Diary

Diary

あと1日

やっと2学期もここまできた。 素直に嬉しいね。 ただし頭がぼんやりする。 風邪をひいたな。 帰ってきてからもぼんやり。 それでもやらなくちゃいけないことは多いのです。 寝てもいられん。 なんとか夕食まで。 お風呂に入ってすぐに寝るかな。 とにかく学校へ行っても仕事がたくさんある。 どうなってるの。 明日はのんびり終業式を迎えたいもんです。 2週間は遊べるぞ。 その苗に落語のお稽古です。 すっかり忘れてます。
Diary

お休みを楽しみに

なんとか月曜日を迎えました。 もう少しでお休みです。 ちょっと風邪気味なのは、完全にたるんでいるせい。 遊べるぞと思った途端、身体が緩みました。 それが一番いけないのだよ。 緊張を持続しなくちゃね。 弛緩はいけません。 まだまだ先は長いのです。 というわけで、帰ってきてからは真面目にコツコツと。 ブログを書いておりました。 暇人だ。 よくわかっております。 ごめんなさい。 明日もちゃんと働きますよ。
Diary

メルカリで初めてのお買い物

今日は娘のところへ。 クリスマスパーティです。 孫と一緒にワイワイと。 息子もあらわれました。 賑やかなことです。 お手製のお料理を次々といただきました。 食べすぎ。 飲み過ぎ。 カボチャのサブジ おいしかったな。 クラブモールド。 おいしかった。 とにかくいろいろあった1年でした。 クリスマス。 よろしいぞ。 来年もいいことがありますように。 プレゼントいただきました。 子供に感謝しないとね。 帰りにメルカリでちょっと高いものを買っちゃいました。 当分、遊べそうです。
Diary

休みはいいな

朝もちょっとのんびり。 午前中はいろいろと用事がありましてね。 お出かけもいたしました。 ブログも書いたよ。 一日寝かしておきます。 お目もじは明日の朝ね。 奥様の用事でまた外出。 なんだか外は暗い。 やな感じ。 まもなく今年も終わるのだ。 毎年、おんなじことを言ってる。 なんだかへんなの。 来年はオリンピックでしょ。 それが終わったらどうなるの。 完全にホワイトアウトかな。 それともブラックになるの…。 よくわかんないことばかり。 貧乏をしても下谷の長者町上野の鐘の唸る音を聞く なんち...
Diary

あと10日、まだ10日

随分と12月も押し詰まってきました。 しかしなんも感じない。 もうどうにでもなれという感じ。 日々をあくせくしてますからね。 今年のトピックスはなにか。 今晩、のんびりと考えることにしようかな。 なにかしたかしら。 あんまりすごいことはやってません。 いいこともしてないし。 そんなに悪いこともしてない。 なんなんでしょ。 この平らな気分。 もう10日しかないと叫ぶのもよし。 まだ10日もあるというのもありか。 人生いろいろね。
Diary

学校寄席

今日は随分と前から予定されていた学校寄席の日。 朝からセッティングをして、なんとかスタンバイ。 若い2人の先生ははじめての高座。 やっぱり緊張するだろうな。 お題は「からぬけ」と「平林」。 生徒は笑ってくれました。 誰も寄席に行ったことがあるという生徒はいなかったです。 まあ、そんなもんかも。 ぼくは定番の「転失気」。 これははじめての生徒さんにはよろしいね。 笑っていただけると、素直に嬉しくなります。 おかげさまで身体が軽くなりました。 生徒さんもはじめての体験でちょっぴり驚いたかも。 ...
Diary

入試問題2

今日も朝からずっと入試問題を解いてました。 やたらと難しい。 薄田泣菫の小説なんて初めて読みました。 利休の話だったけどね。 明治10年頃の人ですよ。 あんな古い小説をどこから見つけてきたものやら。 とにかくへんな問題を出したくてしょうがない感じ。 生徒はお気の毒だ。 それでも頼まれたらやらねばならぬ。 仕方がないか。 明日はどうなるのかな。 お楽しみはその時に。 5時間目にちょっとしたなにを… また明日、書きましょ。 今日はブログを2本も書いた。 明日、娘のご一行様が来るらしいのでね。
Diary

漢検受付

今日はちょっとだけ漢検の受け付けを。 どうも下請けみたいで、ぼくにはちょっと抵抗がありますね。 祇園にある漢検の本部に行ったことがあるからかも。 入り口のものすごい画面は祇園祭りのものです。 あれだけのオーロラビジョンをつくるにはかなりのお金がかかっただろうな。 前の理事長以降はちゃんとやってるのかしらん。 疑問もあります。 あそこにあれだけのビルを建てるについては…。 まあ、いいか。 生徒は受験に役立つと思っているのだ。 英検といい勝負。 あっちはヨレヨレになっちゃったけど。 結局ベネッ...
Diary

なんともせわしない

朝からせっせと働きました。 生徒が試験の問題を持ってくるから解かないワケにはいきません。 これがやたらと難しい。 よくこんな文章を読ませるね。 感心いたします。 評論ばかりの中に、きらっと光る小説があると、ホッといたします。 今日は三浦哲郎のがよかった。 もう知っている人も少ないね。 作家の命は短いです。 あの『忍ぶ川』。 よかったね。 あんな小説は今の時代には売れません。 悲しすぎるもんな。 北国の哀しさを全部背負った物語だった。 三浦哲郎はうまいね。 教科書で確か、『とんかつ』をやっ...
Diary

日曜日は短い…

朝は6時に起きたのだ。 それなのにもう夜。 どうなってるの。 ほんとに短い。 あれもこれもやってるうちに過ぎてしまう。 もう12月も半分が過ぎたというじゃないの。 どうしましょ。 といってもどうにもならないけど。 今週はちょっと落語をやらなくちゃならん。 さてどうなるのか。 こそこそとね。 まあ、お楽しみというところかな。 何をやりましょ。 さて、なににいたしましょ。 10分くらいで終わりたいのだ。 もう帰ろうよの世界だね。
タイトルとURLをコピーしました