ぼちぼちといこうじゃありませんか。
まったくよくやってるよ。
自分でも感心いたします。

大変な雨と風に吹かれながら、帰ってきました。
それにしてもあったかい。
また寒くなったらどうしましょ。
なんか沖縄の夜みたいで、今ぼくすごく幸せ。

タイトルとURLをコピーしました