セメント樽の中の手紙

Diary

今日も朝から試験監督。
図書室でのんびりとやりました。
都合3時間。
長いといえば長いけどね。

一段落してから帰宅。
試験中なので、給食がありません。
無念だな。
まあ、仕方がないか。

一服してから高校へ。
今日から3日間連続です。
なにしろ期末試験前だからね。
少しはお尻に火がついたかな。

現代文を教えるのは大変です。
今日のテーマは『セメント樽の中の手紙』。
葉山嘉樹の代表作だ。
これも今までに随分やったよ。

プロレタリア文学なんて名称も今となってはね。
実感をもって意味がわかるには時間がかかりそう。
しかし日本も新しい階級社会に入りつつあるし…。
そういう視点からみれば、また新鮮にもうつる。

あれやこれやと説明しました。
明日も行くぞ。
帰りはまだ明るいのです。
随分と日がのびました。

校門の脇に紅梅の木が2本。
実にみごとに咲いてます。
まもなく3月だ。
おひなさまを出さなくちゃ…。

タイトルとURLをコピーしました