武州公秘話

Diary

誠に不思議な本を読みました。
なんということなしに手にとったのです。
あとは一直線だ。
やられた。

谷崎潤一郎独自の偏執狂的な世界です。
ちょっと読むにたえないところがあるかも…。
しかし不思議と厭な感じはしない。
寸止めに近い妙技がなせる技でしょうか。

ストーリーを書くには及ばないね。
読んでみてください。
青空文庫にもある。
こんなの書いてるのという世界だな。
女首なんて言葉をはじめて知りました。

いずれにしても妙な小説だ。
感触的には『春琴抄』かな。
いや、他にも似たようなのはあるに違いない。
短編を少しまとめて読んでみるか。

今日はお稽古をしませんでした。
あったかいので、ちょっと外出。
奥様を某所にお送りしました。
図書館に寄ったら、新しい落語のCDがあって、ついまた借りちゃった。

聞くだけでも大変です。
しかし罪がなくてよろしいね。
図書館の方が、落語は回転がいいと言ってました。
新しいのを入れると、次々と借りていく人がいるのだとか。

みんな笑いたいんだ。
そんな気がする。
とにかく笑いたいんだよ。

タイトルとURLをコピーしました