世界基準



面白い本を読みました。
北川智子『世界基準で夢をかなえる私の勉強法』

どこかできいたことのある名前だと思って読んでいたら、やっと思い出しました。
かなり昔に読んだ本の著者でした。
『ハーバード白熱日本史教室』です。
当時まったく人気のなかった日本史の授業をたくさんの学生でいっぱいにした人です。

授業もすごい。
生徒のプレゼン主体のインタラクティブなものです。
もう先生が教壇に立って質問をする時代じゃない。
そう断言してます。

すごい人がいるもんだな。
読んでいると勇気が出てくる。
それがすごい。
なんか失敗をしても、それが世界にとってどんな意味があるのかを考える。

すると、なんの意味もない。
じゃあ、すぐに忘れる。
そういう荒技のできる人です。
勉強の仕方もすごい。

大学院の論文を書いている時、気がついたら5日間が過ぎていたとか。
その間、何を食べたのかも覚えてないそうです。
こういう人生もあるんだな。

パワーをもらいました。
すごい。