問い

Diary

詩人、蜂飼耳は文章がうまい。
今日も唸らされたよ。
これも試験問題を解いていた時の話です。

昨今は大学の入試問題もありとあらゆるジャンルから出てくる。
そこいらにないようなのを探すのも大変なのだ。
今日のは「馬の歯」というエッセイです。
一言でいえば、切れ味抜群。

寄らば切るぞという感じかな。
とにかく入試問題であることを忘れさせます。
それくらい見事だ。
今通っている高校の今度の試験範囲にも、この人のエッセイがありました。

教科書会社も必死だよ。
いつまでも漱石や鴎外に頼ってばかりはいられません。
彼女の文章は実に小気味よろしい。
吉原幸子の詩『虹』に寄せて…。
一文だけ引用させてくださいませ。

問いによって、あらゆるものに近づくことができる。
だから、問いとは弱さかもしれないけれど、同時にもっと遠くへ届く光なのだろう。

せいぜい、いい問いを発したいもんだ。
しかしその難しさといったらない。
つまり、どういう問いかけができるのかということを試されているんです、ぼくたちは。
生きてくということはそういうことなんじゃないのかな。

今日は問題を解きながら、唸りました。
誰かにその声をちょっだけ届けたくてね。
つい訳のわからんことを呟いてしまったよ。

健康診断の結果も聞いてきました。
もう少し、この現世とやらにいてもいいそうだ。
なんということでしょ。
ついでにCTスキャンもとったよ。

タイトルとURLをコピーしました