今日も歩いた…

Diary

朝からずっと数学の問題を解いてました。
なんでこうなるの。
始めるとやめられん。
答えがあってると、実によい心持ちです。

洗濯ものを干してからやりだしたものの、あっという間にお昼になっちゃいました。
それくらい熱中してたんだな。
なにしろ難しい。
でも面白い。

どうしてこんな考え方をするんだろうと不思議な気分になるね。
しかしコンピュータにとっては朝飯前なのだ。
そういう風に式を作っていく。
そこが人間のすごいとこだ。

計算式は膨大だけど、コンピュータにとってはなんでもない。
むしろ、同じ形式にしてくれた方が彼らにとってはありがたいわけだ。
そこまで式をつくっていく人間の知能はたいしたもんだよ。
しみじみそう思う。

奥様は半ばあきれて、よくそんなことやってられるわねというのがご感想のよう。
さてお昼を食べてから、いよいよ外へ。
風がすごい。
花がたくさん咲いてます。

いずれ、あやめかカキツバタ…。
あの紫色は鮮やかだね。
いつもとは全く違うコースを今日は何キロ歩いたことか。
帰ってきた時は汗びっしょり。

どこかで行き倒れにならないように、首からIDカードでも下げないとダメかも…。
帰ってきてから、再び問題にチャレンジ。
そんなこんなで、夕飯の時間が少し遅くなりました。
どうも囲碁や将棋の楽しみに似てますな。

数独じゃないよ。
行列はもっとひどく複雑怪奇なのだ。

タイトルとURLをコピーしました