金魚の昼寝

Diary

かわいい歌ですね。
なんだかとっても幸せな気分になれる。
時々、口ずさみます。
するとすぐにやさしくなれる。

作曲したのは弘田龍太郎です。
この人は有名な童謡をたくさん作ってます。
雀の学校、春よ来い、こいのぼり、靴が鳴る、叱られて、浜千鳥。
みんな知ってる歌ばかりだ。

赤いべべ着た
かわいい金魚
おめめをさませば
ごちそうするぞ

赤い金魚は
あぶくを一つ
昼寝 うとうと
夢からさめた

ぼくは2番のあぶくを一つから後のフレーズが好きだな。
なんともいえないあったかさがある。
このまんまのコードで弾いてもあんまり面白くないので、ジャズのセブンスをたくさん入れて…。
音を崩した方が味わいもよろしい。

童謡というのはすごい力を持ってるな。
「春よ来い」もそうだった。
なんだかほっこりしちゃって、気持ちがしなやかになる。
星の王子様じゃないけれど、みんな子供の時があったことを忘れてるのだ。

児童相談所にからむニュースなんか聞きたくない。
子供を虐待して何がおもしろいの。
あれは負の堆積だ。
もう一つ負をかけて正にしなくちゃならん。

割り算はなぜひっくり返してかけるのか。
ひっくり返してかけた後から1で割るのです。
では1の中身は何か。
それは先刻の割った数とその逆数の積なのだ。

では負の人間はどうやって罪を償えばいいのか…。
実に情けない話です。
今日も寒かったよ。

タイトルとURLをコピーしました