交流会

Diary

今日はアメリカ大使館の書記官と生徒が交流するイベントがありました。
こういうのもやってるんだね。
どこの学校でもというわけじゃなく、手をあげて希望したんだそうです。
生徒はiPadを武器にしながら、大型スクリーンにいろんなテーマを掲げて、楽しそうでした。

ぼくが中学生の時には考えられない催しだな。
2年生の各クラスで1時間づつ。
日本の文化を紹介するというプログラムなのだ。
各地の紹介や、食べ物、遊び、テレビゲームまで。

iPadを使いこなして、プレゼンテーションをするのです。
途中にクイズなど挟みながら、大使館員に質問を…。
書記官の若い男性は、実に的確な質問や、受け答えをしてました。
さすがだよ。

イベントの裏では、担当の先生のご苦労もさぞやと…。
それでなくても忙しいのにね。
リエゾン・パーソンの力量発揮というところでしょ。
生徒と一緒に給食を食べて、今度は午後に彼がプレゼンをして…。

こういう経験ができるということは幸せなことだ。
この前のスカイプでの英会話授業もそうだけど、通信やデバイスの発達には目を見張るね。
世の中はどんどんかわってる。
人間はたいして進歩してないけど。

家に戻って、少し居眠り。
どうも寒くなってきてから、眠くて困る。
癖になったかも…。
音楽を聴いたり、本を読んだり。

実に暢気に過ごしてます。
ありがたい師走だ。
とはいえ、用事はまだまだいろいろとありまして、お正月までなんとか駆け抜けなくてはということになりそう。
とほほのほ…。

タイトルとURLをコピーしました