落語

落語

旦那

百年目という有名な落語の中に、「旦那」の語源についての話が出てきます。 いつかやってみたい噺のひとつですけど…。 さて解題…。 こんな台詞が続きます。 旦那の語源は天竺に“しゃくせんだん(赤栴檀)という木があり、その根元に“...
落語

落語家1000人の時代

1000人は少し大げさかもしれません。 しかし現在、前座になれず見習い中の人を入れれば、900人以上は在籍していると思われます。 つまり多くなりすぎました。 当然、師匠とうまくいかなくなり、移籍する若者も出てきます。 柳家三三のところにい...
落語

都民寄席

毎年の恒例行事です。 三多摩格差是正のためにやっているという話もありますが、本当でしょうか。 2月から3月にかけて、落語、漫才、色物、講談、浪曲と色とりどりです。 少しずつリクエストに応じて、演者をかえています。 往復はがきを出...
落語

なぜ柳家さん喬は柳家喬太郎の師匠なのか?

8月に出版された本です。 不思議なタイトルそのままの内容です。 全く違う味わいを持った師匠と弟子の出会いから、今日までの経緯を綴ってあります。 15歳しか年の差がないというところから、師匠さん喬の複雑な胸中も垣間見えます。 嫉妬...
落語

落語家魂

5月に出たばかりの本です。 長井好弘編とあるところをみると、ひたすら師匠は語ったのでしょう。 それをまとめてもらった。 読売新聞に連載したものを加筆したとか。 楽しい本です。 本音だけが書かれています。 権太楼と言う...
落語

落語キッチンへようこそ…

柳家さん喬の本を読みました。 タイトルは『噺家の卵煮ても焼いても』。 不思議な題です。 なんとなくマクラをずっと聞かされているような味わいかな。 師匠小さんのところへ入門してから50年が経つとか。 まことに月日の過ぎるのははや...
落語

師匠、御乱心

ついに文庫化されました。 今まで絶版だったのです。 あちこちからクレームがついて、出版できなかったのか。 詳しいことはわかりません。 落語家の書いた本の中では、5本の指に入ると思います。 ノンフィクションとしての重さがある。 ...
落語

ミッドナイトよせ太郎

BS12 トゥエルビが放送している日曜8時からの寄席番組「ミッドナイト寄席ゴールデン」のスピンオフ版です。 オンライン限定で落語、講談、浪曲などを「ミッドナイトよせ太郎」として無料配信しています。2017年10月から始まったばかり。 ...
落語

道灌

これは柳家一門が最初に稽古をする噺として有名です。 誰もが先輩や師匠から教わるのです。 俗に「根問いもの」と呼びます。 前座噺とされていますが、やってみると、これほど厄介なものはありません。 どこからでも入れて、切れるので、時間...
落語

真打ちすごろく

柳家権太楼がある噺家の真打ち披露でこんなことを話していました。 今までは上をめざし、とにかく真打ちになることだけを念じてきただろう。 けれど、このすごろくはクルッと裏を返すと、名前をかえて、本当の真打ちすごろくになる。 今までと違...
落語

噺家と認知症

物騒なタイトルです。 しかしこれだけ高齢の噺家が増えると、笑ってばかりもいられません。 90歳を過ぎても現役で頑張ってる落語家もいると思えば、自らアルツハイマーらしいと呟いた小三治のような例も出てきました。 以下はつい先日の新聞の...
落語

円楽の遠望

昨日の新聞にこんな記事が出ていました。 実物は長いので、前半だけを転載します。 5代目円楽一門会に所属する落語家・三遊亭円楽(67)が、落語芸術協会(桂歌丸会長)に加入することが22日、分かった。単身での加入を申し入れ、落語芸術協会...
落語

そこでだ、若旦那

立川談四楼。 いったいこの人は何冊本を書いているのか。立川流の中でも群を抜いてます。今まで読んだのを少しだけ思い出してみました。それほど多くはありません。元々、立川談志という落語家に対するアレルギー症状が強いからかな。その弟子というバイア...
落語

落語は「おはなし」

広瀬和生が去年の暮れに出した噺家同士の対談集『僕らの落語』(淡交社)を読みました。 組み合わせが大変に面白い。 桂米團治*柳家花緑 桃月庵白酒*春風亭一之輔 春風亭百栄*三遊亭兼好 柳亭こみち*三遊亭粋歌 最初は東西の人...
落語

食べられるのか…

落語家800人の時代です。 江戸時代以来最大の数になりました。 そんなに噺家が必要なのでしょうか。 落語を語る席があるのかどうか。 東京の落語家数は545人。そのうち真打は352人です。 全体の65%が真打という実にいびつな構...
落語

誰がうまいのか…

これくらいの難題はないでしょうね、おそらく。 それぞれの聞き手が勝手なことを言うに違いありません。 いつの時代のどの噺と限定しても無理でしょう。 以前は録音そのものが大変でした。 今のようにすぐれた機材はなかったですし…。 昔...