2012-07-27

コラム

現代落語論

 彼の存在は誠に複雑です。 肯定するする人もいれば、否定する人もいる。とにかくいつでも話題を提供してくれる噺家でした。 業のままに生き、だれにも死に顔を見せずに亡くなりました。 きっと心のやさしい人だったんでしょう。 その分...