おしゃべり

Diary

朝から寒い。
全くつらいです。
寒いのは誠につらい。
しかし車通勤だ。文句は言えないね。

朝のうちはあれやこれやと。
インフルエンザの電話も激減しました。
ただし、近所の小学校は今日も学級閉鎖とか。
兄弟からうつる可能性は大いにありだな。

ちょっと図書室に寄ったら、突然男子生徒が…。
ぼくのそばで本を読みはじめたのだ。
せっかくだからおしゃべりをしようよ。
ああでもない、こうでもない。

漫画やゲームの話。
苦手な授業の話。
未来の生活について。
将来の仕事の話も…。

楽しかった。
1時間近くおしゃべりをしました。
授業中に来たんだから、なんか事情があったのかも。
そこに暇な咄家見習いがいたということだ。

人生はいろいろです。
3年の担任団のところには合否の連絡が次々と入ってくる。
私立高校の発表が続いてます。

15の春を泣かせちゃいかん。
とはいえ、野望を抱かなくては…。
このアンビバレンスをどう解決すればいいのか。
永遠の謎だよ。

今日読んだ『大鏡』には道長の横暴がこれでもかと綴られておりました。
どちらを中納言にするか。兄、左衛門督誠信か、弟、斉信か。
兄は当然自分がなれるものと自信満々だったものの、弟に先を越される。
体よく裏切られたのだ。

悔しさのあまり、握りしめられた指は、あまり強い力のため手の甲を突き抜けていたというからね。
権力の持つ密の味は、一度それを知ったものにしかわからないんだよ、きっと。

タイトルとURLをコピーしました