遙かなるノートルダム

Diary

朝、テレビをつけてびっくりしました。
燃えたんだ。
尖塔まで落ちて崩れて…。
これからどうするんだろう。

日本でいえば、法隆寺がなくなるようなものかも…。
2度行ってます。
荘厳な美しい建物だ。
フィレンツェのドォーモと双璧かな。

内部の装飾はノートルダムの方がすぐれてますね。
セーヌ河を手前にすると、いい絵になる。
修復するのに何年かかるんだろう。
原因は何なのか。

森有正の本のタイトルがすぐに浮かびました。
亡くなっててよかった。
存命だったら、どれほど悲しんだことか。

今日はずっと『蜜蜂と遠雷』を読んでます。
あと何日かかるかな。
真の美だけが持つ、特権的なまでの厳粛さ。
神との交感。

気が遠くなるね。
結論、凡夫が一番だよ。

タイトルとURLをコピーしました